[11]オンライン英会話スカイプ,4倍速学習法で英語を習得,Ays English(アイスイングリッシュ)

[4]28日皮膚免疫トレーニング メトセラES-27クリーム 公式オンラインショップ|皮膚免疫科学株式会社

[3]英語勉強法 1年でTOEIC 900! 正統派の英語学習プロジェクト

[3]ビジネス英会話を本気で学ぶなら【マイチューター】

[2]駅前留学NOVA【公式】英会話スクール・英会話教室

[1]カランメソッドをオンライン英会話のe英会話で4倍速く学ぶ

[1]オンライン 英会話│イストークで気軽に語学レッスン

[1]オンライン英会話を独自メソッドで学べるhanaso

[1]フィリピンセブ島の格安英語留学 | ガチ留学公式サイト

[0]デザイン フォトフレーム工房:フォトフレーム(写真立て)の名入れ彫刻の通信販売。学校、会社の記念品・ビジネスギフト

[0]医学書・医学専門書 送料無料で高価買取|メディカルマイスター

[0]大学教科書・専門書・医学書の専門買取店|専門書アカデミー

[0]フィリピン留学・セブ島留学なら語学学校NILS(比政府認定)

[0]《公式》家庭教師のノーバス|中学・高校・大学受験・プロ家庭教師

[0]オーストラリア留学のスペシャリスト・アイエス留学ネットワーク

[0]学生向けの賃貸を探す 【ホームアドパーク】

[0]法律資格の合格指導|東京法経学院

[0]学習塾を探すなら、インターネット自宅学習システムのe点ネット塾

[0]ネット学習パソコン教材ガクネット?塾に通わず自宅学習!ナビゲーションにそって進める新感覚の勉強方法。

[0]為替王アカデミーで為替・FXを学ぶ

[0]海外旅行・留学生保険サイト

[0]オンライン英会話のラングリッチ Skypeで学べる英会話

[0]税理士 通勤講座 - スマホで学べる通信講座で資格を取得

[0]通信制高校・サポート校特集 | 大学・専門学校・資格取得スクール・通信講座のなるには進学サイト

[0]結婚の学校 主催講師 佐藤セルゲイビッチ

[0]善玉元気で毎朝のスッキリ習慣|フローラ健康科学研究所

[0]【公式】月刊ポピー・小学ポピーなら家庭学習のさんけん社へ|さんけん社公式サイト

[0]タブレットで学ぶ中学生向け通信教育「スマイルゼミ」|【公式】スマイルゼミ

[0]カリスマ講師による英語指導法教材(DVD5枚セット) 英語学習 英語伝

[0]英語手帳 2017年版 標準サイズ 英語学習 英語伝

[0]腰痛の予防・姿勢改善の学習イス「坐骨で座る」アーユル チェアー メーカー公式販売サイト

[0]億万長者専問学校1DAYスクール

[0]合宿免許なら激安・格安自動車学校・教習所が見つかる神戸合宿.comへ!

[0]LP-kaitori | 全国の大学・短大・専門学校教科書・専門書の買取専門店テキストポン

[0]マンション経営で自分の給料並みの月間収入を実現する仕組みを学ぶミニセミナー|株式会社ベルテックス

[0]ワンドリア | 三浦直樹博士(獣医学)、中島利博(医学)が作ったワンちゃん用サプリメント!

[0]中学受験専門のプロ講師をスカウト&募集|採用情報|【中学受験専門】個別指導塾・少人数クラス・家庭教師の受験ドクター

[0]限定のお試しキャンペーン!送料無料|皮膚生理学から生まれた無添加自然化粧品

[0]アスリート就職ナビ2018 | 体育会学生限定の就職情報配信サービス

[0]合格にとどまらない。日商簿記3・2級講座 | 経理実務の学校のWEB講座・セミナー

[0]ニクリーチ | お腹を空かせた学生のためのスカウト型就活サイト-

[0]オープン・インフラ系エンジニア募集中|多額の教育予算で生涯学習できる環境

[0]楽天学割|お得な特典で学生を徹底応援!

[0]パーソナルステイトメント/志望動機書/留学用出願エッセイ編集・添削

[学 amazon] [学 楽天]

