[TOP] [空室一覧] [投資] [求人] [転職] [通販] [食品] [比較] [買取] [美容] [化粧] [健康] [中古] [育毛] [脱毛] [英語] [旅行]

[0]女性ホルモンとマカの関係に注目|マカ通販なら「高品質マカ ホットストア」


[ホルモン amazon] [ホルモン 楽天]



written by tenten http://cari.jp/?k=tenten あのビリー隊長再び! 短期集中脂肪燃焼プログラム 新型コロナウイルスの影響で 外出自粛要請、テレワーク(リモートワーク)が 長期化しています。 その為、運動不足になりがちです。 そんな中、15年ぶりに パワーアップして帰ってきた 令和版ビリーズブートキャンプ 動画配信とDVD化の決定で 今、話題となっています。 □ 令和版ビリーズブートキャンプ 3 0分×7日間のトレーニン..
posted by cari.jp at 19:09

寝る前に食べるもの 寝る前になにか食べたら身体に悪いのか written by 冬美(CW) わたしは夜寝る前になるとよくお腹がすいてしまいます・・・。 でも、 「寝る前に食べてしまうと太るのではないだろうか・・・」 「食べた後すぐに寝たら内臓の働きは大丈夫なのだろうか・・・」 いろいろ不安になったりします。 特に一番気になるのは 太ってしまわないだろうか! と思ってしまいますよね(泣) いざ布団に入ると食べ物のことばかり考えてしまって、 結局お菓子を食べてしまっ..
posted by cari.jp at 09:35

生理前のイライラ なぜ生理前になるとイライラしてしまうのか written by 冬美(CW) 「なんだかイライラすると思ったらもう少しで生理予定日かぁ・・・」 「生理中はすぐイライラしてしまう! しかも眠いし・・・」 女性のみなさんは大変ですよね。 わたしの場合はだいたい生理10日前くらいになるとイライラしてきます。 そして生理中も出血量が多くて気持ち悪いし、生理痛もひどいうえにイライラもしたり・・・。 中には頭痛がきたりする方もいた..
posted by cari.jp at 17:38

上巳:三月三日。 中秋:八月十五日。 重陽の節句:九月九日。 音速:(331+0.6×気温)m/秒。 『無名抄』:鴨長明の歌論書。 『明月記』:藤原定家の日記。 古語「とみ」の意味は「急」。 1212年鴨長明『方丈記』成立。 『金葉和歌集』の撰者は源俊頼。 『古来風体抄』:藤原俊成の歌論書。 『無名抄』:鴨長明が書いた歌論書。 『沙石集』:鎌倉後期の仏教説話集。 古語「年ごろ」は「数年・長年」の意。 針葉樹:シラビソ、コメツガ、トウヒ。 照葉樹:ス..
posted by cari.jp at 17:25

脳下垂体前葉から、成長ホルモン・甲状腺刺激ホルモン・副腎皮質刺激ホルモン。[2018年更新]

脳下垂体後葉からのホルモンであるバソプレシンは腎臓の集合管で水の再吸収促進。[2018年更新]

内分泌系(ホルモン):脳下垂体・甲状腺・すい臓・副腎。血糖値調節は、すい臓・副腎。[2018年更新]

環境ホルモンは、ダイオキシン、DDT、PCBなど。[2018年更新]

脳下垂体:前葉から成長ホルモン・刺激ホルモン。後葉からバソプレシン。[2014年更新]

植物は「フロリゲン」という植物ホルモンのはたらきで花芽をつくる[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学/バイオロジー]

フロリゲン:花芽をつくるときにはたらく植物共通の植物ホルモン[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学/バイオロジー]

種無しブドウ作りには植物ホルモンのジベレリンが利用されている[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学/バイオロジー]

光屈性、重力屈性には植物ホルモンのオーキシンが関係している[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学/バイオロジー]

熟した果物は植物ホルモンのエチレンを自分で作って放出している[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学/バイオロジー]

エチレン:果実を熟成させる植物ホルモン[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学/バイオロジー]

間脳で血糖値の変化を感じ調節。この時、自律神経とホルモンが共同ではたらく。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学/バイオロジー]

ホルモンは細胞が作る情報伝達物質。血液中に分泌され、血液で運ばれ、情報を伝えたい細胞に到達。特徴は、じっくり全身。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学/バイオロジー]

無意識の体の反応は、ホルモンと自律神経で調節。いずれも物質で情報を伝えるが、ホルモンはじっくり全身、自律神経はすばやく局所にはたらく。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学/バイオロジー]

コレステロール:動物性ステロールの代表。細胞膜の構成成分で、主に肝臓で生合成。副腎皮質ホルモン・ビタミンD・胆汁酸などの材料。血管壁に多量に沈着すると動脈硬化の要因[2012年更新/cholesterol/生物学/医学/薬学]

コルチコイド(コルチコステロイド):副腎で作られ分泌されるステロイドホルモンの総称。[2011年更新。生物学(バイオ)。医学・薬学。引用元。]

ホルモン:生体内の内分泌腺で生成され、血液中に分泌されて運ばれ、特定の器官にのみ作用する微量の化学物質。成分はたんぱく質・ポリペプチド・フェノール誘導体・ステロイドなど。[2011年更新。生物学(バイオ)。薬学・医学。(ドイツ)Hormon]

ステロイド:ステロールとその類似化合物の総称。炭素の六員環が三つと五員環が一つ結合した基本構造をもつ。動植物界に広く分布し、胆汁酸・性ホルモン・副腎皮質ホルモンなどがあり、特殊な生理作用や薬理作用を示す。[2011年更新。生物学(バイオ)。steroid。]

テストステロン:雄性ホルモンの一。精巣から分泌されるステロイドホルモンで、第二次性徴の発現を促す。[2011年更新。生物学(バイオ)。testosterone。]

インスリン:膵臓のランゲルハンス島にあるβ細胞から分泌されるホルモン。ぶどう糖の筋肉内への取り込みを促進させ、血糖を減少させる。不足すると糖尿病になる。[2011年更新、insulin、インシュリン、膵臓(すいぞう)、ベータ細胞、生物学(バイオ)。医学、薬学]

名前>発言