[TOP] [空室一覧] [投資] [求人] [転職] [通販] [食品] [比較] [買取] [美容] [化粧] [健康] [中古] [育毛] [脱毛] [英語] [旅行] [不動産] [英会話] [専門店] [メンズ] [ギフト] [グルメ] [お試し] [送料無料] [お取り寄せ] [レディース] [ダイエット] [シャンプー] [コラーゲン] [プラセンタ] [コンタクト] [サプリメント] [ファッション] [レンタルサーバー] [ウォーターサーバー] [オンラインショップ]


[遵 amazon] [遵 楽天]



日本の司法・行政等政治権力は子供の命より母優先で機械的に処理できること(先例)の方が大事。 児童虐待を減らすためには児童監禁お墨付き機関と化している家庭裁判所の運用を変える必要がある。 日本では司法試験という難しい試験に合格すると官製未成年者身代金誘拐というおいしい話に乗れるという特権を与えられる。 日本の母性優先の原則は実質的には女親の子供監禁自由の原則、ひいては女親の児童虐待黙認の原則であり、即時是正すべきである。 日本の隠ぺい体質・先例主義と母性優先(母親優先)..
posted by cari.jp at 18:20

日本の子供連れ去り保護・優遇は児童虐待・児童虐待死の温床であり、即時是正が必要である。 現在の日本では司法(裁判所)が最大・最強の児童虐待支援機関になっている。子供の逃亡・逃走の自由(自由権・自己決定権)を保障する必要がある。 かつて日本が五族協和のスローガンで五族にしたことと、今家裁が子供の福祉のスローガンで子供にしている仕打ちは似ている。国(公権力)の体質はたいして変わっていない。 逃げ出したい子供がいて、一方親(別居親)という本来他方親と同格の受け入れ先があるとき..
posted by cari.jp at 20:50

世界史データベース http://cari.jp/1/?k=%C0%A4%B3%A6%BB%CB http://cari.jp/a/?k=%C0%A4%B3%A6%BB%CB http://cari.jp/b/?k=%C0%A4%B3%A6%BB%CB 一苦労や(1968)テト攻勢 つれー人々(2011)アラブの春(ジャスミン革命) エジプトはアラブの春によりムスリム同胞団の政権になった ムハンマド=アブドゥフ:エジプトのイスラーム改革思想家でアフガーニーの影響を受け..
posted by cari.jp at 12:42

母性優先(母親優先)・監護継続性の原則などは民間強制収容所への公的支援制度と化している。子供の居住・移転の自由(憲法22条)を保障すべきである。 (別居親が拒否していないのに)子供の別居親のもとへの居住・移転の自由(憲法22条)を否定する人たちは逃げる権利より監禁願望(他者加害)を優先させている。おぞましい発想ではないだろうか?。 子どもを連れて一方の配偶者が他方の配偶者から逃げるのを強く擁護する人の多くが何故か連れていかれた子供自身の逃げる権利を保障しようとしない。 D..
posted by cari.jp at 11:06

日本史データベース http://cari.jp/?k=%93%FA%96%7B%8Ej&f=k 富貴寺大堂:大分県豊後高田に現存する九州最古の木造建築物 1052年に末法に突入すると考えられていた 菅原道真:六国史の記事の分類である『類聚国史』を編纂 空海の漢詩集は性霊集(しょうりょうしゅう) 大阪府観心寺に現存する平安前期の秘仏は如意輪観音像 入唐求法巡礼行記:円仁(慈覚大師)著の現存最古日記 大伴家持は万葉集編纂 淡海三船(おうみのみふね):鑑真の来朝を..
posted by cari.jp at 13:55

日本史データベース http://1.cari.jp/?k=%93%FA%96%7B%8Ej 以後見ろ(1536)天文法華の乱:京都日蓮宗21カ寺焼打ち 日親:義教に『立正治国論』を献じ、焼鍋冠り 本願寺8世法主蓮如(兼寿)の拠点は越前国吉崎 畠山氏が山城の国一揆(1485年発生)で退去 1441年嘉吉の変・嘉吉の徳政一揆が発生 一味神水:一揆を結成するための一味同心の儀式 大和国柳生に正長徳政一揆(1428年発生)の碑文が現存 管領畠山満家が正長徳政一揆を平..
posted by cari.jp at 11:26

名前>発言

野口遵:朝鮮に進出した新興財閥日窒コンツェルンの創設者[2015年更新]

使節遵行権:守護に認められた将軍にかわり裁判結果を執行する権利[2015年更新]

執行猶予の裁量的取消(刑26条の2):猶予期間内に更に罪を犯し罰金。猶予言渡し前の禁錮以上の執行猶予発覚。保護観察の遵守事項を遵守せず、情状が重い。[2009年更新分][刑法]

憲法の機能的分類(レーヴェンシュタイン):規範的憲法は、実際に規範として遵守されている憲法。名目的憲法は、憲法典として妥当性はあるが、実際に規範として遵守されていない憲法。意味論的憲法は、実際には権力者のために権力状況を定式化したにすぎない憲法

許された危険の法理:社会にとって有益ないし必要な行為は、法益侵害の危険を伴なうものであっても、行為者が社会生活上必要な注意義務を遵守して、落度なく行為を行った時は、たとえ法益侵害の結果が発生したとしても、その行為は違法ではないとする法理

執行猶予の任意的取消事由(26条の2):執行猶予期間内に、更に罪を犯し、罰金刑。保護観察に付されている者が遵守事項を遵守せず、情状が重い。猶予の言渡前、他の罪につき禁錮以上の刑に処せられ、執行猶予に付されていることが発覚