[TOP] [空室一覧] [投資] [求人] [転職] [通販] [食品] [比較] [買取] [美容] [化粧] [健康] [中古] [育毛] [脱毛] [英語] [旅行] [不動産] [英会話] [専門店]


[youtube 虚 amazon] [youtube 虚 楽天]



cariroom提供 http://cari.jp tenten作 http://cari.jp/?k=tenten GAFAのチームコーチ GAFAすべての経営陣と関わっていた 1兆ドルコーチ シリコンバレーのレジェンド ビル・キャンベルの成功の教え 共著者  エリック・シュミット ジョナサン・ローゼンバーグ アラン・イーグル 発売 2019年11月(日本版) Googleの元会長兼CEO エリック・シュミットと 他2名による ビジネス本です、が・・・ ..
posted by cari.jp at 01:33

cariroom提供 http://cari.jp/ 鈴木健一作 http://cari.jp/pr/ 目指せ全国区!ついつい応援したくなるご当地アイドルの魅力とは?(tentenブログ) http://macaronchan.livedoor.blog/archives/24983609.html 30日(土) 2020年5月25日 猫すず(スズ) 16秒動画 200525_181420_16s http://youtu.be/9ttnoPRnj4Y アニメ「響け!..
posted by cari.jp at 11:40

複素数:実数と虚数。i:虚数単位。 ヨウ素液:でんぷんで、黄かっ色から青紫色。 [火成岩の分類]深成岩は、花こう・せん緑・はんれい。火山岩は、流もん・安山・玄武。 2019年1月分 動物保護・動物愛護(request for animal rights) http://twitter.com/i/moments/1079915807834918912 29日(火) 寝る前にしばしばyoutubeでクラシック音楽を流すのだが http://www.youtube.com..
posted by cari.jp at 15:16

(2017年05月27日)2017年5月中旬
英語データベース http://cari.jp/?k=%89p%8C%EA http://cari.jp/1/?k=%89p%8C%EA http://cari.jp/a/?k=%89p%8C%EA http://cari.jp/b/?k=%89p%8C%EA AというよりむしろB:less A than B。not so much A as B。B rather than A。more B than A。 20日(土) 保育施設での死亡事故 去年は13件 8割近くが睡..
posted by cari.jp at 14:40

現在の監護継続性の原則の実際の運用では男親(父親)が監護していた場合でも女親(母親)が子供を拉致・監禁してしまえば、女親が監護者とみなされることになり、拉致・監禁を正当化する方便に過ぎなくなっている。 男親が拉致・監禁した場合でもそれを継続すれば、女親に優先することはあるが、引渡命令において男女差別がなされているので女性を優遇する制度であり、憲法の平等原則(14条)を侵害するものである。 また、男女どちらが優先するにしても、子供の主体性を無視するものであり、子供の居住移転の自..
posted by cari.jp at 03:03

憲法は何人も居住・移転の自由を有すると明文で規定している(22条)。 父母が別居すれば子供は自分の望む方に行ってよい旨を憲法が定めている。 母性優先の原則や継続性の原則は憲法を無視した既得権益(女親・監禁親優先)を守る違憲原則と化している。 合憲限定解釈するにしても言葉を話せない乳児期などに限定的・暫定的に適用できる程度のはずである。 憲法が居住・移転の自由を明確に認めており、子供が望む方に行けるのが子供の福祉にも適うのに、現在の運用(女親・監禁親優遇)はそれを認めようとし..
posted by cari.jp at 11:58

最高法規である憲法は「何人も」居住・移転の自由を有すると規定している(憲法22条1項)。 子供の意思に関係なく監禁親・同居親を優先しようとする現在の運用(継続性の原則・母性優先の原則)は憲法の人権を侵害するものである。 他に受け入れ先があれば子供には監禁親・同居親を拒否する権利がある。子供は自由権(人権)の主体である。 逃げる権利(自由)の確保が最大の人権保障方法であり、国はそれを妨害すべきではない。 ユダヤ人がナチズムの迫害から逃れる最も効果的な方法は弁護士による弁護..
posted by cari.jp at 15:40

母性優先でなく本人意思優先を要求します。 大事なのは子供は監禁親の所有物ではなく、人権(自由権)の主体であるという認識。 憲法は居住・移転の自由(22条)他各種自由権を保障しており、年齢制限などしていない。 現在の家裁他公的機関の監禁親(特に母親)優遇は自由権を有する者の交流(私的自治)を不当に侵害する違憲な運用と思われる。 居所の移転を含め、あくまで子供の意思を基準にするべきである。 子供が一つの受け皿に留まり続けなければならないよりも、二つの受け皿を選択できる方が児..
posted by cari.jp at 10:05

名前>発言