[TOP] [名古屋賃貸空室一覧] [投資] [求人] [転職] [通販] [食品] [比較] [買取] [美容] [化粧] [健康] [中古] [育毛] [脱毛] [英語] [旅行] [不動産] [英会話] [専門店] [メンズ] [ギフト] [グルメ] [お試し] [送料無料] [お取り寄せ] [レディース] [ダイエット] [シャンプー] [コラーゲン] [プラセンタ] [コンタクト] [サプリメント] [ファッション] [レンタルサーバー] [ウォーターサーバー] [オンラインショップ]


[30]不動産担保ローン・担保融資のご相談ならつばさコーポレーション

[12]共有持分不動産の売却なら中央プロパティーの無料相談を活用

[11]【ペット可・相談の賃貸】マンション・アパート物件情報|ペットアドパーク

[10]不動産投資相談の専門サイト【トウシェル】|マンション経営など不動産投資相談が無料

[7]不動産投資のご相談は不動産の窓口へ

[4]医師の転職ご相談は「40代、50代、60代からの医師転職ドットコム」

[1]【公式】ほけんのトータルプロフェッショナル|専門家FPによる保険の見直し無料相談

[1]第二新卒・20代のための求人・転職支援サイト【20代の転職相談所】

[0]安全・安心な老人ホーム探しの無料相談窓口|シニアのあんしん相談室

[0]貴方の婚活を二人三脚でサポート!東京の結婚相談所Bridalチューリップ 資料請求OK

[0]税理士の無料紹介- 24時間年中無休・相談無料 | 税理士ドットコム

[0]風俗Q&Aドットコム - 業界人に相談できるQ&Aサイト

[0]【相場以上】車買取・中古査定のUllo(ウーロ)【MOTA】

[0]【保険マンモス】家計&保険マンモスのFP無料相談

[0]【保険ショップマンモスの無料保険相談】

[0]gensen wedding│元プランナーが厳選!提案型の結婚式相談カウンター

[0]ファイナンシャルプランナー無料相談 | リクルート運営の【保険チャンネル】

[0]オーナー登録(無料)でお部屋の相場価格がすぐわかる、ノムコムのマンションデータPlus

[蠎?相 amazon] [蠎?相 楽天]



名前>発言

相続分指定を超える部分は、無権利登記であり、(第三者が)取得できるのは指定相続分[2011年更新、民法、最判平5.7.19]

未成年者・推定相続人・受遺者等は遺言の証人・立会人不可。[2010/7/13更新、民法974条、身分法、家族法、相続法]

特定遺産を特定相続人に相続させる遺言は、特段事情ない限り、遺産分割方法を定めた遺言であり、異なる遺産分割不可。[2010/7/13更新、民法、身分法、家族法、相続法、最判平3.4.19]

民894条1項:被相続人は、いつでも、推定相続人の廃除の取消しを家庭裁判所に請求することができる。[2010/7/13更新、民法、身分法、家族法、相続法]

廃除された推定相続人が、不動産に共同相続登記をし、持分を第三者に譲渡した場合、他の共同相続人は登記なくして、自己持分を第三者に対抗可。[2008年更新分][物権法][民法]

推定相続人の廃除は、被相続人の生前は被相続人のみ、遺言の場合は遺言執行者のみが家裁に請求可。[2008][身分法・家族法][民法]

民894条1項:被相続人は、いつでも、推定相続人の廃除の取消しを家庭裁判所に請求することができる。[2008][身分法・家族法][民法]

民893条:被相続人が遺言で推定相続人を廃除する意思を表示したときは、遺言執行者は、その遺言が効力を生じた後、遅滞なく、その推定相続人の廃除を家庭裁判所に請求しなければならない。この場合において、その推定相続人の廃除は、被相続人の死亡の時にさかのぼってその効力を生ずる。[2008][身分法・家族法][民法]

代襲相続(民887条2項・3項、889条2項):推定相続人である子または兄弟姉妹が、相続の開始以前に死亡し、または廃除、相続欠格により相続権を失ったときに、その者の子がその者に代わって相続すること。趣旨は、直系卑属の生活保障[民法]

相続人の廃除(民892条):遺留分を有する推定相続人に虐待・重大な侮辱・著しい非行があったとき、被相続人の意思感情を尊重し、被相続人の請求に基づいて家裁が審判または調停によって、相続権を剥奪する制度

相続人の廃除の要件:廃除される者は遺留分を有する推定相続人であること。廃除原因があること。家裁に廃除の請求をすること。廃除の審判または調停があること

遺言の証人または立会人となることができない者(民974条):未成年者。推定相続人、受遺者及びその配偶者並びに直系血族。公証人の配偶者、四親等内の親族、書記及び雇人[民法]

遺言でも生前行為でもなしうる行為:認知。推定相続人の廃除及びその取消。特別受益者の相続分の指定。財産の処分。寄付行為。信託の設定