名前>発言

K > [動物]新口と旧口。旧口は、脱皮と冠輪。冠輪は、環形・軟体。脱皮は線形・節足。 [生物学][2017/1/15]
> 宗教意味- 道徳- 人間性イスラム教え Religion meaning, Moral, Humanity (英語字幕-With English Subtitles)リズビ カマル氏、 バーブ・ル・イスラーム・マスジド 栃木県小山市付近 Babul Islam Masjid, 中学生と高校生の交流会 YouTube Link: https://youtu.be/MbDqWtHTnXo [][2017/1/7]
K > プリンが(GA)ピカチュー(CTU)[塩基語呂合わせ/プリン環G・A。ピリミジン環C・T・U。] [分子生物学][2016/12/31]
K > inception:初め。発端。学位授与式。 [英語 映画 英単語 ハリーポッターと炎のゴブレット][2016/12/28]
K > strategy:兵法。用兵学。戦術。戦略。計略。策略。 [英語 映画 英単語 ハリーポッターと炎のゴブレット][2016/12/28]
K > autobiography:自叙伝。自伝。自伝文学。 [英語 映画 英単語 ハリーポッターと秘密の部屋][2016/12/5]
K > ウラマー:イスラーム法学者 [イスラム][2016/12/4]
K > suspension:一時停止。保留。停学。 [英語 映画 英単語 ハリーポッターと秘密の部屋][2016/12/4]
K > 郷学(ごうがく):江戸時代から明治初期に存在した武士・庶民のための領主公認の教育機関。閑谷学校など。 [日本史 歴史][2016/11/26]
K > 理想気体と実在気体の違い:分子間力・分子体積 [化学][2016/11/23]
K > [発音] ギリシア語 th タ行 [雑学][2016/11/20]
青学余裕のA判定 > 人泣くよ(1794)テルミドールのクーデター [世界史 年号語呂合わせ][2016/10/17]
K > 弦を伝わる波の速さは弦の張力と線密度で決まる [物理学][2016/10/8]
K > [場合の数]組分けの注意点:同じ個数で、組の区別ができないとき、!で割る [数学][2016/10/4]
K > nCn=1。nC0=1。nCr=nCn-r。[組合せ/場合の数] [数学][2016/10/1]
K > 正弦定理:a/sinA=b/sinB=c/sinC=2R [数学][2016/9/17]
K > 三角形には外接円が必ず存在 [数学][2016/9/17]
K > ニジェール川中流の交易都市トンブクトゥは内陸アフリカにおけるイスラーム学問の中心地として発展 [世界史 歴史][2016/9/5]
K > [儒学]朱子学:京学・南学。古学:聖学・古義学・古文辞学。 [日本史][2016/8/27]
K > ボローニャ大学(ゲルフ・11C法学)。ナポリ大学(ギベリン)。サレルノ大学(医学)。[イタリア史] [世界史][2016/8/10]
K > アルカリ・アルカリ土類以外の陽イオンは塩基性下(OH-)で沈む [化学][2016/8/9]
K > 有色気体:Cl2(黄緑)。NO2(赤褐)。O3(淡青)。 [化学][2016/8/7]
K > ルシャトリエ原理:平衡時に条件(温度・濃度・圧力)を変化→影響緩和方向へ平衡移動 [化学][2016/8/4]
K > 鉄をコーティング:トタンZn・ブリキSn [雑学][2016/8/2]
K > つれーよ(2004)法科大学院(ロースクール)開始 [年号語呂合わせ][2016/7/18]
K > [ヨウ素・ヨウ化物イオン] I2:黒紫色。I3-:褐色。 [化学][2016/7/9]
K > ファラデー定数:クロしばこ(96485)C/mol [化学 語呂合わせ][2016/7/1]
K > 電気量(C)=電流(A)×時間(秒) [化学][2016/6/29]
K > 電気陰性度(カイ)は、イオン化エネルギー+電子親和力だが、一般にイオン化エネルギーの方が電子親和力よりかなり大きいので、電気陰性度はイオン化エネルギーに近似 [化学][2016/6/25]
K > 浸透圧は分子量測定実験の一つ [化学][2016/6/14]
K > 浸透圧の公式は気体の状態方程式(PV=nRT)と同様 [化学][2016/6/14]
K > ニジェール川中流の交易都市トンブクトゥは内陸アフリカのイスラーム学問中心地として発展 [世界史 歴史][2016/6/10]
K > NaHSO3とNaH2PO4は酸性 [塩の液性判断法の例外] [無機化学][2016/6/5]
K > 水の電離度α=1.8×10^-9 [無機化学][2016/6/5]
K > [明治以降の流れ] 戯作(げさく)文学→政治小説→(以降、写実主義→)言文一致運動→ロマン主義→自然主義 [日本史 歴史][2016/6/2]
K > 津田梅子:1900年女子英学塾創設 [日本史 歴史][2016/6/1]
K > 人泣くわ(1790)寛政異学の禁。人泣くな(1797)聖堂学問所を昌平坂学問所と改め官立化。 [日本史 年号語呂合わせ][2016/5/30]
K > 「幾何学に王道なし」:プトレマイオス1世に対しエウクレイデス(ユークリッド)が述べた [学問に王道なし] [名言 数学 歴史][2016/5/26]
K > 仏さまランキング:如来→菩薩→明王・天 [仏教 雑学][2016/5/26]
K > [希薄溶液の性質] 沸点上昇・凝固点降下・蒸気圧降下 [化学][2016/5/16]
K > [光速度不変の原理/特殊相対性理論] 質量、長さ、同時性は、観測者のいる慣性系によって異なる相対的なものであり、唯一不変なものは光速度cのみ [物理学 アインシュタイン][2016/5/14]
K > [勉強/学習/プログラム/IT]TechAcademy [テックアカデミー] | プログラミングスクール https://techacademy.jp/ [学校 塾 予備校][2016/5/12]
K > 高分子の液体は高粘度 [物理学][2016/5/7]
K > 流体は固有の形をもっていないが、形を変えられることには抵抗する。この性質を粘性という。 [物理学][2016/5/7]
K > ゴムの奇妙な温度依存性:引っ張ると暖かくなる・収縮させると冷たくなる・温めると縮む [物理学][2016/5/7]
K > [弾性]応力:単位面積当たりの力。歪み:単位長さあたりののび。 [物理学][2016/5/7]
K > ガムはひも状の分子(高分子)からなる [物理学][2016/5/6]
K > 不確定性原理:「ある2つの物理量の組み合わせにおいては、測定値にばらつきを持たせずに2つの物理量を測定することはできない」という理論 [物理学 雑学][2016/5/4]
K > DNA解読機(シーケンサー)。DNA合成機(シンセサイザー)。 [生物学 バイオ][2016/5/4]
K > 金属の軟らかさや加工性は「転位」という線欠陥の移動で実現し、それを妨げることで高強度化が達成される [物理学][2016/4/23]
K > [1908年]カメリン・オンネスが初めてヘリウムの液化に成功 [物理学][2016/4/21]
K > ヘリウム原子は、軽い、相互作用が弱い [物理学 量子力学][2016/4/21]
K > ヘリウムは(常圧では)絶対零度でも固体にならない(量子液体) [物理学 量子力学][2016/4/21]
K > 量子統計性が効くような現象を見るには極低温が必要 [物理学 量子力学][2016/4/21]
K > 巨視的量子現象:ボース凝縮、超流動、超伝導 [物理学 量子論][2016/4/21]
K > 熱的ド・ブロイ波長が粒子の間隔程度になるとボース凝縮 [巨視的量子現象/極低温] [物理学 量子論][2016/4/21]
K > ボース粒子(ボソン):同じ状態にいくつでも入れる。フェルミ粒子(フェルミオン):同じ状態には1個しか入れない(パウリの排他律)。[素粒子/量子力学] [物理学 量子論][2016/4/21]
K > 高温の物体が発する光(黒体輻射) 物体の温度が高いほど、発せられる光のピークは短波長(青色)側にずれる [物理学][2016/4/19]
K > 電子間のクーロン反発をできるだけ避けるには、スピンの向きを同じにそろえるほうが得(フント則) [物理学][2016/4/19]
K > 発光ダイオードと太陽光発電は逆プロセス [物理学][2016/4/19]
K > 半導体では熱励起や光吸収で生成される少数のキャリアー(伝導帯の電子・価電子帯の正孔)が電気伝導を担う [物理学][2016/4/19]
K > 原子の並び(結晶)では、原子の電子エネルギー準位が、電子の跳び移りによって、それぞれ広がってエネルギーバンドを形成 [物理学][2016/4/19]
K > 物性物理の典型的なエネルギースケールは電子ボルト(eV) [物理学][2016/4/19]
K > 1つの球の周りに同じ大きさの球を最大何個までくっつけられるか?。3次元では12個(ケプラー予想)。12個をくっつけるやりかたはいろいろ。数学的に厳密な証明は1997年になってようやく。 [雑学][2016/4/19]
K > ヘンリーの法則:気体の溶解量は圧力(分圧)に比例 [化学][2016/4/17]
K > 黄埔軍官学校(1924):校長蒋介石、副校長周恩来[第一次国共合作の象徴/中国史] [世界史 歴史][2016/4/13]
K > マルクスの思想に影響をあたえた3つの思想(by レーニン):ドイツ観念論哲学。フランス社会主義。イギリス古典派経済学。 [世界史 歴史][2016/4/8]
K > エイブリーの実験:DNAを分解した場合のみ生物の特徴が伝わらないので、形質転換の原因物質はDNA [生物学 歴史][2016/4/6]
K > グリフィスの実験(形質転換):生きたR型菌と死んだS型菌から生きたS型菌 [生物学 歴史][2016/4/6]
K > 故きを温めて新しきを知る[論語] [雑学][2016/4/5]
K > デトロイト銀行頭取:ドッジ(緊縮財政)。経済学者:シャウプ(税制改革)。 [雑学 日本史 歴史][2016/4/5]
K > 砂糖=ショ糖(蔗糖)=スクロース(覚え方は語頭がサ行前半の並び[さしす]) [雑学][2016/4/5]
K > [光合成]チラコイドで化学エネルギー(ATP)を作り(水から酸素)、ストロマで炭酸同化(CO2からブドウ糖) [生物学][2016/4/5]
K > カミュはフランスの実存主義的作家。思想的影響をサルトルから受けている。 [雑学][2016/4/5]
K > リプロダクティブ・ヘルス/ライツは性と生殖について女性の自己決定権を重視する考え [雑学 倫理][2016/4/5]
K > 温度が高いということは、エネルギーの高い状態を占める粒子の割合が大きいということ。「負の温度」は「逆転分布」の状態(負の温度は温度無限大よりも熱い)。 [物理学][2016/4/4]
K > 市場いーな(1817)リカード『経済学および課税の原理』 [世界史 年号語呂合わせ][2016/4/3]
K > 絶対零度:原子が静止した基底状態(エネルギー最低の状態)。絶対零度でも量子力学的な零点振動がある。 [物理学][2016/4/1]
K > 温度:熱運動の平均エネルギー [物理学][2016/4/1]
K > 逝くわな(1907)ケルビン卿没[英物理学者/歴史] [世界史 年号語呂合わせ][2016/4/1]
K > 水車:水は高きから低きに流れる、その力学的エネルギー(の一部)を使って水車を回す。熱機関(エンジン):熱も高温部から低温部に流れる、熱エネルギーの一部を仕事に変換する。 [物理学][2016/4/1]
K > 力学エネルギーを100%熱に変換することは簡単だが、逆はそうはいかない [物理学][2016/4/1]
K > ニュートリノは数は多い。数で言うと世の中の物質のほとんどはニュートリノ。暗黒物質の10億倍?。ただ、ニュートリノは一つ一つが軽い。[宇宙論/天文学] [宇宙学][2016/3/30]
K > エネルギーの内訳:星と銀河0.5%。ニュートリノ0.1〜0.7%。普通の物質(原子・宇宙ではガスなど)4.9%。暗黒物質27%。暗黒エネルギー68%。反物質0%。[宇宙論/天文学] [宇宙学][2016/3/30]
K > 太陽系は毎秒220キロで銀河の中を回る [宇宙学 天文学][2016/3/29]
K > E=mc^2は止まっているもののエネルギー。動いているものはそれに運動エネルギーが加わる。 [科学 雑学][2016/3/29]
K > 質量がある=光速で飛べない[アインシュタイン/相対性理論] [科学 雑学][2016/3/29]
K > 陽子・中性子の中でクォークは10^-24秒に一回ぐるぐる回る。この運動が陽子・中性子のエネルギー=質量のもと。 [科学 雑学][2016/3/29]
K > 原子ができるには電子をゆっくりに。電子を押さえ込むのはヒッグス粒子。宇宙に凍り付いている。 [科学 雑学][2016/3/29]
K > 「弱い力」の謎:電磁気力は長距離力・弱い力は短距離力。しかし、二つの力はその他はとても良く似ている。もともと同じ(対称的な)力が対称性が破れて分かれた?。 [科学][2016/3/29]
K > 証拠 偏差値80。発見 偏差値100。目安に過ぎないが一般的。 [科学][2016/3/29]
K > ファーストスターはビッグバンから40万年後、太陽の40倍の重さ [宇宙学 天文学][2016/3/29]
K > ビックバンから1秒で陽子や中性子を合成 [宇宙学 天文学][2016/3/29]
K > ビッグバン元素合成(予言) H:He=3:1(質量比) 観測と良く合う [ビッグバンから3分でヘリウムまで合成] [宇宙学 天文学][2016/3/29]
K > 天文学者の用語ではHeより大きい元素は全部金属 [宇宙学][2016/3/29]
K > オリオン座のベテルギウス:平家星。太陽の20倍の重さ。640光年。15年で15%小さく。 [天文学 宇宙学][2016/3/29]
K > 超新星爆発は銀河系で50-100年に一つ程度。星一個で銀河系全体と同じぐらい明るくなったりする。 [雑学][2016/3/29]
K > [超新星爆発する]巨大な恒星の寿命の例:H Burning 700万年。He 50万年。C 600年。Ne 1年。O 6か月。Si 1日。 [雑学][2016/3/29]
K > 毎秒私たちの体を百兆ものニュートリノが通り抜ける[太陽の核融合の副産物] [雑学][2016/3/29]
K > E=mc^2。太陽は毎秒40億キログラム軽くなる。 [天文学 宇宙学][2016/3/29]
K > E=mc^2。E:エネルギー。m:質量。c:光速。[アインシュタイン/一般相対性理論] [物理学][2016/3/29]
K > ビッグバン直後は(元素は)水素とヘリウムだけ [宇宙学 天文学][2016/3/29]
K > 原子の大きさ:原子核の大きさ=野球場:野球ボール [雑学][2016/3/29]
K > 宇宙は広がっている(遠くの星や銀河は赤く見える)。近づく救急車:高い音・離れる救急車:低い音。離れる星:低い赤い光。[ドップラー効果/天文学] [宇宙][2016/3/28]
K > [2010年慶応大学公開講義(講座)] 憲法(人権) http://gc.sfc.keio.ac.jp/cgi/class/class_top.cgi?2010_25098 [無料 動画 授業][2016/3/25]
K > [2011年東京大学(東大)公開講座] 「青い鳥」はいるか−経済学で考える(学術俯瞰講義) Is There the 'Blue Bird'? - Think about it in Economics (Global Focus on Knowledge) −講義一覧 Course list−UTokyo OCW http://ocw.u-tokyo.ac.jp/lecture?id=11343&r=1100500069 [無料 動画 授業][2016/3/25]
K > [2012年慶応大学動画講義/公開講座] インターネット計測とデータ解析 http://gc.sfc.keio.ac.jp/cgi/class/class_top.cgi?2012_35305 [無料 授業][2016/3/24]
K > [2014年慶応大学公開講義] データサイエンス基礎 (クラス14〜26) SFCのデータサイエンス科目を履修するための数学基礎学力を養うための講座です。 高校数学の数学I、II、数学A、Bを復習するとともに数学IIIや数学Cの内容にも触れます。 http://gc.sfc.keio.ac.jp/cgi/class/class_top.cgi?2014_25190 [無料 動画 授業][2016/3/23]
K > [2014年慶応大学公開講義] データサイエンス基礎 (クラス01〜13) SFCのデータサイエンス科目を履修するための数学基礎学力を養うための講座です。 高校数学の数学I、II、数学A、Bを復習するとともに数学IIIや数学Cの内容にも触れます。 http://gc.sfc.keio.ac.jp/cgi/class/class_top.cgi?2014_25804 [無料 動画 授業][2016/3/23]
K > [2008年慶応大学無料講座/歴史] 講義一覧 | 日本経済史 | 慶應OCW| http://keio-ocw.sfc.keio.ac.jp/j/economics/02A-012_j/list2.html [動画 授業][2016/3/23]
K > 輪状接種:友達はハブでありやすい(あなたの友達はあなたより有名)を利用し知人を接種 ←→ 集団(マス)接種:ある地域の人を皆接種・(輪状接種)より効率が悪い [雑学][2016/3/21]
K > アデノシン:アデニン(塩基)+リボース(五炭糖) [生物学][2016/3/21]
K > 代謝:生体内の化学反応。同化(合成反応)と異化(分解反応)。 [生物学][2016/3/21]
K > 原核細胞の内には膜状の細胞小器官なし [生物学][2016/3/20]
K > [細胞研究]フィルヒョー:全ての細胞は細胞から生じる [生物学][2016/3/20]
K > [細胞研究]ブラウン:核の発見 [生物学][2016/3/20]
K > 代謝:生体内の化学反応 [生物学][2016/3/19]
