[TOP] [空室一覧] [投資] [求人] [転職] [通販] [食品] [比較] [買取] [美容] [化粧] [健康] [中古] [育毛] [脱毛] [英語] [旅行]

[1]レンタルサーバー・共用サーバーなら安心と信頼のWebARENA | SuiteX

[1]【リクルートカード(Recruit Card)】新規入会+ご利用でポイントプレゼント

[1]SuitePRO V4|VPS(仮想専用サーバ)なら安心と信頼のWebARENA(ウェブアリーナ)


[IT 用 amazon] [IT 用 楽天]



一括検索(横断検索) かりるーむ(cariroom) http://cari.jp 日本企業は3社! 5つのカテゴリーからなるランキング 世界の○○ランキングと言えば アメリカの経済誌 Forbes(フォーブス)が有名ですが・・・ アメリカのニュースマガジンTIME(タイム)でもランキングが発表されています。 有名なのが2004年から発表されている 『世界で最も影響力のある100人』です。 TIMEは1923年にニューヨークで創刊された 世界最古のニュースマガジンで..
posted by cari.jp at 14:08

一括検索(横断検索) かりるーむ(cariroom) http://cari.jp ご飯を炊くだけじゃもったいない 定番の夕飯メニューからスイーツまで・・・ 火を使わなくても定番料理が作れる オーブンが無くてもスイーツが作れる 時間や手間が節約できる こんなに便利な炊飯器! 楽チンで材料を入れてスイッチを押すだけです。 クックパッドにも多くのレシピが掲載されています。 実際、私も何度か挑戦してみました。 正直、炊飯器ってご飯を炊くだけだと思ってました。 この調理..
posted by cari.jp at 21:00

一括検索(横断検索) かりるーむ(cariroom) http://cari.jp 安心感と親近感! twitterは「ブーム」から「文化」へ 寄り添うツイッター わたしがキングジムで10年運営してわかった「つながる作法」 著者 KINGJIM公式 ツイッター担当者 発売 2020年3月 ビル・ゲイツ離婚! 昨日、twitterのタイムラインで流れてきた・・・ このビッグニュースには大変驚きました。 今や、世界や日本を知る情報源となっているtwitter・・..
posted by cari.jp at 11:21

一括検索(横断検索) かりるーむ(cariroom) http://cari.jp SFA:Sales Force Automation。 MP3:MPEG Audio Layer-3の略。 ERP:Enterprise Resource Planning。 RFP(Request for Proposal):提案依頼書。 ファシリティ:施設、設備、便宜、便利さ。 CRM:Customer Relationship Management。 ..
posted by cari.jp at 12:46

RSS:RDF Site Summary。[2021年更新/IT用語]

WEP:Wired Equivalent Privacy。[2021年更新/IT用語]

NFC:Near Field Communication。[2021年更新/IT用語]

WPA:Wi-Fi Protected Access。無線LANの暗号化方式。[2021年更新/IT用語]

S/MIME:Secure/Multipurpose Internet Mail Extensions。[2021年更新/IT用語]

フラグメンテーション:主記憶上に生じる不連続な未使用領域、またはそれが起こる現象。[2021年更新/IT用語]

S/MIME:公開鍵暗号技術で、電子メールソフトに認証・改ざん検出・暗号化等の機能を提供。[2021年更新/IT用語]

特性要因図:特性(結果)とそれに影響を及ぼしたと思われる要因(原因)の関係を体系的に表す図。[2021年更新/IT用語]

ストライピング:複数のディスクに分散してデータを書き込むことで、アクセス性能を向上させる方法。[2021年更新/IT用語]

ディジタルフォレンジックス:不正アクセス・情報漏えいなどのセキュリティインシデント発生時に、原因究明や法的証拠保全のため対象となる電子的記録を収集・解析すること。[2021年更新/IT用語]

E-R図(Entity-relationship Model)は、関係データベースの設計に利用。[2020年更新]

[仮定法慣用表現]It is time S V過去:SがVする時だ[2014年更新]

○aaS:○ as a Service。インターネット経由の○の提供。[2013年更新/IT用語]

TCP:Transmission Control Protocol[2013年更新/IT用語/ネット/ティーシーピー]

現代シリコン技術の3つの指導原理:Moore's Law。Scaling。Roadmap。[2013年更新/IT/ムーアの法則/引用元:東大授業 多彩な物質の世界−宇宙から地球への遥かな旅(学術俯瞰講義)第12回 シリコン時代における技術の特徴]

