[TOP] [空室一覧] [投資] [求人] [転職] [通販] [食品] [比較] [買取] [美容] [化粧] [健康] [中古] [育毛] [脱毛] [英語] [旅行] [不動産] [英会話] [専門店]


[借金 amazon] [借金 楽天]



cariroom提供 http://cari.jp 生きやすい環境を整える 普通じゃなくていい、生き抜こう〜 発達障害サバイバルガイド 「あたりまえ」がやれない僕らがどうにか生きていくコツ47 著者  借金玉(しゃっきんだま) 発売  2020年07月 著者自身も、発達障害に 苦しみ、悩んだ経験から この厳しい世の中を生き抜くための 役立つライフハックが書かれています。 発達障害が引き起こす問題 再発防止策を具体的に 示唆しています。 ライフハックとは 日..
posted by cari.jp at 11:29

cariroom提供 http://cari.jp tenten作 http://cari.jp/?k=tenten 余り知られていない制度です。 誰でも、どんな相談でも出来る制度です。 2013年(平成25年)に成立した 生活困窮者自立支援法 2015年(平成27年)4月から 生活困窮者自立支援制度がスタートしました。 しかし、この制度は余り知られていません。 相談窓口などは、お近くにあるのですが・・・ そして相談内容は どんな小さな事でもOKなんです。 法テラス..
posted by cari.jp at 10:18

依存症、それは病気(慢性疾患) 依存症、それは「孤独の病気」「否認の病気」 アルコール・薬物・ギャンブルなどの依存症 依存症は、特別な人だけがなるわけではない 誰しもが陥る可能性のある病気(慢性疾患) 身体の病気に比べて、早い段階での適切な治療が困難 依存症者や家族に対する適切な治療・支援が不可欠 アルコール依存 お酒を飲まない(酒が切れる)と イライラし、落ち着かなくなり、不安、動悸、息切れなどの 離脱症状(禁断症状)が出てきます。 ギャ..
posted by cari.jp at 13:46

k110408 / 鈴木健一(かりるーむ社長) cari.jp将来の国の主な仕事は税金を集めて過去の放漫財政で作った借金を返すこと。税金は返済に消えて公共サービスはできませ〜ん。・・とならないことを祈ります。 https://t.co/ULbYDDxjw5 at?12/02 19:03 k110408 / 鈴木健一(かりるーむ社長) cari.jp個々の仲良し親子を断絶して子供を監禁し、世の中(男女間等)の統計数値が公平(平等)でないからしょうがないと言われても、..
posted by cari.jp at 01:01

『闇金ウシジマくん』は2004年より小学館『ビッグコミックスピリッツ』で連載されている真鍋昌平作の人気コミックです。 2010年には山田孝之主演でテレビドラマ化され、2012年より4度にわたり映画化される人気シリーズに成長しています。短髪にトンボ眼鏡といった主人公への山田のなりきりぶりも話題になりました。  主人公の丑嶋は、借金に追いつめられた人々に10日で5割の法外な利息で金を貸す『カウカウファイナンス』の経営者。いわゆる闇金業者です。 借金に追われ、助けを求めてやって..
posted by cari.jp at 15:31

同居親の既得権の発想をなくし、あくまで子供の自由と権利を保障すべき。 子供自身を軽視して、親(同居片親)の所有物のように扱う運用は本当にどうかしている。 今の日本が現にやっちゃっているというだけで明らかに現行の単独親権は違憲。逆に罪なき児童の強制収容が合憲である理由って何?。 単独親権なんて独裁システムをさっさとやめて、両親含め近親者等の保護者を増やし、子供は個々の保護者を拒絶する権利を持てばいい。 片親断絶や単独親権をやめて共同養育や共同親権にし、子供が実親を自由に..
posted by cari.jp at 09:18

現在の司法(家庭裁判所)は子ども(児童)の誘拐・拉致・監禁の追認機関。 日本は子ども(児童)の人権保障では国民に自爆攻撃させていた時代と大差ない。 日本は児童(子供)の自由は認めない名ばかり自由主義国家。実質的児童奴隷制国家。 政治権力をかざして児童監禁・児童虐待を保護している現在の運用は滑稽な悲劇である。 児童虐待に目をつぶっても(特に母親同居の場合は)現状維持が現在の司法等政治権力の運用。 家庭裁判所(家裁)の子の福祉は子供の自由権剥奪の正当化の方便であり、子の..
posted by cari.jp at 11:45

(2015年02月21日)2015年2月中旬の板書
be the case:事実だ SのおかげでOが〜できる:無S enable O to do 〜は言い過ぎだ:It is too much to say that 〜 [分野のin]SはOと〜で異なっている:S be different from O in 〜 〜は否定できない:There is no denying that 〜 attend O:出席する。attend to:注意する。 〜するために:with a view to -ing。for the pu..
posted by cari.jp at 12:08

名前>発言