K > 酵素:触媒作用のあるタンパク質 [生物学][2016/3/19]
K > 細胞膜は、リン脂質とタンパク質でできている [生物学][2016/3/17]
K > 細胞は、原形質と(細胞壁等)それ以外。原形質は、核と細胞質。細胞質は、細胞小器官・細胞質基質・細胞膜。 [生物学][2016/3/17]
K > [2013慶応大学無料動画講義(全15回、但し、第10回は非公開)] インターネット(村井純) http://gc.sfc.keio.ac.jp/cgi/class/class_top.cgi?2013_26708 [授業][2016/3/12]
K > [2012慶応大学無料動画講義(全13回のうち第7回まで公開)] 情報数学2 [計算機科学,人工知能,認知科学,生物情報科学、金融工学、マーケッティングなどの分野で必要とされる数学的な基礎のうち,とくに確率論,情報理論,および論理学に焦点を当てて,学習する.] http://gc.sfc.keio.ac.jp/cgi/class/class_top.cgi?2012_25513 [動画 授業][2016/3/12]
K > [2015慶応大学無料動画授業(全14回)] 数理解析 [数学][複素関数論を扱う。実関数の微積分を、複素関数で行うだけだが、複素数に変えたことにより不思議な世界が広がる。コーシーの積分公式、積分定理、留数の計算など実関数では見られなかった新しい世界を紹介する。] http://gc.sfc.keio.ac.jp/cgi/class/class_top.cgi?2015_25509 [講義][2016/3/10]
K > [2011東大(東京大学)無料動画授業(全13回)] 「かたち」と「はたらき」の生物進化−偶然か必然か(学術俯瞰講義) http://ocw.u-tokyo.ac.jp/lecture?id=11334 [講義][2016/3/9]
K > [2011東大(東京大学)無料動画授業] 国境なき数学−ことばを越えて社会とともに(学術俯瞰講義) http://ocw.u-tokyo.ac.jp/lecture?id=11337 [講義][2016/3/9]
K > [2013東大(東京大学)無料動画授業(全13回)] 物質の神秘 ― その生い立ちから私たちの未来まで(学術俯瞰講義) http://ocw.u-tokyo.ac.jp/lecture?id=11353 [講義][2016/3/9]
K > [ミクロ経済学無料動画授業] フリーラーニング Free-LearninG For Your Extention » 速習!ミクロ経済学 http://free-learning.org/?page_id=202 [講義][2016/3/9]
K > [マクロ経済学無料動画授業] フリーラーニング Free-LearninG For Your Extention » 講義内容詳細 http://free-learning.org/?page_id=233 [講義][2016/3/9]
K > [2013東大(東京大学)無料動画(全13回)] 生命の堅牢性と可塑性(学術俯瞰講義) Robustness and Plasticity of Life (Global Focus on Knowledge) −講義一覧 Course list−UTokyo OCW http://ocw.u-tokyo.ac.jp/lecture?id=11358&r=1116823807 [授業][2016/3/9]
K > [2012東大(東京大学)無料動画(全13回)] 光の科学−未来を照らす究極の技術とアイデア(学術俯瞰講義) http://ocw.u-tokyo.ac.jp/lecture?id=11351&r=723547918 [授業][2016/3/9]
K > [無料動画授業] NHK高校講座 ライブラリ http://www.nhk.or.jp/kokokoza/library/ [英語・数学・国語・化学・物理・生物・地学・地理・日本史・世界史など] [授業][2016/3/9]
K > 2014 東大(東京大学) 数学ー革新の歴史と伝統の力(学術俯瞰講義) http://ocw.u-tokyo.ac.jp/lecture?id=11364&r=974918749 [無料動画][授業][2016/3/9]
K > ピーターパン・シンドローム:米心理学者カイリー [倫理][2016/3/5]
K > 有色鉱物は、かんらん石・輝石・角せん石・黒雲母。[覚えるポイントはカ行前半始まり] [理科 地学][2016/1/24]
K > フランクフルト学派:[第一世代]ホルクハイマーとアドルノ、フロム、マルクーゼ。[第二世代]ハーバーマス。 [倫理][2016/1/6]
K > フロムはフランクフルト学派 [倫理][2016/1/6]
K > フランクフルト学派:実存主義と別の視点で近代的理性を批判 [倫理][2016/1/6]
K > 逝くヤニ(1982)ホテルニュージャパン火災[イギリス人男性宿泊客の寝タバコが原因] [雑学][2015/12/29]
K > 対物ミクロメーター:1目盛10マイクロメートル [生物学][2015/11/25]
K > [分解能]肉眼0.1ミリメートル。光学0.2マイクロメートル。電子0.2ナノメートル。[顕微鏡] [生物学][2015/11/25]
K > 細菌は原核生物。菌は真核生物。 [生物学][2015/11/16]
K > 原生生物:藻類・粘菌・原生動物 [生物学][2015/11/16]
K > 現在の地球には180万種にも及ぶ生物種 [生物学][2015/11/16]
K > WBのXOHに熱を加えると不可逆的にXOに。AgOHは常温で反応。 [化学][2015/10/15]
イードのお祝いと断食の月において学ぶことは何か? > イードのお祝いと断食の月において学ぶことは何か?リズビ カマル氏東京都 By Rizvi Kamal Eid Mubarak 2015 & The Duties of Muslims، عید مبارک 2015 اور مسلمانوں کی ذم داریاں YouTube Link: https://www.youtube.com/watch?v=gdmVEZkRyis ヒューマン マナー リサーチ アカデミーJapan www.mymanneronline.com 会長: リズビ カマル東京都 [イスラム][2015/7/16]
K > オキソ酸:分子中に酸素原子を含む無機の酸 [化学][2015/5/20]
K > 加速度の定義:a=Δv/Δt [物理学][2015/4/21]
K > 「速さ」とは、速度の大きさ [物理学][2015/4/21]
タイトル: イスラムを通じて世界平和を考える > 2015年4月12日に幸福の科学様の協賛で行われたエル.カンターレ財団フォーラム2015年において リズビ カマル氏のスピーチの内容 タイトル: イスラムを通じて世界平和を考える World Peace Through Islam, スピーカー: リズビ カマル氏 東京都 約7分45秒 YouTube Link: https://www.youtube.com/watch?v=mB7x0dive6g ヒューマン マナー リサーチ アカデミーJapan 会長: リズビ カマル東京都 [イスラム][2015/4/13]
K > クロロフィルaはMg・Nを含む [生物学][2015/4/7]
K > [葉緑体]チラコイド膜に葉緑素が練りこまれている [生物学][2015/4/7]
K > [葉緑体]饅頭形のチラコイドが重なりグラナ [生物学][2015/4/7]
K > [中学]1分野(計算):物理・化学。2分野(暗記):生物・地学。 [理科][2015/3/21]
K > 慶応大学無料公開講義 http://gc.sfc.keio.ac.jp/ [動画][授業][2015/3/10]
人間のガイドブック聖クルアーン日本語版を希望の方に無料で差し上げます > 人間のガイドブック聖クルアーン日本語版を希望の方に無料で差し上げます。下記のフォームに名前、住所入力していただければ郵送にて送ります。 http://www.mymanneronline.com/?page_id=1086 提供:アラブイスラーム学院、麻布東京 Promoter:(有) リズビ トレーデイング 中古車販売社 [イスラム][2015/1/28]
K > 混合気体の扱い方:分体積or分圧 [化学][2015/1/20]
K > 複接線は3次関数には存在しない [数学][2015/1/20]
K > 尿中にはタンパク質もグルコースも出ず [生物学][2015/1/18]
K > 窒素固定細菌の代表である根粒菌はマメ科植物の根っこに共生 [生物学][2015/1/18]
K > 菌と細菌は別。菌はカビやキノコ。 [生物学][2015/1/17]
K > イオン結晶だが水に溶けず沈殿:AgCl。BaSO4。CaCO3。 [化学][2014/12/26]
K > 共有>イオン>金属>>分子間 [結合の強さの順番] [化学][2014/12/24]
K > 光合成で発生する酸素は水由来 [生物学][2014/12/10]
K > チラコイド膜にATP合成酵素あり [生物学][2014/12/10]
K > 黄老思想:五帝の黄帝を始祖・老子を大成者とした道家の一学派 [世界史][2014/11/26]
K > イブン・シーナ(アヴィケンナ)とイブン・ルシュド(アヴェロエス)は、共に医師・アリストテレス哲学 [世界史][2014/11/25]
K > 光合成:光エネルギーによる炭酸同化。6CO2+12H2O→C6H12O6+6O2+6H2O。 [生物学][2014/11/25]
K > 同化:炭酸同化・窒素同化。炭酸同化:光合成・化学合成。 [生物学][2014/11/25]
K > 間期:遺伝子の複製。細胞の成長。 [生物学][2014/11/24]
K > 卵割:発生初期の体細胞分裂 [生物学][2014/11/23]
K > 定常波の腹や節(ふし)は半波長(λ/2)ごとに並ぶ [物理学][2014/11/10]
K > 力学的エネルギー:運動エネルギー・(重力の)位置エネルギー・弾性エネルギー [物理学][2014/11/8]
K > 速さは、速度vの大きさ [物理学][2014/11/6]
K > (a+b)^3=a^3+3(a^2)b+3a(b^2)+b^3 [展開][数学 公式][2014/11/6]
K > 酸化剤:(MnO4)-[赤紫]→(Mn)2+[無色(極めて薄いピンク)]。(Cr2O7)2-[橙]→(Cr)3+[緑]。 [化学][2014/11/6]
K > ビュレット:1目もりの1/10までよむ [化学][2014/11/4]
K > 強酸+強塩基由来の酸性塩は酸性 [化学][2014/11/3]
K > 水の電離度α=1.8×10^-9 [化学][2014/10/30]
K > 『空想から科学へ』エンゲルス [世界史][2014/10/25]
K > 炭素12の1粒の重さ:1.9926×10^-23g [化学][2014/10/23]
K > 電気陰性度:F・Oは特に大きい。周期表では希ガスを除き右上が大きい。 [化学][2014/10/23]
K > 自由電子:金属の電気陰性度が低いため(電子を譲り合うため) [化学][2014/10/23]
K > 共有結合のみ:ダイヤ・Si・二酸化ケイ素・炭化ケイ素・黒鉛[分子を作らない] [化学][2014/10/23]
K > ナフタレン:C10H8 [化学式][2014/10/23]
K > 乳化:セッケン水に油を入れて振り混ぜると、セッケン分子が疎水性の原子団を内側にして油を取り囲み微粒子を形成し水溶液中に分散 [化学][2014/10/21]
K > 次亜塩素酸HClOは酸化力が非常に強いオキソ酸の1つで、殺菌剤などに用いられる [化学][2014/10/21]
K > 「pならばq」に対する反例は「pは満たすがqは満たさない」もの [数学][2014/10/21]
不法領得:横領の意義(横領罪の本質)は、領得行為説と越権行為説。不法領得の意思に関する学説(窃盗と器物損壊の区別)は、所有者意思(団藤)・経済的用法意思(平野)・用法意思(前田)・不要(大塚) [所有][2014/10/21]
K > イオン化エネルギー大:陽イオンになりにくい。電子親和力大:陰イオンになりやすい。 [化学][2014/10/20]
K > イオン化エネルギー:電子を失う場合に吸収するエネルギー。電子親和力:電子を得る場合に放出するエネルギー。 [化学][2014/10/20]
K > 物理的・化学的防御と免疫。免疫は、自然免疫・適応免疫。自然免疫は、食作用・炎症作用。適応免疫(獲得免疫)は、体液性免疫・細胞性免疫。 [異物排除 生物][2014/10/18]
K > 魚類:1心房1心室。両生類・爬虫類:2心房1心室。鳥類・哺乳類:2心房2心室。 [心臓 生物学][2014/10/16]
K > 万葉代匠記は国学の祖である契沖の著作 [倫理][2014/10/15]
K > 電子式:最外殻電子を4方向に分配表記 [化学][2014/10/9]
K > 典型元素は電子配置を書くと周期表の族と周期がわかる。最外殻電子数が族下1ケタ。 [化学 典型元素][2014/10/9]
K > 典型元素:3〜11族以外 [化学][2014/10/9]
K > 電子殻が最大収容数(2n^2)埋まると閉殻。実際入る数はK殻2・他8(最外殻電子8コまで)。 [化学 電子配置][2014/10/9]
K > 塩酸:塩化水素酸の略 [化学][2014/10/8]
K > 同素体:SCOP [化学][2014/10/8]
K > 原子を同位体でくくると元素 [化学][2014/10/8]
K > 1977年〜 四つの現代化(農・工・国防・科学技術) [中国][2014/9/26]
K > 和辻哲郎が説く「間柄的存在」とは、人は個人的にではなく、人と人との間柄の中で存在するという考え [倫理 哲学][2014/9/26]
K > 方程式の解と係数の関係:[2次]α+β=-b/a、αβ=c/a。[3次]α+β+γ=−b/a、αβ+βγ+γα=c/a、αβγ=−d/a。 [数学][2014/9/19]
K > 物理量の次元:M・L・T・A [物理学][2014/9/11]
K > (米)リップマン:疑似環境。(米)ブーマスティン:疑似イベント。 [社会学][2014/9/9]
K > トルストイ『戦争と平和』『アンナ=カレーニナ』。ロマン=ロラン『ジャン=クリストフ』 [著書 倫理 哲学 文学 ヒューマニスト][2014/9/4]
K > 構造主義:レヴィ=ストロース。フーコー。 [倫理 哲学 ポストモダニズム][2014/9/4]
K > フランクフルト学派:ホルクハイマー。アドルノ。フロム。マルクーゼ。ハーバーマス。 [倫理 哲学 ポストモダニズム][2014/9/4]
K > フランクフルト学派:ドイツ。構造主義:フランス。 [倫理 哲学 ポストモダニズム][2014/9/4]
K > キルケゴール『あれか、これか』『死に至る病』 [著書 倫理 哲学][2014/9/3]
K > ロマン=ロラン:戦闘的ヒューマニズム[文学者] [倫理 現代のヒューマニズム][2014/9/3]
K > トルストイ:博愛。農本主義。非暴力。[文学者] [倫理 現代のヒューマニズム][2014/9/3]
K > フランクフルト学派:ホルクハイマーとアドルノ。ハーバーマス。 [倫理 哲学][2014/9/3]
K > ポストモダニズム思想:フランクフルト学派。構造主義。分析哲学。正義と福祉。 [倫理 哲学][2014/9/3]
K > キルケゴール:美的実存(あれもこれも)。倫理的実存(あれかこれか)。 [実存主義 倫理 哲学][2014/9/1]
K > キルケゴールの実存の三段階:美的・倫理的・宗教的 [実存主義 倫理 哲学][2014/9/1]
K > 工作人(ホモ・ファーベル):ベルグソン(仏哲学者)の言葉 [倫理 哲学][2014/8/30]
K > 自律(道徳法則に従うこと)こそ自由 [カント 倫理 哲学][2014/8/27]
K > 意思の格率が常に普遍的立法の原理として妥当しうるように行為せよ [カント 倫理 哲学][2014/8/27]
K > 仮言命法「もしAならBせよ」。定言命法「Bせよ」。 [カント 倫理 哲学][2014/8/27]
K > 西田幾多郎:主客未分の純粋経験。和辻哲郎:人間は間柄的存在。 [倫理 日本哲学][2014/8/20]
K > 古学(孔孟の原典) 山鹿素行:古学(聖学) 伊藤仁斎:古義学 荻生徂徠:古文辞学 [儒学 儒教 江戸時代][2014/8/18]
K > [前5Cから]孔子。[前4Cから]孟子。[前3Cから]荀子。 [儒家 儒学 儒教][2014/8/15]
K > 孔子 仁と礼 仁→孝悌忠恕 礼→克己復礼 [儒家 儒学 儒教][2014/8/15]
K > 無着[アサンガ]・世親[バスヴァンドゥ]の兄弟 唯識学派 「心」だけは実体 [大乗仏教][2014/8/15]
K > [13Cから] 中世神学者 トマス=アクィナス スコラ哲学 "哲学は神学の侍女(はしため)" [倫理 キリスト教][2014/8/13]
K > [4Cから] 古代教父哲学者 アウグスティヌス 恩寵予定説 三位一体論 [倫理 キリスト教][2014/8/13]
K > [前6Cから]自然哲学=論理[ロゴス]を自覚。[前5Cから]ソフィスト=ピュシス[自然]からノモス[人為]へ。 [倫理 古代ギリシア思想][2014/8/10]
K > [前6Cから]自然哲学:アルケー[根源]の探求 [倫理 古代ギリシア思想][2014/8/10]
K > [前8Cから]神話(ミュトス)の世界。[前6Cから]自然哲学。[前5Cから]ソフィスト。 [倫理 古代ギリシア思想][2014/8/10]
K > 神話[ミュトス]の世界→自然哲学→ソフィスト [倫理 古代ギリシア思想][2014/8/10]
K > 国際人権規約で日本が留保した条項:公務員のストライキ権。祝祭日の給与保障。大学教育の無償化。 [現代社会][2014/8/9]
K > 最近のネット書き込みなどを見ると、世の中ルサンチマンだらけという感じがしてしまう [哲学 ニーチェ][2014/8/9]
K > 凹レンズの公式:1/a+1/(-b)=1/(-f) [物理学][2014/8/7]
弦を伝わる波の速さは、弦の張力と線密度で決まる[2017年更新/物理学]

