[イスラム 歴史]データベース

[イスラム 歴史 Amazon] [イスラム 歴史 楽天]

名前>発言

K > [シーア派]7or12代イマーム(カリフに相当)がマフディーとして再臨し地上を楽園化。イマームは初代アリー・2代フサイン。[イスラム史] [世界史 歴史][2016/11/26]
K > アッバース朝第2代カリフのマンスールが円形首都バグダード造営 [イスラム史][世界史 歴史][2016/6/10]
K > マワーリー(非アラブ人ムスリム)。ジンミー(非ムスリム)。[イスラム教] [歴史 世界史][2016/6/9]
K > 第2代正統カリフのウマル:位634年〜644年 [イスラム教] [歴史 世界史][2016/5/29]
K > アッバース朝では、アラブ人とマワーリーは、ジズヤは共になし、ハラージュは共に払う [イスラム教 歴史][2015/9/18]
カビールが(ヒンドゥーの)バクティと(イスラムの)スーフィズムを融合。その影響でナーナクがシク教創始。[2013年更新/歴史/世界史]

7イマーム派(イスマーイール派):ファーティマ朝[2013年更新/歴史/世界史/イスラム]

10世紀はシーア派の世紀。11世紀はスンニー派の巻き返し。[2013年更新/歴史/世界史/イスラム]

五行:信仰告白・礼拝・喜捨・断食・巡礼[2013年更新/歴史/世界史/イスラム教]

マドラサ:ウラマー(学者)を養成するためイスラム圏で各地につくられた学院[2013年更新/歴史/世界史]

1220年:フリードリヒ2世神聖ローマ皇帝戴冠。1229年:交渉でエルサレム奪還。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座世界史/歴史/キリスト教v.s.イスラム教/聖地イェルサレム/第6回十字軍]

610年:ムハンマドが神の啓示を受ける。630年:メッカ征服。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座世界史/歴史/中東史/イスラム教]

無論1(661)世ムアーウィヤがウマイヤ朝建国[2012年更新/歴史/世界史/イスラム王朝史/イスラム教/年号語呂合わせ]

泣こお(750)アッバース革命でウマイヤ朝滅亡・アッバース朝成立[2012年更新/歴史/世界史/イスラム王朝史/イスラム教/年号語呂合わせ]

630年:第1回遣唐使、メッカ征服[2012年更新/歴史/日本史/世界史/ムハンマド/イスラム教勃興期]

一路汲々(1699)第2次ウィーン包囲失敗が契機のカルロヴィッツ条約でオスマン帝国が初めてヨーロッパ諸国に領土割譲[2012年更新/歴史/世界史/イスラム/オスマントルコ/1699年:カルロヴィッツ条約/年号語呂合わせ]

波に(732)乗るフランクがトゥール・ポワティエで勝利[2012年更新/歴史/世界史/西ヨーロッパ/西欧/732年/トゥール・ポワティエ間の戦い/フランク王国宰相カール・マルテルがイスラム軍を撃退/年号語呂合わせ]

デリースルタン朝:奴隷・ハルジー・ツグルク・サイイド・ロディー[2012年更新/北インドを支配した5イスラム王朝の総称/奴隷王朝は1200年代[1206-1290]/歴史/世界史]

むごい(651)イスラムがササン朝征服[2012年更新/歴史/世界史/滅亡年/年号語呂合わせ]

第1次ウィーン包囲:以後憎(1529)らしいオスマンのスレイマン[2012年更新/歴史/世界史/年号語呂合わせ/オスマントルコ帝国/スレイマン1世/最盛期のスルタン/イスラム]

サファビー朝:1501年イスマーイール1世が創始。国教シーア派。オスマン帝国と対立。アッバース1世がイスファハーン遷都・バグダード征服。[2012年更新/歴史/世界史/サファビー家/?afav?/イランの王朝/イスラム教のシーア‐十二イマーム派/1736年アフガン族に滅ぼされた/年号/ペルシア/ペルシャ]

マムルーク朝:1250年成立。1260年モンゴル撃退。[2012年更新/中世/歴史/世界史/年号/エジプト/シリア/トルコ系イスラム王朝/アイユーブ朝を滅ぼし創始/都はカイロ]

ムハンマドの教友(歴代正統カリフ):アブー・バクル、ウマル、ウスマーン、アリー[2012年更新/イスラム教/宗教/歴史/世界史]

イスラム文化:イブン=シーナー・サーマン朝に仕えた哲学者・医学者。イブン=ルシュド・アリストテレス注釈。イブン=ハルドゥーン・世界史序説。イブン=バットゥータ・三大陸周遊記[歴史、中東、アジア]

