[家庭]データベース

[0]《公式》家庭教師のノーバス|中学・高校・大学受験・プロ家庭教師

[0]ミシンの通販 | 口コミで話題の家庭用ミシンなら『笑顔のたまご』

[0]インターネット家庭教師のNetty | 入会金・教材費無料のネット個別指導

[0]家庭教師のあすなろ≪公式サイト≫関東・東北中心|勉強が苦手な子ほど点数アップ!

[0]家庭教師のガンバ|東京・神奈川・埼玉・千葉でご紹介しています。

[0]【公式】月刊ポピー・小学ポピーなら家庭学習のさんけん社へ|さんけん社公式サイト

[0]家庭教師のTeachers Market

[0]家庭用脱毛器ケノン

[0]家庭用中古スロット実機の販売店『パチスロわっしょい』

[0]中学受験専門のプロ講師をスカウト&募集|採用情報|【中学受験専門】個別指導塾・少人数クラス・家庭教師の受験ドクター

[0]小型水素水サーバー「H2 SERVER ピュアラスミニ」家庭でも出来立ての高濃度水素水がいつでも飲める安心安全な本格小型サーバーがついに登場!

[家庭 Amazon] [家庭 楽天]

名前>発言

黒河 > 最高裁 家庭局平成25年度概況 http://www.courts.go.jp/vcms_lf/20140526koukengaikyou_h25.pdf [成年後見][2015/2/2]
K > 正式名称より略称で検索した方がここではデータがたくさん出てくる傾向がある模様。例えば、「最高裁判所」は「最高裁」、「家庭裁判所」は「家裁」、「簡易裁判所」は「簡裁」、「日本国憲法」は「憲法」など。 [検索][2014/7/26]
マグニチュード1の地震エネルギー:家庭用ホットプレート1時間分ぐらいのエネルギー[2014年更新]

種類の違う生鮮食品を混ぜると加工食品に分類[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座家庭総合]

5大栄養素:炭水化物、脂質、たんぱく質、無機質、ビタミン[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座家庭総合/健康/栄養素/栄養バランス]

ビタミンB1は豚肉や豆製品などに含まれる[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座家庭総合/栄養素]

脚気(かっけ):食欲不振・疲労感に始まり手足のしびれ・動悸、さらには心不全にまで至る[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座家庭総合/医学/病気]

ビタミンB1は糖質(炭水化物)を体内でエネルギーとして使うのに必要。不足で疲れやすくなり、慢性不足で脚気(かっけ)になる。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座家庭総合/医学/病気/栄養素]

高齢者を支える仕組み:暮らしの支援と福祉サービス。暮らしの支援は、年金・各種手当など。福祉サービスは、在宅型と施設型。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座家庭総合]

民1019条1項:遺言執行者がその任務を怠ったときその他正当な事由があるときは、利害関係人は、その解任を家庭裁判所に請求することができる。[2010/7/13更新、民法、身分法、家族法、相続法]

民894条1項:被相続人は、いつでも、推定相続人の廃除の取消しを家庭裁判所に請求することができる。[2010/7/13更新、民法、身分法、家族法、相続法]

一方意思なき夫婦共同縁組も、単独親子関係成立意思あり、配偶者利益害せず、家庭平和乱さないなど特段事情あれば、縁組意思欠く当事者間のみ無効。[最判昭48.4.12][2010/7/12更新][民法、身分法、家族法、親族法]

民859条の3:成年後見人は、成年被後見人に代わって、その居住の用に供する建物又はその敷地について、売却、賃貸、賃貸借の解除又は抵当権の設定その他これらに準ずる処分をするには、家庭裁判所の許可を得なければならない。[2010年更新][身分法・家族法][民法]

民811条6項:縁組の当事者の一方が死亡した後に生存当事者が離縁をしようとするときは、家庭裁判所の許可を得て、これをすることができる。[2010年更新][身分法・家族法][民法]

民938条:相続の放棄をしようとする者は、その旨を家庭裁判所に申述しなければならない。[2010年更新][身分法・家族法][民法]

民894条1項:被相続人は、いつでも、推定相続人の廃除の取消しを家庭裁判所に請求することができる。[2008][身分法・家族法][民法]

民843条1項:家庭裁判所は、後見開始の審判をするときは、職権で、成年後見人を選任する。[2008][身分法・家族法][民法]

民918条2項:家庭裁判所は、利害関係人又は検察官の請求によって、いつでも、相続財産の保存に必要な処分を命ずることができる。[2008][身分法・家族法][民法]

民893条:被相続人が遺言で推定相続人を廃除する意思を表示したときは、遺言執行者は、その遺言が効力を生じた後、遅滞なく、その推定相続人の廃除を家庭裁判所に請求しなければならない。この場合において、その推定相続人の廃除は、被相続人の死亡の時にさかのぼってその効力を生ずる。[2008][身分法・家族法][民法]

民1010条:遺言執行者がないとき、又はなくなったときは、家庭裁判所は、利害関係人の請求によって、これを選任することができる。[2008][身分法・家族法][民法]

915条1項:相続人は、自己のために相続の開始があったことを知った時から三箇月以内に、単純若しくは限定の承認又は放棄をしなければならない。但し、この期間は、利害関係人又は検察官の請求によって、家庭裁判所において、これを伸長することができる

ブログ全画面表示