共分散:偏差の積の平均。相関係数:共分散/標準偏差の積。[2017年更新/数学]

分散:偏差の二乗の平均値。二乗の平均−平均の二乗。[2017年更新/数学]

サーディー:ニザーミーヤ学院で学んだ詩人[2017年更新]

リヒトホーフェン:シルクロードと命名したドイツの地理学者[2017年更新]

プロティノス:新プラトン主義者。ト・ヘン(一者)からの流出を唱え、キリスト教神学に影響。[2017年更新]

inception:初め。発端。学位授与式。[2016年更新]

strategy:兵法。用兵学。戦術。戦略。計略。策略。[2016年更新]

autobiography:自叙伝。自伝。自伝文学。[2016年更新]

suspension:一時停止。保留。停学。[2016年更新]

discipline:(弟子の教育)規律・しつけ・学問分野[2016年更新]

ニジェール川中流の交易都市トンブクトゥは内陸アフリカのイスラム学問中心地として発展[2016年更新]

[医学大全/ムワッヒド]イブン=ルシュド(アヴェロエス):アリストテレス哲学解釈[2016年更新]

蘭渓道隆→無学祖元→夢窓疎石[2016年更新]

構造異性体・立体異性体。立体異性体は、幾何異性体・光学異性体など。[2016年更新]

つれーよ(2004)法科大学院(ロースクール)開始[2016年更新]

英政治学者ブライス「地方自治は民主主義の学校」[2016年更新]

人泣くわ(1790)寛政異学の禁[2016年更新]

人泣くな(1797)聖堂学問所を昌平坂学問所と改め官立化[2016年更新]

市場いーな(1817)リカード『経済学および課税の原理』[2016年更新]

孔穎達(くえいたつ)は唐の太宗に仕えた儒学者[2016年更新]

黒田清輝:フランスに留学し、印象派の画法を日本に持ち帰った[2016年更新]

ピーターパン・シンドローム:米心理学者カイリー[2016年更新]

宋学:周敦頤?(しゅうとんい)?に始まり、程???(ていこう)?・程頤?(ていい)?が究め、朱熹?(しゅき)?が大成[2016年更新]

授時暦:元代にイスラム天文学の影響を受けた郭守敬が作成[2016年更新]

種蒔く人:1921創刊の初のプロレタリア文学雑誌[2015年更新]

硯友社(けんゆうしゃ):尾崎紅葉が山田美沙と結成した初の文学団体[2015年更新]

坪内逍遥:評論『小説神髄』著し、雑誌『早稲田文学』創刊[2015年更新]

工部大学校:イギリス人ダイアー(工学)・コンドル(建築学)が招かれた[2015年更新]

フォッサ=マグナを指摘したドイツ人地質学者はナウマン[2015年更新]

嫌やろ(1886)学校令制定[2015年更新]

ヘボン:幕末来日のプロテスタント宣教師で、初の和英辞典『和英語林集成』を編纂し、明治学院を創設したアメリカ人[2015年更新]

咸宜園:折衷学者広瀬淡窓が豊後国日田(ひた)に設立した私塾[2015年更新]

大槻玄沢『蘭学階梯(らんがくかいてい)』[2015年更新]

『華夷通商考』を著した長崎の天文・地理学者は西川如見[2015年更新]

前田綱紀に仕え『庶物類纂』の編纂にあたった本草学者は稲生若水[2015年更新]

南村梅軒を継いで南学(海南学派)を大成した土佐の朱子学者は谷時中[2015年更新]

桂庵玄樹:『大学章句』を刊行し、薩南学派(室町時代の朱子学派)の祖となった五山僧[2015年更新]

大戦景気の最中、化学工業はドイツからの輸入が途絶したことで発達[2015年更新]

1906年サンフランシスコで学童排斥事件が起き在米移民問題が表面化[2015年更新]

グナイスト:伊藤博文がプロイセン流憲法理論を学んだベルリン大教授[2015年更新]

林鳳岡(ほうこう)[信篤]:林家で初めて大学頭に任命された[2015年更新]

李卓吾:明代。「童心」。陽明学左派。[2015年更新]

