[不動産] [通販] [求人] [比較] [買取] [英語] [美容] [中古] [英会話] [ファッション]


[0]釣り、バイクに。電熱防寒具(手袋、ベスト、靴下)、おててのこたつ、ぬくさに首ったけ

[ヌョ amazon] [ヌョ 楽天]
名前>発言

K > 熱的ド・ブロイ波長が粒子の間隔程度になるとボース凝縮 [巨視的量子現象/極低温] [物理学 量子論][2016/4/21]
K > 半導体では熱励起や光吸収で生成される少数のキャリアー(伝導帯の電子・価電子帯の正孔)が電気伝導を担う [物理学][2016/4/19]
K > 温度が高いということは、エネルギーの高い状態を占める粒子の割合が大きいということ。「負の温度」は「逆転分布」の状態(負の温度は温度無限大よりも熱い)。 [物理学][2016/4/4]
K > 温度:熱運動の平均エネルギー [物理学][2016/4/1]
K > 水車:水は高きから低きに流れる、その力学的エネルギー(の一部)を使って水車を回す。熱機関(エンジン):熱も高温部から低温部に流れる、熱エネルギーの一部を仕事に変換する。 [物理学][2016/4/1]
K > 力学エネルギーを100%熱に変換することは簡単だが、逆はそうはいかない [物理学][2016/4/1]
K > WBのXOHに熱を加えると不可逆的にXOに。AgOHは常温で反応。 [化学][2015/10/15]
K > enthusiastic:熱心な。熱狂的な。 [英語][2015/1/2]
K > 日本のバイオームの水平分布:針葉樹林・夏緑樹林・照葉樹林・亜熱帯多雨林。夏緑樹林:ブナ・ナラ・カエデ。照葉樹林:シイ・カシ・クスノキ。亜熱帯多雨林:ヘゴ・アコウ・ヒルギ。 [生物][2014/10/20]
K > 熱帯多雨林:つた植物・高木 [生物][2014/10/20]
ステップ:草原。サバナ:熱帯草原。[2017年更新]

熱帯:熱帯雨林気候・サバナ気候[2017年更新/社会科/地理]

アグロフォレストリー:熱帯林を伐採し農業を行う場合、耕地や樹園地の間に植林をして、森林の育成も行うこと[2017年更新]

Cl-で白色沈殿:鉛と銀。PbCl2:熱水で溶ける。AgCl:NH3で溶ける、光で黒変。[2016年更新]

反応の進行方向:発熱方向。乱雑さ増加方向。[2016年更新]

揮発性の酸遊離反応:濃硫酸を加え加熱し、HF・HCl・HNO3らが遊離[2016年更新]

fervent:熱烈な[2015年更新]

セルバ:アマゾン川熱帯雨林。パンパ:ラプラタ川草原。[2015年更新]

電気・熱伝導性高い順:銀・銅・金・アルミ[2015年更新]

C=m・c。比熱c=J/(g・K)。熱容量C=J/K。[2014年更新]

潜熱:物体が状態変化する際に出入りする熱量[2014年更新]

熱容量:ある物体を1[K]温めるのに必要な熱量[2014年更新]

単位時間に発生するジュール熱P=IV[2014年更新]

日本のバイオームの水平分布:針葉樹林・夏緑樹林・照葉樹林・亜熱帯多雨林。[2014年更新]

PVグラフ:断熱線は等温線より急。等温線同士は原点より遠い程温度が高い。[2014年更新]

熱力学第1法則(エネルギー保存則):Q=ΔU+W[2014年更新]

比熱c・熱容量Cのとき、ΔTだけ温める熱量Q=mc×ΔT=C×ΔT[2014年更新]

熱容量(C[J/K]):ある物体を1[K]だけ温める時に必要な熱量[2014年更新]

海水大循環は、大気大循環と同様熱輸送を行い、栄養分や酸素などさまざまな物質も運んでいる[2014年更新]

中緯度に吹く西風を偏西風と言い、特に対流圏・成層圏の境界付近の強い流れをジェット気流と呼ぶ。偏西風の蛇行で低緯度から高緯度に熱が運ばれる[2014年更新]

貿易風:ハドレー循環で亜熱帯から赤道に向かって地表付近を吹く東風[2014年更新]

赤道付近で暖められて上昇し亜熱帯で下降する流れがハドレー循環[2014年更新]

