[0]ユーグレナの緑汁 | euglena ユーグレナ

[0]野菜ジュース 国産緑黄色野菜を260g使用 ・ ミリオンストア

[緑 amazon] [緑 楽天]

名前>発言

K > 有色気体:Cl2(黄緑)。NO2(赤褐)。O3(淡青)。 [化学][2016/8/7]
K > [葉緑体]チラコイド膜に葉緑素が練りこまれている [生物学][2015/4/7]
K > [葉緑体]饅頭形のチラコイドが重なりグラナ [生物学][2015/4/7]
K > 酸化剤:(MnO4)-[赤紫]→(Mn)2+[無色(極めて薄いピンク)]。(Cr2O7)2-[橙]→(Cr)3+[緑]。 [化学][2014/11/6]
K > 日本のバイオームの水平分布:針葉樹林・夏緑樹林・照葉樹林・亜熱帯多雨林。夏緑樹林:ブナ・ナラ・カエデ。照葉樹林:シイ・カシ・クスノキ。亜熱帯多雨林:ヘゴ・アコウ・ヒルギ。 [生物][2014/10/20]
K > 雨緑樹林:雨季と乾季。チーク・コクタン。 [生物][2014/10/20]
玄菟郡(げんとぐん):前漢武帝が鴨緑江中流に設置し、高句麗に滅ぼされた[2017年更新]

OH-で沈殿:基本白。銅(青白)。鉄2(緑白)。鉄3(赤褐色)。[2016年更新]

葉緑体:チラコイド、ストロマ。ミトコンドリア:マトリックス、クリステ。[2016年更新]

可視光スペクトル:赤橙黄緑青藍紫[2015年更新]

酸化剤:(Cr2O7)2-[橙]→(Cr)3+[緑][2014年更新]

日本のバイオームの水平分布:針葉樹林・夏緑樹林・照葉樹林・亜熱帯多雨林。[2014年更新]

夏緑樹林:ブナ・ナラ・カエデ。照葉樹林:シイ・カシ・クスノキ。[2014年更新]

ブルーベリー(色素アントシアニン):[酸性]ピンク、[中性]紫、[塩基性]緑[2014年更新]

火山岩は、玄武岩・安山岩・流紋岩。深成岩は、はんれい岩・せん緑岩・花こう岩。[2014年更新]

ミクロン:ミトコン[1]。大腸菌[3]。葉緑体[5]。[2014年更新]

共生進化:好気性細菌→ミトコンドリア。ラン藻→葉緑体。[2014年更新]

μm:ミトコンドリア2。大腸菌3。葉緑体5。赤血球7.5。一般的細胞20。[2013年更新/引用元:受験サプリ 生物 センター対策講座 第1回/マイクロメートル/大きさ]

濃絵:金箔地に青や緑の色をつけていく技法で、桃山文化で盛ん[2013年更新/歴史/日本史]

クロロフィルは主に赤や青の光を吸収し緑の光を反射・透過する[2013年更新/引用元:2012年度高校講座 科学と人間生活 第2回/植物/光合成]

光合成色素:(わかめの)フコキサンチン:青い光をよく吸収。(海苔の)フィコビリン:緑や黄色の光を吸収。[2013年更新/引用元:2012年度高校講座 科学と人間生活 第2回]

葉が緑色に見えるわけ:緑の光を反射・透過する光合成色素クロロフィルを持っているから[2013年更新/引用元:2012年度高校講座 科学と人間生活 第2回]

クロロフィル(葉緑素) :光合成の明反応で光エネルギーを吸収する役割をもつ化学物質[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座理科総合/ようりょくそ/Chlorophyll]

ミトコンドリアと葉緑体は細胞共生で細胞小器官となった[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学]

BTB溶液:酸(黄)、中性(緑)、アルカリ(青)[2013年更新/理科/pH指示薬]

八旗:満州族固有の軍隊。緑営:漢人編成の正規軍[2012年更新/歴史/世界史/東アジア/中国清王朝]

GFP:green fluorescent protein。オワンクラゲの生体内にあり、発光物質イクオリンの発する青い光を受けて緑色に光る生物発光物質。下村脩により発見・抽出。[2011年更新/昭和37年(1962)に海洋生物学者の下村脩により発見・抽出/分子生物学]

葉緑体:光合成植物の細胞内の細胞小器官。一般に楕円形。二重膜に包まれ、葉緑素などの色素を含むグラナ(明反応)と、その間を埋めるストロマ(暗反応)から構成。独自DNAをもつ。[2011年更新、生物学]

三原色:光の三原色(RGB)は、赤・緑・青。色の三原色(CMY)は、シアン・マゼンタ・黄。[2007年更新、IT]

ブログ全画面表示