『西洋の没落』はドイツ哲学者シュペングラーの著[2015年更新]

普遍論争:「普遍は存在するか」というスコラ哲学の論争[2015年更新]

蛮社の獄で罰せられた蘭学者:高野長英・渡辺崋山[2015年更新]

黄宗羲・顧炎武:考証学の先駆(明末清初)[2014年更新]

心=性+情。朱子学:性即理。陽明学:心即理。[2014年更新]

万葉代匠記は国学の祖である契沖の著作[2014年更新]

石田梅岩は、神儒仏などの教えをもとに石田心学を開き、商人に対し、正直や倹約の教えを説いた[2014年更新]

熊沢蕃山は陽明学者で、時・処・位に応じ道徳を実践するのが大切と説いた[2014年更新]

モンテスキュー『法の精神』。ヘーゲル『法の哲学』。[2014年更新]

[1949]日本学術会議結成[2014年更新]

閑谷(しずたに)学校は、岡山藩主池田光政が1670年に開校した日本最古の郷学[2014年更新]

大学・国学は大宝律令で設置が定められた[2014年更新]

熱力学第1法則(エネルギー保存則):Q=ΔU+W[2014年更新]

ミル:「自由論」「経済学原理」[2014年更新]

イオン反応式も化学反応式の一つ[2014年更新]

分子量や式量は化学式の通りに原子量を合計したもの[2014年更新]

電子式:元素記号のまわりに最外殻電子を点で書き加えた化学式。分子中の原子の結合の様子を表現するのに便利。[2014年更新]

約2400年前ギリシア哲学者のほとんどは月食や星の観測などから地球が丸いと考えていた[2014年更新]

ΔU=熱量Q+仕事W:熱力学第1法則[2014年更新]

顕微鏡の分解能:光学0.2マイクロメートル。電子0.2ナノメートル。[2014年更新]

円に内接する四角形の内対角の和は180度に等しい[2014年更新/数学]

人民戦線事件で経済学者の大内兵衛らが検挙された[2014年更新]

北村透谷はロマン主義文学の母体となる「文学界」を創刊した評論家・詩人[2014年更新]

ひめゆり学徒隊は沖縄戦で日本軍の看護を目的として作られた[2014年更新]

市制・町村制は、ドイツ人法律学者モッセの助言を得て山県有朋を中心に制定[2014年更新]

河上肇は「貧乏物語」の著者であり、マルクス経済学を紹介[2014年更新]

敬:朱子学で重視されたもので、私利私欲に流されないこと[2014年更新]

寛政の改革のとき、山東京伝処罰、寛政異学の禁[2014年更新]

社会学者ハーバーマスの「対話的理性」は、対等な立場で自由に話し合い共通の理解と合意を形成する能力[2014年更新]

[日清]ロマン主義:理性より感情。[日露]自然主義:暗黒面も探究。[2014年更新/文学]

三浦梅園:懐疑的態度で条理学構築[2014年更新]

仁:思いやり。いつくしみ。なさけ。[2014年更新/儒教/儒学]

折口信夫は、柳田国男に出会い、民俗学と国文学にまたがる研究を行い、日本の神の原像を考察[2014年更新]

武者小路実篤は、学生時代にトルストイの思想に出会い、人道主義に共感し、理想社会を目指し「新しき村」を建設[2014年更新]

知能:未経験の事態に対する予測[2014年更新/生物学/動物]

生得的行動は、走性・反射・本能。習得的行動は、学習・知能。[2014年更新/生物学/動物]

トマス・アクィナス:13世紀活躍の神学者で、著書「神学大全」が有名[2014年更新]

腎臓の浸透圧調節(再吸収促進):[バソプレシン]集合管で水。[鉱質コルチコイド]腎細管でNa+。[2014年更新/生物学]

視細胞:錐体細胞(色)と桿体細胞(明暗)[2014年更新/桿(かん)/生物学]

三浦梅園:懐疑的態度。条理学を構築。[2014年更新]

山片蟠桃(やまがたばんとう):懐徳堂に学び、無鬼論を展開[2014年更新]

貝原益軒:動植物への関心から博物学的知を追求[2014年更新]

義:客観的な規範[2014年更新/儒教/儒学]

辞譲:他者を尊重する心[2014年更新/儒教/儒学]

孟子は他者の苦しみなどを見過ごせない心を惻隠(そくいん)の心と呼ぶ[2014年更新/儒教/儒学]

他人を思いやることを孔子は恕と呼ぶ[2014年更新/儒教/儒学]

底の変換公式:logab=logcb/logca[2014年更新/数学]

sinθ=cos(π/2 -θ)[2014年更新/数学/三角関数]

近代文学:写実・ロマン・自然・反自然。反自然主義は、余裕・知性・白樺・耽美[2014年更新/歴史/日本史]

国学四大人(しうし):荷田春満(かだのあずままろ)、賀茂真淵、本居宣長、平田篤胤[2014年更新/歴史/日本史]

古学(孔孟の原典):山鹿素行。伊藤仁斎。荻生徂徠。[2014年更新/歴史/日本史]

朱子学:藤原惺窩(せいか)の弟子が林羅山。木下順庵の弟子が新井白石・室鳩巣。[2014年更新/歴史/日本史/江戸時代前期]

ばねの弾性エネルギー(J)=(1/2)kx^2[2014年更新/物理学]

運動エネルギー(J)=(1/2)mv^2[2014年更新/物理学]

力×移動量の値=仕事量=エネルギー[2014年更新/物理学]

運動量:物体の運動の激しさを示す量。質量と速度の積(mv)で表される。[2014年更新/物理学]

古代ギリシャ思想の流れ:自然哲学(根源探求)。ソフィスト(相対主義)。ポリス思想(普遍的真理探究)[2014年更新/倫理/歴史/世界史]

(a+b+c)^2=a^2+b^2+c^2+2ab+2bc+2ca[2014年更新/数学/公式]

セミナリオ[神学校]。ノビシャド[修練院]。コレジオ[大学]。[2014年更新/歴史/日本史/キリスト教]

四書五経:儒家の経典。四書:大学、中庸、論語、孟子。五経:易経、書経、詩経、礼記、春秋。[2013年更新]

ヨードホルム反応の条件:末端から2番目のCに(HorR)と(OorOH)が直結[2013年更新/化学]

炭素鎖への水酸基の繋がりでアルコール分類:末端1級、途中2級、枝分れ部3級[2013年更新/化学]

不斉炭素原子の存在が光学異性体の条件[2013年更新/化学]

水酸化物イオンで沈殿する陽イオン:アルカリ・アルカリ土類以外[2013年更新/化学]

Sイオンで沈殿する陽イオン:イオン化傾向Zn以下、酸性下Sn以下。ZnS白、基本黒。[2013年更新/化学]

乾燥剤は(中和)反応を起こさない組み合わせで選ぶ[2013年更新/化学]

水溶性の気体:NH3。HCl。Cl2。CO2。NO2。SO2。H2S。[2013年更新/化学]

揮発性の酸:HCl。HF。HNO3。[2013年更新/化学]

電気分解の陽極:電極が白金・金・炭素で、ハロゲンイオンなければ酸素発生[2013年更新/化学]

電気分解の陰極:重金属イオンあれば金属析出。なければ水素発生。[2013年更新/化学]

燃料電池の式は電気分解の逆[2013年更新/化学]

イオン化列で空気(酸素)と反応:すみやかに酸化Naまで。ゆっくり酸化(酸化被膜形成)Cuまで[2013年更新/化学/ナトリウム/銅/イオン化傾向]

イオン化列で水と反応し水素発生:冷水Naまで。沸騰水Mgまで。高温水蒸気Feまで。[2013年更新/化学/ナトリウム/マグネシウム/鉄/イオン化傾向]

シュウ酸:(COOH)2。代表的還元剤。[2013年更新/化学]

オゾンは酸化剤。水素は還元剤。[2013年更新/化学]

ハロゲン単体は酸化剤。金属単体は還元剤。ハロゲン化物イオンは還元剤。[2013年更新/化学]

H2O2:通常酸化剤(時々、還元剤)。SO2:通常還元剤(時々、酸化剤)。[2013年更新/化学]

酸化数の求め方:単体0。化合物総和0。イオン総和は価数。水素+1だが金属相手-1。酸素-2だが過酸化物-1。[2013年更新/化学]

両性元素:ああすんなり(Al・Zn・Sn・Pb)[2013年更新/化学/語呂合わせ]

酸性酸化物:非金属の酸化物。塩基性酸化物:金属の酸化物。両性酸化物:両性元素の酸化物。[2013年更新/化学]

弱酸・弱塩基由来のイオン(塩)が加水分解を起こす[2013年更新/化学]

郷学(ごうがく):江戸時代から明治初期にわたって存在した武士・庶民のための領主公認の教育機関[2013年更新/歴史/日本史]

江戸幕府は朱子学を重んじ、熊沢蕃山らの陽明学(知行合一)は警戒された[2013年更新/歴史/日本史]

電離度:電解質が溶液中でどれだけ電離しているかの割合。強酸・強塩基はほぼ1。弱酸・弱塩基は濃度で変化。[2013年更新/化学]

強塩基:来るな馬鹿(K・Na・Ba・Ca)[2013年更新/化学/語呂合わせ]

エネルギー高い順:単体。化合物。完全燃焼化合物。[2013年更新/化学]

アズハル学院は、ファーティマ朝時代のカイロに設立。アイユーブ朝時代にスンナ派神学の中心となった。[2013年更新/歴史/世界史]

ニザーミーヤ学院:セルジューク朝の宰相が官僚養成所として設立[2013年更新/歴史/世界史]

マドラサ:ウラマー(学者)を養成するためイスラム圏で各地につくられた学院[2013年更新/歴史/世界史]

顧炎武は明清の学者で、考証学の基礎を築いた[2013年更新/歴史/世界史]

徐光啓:明の科学者。洗礼名パウロ。マテオ=リッチから西洋科学技術を学び、中国に紹介。編著「農政全書」、編訳「崇禎(すうてい)暦書」、訳「幾何学原本」。[2013年更新/歴史/世界史/[1562〜1633]/上海の人/引用元:goo辞書/字(あざな)は子先]

命題「AならばB」が成り立つとき、Bは(Aであるための)必要条件、Aは(Bであるための)十分条件[2013年更新/数学]

血小板や血しょう中の血液凝固因子が順々に反応することでフィブリノーゲンからフィブリン(繊維状たんぱく質)が作られる[2013年更新/生物学]

ヘモグロビンは酸素濃度が高く、二酸化炭素濃度が低い環境で酸素と結合し、逆に酸素濃度が低く、二酸化炭素濃度が高い環境で酸素を離すことで酸素を必要な組織に運搬[2013年更新/生物学]

メタノール→ホルムアルデヒド→ギ酸の示性式:CH3OH→HCHO→HCOOH[2013年更新/化学]