ハドレー循環:大気の大循環による熱輸送システムのひとつ[2014年更新]

大気の温度構造:気温の高度変化にしたがって地表から対流圏・成層圏・中間圏・熱圏[2014年更新]

変成岩:堆積岩や火成岩が熱や高い圧力の影響を受けてその組織や鉱物の種類が変わり新しくできた岩石[2014年更新]

大理石はマグマの熱に触れて石灰岩が変成[2014年更新]

人は泣く(1879)エジソン白熱電球発明[2014年更新]

ΔU=熱量Q+仕事W:熱力学第1法則[2014年更新]

比熱:温まり方のちがいを数値で表したもの[2014年更新]

glow:白熱。(ろうそく・ランプなどが)光を放つ[2014年更新/発音記号:glou]

enthusiastic:熱心な。熱狂的な。[2014年更新]

レヴィ=ストロースの著書:「野生の思考」「悲しき熱帯」[2014年更新]

盟神探湯(くかたち):裁判に際し、熱湯に手を入れさせ、真偽を判断[2013年更新/歴史/日本史]

eager:熱望して。熱心な。[2013年更新/英語/英単語]

蒸発冷却:熱平衡を使う。熱い原子を取り除く。[2013年更新/引用元:2012東大講義[光の科学]第3回/冷却法]

熱機関:熱エネルギーを運動エネルギーに変換して、ものを動かす装置[2013年更新/引用元:2012年度高校講座 科学と人間生活]

熱可塑性樹脂:熱を加えるとやわらかくなり形を変えられる[2013年更新/引用元:2012年度高校講座 科学と人間生活 第8回]

プラスチックは熱可塑性樹脂と熱硬化性樹脂がある[2013年更新/引用元:2012年度高校講座 科学と人間生活 第8回]

タンパク質は熱を加えると凝固する[2013年更新/引用元:2012年度高校講座 科学と人間生活 第6回]

古代製鉄(ルッペ炉):鉱石を木炭とともに加熱し、ふいごで送風。海綿状の鉄(ルッペ)生成。加熱しハンマーでたたき整形不純物を取り出す(鍛造)。[2013年更新/引用元:東大授業 多彩な物質の世界(学術俯瞰講義)第11回 物質から材料として使われるまで−鉄鋼材料を例として]

鍛造:金属素材を加熱し、ハンマーやプレスでたたき、成形し靭性(じんせい)を与えていく加工法[2013年更新]

フィリピンの東の海で発生した熱帯低気圧が水蒸気を吸収し成長して台風になる[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座理科総合]

台風:北西太平洋や南シナ海にある最大風速17.2m/s以上の熱帯低気圧[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座理科総合]

エネルギーは最終的に利用できない熱エネルギーになる[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座理科総合/物理学]

熱の伝わり方:対流。伝導。放射。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座理科総合/物理学]

セラミックスの特徴:熱に強い。化学的に安定。電気を通しにくい。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座理科総合]

大気の構造:対流圏、成層圏、中間圏、熱圏[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座理科総合]

年平均の降水量と気温の関係がバイオームを決める。日本の場合、針葉樹林〜亜熱帯多雨林。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学]

酵素は熱に弱く、加熱するとはたらきが失われる[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学]

白色わい星:核融合反応が終わり、余熱で光る[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座地学[恒星の最期]/天文学/宇宙学]

プラスチックは、軽くて、さびない。熱可塑性があり、成形しやすい。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座化学/有機化学/有機化合物/性質]

アルミニウム単体の性質:密度小さい(軽金属)。延性・展性良い。電気・熱伝導性良い。[2013年更新]

酸化カルシウム(生石灰)に水を加えると発熱して水酸化カルシウム(消石灰)になる[2013年更新]

ヘスの法則:反応熱は、反応の経路によらず、反応の初めの状態と終りの状態で決まる[2013年更新]

炭酸水素ナトリウムを熱分解:炭酸ナトリウム+水+二酸化炭素[2013年更新]

ニクロム:ニッケルとクロムを主成分とする合金の商標名。標準はニッケル80%、クロム20%。加工が容易で電気抵抗が大きく、酸化されにくいので電熱線に使われる。[2013年更新]