(2017年02月24日)[世界史10]
「ムハンマドなくしてカールなし」の視点から西欧中世世界成立を論ぜよ  7世紀にムハンマドが始めたイスラム教は勢力を拡大していき、661年に成立したウマイヤ朝はジブラルタル海峡を通り西ヨーロッパに侵入。イベリア半島の西ゴート王国を滅ぼし、その後も勢力拡大を図るが、732年トゥール・ポワティエ間の戦いでフランク王国に敗れ、ピレネー山脈がイスラム教圏とキリスト教圏を分ける境界となる。  また、従来キリスト教圏のビザンツ帝国領などであったシリア・北アフリカなどはイスラム圏となり、キ..
posted by K at 12:33

 イスラム王朝であるセルジューク朝の勢力拡大でキリスト教国であるビザンツ帝国が圧迫され、ビザンツ皇帝はヨーロッパのキリスト教世界に救援を要請。ローマ教皇ウルバヌス2世は1095年クレルモン宗教会議を開き、キリスト教国はイスラム圏へ第1回十字軍を派遣し、イェルサレム王国が建国される。  その後、イスラム教国であるアイユーブ朝のサラディンはイェルサレム王国を攻撃し、その領土の大半を占領。これに対し、ヨーロッパ諸国はアンジュー朝のリチャード1世などを中心に1189年第3回十字軍を派..
posted by K at 17:35

トルコ民族は元々アルタイ山脈付近を原住地としていた中央アジアの遊牧民であると考えられる。 その後、中央アジアはトルコ系の突厥が覇権を持つが、唐に吸収される。 次に、トルコ系でマニ教を国教とするウイグルが覇権を持ち、ウイグルは唐の内乱である安史の乱の平定に活躍する。 中央アジアでは初のトルコ系イスラム王朝であるカラハン朝が999年にサーマーン朝を滅ぼし、この一帯がトルキスタンとなる。 中央アジアで11世紀に勃興したトルコ系イスラム王朝のセルジューク朝はバグダードに入城し、スルタ..
posted by K at 00:55

アッバース朝は750年にウマイヤ朝を倒し成立したスンナ派イスラム王朝であり、1258年にモンゴル帝国のフラグに滅ぼされるまで続いた。 ウマイヤ朝の領土を継承し成立当初はイスラム世界の多くを統治できていたものの、756年にウマイヤ朝の王族がイベリア半島にコルドバを都とする後ウマイヤ朝を建国した。 アッバース朝はシーア派の協力を得て建国したもののシーア派を粛正しており、シーア派の不満を内包するという不安要素を抱えていた。 アッバース朝は第3代カリフのハールーン・アッラシードの頃(..
posted by K at 15:43

http://cari.jp/b/?k=%90%A2%8AE%8Ej
posted by K at 20:22

[歴史]データベース http://4.cari.jp/?k=%CE%F2%BB%CB&f=k [イスラ ム]データベース http://3.cari.jp/?k=%83C%83X%83%89+%83%80&f=k [1920]インドネシア共産党。[1930]インドシナ共産党。 タスマニア:オーストラリア南東部にある島 英:フィジー諸島・ソロモン諸島。仏:タヒチ・ニューカレドニア。独:マーシャル諸島・ビスマルク諸島。 [1978]日中平和友好条約締結 [1969]..
posted by K at 12:49

10時頃、電話により最終的に起きる。 朝食としてスライスチーズトースト。 昼過ぎに買物に出かける。 大手不動産仲介Sの東区辺りの事務所に伺う。 実家に行った後、父を乗せて出かける。ガソリンスタンドTに行った後、実家に戻り、その後帰宅。 子Yに離乳食をあげる<おかゆ、青野菜とちりめん。 夕食:ご飯、炒め物(大豆・コーン・チーズ)、きのこ炒め物、煮物(大根・豚肉)など。 お風呂に入った後、TV「シルシルミシルさんデー」を流しつつ、台所で洗い物をする。 自転車で事務所..
posted by K at 07:57

朝食:キウイヨーグルト。 2011年度高校講座世界史を視聴<十字軍。 [高校 授業]データベース[検索付リンク集] http://cari.jp/0/?k=%8D%82%8DZ+%8E%F6%8B%C6 ブランチとしてお茶漬け、豆腐系惣菜。 昼食:ご飯、豆腐系惣菜、キムチ、わさび漬け、味噌汁。 歩いて空物件Cに行き、妻子と過ごす。 途中、プライスカットへ行き、お茶と和菓子購入。 夕食:ご飯、味噌汁、ゴマレンコン、温野菜。 温野菜にはしょうゆをかけて食べる。 自転..
posted by K at 21:04