例外としてアンモニウムイオンは非金属だが非金属とイオン結合する[2013年更新/化学]

共有結合のみで物質を作る:ダイヤ。珪素。二酸化珪素。炭化珪素。黒鉛。[2013年更新/化学/ケイ素/Si/C]

非金属同士:共有結合。金属同士:金属結合。金属と非金属:イオン結合。[2013年更新/化学]

運動の3法則:慣性の法則。運動の法則。作用・反作用の法則。[2013年更新/引用元:2013年度NHK高校講座物理基礎/物理学]

ガリレオは、落下する物体の移動距離は時間の2乗に比例することを発見[2013年更新/引用元:2013年度NHK高校講座物理基礎/物理学/歴史/科学史]

アルキメデスの原理:浮力は押しのけられた液体の重さに等しい[2013年更新/引用元:2013年度NHK高校講座物理基礎/物理学]

圧力:液体や気体中の物体が表面に受ける垂直な力[2013年更新/引用元:2013年度NHK高校講座物理基礎/物理学]

浮力:液体中の物体の上と下に加わる圧力の差によって生まれる[2013年更新/引用元:2013年度NHK高校講座物理基礎/物理学]

液体中を落下する物体もやがて終端速度になる[2013年更新/物理学/引用元:2013年度NHK高校講座物理基礎]

終端速度:物体に空気抵抗がはたらくとやがて落下速度が一定になる[2013年更新/物理学/引用元:2013年度NHK高校講座物理基礎]

動摩擦力:運動を妨げる向きにはたらく。大きさは垂直抗力に比例。大きさは速さに関係ない。[2013年更新/物理学/引用元:2013年度NHK高校講座物理基礎]

秒速7.9kmで水平に投げると地球を一周[2013年更新/物理学/引用元:2013年度NHK高校講座物理基礎]

自由落下運動:速度9.8t。距離4.9t^2。[2013年更新/物理学]

ジェット機の離陸の加速度:約3m毎秒毎秒[2013年更新/物理学/引用元:2013年度NHK高校講座物理基礎]

重力加速度g=9.8m毎秒毎秒[2013年更新/物理学]

F(N)=m(kg)×a(m毎秒毎秒)[2013年更新/物理学]

作用・反作用:別の物体にはたらく2力。力のつり合い:1つの物体にはたらく2力。[2013年更新/物理学/引用元:2013年度NHK高校講座物理基礎/ニュートン力学]

加速度の大きさは、力の大きさに比例[2013年更新/物理学/引用元:2013年度NHK高校講座物理基礎]

物体の質量が大きいほど慣性は大きい[2013年更新/物理学/引用元:2013年度NHK高校講座物理基礎]

質量:物体そのものがもつ固有の量。重さ:物体にはたらく重力の大きさ。[2013年更新/物理学/引用元:2013年度NHK高校講座物理基礎]

合力:力の合成。分力:力の分解。[2013年更新/物理学/力学]

力とは、物体の速度を変化させるはたらき、物体の形を変形させるはたらき[2013年更新/引用元:2013年度NHK高校講座物理基礎/物理学]

フックの法則:弾性力F=ばね定数k×伸びx[2013年更新/引用元:2013年度NHK高校講座物理基礎/物理学]

加速度:単位時間あたりの速度変化。加速度運動:速度が変化する運動。[2013年更新/引用元:2013年度NHK高校講座物理基礎/物理学]

x-tグラフ:移動距離と時間。v-tグラフ:速度と時間。[2013年更新/物理学]

速度:向きと速さを合わせた量[2013年更新/引用元:2013年度NHK高校講座物理基礎第2回/物理学]

(第2)余弦定理:a^2=b^2+c^2−2bc(cosα)[2013年更新/数学/三角関数/全ての三角形に一般化されたピタゴラスの定理]

レーザー冷却:ドップラー効果を使う。共鳴より低い周波数のレーザー光を当てる。[2013年更新/引用元:2012東大講義[光の科学]第3回/冷却法]

蒸発冷却:熱平衡を使う。熱い原子を取り除く。[2013年更新/引用元:2012東大講義[光の科学]第3回/冷却法]

ファインマン経路積分:最小作用の原理がどのように量子力学と自然につながるかを明確にした[2013年更新/引用元:2012東大講義[光の科学]第3回]

スネルの法則(局所的)。フェルマーの原理(大局的)。[2013年更新/引用元:2012東大講義[光の科学]第2回]

放物線(パラボラ):二次曲線の一。定直線(準線)と定点(焦点)からの距離の等しい点の軌跡。定直線に垂直で定点を通る軸に対し対称。[2013年更新/引用元:goo辞書/数学]

屈折の法則(スネルの法則):光や音などの波動が二つの媒質の境界面で屈折するとき、入射角の正弦と屈折角の正弦との比は一定であるという法則[2013年更新/1615年にオランダの天文・物理学者スネル(W.Snell)が発見した、光の屈折現象に関する法則/引用元:goo辞書]

地震波の性質:固い所は速く伝わる。柔らかい所は遅く伝わる。[2013年更新/引用元:2012年度高校講座 地学]

マグマ:地下で岩石が高温で融けた状態[2013年更新/引用元:2012年度高校講座 科学と人間生活 第19回]

プレートは海嶺で生まれ、海溝やトラフで沈み込んでいく[2013年更新/引用元:2012年度高校講座 科学と人間生活 第18回]

太陽の直径:約140万km(地球の約109倍)[2013年更新/引用元:2012年度高校講座 科学と人間生活 第17回]

地表平均気温15度C[2013年更新/引用元:2012年度高校講座 科学と人間生活 第17回]

小惑星:おもに火星と木星の間にある。隕石:おもに小惑星の破片。[2013年更新/引用元:2012年度高校講座 科学と人間生活 第16回/宇宙学/天文学]

熱機関:熱エネルギーを運動エネルギーに変換して、ものを動かす装置[2013年更新/引用元:2012年度高校講座 科学と人間生活]

光の分散:波長の違いで光が分離する現象[2013年更新/引用元:2012年度高校講座 科学と人間生活 第12回]

合金:ある金属に他の金属などを混ぜ溶かし合わせたもの[2013年更新/引用元:2012年度高校講座 科学と人間生活 第9回]

セラミックス:非金属の無機物質(石・鉱石など)を焼き固めたもの[2013年更新/引用元:2012年度高校講座 科学と人間生活 第9回]

伝統的歴史アプローチの特徴:西欧中心主義。「国民国家」論。発展段階論。[2013年更新/引用元:慶応大学授業 日本経済史(2008春学期) 第1回]

鉱石から(不純物を取り除く)化学的処理で金属を取り出すことを製錬という[2013年更新/引用元:2012年度高校講座 科学と人間生活 第9回]

マルクスの発展段階論:原始共同体→古代奴隷制→中世封建制→近代資本制→社会主義[2013年更新/引用元:慶応大学授業 日本経済史(2008春学期) 第1回]

熱可塑性樹脂:熱を加えるとやわらかくなり形を変えられる[2013年更新/引用元:2012年度高校講座 科学と人間生活 第8回]

プラスチックは熱可塑性樹脂と熱硬化性樹脂がある[2013年更新/引用元:2012年度高校講座 科学と人間生活 第8回]

プラスチックは数百〜数千の分子が長くつながってできている「高分子化合物」[2013年更新/引用元:2012年度高校講座 科学と人間生活 第8回]

ポリエチレンの密度は水より低い。ポリスチレン・ポリ塩化ビニルの密度は水より高い。[2013年更新/引用元:2012年度高校講座 科学と人間生活 第8回/プラスチック]

化学繊維は主に再生繊維と合成繊維に分けられる[2013年更新/引用元:2012年度高校講座 科学と人間生活 第7回]

レーヨン:木材などのセルロースを化学的に処理し、繊維として再生したもの[2013年更新/引用元:2012年度高校講座 科学と人間生活 第7回]

タンパク質はニンヒドリン液や硝酸で検出可[2013年更新/引用元:2012年度高校講座 科学と人間生活 第6回]

タンパク質は熱を加えると凝固する[2013年更新/引用元:2012年度高校講座 科学と人間生活 第6回]

刺激に向かう:正の走性。遠ざかる:負の走性。[2013年更新/引用元:2012年度高校講座 科学と人間生活 第3回]

赤い光は植物の光合成を最も促進させる[2013年更新/引用元:2012年度高校講座 科学と人間生活 第2回]

クロロフィルは主に赤や青の光を吸収し緑の光を反射・透過する[2013年更新/引用元:2012年度高校講座 科学と人間生活 第2回/植物/光合成]

赤い色の光で栽培すると通常の4〜5倍のスピードで成長。青い光はビタミンCやポリフェノールを増やす。[2013年更新/引用元:2012年度高校講座 科学と人間生活 第2回/植物/光合成]

植物全般、赤い色の光が光合成反応を促進[2013年更新/引用元:2012年度高校講座 科学と人間生活 第2回]

光合成色素:(わかめの)フコキサンチン:青い光をよく吸収。(海苔の)フィコビリン:緑や黄色の光を吸収。[2013年更新/引用元:2012年度高校講座 科学と人間生活 第2回]

陸上の植物はクロロフィルaを持ち光合成を行っている[2013年更新/引用元:2012年度高校講座 科学と人間生活 第2回]

クロロフィルaを「主色素」を言う。カロテンやキサントフィルを「補助色素(アンテナ色素)」と言う[2013年更新/引用元:2012年度高校講座 科学と人間生活 第2回/光合成]

葉が緑色に見えるわけ:緑の光を反射・透過する光合成色素クロロフィルを持っているから[2013年更新/引用元:2012年度高校講座 科学と人間生活 第2回]

クロロフィル:光を取り込むはたらきをする光合成色素[2013年更新/引用元:2012年度高校講座 科学と人間生活 第2回]

物の見え方は光の吸収と反射で決まる[2013年更新/引用元:2012年度高校講座 科学と人間生活 第2回]

セルロースは紙や材木の主成分[2013年更新/引用元:2012年度高校講座 科学と人間生活 第2回]

還元と融解のエネルギー比:鉄27倍。アルミ83倍。[2013年更新/金属リサイクルの省エネ効果(理論)/アルミニウム/引用元:東大授業 多彩な物質の世界(学術俯瞰講義) 最終回(小宮山)]

鉄は炭素を含むほど強い。[2013年更新/引用元:東大授業 多彩な物質の世界(学術俯瞰講義)第11回 物質から材料として使われるまで−鉄鋼材料を例として]

炭素2%以下の鉄を「鋼」と呼ぶ。強さとしなやかさを併せ持つ。我々が日常使っているのは「鋼」。[2013年更新/引用元:東大授業 多彩な物質の世界(学術俯瞰講義)第11回 物質から材料として使われるまで−鉄鋼材料を例として]