熱力学の第2法則から(効率100%の)第2種永久機関不可:熱機関で仕事をするときには(熱源に熱を戻すことはできないので)外部に熱を捨てることが必要[2012年更新]

断熱的に圧縮・膨張:気体にされた仕事の分だけ内部エネルギーが増加・減少[2012年更新]

孤立系:外界から完全独立。閉鎖系:熱移動可・物質移動不可。[2012年更新]

熱力学の第1法則:加えた熱=内部エネルギーの増加+仕事[2012年更新]

ジュールの法則:ジュール熱W=R×I^2×t[2012年更新/W(J)/電気抵抗R(Ω)/電流I(A)/時間t(s)/引用元:2011年度NHK高校講座物理]

導体に電流が流れるとジュール熱が発生(電子の流れが原子を振動させ温度上昇)[2012年更新/引用元:2011年度NHK高校講座物理]

比熱の求め方:物質を水の中に入れて熱平衡状態にし、熱量保存の法則で得喪熱量の等式(方程式)を作る。得喪熱量=比熱×質量×温度差。[2012年更新/物理学]

水の比熱:4.2J/gK。[2012年更新/J:ジュール/g:グラム/K:ケルビン(温度)/物理学]

黒体放射(黒体輻射):一定の温度に保たれ熱平衡状態にある黒体が発する放射[2012年更新]

黒体:すべての波長の放射を完全に吸収する仮想物体。熱放射エネルギー測定の基準体。[2012年更新/白金黒(はっきんこく)などが近い/キルヒホッフが導入]

エネルギーの種類:運動・位置・熱・化学・光・電気など[2012年更新/物理学/引用元:2011年度NHK高校講座物理]

金属:電気を通す。熱を伝える。光沢。展性・延性。[2012年更新/化学/特徴/性質]

物質の調べ方:五感。水。熱。電気。薬品。[2012年更新/化学]

原動機:自然界のエネルギーを、機械的エネルギーに変換する機器。熱機関・水力機関・風力機関・原子力機関など。[2012年更新/引用元]

熱力学の3法則:エネルギー保存、エントロピー増大、絶対零度不可。エネルギー保存から(出力超過の)第1種永久機関不可。エントロピー増大から(効率100%の)第2種永久機関不可。[2012年更新/物理学]

比熱:物質1グラムの温度を1度上げるのに必要な熱量。[2012年更新、熱物理学]

自由エネルギー:物体のもつ内部エネルギーのうち、仕事に変わりうるエネルギー。[2012年更新、熱物理学]

内部エネルギーは断熱過程で定義できる。ヘルムホルツ自由エネルギー(F)は等温準静課程で定義できる。[2012年更新、熱物理学]

等温過程は過程によって仕事が変わる。[2012年更新、熱物理学]

thermo-:熱の。temperature:温度。[2012年更新、英単語・英語。語学・外国語]

断熱準静過程(a.q.、adiabatic quasistatic):超ゆっくり、各瞬間熱平衡。[2012年更新、熱物理学]

Jouleの原理:系がする仕事Wは途中によらぬ。始状態と終状態だけで決まる。[2012年更新、熱物理学、ジュール、法則・定理]

カルノーサイクル:カルノーの考えた、熱機関の熱効率が最大になる理想サイクル。蒸気などが、高温と低温の間を等温膨張・断熱膨張・等温圧縮・断熱圧縮の4行程で循環。[2011年更新、Carnot's cycle、物理、熱力学、科学]

熱力学の第一法則:物体に外部から加わった仕事と熱量の和は、内部エネルギーの増加に等しいという法則。熱と仕事は等価で、熱を含めてエネルギーは保存される。[2011年更新、物理]

熱力学の第二法則:熱は高温から低温に移動し、逆は起こらない。あるいは、孤立系エントロピーは不可逆変化で増大。[2011年更新、物理]

熱力学の第三法則:絶対零度ではどんな物質のエントロピーも零になる。[2011年更新、物理]

1カロリー:水1グラムを1気圧下で1度上げる熱量。4ジュール強。[2010年更新]

rhapsody:叙事詩。熱狂的文章。狂想曲。有頂天。夢中。[2010年更新、英語・英単語、語学・外国語]

政治家の資質:心情倫理と責任倫理とを区別し責任倫理について責任感があること。政治状況の予見・洞察力。政治への情熱[政治学]

ブログ全画面表示