電気使用量の1世帯平均は1日10kWh以上。1kWh=360万ジュール。[2012年更新/物理学/エネルギー/引用元:京都HP、2011年度NHK高校講座物理の「少なくとも1ヶ月7億ジュール」などから算出]

ローミング:携帯電話やネット接続などを、通信事業者のサービス範囲外の場所でも、他事業者の設備を通じて利用できるようにすること。海外で利用できるものを国際ローミング(グローバルローミング)という[2012年更新/インターネット接続サービス/IT用語/roaming/引用元]

クーロン力(荷電粒子間にはたらく力)は光子の放出・吸収(光子交換)で力伝達[2012年更新/物理学/引用元]

Variant型:どのような型のデータも格納できる特殊な型。variantは「異なる」「多様な」などの意味を持つ英単語。[2012年更新/バリアント型/ヴァリアント型/プログラミング/プログラム言語/IT用語/情報技術/情報処理/意味/意義/定義/データ型/変数型/引用元]

Diffie-Hellman鍵共有方式:p素数のとき、集合{1,2,・・,p-1}={x,x^2,・・,x^(p-1)}%pとなるxがいつもある。送り手は、ランダムにp-2以下のrを取り、x^rを送り、公開x^kを使い、x^krを計算。受け手は、x^rと秘密kを使い、x^rkを計算。[2012年更新/数学/IT/WEB/ウェブ通信/暗号技術で利用/離散対数問題の困難性]

RSA:M^ed%n=Mを利用。暗号通信はM^eを送り、秘密dで復号。デジタル署名はM^dを送り、公開eで復号。[2012年更新/IT用語]

ハッシュ化(ハッシング):元の数値や文字列からハッシュ関数で固定長の擬似乱数を生成し暗号化すること。この操作で得られる値をハッシュ値という。[2012年更新/IT用語/数学/hashing]

ハッシュ関数:元の数値や文字列から固定長の擬似乱数を生成する関数。不可逆な一方向関数という性質を応用し、デジタル署名などに用いる。[2012年更新/hash function/IT用語/メッセージダイジェスト関数]

連想配列:添え字にスカラー数値以外のデータ型(文字列型等)も使用できる配列。多くのプログラミング言語では連想配列は内部で(高速データ検索アルゴリズム)ハッシュを使用[2012年更新/連想リスト/連想コンテナ/辞書/抽象データ型/コンピュータ/IT用語]

RSA暗号:n=pq、n'=(p-1)×(q-1)、(n'・e素で)ed%n'=1のとき、n・e公開。M^ed%n=M。[2012年更新/数学/IT用語/pとqは素数/素因数分解の困難性を利用/代表的な公開鍵暗号方式/フェルマーの小定理を利用]

ランダウ記号:「程度」(オーダー)Oは大文字オミクロンだったが、今日アルファベット大文字オーと同一視。変数無限変動の関数挙動を、わかりやすい別関数を目安に記述。通常、上界を記述。[2012年更新/IT用語/数学/引用元]

和が一定の数になる二つの数があるとき、一方の数を他方の数の補数(余数)という。コンピューターでは負の数を表現するのに用いる。[2012年更新/IT用語]

トラッキング:追跡、追尾という意味の英単語。IT分野では、人の行動やシステムの挙動、データ推移などの情報を継続的に収集、監視することを意味する場合が多い。[2012年更新/tracking/IT用語/引用元]

走査:テレビカメラなどで画像を多くの点や線状に分解し、それぞれの輝度・色相・色度などを順次に電気信号に変換すること。また逆に、受像機で電気信号を画像に組み立てること。[2012年更新/IT用語/意味/意義/定義/引用元:goo辞書]

レンダリング:コンピューターグラフィックスで、物体の見え方を計算しながらその画像を作成していくこと。[2012年更新/IT用語/意味/意義/定義/rendering/CG]

SSID:service set identifier。無線LANアクセスポイントの識別に用いられる文字列。[2012年更新/IT用語/意味/意義/定義/略語]

ワイファイ【Wi-Fi】:Wireless Fidelity。無線LANアダプターのブランド名。米国業界団体、Wi-Fiアライアンスが機器間の相互接続性を認定したことを示す。[2012年更新/IT(情報技術)/意味/意義/定義/引用元]

テザリング:データ通信機能をもつスマートホンをモデム代わりにして、ノートPCやPDAなどをインターネットに常時接続させる手法or機能。[2012年更新、tethering、IT(情報技術)、意味・意義・定義。引用元。]