炭素を2%以上含む鉄は「鋳鉄」。非常に脆い。[2013年更新/引用元:東大授業 多彩な物質の世界(学術俯瞰講義)第11回 物質から材料として使われるまで−鉄鋼材料を例として]

高炉法の溶鉄は炭素を4.5%含む。[2013年更新/引用元:東大授業 多彩な物質の世界(学術俯瞰講義)第11回 物質から材料として使われるまで−鉄鋼材料を例として]

鋼:炭素2%以下。鋳鉄:炭素2%以上。[2013年更新/引用元:東大授業 多彩な物質の世界(学術俯瞰講義)第11回 物質から材料として使われるまで−鉄鋼材料を例として]

古代製鉄(ルッペ炉):鉱石を木炭とともに加熱し、ふいごで送風。海綿状の鉄(ルッペ)生成。加熱しハンマーでたたき整形不純物を取り出す(鍛造)。[2013年更新/引用元:東大授業 多彩な物質の世界(学術俯瞰講義)第11回 物質から材料として使われるまで−鉄鋼材料を例として]

薬物代謝酵素、輸送担体の能力を支配する要因:遺伝、生理、環境。生理学的要因は、年齢、肥満、肝・腎機能など。[2013年更新]

スタチン:コレステロールの合成速度を制御するHMA-CoA還元酵素を阻害する薬剤。日本の生化学者が青カビから発見。スタチン系薬剤は高コレステロール血症の治療薬として世界中で使用され、動脈硬化のペニシリンともよばれる。[2013年更新/医学/薬学/Statin/日本の生化学者遠藤章が昭和48年(1973)に青カビから発見]

現代シリコン技術の3つの指導原理:Moore's Law。Scaling。Roadmap。[2013年更新/IT/ムーアの法則/引用元:東大授業 多彩な物質の世界−宇宙から地球への遥かな旅(学術俯瞰講義)第12回 シリコン時代における技術の特徴]

グラフ理論:点と線。二関係で全てを表す。疎であることが通常の暗黙の仮定。[2013年更新/オイラーが創始/ネットワーク/引用元:東大 国境なき数学−ことばを越えて社会とともに(学術俯瞰講義)]

電気火花が飛ぶときに電波が発生することを確かめたヘルツの実験から無線通信が発達[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座 科学と人間生活 第1回]

マントルは、かんらん岩からできている。核の主な成分は鉄。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座地学]

地球の内部は、地殻・マントル・核からできている[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座地学]

地球が磁石の性質を持っているのは外核が液体の鉄で対流しているため[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座地学]

地球には2種類の地殻があり、それが陸と海を決めている[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座地学]

地球の内部構造は地震波で探る[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座地学]

地殻とマントルの境:モホロビチッチ不連続面(モホ面)[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座地学]

系外惑星:恒星のゆらぎや明るさの変化で探す[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座地学/宇宙学/天文学]

系外惑星の発見法:ドップラー法(惑星の質量が重要)とトランジット法(惑星の大きさが重要)[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座地学/宇宙学/天文学]

地球型惑星は太陽に近いのでガスが吹きとばされ岩石質になった。木星型惑星は太陽から遠いのでガスがたまって大きくなった。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座地学/宇宙学/天文学/太陽系惑星]

木星型惑星は水素やヘリウムが主成分のガスにおおわれている[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座地学/宇宙学/天文学/太陽系惑星]

火星:二酸化炭素の薄い大気。ドライアイスの極冠。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座地学/宇宙学/天文学/太陽系惑星]

金星:濃い大気。硫酸の雲と二酸化炭素の大気。表面温度は500度C。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座地学/宇宙学/天文学/太陽系惑星]

水星:大気がほとんどない。昼は400度C、夜は-200度C。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座地学/宇宙学/天文学/太陽系惑星]

地球型惑星の特徴:中心に金属の核。金属のまわりを岩石が囲む。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座地学]

岩石でできた惑星:地球型惑星。ガスでできた惑星:木星型惑星。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座地学]

太陽の表面:光球(6千度)。彩層(1万度)。コロナ(百万度)。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座地学]

植物の葉にはクロロフィルが含まれている。クロロフィルは光の手助けを受けて化学変化で有機物をつくり出す。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座理科総合]

クロロフィル(葉緑素) :光合成の明反応で光エネルギーを吸収する役割をもつ化学物質[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座理科総合/ようりょくそ/Chlorophyll]

代謝:生命を維持するために化学変化を行うこと[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座理科総合]

コリオリの力:北半球では、運動する物体は、進行方向右向きの力を受ける[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座理科総合/地学]

消費電力(W)=1秒間当たりの電気エネルギーの消費量[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座理科総合/物理学/ワット]

発電所では発電機を回転させて力学的エネルギーを電気エネルギーに変換[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座理科総合/物理学]

圧電素子:力を加えて変形すると電圧が発生[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座理科総合/物理学]

2次エネルギー:1次エネルギーに手を加え、使いやすくしたエネルギー[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座理科総合/物理学]

1次エネルギー:自然界に存在しているエネルギー資源[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座理科総合/物理学]

エネルギー資源:1次エネルギーと2次エネルギー[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座理科総合/物理学]

鍾乳洞は化学的風化:弱い酸性の雨水が石灰岩を溶かしてつくった[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座理科総合/地学]

風化には、物理的風化と化学的風化がある[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座理科総合/地学]

流れる水の作用:侵食。運搬。堆積。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座理科総合/地学]

ノッチ:水が流れて岩を削った跡[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座理科総合/地学]

エネルギー保存の法則:エネルギーの総量は変わらない[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座理科総合/物理学]

エネルギーは最終的に利用できない熱エネルギーになる[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座理科総合/物理学]

化学エネルギー:化学反応によって別のエネルギーに変わるエネルギー[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座理科総合/物理学]

弾性エネルギー:位置エネルギーの一種[2013年更新/バネ/ばねが伸びた時に蓄えられるエネルギー/引用元:2012年度NHK高校講座理科総合/物理学]

プレートテクトニクス:プレートが動くことによって様々な地殻変動が起こるという考え方[2013年更新/引用元:2012年度高校講座理科総合/地学]

ボルバキア:細胞内に寄生する共生細菌。宿主卵細胞の細胞質を通じ母性遺伝。宿主の生殖を操作。生殖異常を起こし感染メスを増加させる。昆虫では高頻度で存在。宿主の生殖システムを都合よいよう変化させる利己的遺伝因子[2013年更新/生物学(バイオロジー)/Wolbachia/微生物/昆虫類、クモ・ダニ類、フィラリア線虫/感染したメスが単為生殖を行う、感染したオスと感染していないメスが交配すると受精卵が発育しない、感染したオスの個体がメス化する、感染したオスだけが死亡する、など]

パスツール:発酵・腐敗が微生物の働きと解明。生物の自然発生説否定。ワクチンで狂犬病予防に成功。[2013年更新/大学(東大)の無料ネット講義/生物学史(バイオロジー)/歴史/Louis Pasteur/[1822〜1895]]

コッホ:微生物単離培養法・微生物病因論を確立し、医細菌学を創始した、微生物学の父。結核菌・コレラ菌など発見、ツベルクリンを創製。1905年、ノーベル賞受賞。[2013年更新/大学(東大)の無料ネット講義/生物学史(バイオロジー)/歴史//Robert Koch/[1843〜1910]/ドイツ(独)の細菌学者/細菌学・伝染病・免疫学の研究に貢献/生理学医学賞]

ネオダーウィニズムのエッセンス:「変異」「選択」「遺伝」の3点がそろえば、適応進化はひとりでに進む[2013年更新/大学(東大)の無料ネット講義/生物学(バイオロジー)/引用元:「かたち」と「はたらき」の生物進化−偶然か必然か(学術俯瞰講義)第5回 共生、進化、生物多様性]

ユークリッド互除法:aとbの最大公約数をdとすると適切な整数nとmを選んでna+mb=dとすること可[2013年更新/引用元:国境なき数学−ことばを越えて社会とともに(学術俯瞰講義)第1回 数学の形/大学(東大)無料ネット講義]

セキュリティーを支える基本定理:ユークリッド互除法。中国剰余定理。[2013年更新/引用元:国境なき数学−ことばを越えて社会とともに(学術俯瞰講義)第1回 数学の形/大学(東大)無料ネット講義]

discipline:訓練。規律。学科。[2013年更新/英語/英単語/引用元:GENIUS英和辞典]

重力による位置エネルギー=9.8×質量×高さ[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座理科総合/物理学]

物体にした仕事の量=物体に蓄えられたエネルギーの量[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座理科総合/物理学]

運動エネルギー:運動している物体が持つエネルギー[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座理科総合/物理学]

余事象:数学で、事象Aに対して、Aが起こらないという事象[2013年更新]

エネルギー=仕事をする能力[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座理科総合/物理学]

海嶺(かいれい):海底にある大山脈[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座理科総合/地学]

平均海水面が地球表面の起伏の基準[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座理科総合/地学]

熱の伝わり方:対流。伝導。放射。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座理科総合/物理学]

メタボローム解析技術:DNAのはたらきで作られた物質等を総合的に調べる技術[2013年更新/生物学/バイオロジー/引用元:2012年度NHK高校講座理科総合]

ヒトのDNAの1〜2%が遺伝子。残りの部分に遺伝子の組み合わせやつくる時期などの調節のしくみがある。[2013年更新/生物学/バイオロジー/引用元:2012年度NHK高校講座理科総合]

1902:遺伝子は染色体にある(サットン)。1952:DNAが遺伝子の本体(ハーシーとチェイス)。1953:DNAは二重らせん構造(ワトソンとクリック)。[2013年更新/生物学史/歴史/年/バイオロジー]

筋肉の色はミオグロビンの量で決まる。赤:遅筋。白:速筋。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座理科総合/生物学/バイオロジー]

エネルギーの量=物体に対し仕事することができる能力の量[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座理科総合/物理学]

仕事をすると、エネルギーがたくわえられる。エネルギーを使って、仕事をする。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座理科総合/物理学/関係]

動滑車を使うと力は小さくてすむが結局仕事の量は同じ[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座理科総合/仕事の原理/物理学]

スイッチバック方式:山の斜面をジグザグに登る[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座理科総合/仕事の原理/物理学]

脚気(かっけ):食欲不振・疲労感に始まり手足のしびれ・動悸、さらには心不全にまで至る[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座家庭総合/医学/病気]

ビタミンB1は糖質(炭水化物)を体内でエネルギーとして使うのに必要。不足で疲れやすくなり、慢性不足で脚気(かっけ)になる。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座家庭総合/医学/病気/栄養素]

仕事の量=力の大きさ×力の向きに移動した距離[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座理科総合/物理学]

「仕事をする」とは力を加えて、その力の向きに動かすこと[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座理科総合/物理学]

独立の法則:形や色などの形質同士は互いに影響を与えずに独立して遺伝[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座理科総合/生物学/メンデル]

