[電流 電気]データベース

[電流 電気 Amazon] [電流 電気 楽天]

名前>発言

K > 電気量(C)=電流(A)×時間(秒) [化学][2016/6/29]
K > 1アンペア:1秒で1クーロン [電流 電気][2014/8/17]
電気量(C)=電流(A)×時間(秒)。ファラデー定数:クロしばこ(96485)C/mol。[2016年更新]

電流I=電気量(電荷)q/時間t[2014年更新]

電気量(クーロン)C=電流(アンペア)A×時間(秒)s[2013年更新]

電力量:電気の仕事量。電力と時間の積。電力量W=電力P×時間t。単位は、ジュール(ワット秒)、ワット時、キロワット時など。[2012年更新/物理学/電流/ワット時(Wh)/キロワット時(kWh)]

電力:電気の仕事率。電気の単位時間の仕事量。直流では電圧と電流の積に等しい。単位はワット。[2012年更新/物理学/エネルギー]

ジュールの法則:ジュール熱W=R×I^2×t[2012年更新/W(J)/電気抵抗R(Ω)/電流I(A)/時間t(s)/引用元:2011年度NHK高校講座物理]

交流は1次コイル、2次コイルを組み合わせ変圧器が簡単に作れる[2012年更新/物理学/電流/電気]

レンツの法則:コイル内に生じた磁界の変化を打ち消す向きに誘導電流が流れる[2012年更新/物理学/理科/電気]

電磁誘導:コイル等の導体を磁界の中で動かすと、電流が流れる現象。発生した電流を誘導電流という。[2012年更新/物理学/1831年、ファラデーが発見/電磁感応/電気]

右ねじの法則:直線状の電流がつくる磁場の向きは、右ねじの回る向きに一致するという法則。[2012年更新/物理学/アンペールの右螺子の法則/電磁石/理科/電気]

電圧:電流を流そうとする働きの大きさ[2012年更新/物理学/電気]

V=R×I。電圧(V)=電気抵抗(Ω)×電流(A)。[2012年更新/物理学/オームの法則/理科]

P=V×I。電力(W)=電圧(V)×電流(A)。[2012年更新/物理学/電気]

1クーロンは1アンペアの電流が1秒間流れたときに運ばれる電気量。[2011年更新、物理]

ブログ全画面表示