巡回冗長検査(CRC):Cyclic Redundancy Check。連続誤り(バースト誤り)に効果。フレーム同期方式(HDLC手順)で採用の誤り訂正。ビット列を多項式と見なし、生成多項式で割算(モジュロ演算)し、余りをデータ末尾に付加し送信。受信側:同じ生成多項式で割り検証。[2011年更新、IT(情報技術)、情報処理、意味・意義・定義]

リユーザブル(再使用・リロード不要)。リエントラント(再入・同時実行)。[2011年更新、IT(情報技術・情報処理)、意味・意義・定義]

ブール:19世紀英国数学者。代数学で論理的推論を展開するブール代数を完成、記号論理学の基礎を築いた。[2011年。歴史。人物。1815〜1864。George Boole。IT(情報技術)。引用元。]

ブーリアン(ブール型・論理型):プログラミング言語などで扱われる変数や定数のデータ形式。真偽の2種類の値(真理値)をとりうる。論理和、論理積、否定などを組み合わせたブール代数に基づく論理演算を可能にする。[2011年更新。Boolean datatype。コンピューター。デジタル用語。IT(情報技術)用語。意味・意義・定義。引用元。]

パック10進数:10進数1けたを4ビットで表す形式。符号は最下位4ビット。[2011年更新。IT(情報技術・デジタル)用語。意味・意義・定義。]

アンパック10進数(ゾーン10進数):10進数1けたを8ビットで表す形式。上位4ビットは最下位バイトでは符号、他では文字コード種類(ゾーン部)。[2011年更新。IT(情報技術・デジタル)用語。意味・意義・定義。]

BCD:Binary Code Decimal。2進化10進。10進数1けたを2進数4けたに対応させて表現。[2011年更新。IT(情報技術・デジタル)用語。意味・意義・定義。]

けた落ち:絶対値のほぼ等しい2つの数を計算したとき、上位けたの相殺により有効けた数が減る現象。[2011年更新。IT(情報技術・デジタル)用語。意味・意義・定義。]

情報落ち:絶対値の大きな数と小さな数の加減算で発生。[2011年更新。IT(情報技術・デジタル)用語。意味・意義・定義。]

丸め誤差:四捨五入、切上げ、切捨てなどで発生。[2011年更新。IT(情報技術・デジタル)用語。意味・意義・定義。]

オペランド:コンピューターで、演算の対象となる数値。[2011年更新。IT(情報技術)用語。意味・意義・定義。operand。引用元。]

WDM:wavelength division multiplexing。波長分割多重方式。光ファイバー利用通信技術の一。異なる波長の光信号を同時に使うことで、高速大容量データ通信を可能とする。[2011年更新。ダブリュー‐ディー‐エム。IT(情報技術)。引用元]

CSMA/CD:Carrier Sense Multiple Access/Collision Detection。[2011年更新。IT(情報技術)用語。通信手順(プロトコル)。]

クラスタリング:複数のコンピューターを接続し、ひとつのシステムとして機能させる技術。[2011年更新。clustering。IT用語(IT:情報技術)。意味(意義・定義)。]

CDN:Contents Delivery Network。[2010年更新、IT用語(IT:情報技術)、意味(意義・定義)。]

ロードバランサー:複数のサーバーに対してIPリクエストを振り分けることで負荷分散を実現する装置の総称。[2010年更新、IT用語(IT:情報技術)、意味(意義・定義)。]

リテラル:コンピューターのプログラムの中で使用される数値や文字,文字列などの定数のこと。書かれたままの値で用いられる。[2010/7/11更新。IT用語(IT:情報技術)。意味(意義・定義)。]

ordinal utility:序数的効用。[2009年更新][英語・英単語]

名前>発言

プログラムの性質:再帰的(リカーシブ、自分呼出可)。再使用可能(リユーザブル、リロード不要)。再入可能(リエントラント、同時実行可)。再配置可能(リロケータブル、メモリ任意位置実行可)。[2007年更新、IT]

多重化方式:周波数分割多重化方式(FDM、アナログ伝送路で使用)と時分割多重化方式(TDM、ディジタル伝送路で使用)[2007年更新、IT]

システム開発の流れ:基本計画。外部設計。内部設計。プログラム設計。プログラミング。テスト。運用・保守。[2007年更新、IT]

テストの分類と手順:単体、結合、システム、承認、運用。システム(総合)テストは、機能、性能、例外処理、負荷。[2007年更新、IT]