分離の法則:親の1対の遺伝子が配偶子の中に入るときに分かれる[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座理科総合/生物学/メンデル]

メンデルの実験:純系の親を使ったことがポイント[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座理科総合/生物学/遺伝の法則]

エンドウの特徴:世代が短く栽培しやすい。対立形質がはっきり。自家受粉。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座理科総合/生物学/メンデル]

独立の法則:それぞれの形質が互いに影響を与えることなく遺伝[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座理科総合/生物学/メンデル]

分離の法則:父親と母親から、それぞれ半分だけ遺伝子をもらう[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座理科総合/生物学/メンデル]

優性の法則:対立形質の遺伝子が両方あるとき、一方の形質だけが現れ、もう一方の形質は隠れてしまう[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座理科総合/生物学/メンデル]

自家受粉:自分の花粉が自分のめしべに受粉して種子をつくる[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座理科総合/生物学]

命題「AならばB」の真偽とその対偶「BでないならAでない」の真偽は一致[2013年更新/数学/証明法/対偶論法/引用元]

対立形質:子に現れる形質が必ずどちらかになるという対になった特徴[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座理科総合/生物学]

力は、作用点・大きさ・向きによって表される[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座理科総合/物理学]

運動の法則:物体に力がはたらくと加速度を生じる。加速度は、力に比例、質量に反比例。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座理科総合/物理学/意味/定義]

加速度:速さの変化の割合[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座理科総合/物理学/意味/定義]

力の定義:物体を変形させたり、運動のようすを変化させたりするはたらき[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座理科総合/物理学]

力の3要素:大きさ。向き。作用点。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座理科総合/物理学]

セラミックスの特徴:熱に強い。化学的に安定。電気を通しにくい。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座理科総合]

太陽系には小天体があり、起源は惑星と同じ[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座地学/天文学/宇宙学]

宇宙のちりから衝突や合体をくり返し惑星に成長[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座地学/天文学/宇宙学]

ガスとちりでできた回転する円盤から太陽系が誕生[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座地学/天文学/宇宙学]

酸化還元反応を利用し電子の流れを作るのが電池。必要なものは、イオンが含まれる水溶液とイオン化傾向が異なる2種類の金属。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座理科総合/化学]

フェノールフタレイン液:酸性・無色。塩基性・赤。[2013年更新/化学/pH指示薬]

恒星は星間雲の中から生まれた。太陽系も星間雲の中から生まれ、太陽を中心に回転しながらできた。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座理科総合/天文学/宇宙学]

地球型惑星と木星型惑星の違いは内部構造と自転の速さの違い[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座理科総合/天文学/宇宙学]

太陽系は惑星のほか太陽系外縁天体、小惑星、彗星など含む[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座理科総合/天文学/宇宙学]

脳卒中(卒中):脳動脈の障害で急激に意識を失って倒れ、運動・言語などの障害が現れる疾患の総称。脳出血・蜘蛛膜下(くもまくか)出血・脳梗塞など。[2013年更新/医学/医療]

分母の有理化:分母が根号を含むとき、分数を変形し分母から根号を取り除くことを分母を有理化するという[2013年更新/数学/平方根]

a×√b=√a×b。√a/√b=√a/b。[2013年更新/数学/平方根/公式]

太陽系の特徴:ほぼ円軌道。同一平面上。遠いほど間隔がひろい。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座地学/天文学/宇宙学]

「原子」は化学的な方法ではそれ以上分けることが出来ない物質の最小粒子[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座理科総合(第5回)]

地球が受け取るエネルギーは太陽の放射エネルギーの20億分の1[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座理科総合(第4回)/天文学/宇宙学]

太陽の中心核では毎秒5億5千万トンの水素が核融合反応[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座理科総合(第4回)/天文学/宇宙学]

太陽の中心核:1500万度。2千億気圧。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座理科総合(第4回)/天文学/宇宙学]

1天文単位:太陽から地球までの距離。1億5千万キロメートル弱。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座理科総合(第4回)/天文学/宇宙学]

年平均の降水量と気温の関係がバイオームを決める。日本の場合、針葉樹林〜亜熱帯多雨林。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学]

バイオーム(生物群系):植物を基盤とし、その地域に生息する動物・微生物などすべての生物のまとまり[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学]

短日植物:夜が長くなると花芽ができる。長日植物:夜が短くなると花芽ができる。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学/バイオロジー]

植物は「フロリゲン」という植物ホルモンのはたらきで花芽をつくる[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学/バイオロジー]

フロリゲン:花芽をつくるときにはたらく植物共通の植物ホルモン[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学/バイオロジー]

キクは夜の暗さが11時間以上続くと花芽をつける[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学/バイオロジー/菊]

果実の熟成にはエチレンガスが利用されている[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学/バイオロジー]

種無しブドウ作りには植物ホルモンのジベレリンが利用されている[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学/バイオロジー]

オーキシンが成長を促進する濃度は茎と根で違う[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学/バイオロジー]

光屈性、重力屈性には植物ホルモンのオーキシンが関係している[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学/バイオロジー]

重力を感じて茎が上に根が下に曲がって伸びるのは重力屈性[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学/バイオロジー]

茎が光の方向に曲がって伸びるのは光屈性[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学/バイオロジー]

熟した果物は植物ホルモンのエチレンを自分で作って放出している[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学/バイオロジー]

エチレン:果実を熟成させる植物ホルモン[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学/バイオロジー]

補償点・光飽和点が高い日なたを好む陽生植物と補償点・光飽和点が低い日陰でも生育できる陰生植物がある[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学/バイオロジー/光合成]

光を強くすると時間あたり酸素発生量が増え、やがて一定になる。このときの光の強さが光飽和点[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学/バイオロジ/植物/光合成ー]

呼吸で吸収する酸素の量と光合成で発生する酸素の量が等しくなる光の強さが補償点[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学/バイオロジー/植物]

根では水を下から上へ押し上げる力である根圧(こんあつ)がかかる。根圧は浸透圧による。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学/バイオロジー/植物]

根には水を吸収するための根毛があり、土中の水が植物体内へ移動[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学/バイオロジー]

蒸散が起こると道管の内部に水を引き上げる力がはたらく[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学/バイオロジー/植物]

気孔は光が当たると二酸化炭素を取り入れるために開き、その際、水蒸気が出ていく[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学/バイオロジー/植物]

植物は水蒸気を主に葉から出している。これを蒸散という。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学/バイオロジー]

葉には気孔がそなわっている[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学/バイオロジー/植物]

最初に陸上進出した植物:シダの仲間でマツバラン(全体が茎)のような構造[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学/バイオロジー]

海藻:根茎葉の区別がない。体全体から水を吸収。道管がない。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学/バイオロジー]

サボテン:茎に水をたくわえている。茎で光合成。トゲは葉が変化。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学/バイオロジー]

糖尿病の主な原因:作り手のすい臓でインスリンが作れない。受け手の肝臓でその効果があらわれない。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学/バイオロジー/医学/医療]

糖尿病:血糖値が慢性的に高く下げられない病気。慢性的に高いと合併症を起こす。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学/バイオロジ/医学/医療ー]

間脳で血糖値の変化を感じ調節。この時、自律神経とホルモンが共同ではたらく。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学/バイオロジー]

血糖値を下げるインスリンは脳に眠気を生じさせる[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学/バイオロジー]

間脳はお腹が一杯になった事を血糖値の変化で感じ取っている[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学/バイオロジー]

血糖値:血液中のグルコースの濃度。適正血糖値は血液量の約0.1%。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学/バイオロジー/医学/医療]

自律神経は神経の1種。情報を伝える物質は神経伝達物質。細胞がすぐ近くまでのびているので限られた場所に速く伝わる。特徴は、すばやく局所。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学/バイオロジー]

ホルモンは細胞が作る情報伝達物質。血液中に分泌され、血液で運ばれ、情報を伝えたい細胞に到達。特徴は、じっくり全身。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学/バイオロジー]

交感神経と副交感神経は全身に両方が分布し、そのはたらきを無意識に調節[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学/バイオロジー]

自律神経:意思とは無関係に情報を伝える神経。交感神経は活動時。副交感神経は休息時。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学/バイオロジー]

無意識の体の反応は、ホルモンと自律神経で調節。いずれも物質で情報を伝えるが、ホルモンはじっくり全身、自律神経はすばやく局所にはたらく。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学/バイオロジー]

腎臓は、血液の老廃物を取り除く「血液の浄水場」。体液の量と成分を常に一定に保つ役割もある。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学/バイオロジー]

肝臓は「体内の化学工場」。小腸で吸収された養分を貯蔵・分解・変換して血液を通じて全身の細胞に届けている[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学/バイオロジー]

肝臓の主なはたらき:養分の流通。血液中の有毒な成分を解毒。不要物を胆汁として捨てる。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学/バイオロジー]

1つの肝細胞が500種類以上の化学処理を行っていると言われる[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学/バイオロジー]

一度獲得免疫がはたらくと次に同じ病原体が侵入した時はすぐに反応し撃退できる。これを「免疫記憶」という[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学/バイオロジー]

自然免疫で対処しきれない時は特定の病原体を狙い撃ちできる強い反応が起こる。これを「獲得免疫」という[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学/バイオロジー]

病原体が侵入すると食細胞が病原体を食べる。これを「食作用」といい、このしくみを「自然免疫」という[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学/バイオロジー]

予防接種は毒性をなくした抗原を注射して1回目の免疫反応を起こす[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学/バイオロジー]

ヒトの場合、体重のおよそ60%が水分。そのうち、2/3は細胞の中、1/3は細胞の外。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学/バイオロジー]

タコやイカの血液が青い理由:(酸素を運ぶ)ヘモシアニンが酸化すると青くなるから[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学/バイオロジー]

血液の量:およそ体重の1/13[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学/バイオロジー]

血液の成分:血しょうと血球。血球は、赤血球、白血球、血小板。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学/バイオロジー]

組織液:血管から血液の一部がしみ出したもの。リンパ液:組織液がリンパ管に入ったもので、組織液を心臓に戻す。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学/バイオロジー]

体液の種類:血液。組織液。リンパ液。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学/バイオロジー]

細胞の浸透圧、養分や酸素の供給などが一定に保たれているのも恒常性による[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学/バイオロジー]

体温調節の命令をするのは間脳。その命令は無意識のうちに出されている。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学/バイオロジー]

酵素は体温に近い40度C位の時に一番良くはたらく[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学/バイオロジー]

体温があまり変化しないのは生命活動にかかせない酵素の反応と関係[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学/バイオロジー]

恒常性:いつも一定していて変わらない性質。生物の世界では、体の内部環境をほぼ一定の状態に保つはたらき。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学/バイオロジー]

体内のさまざまな細胞が体内時計を持つが、それを統合しているのが視交叉上核(しこうさじょうかく)[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学/バイオロジー]

体内時計で変化するのは、体温、血圧、心拍数など[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学/バイオロジー]

体内時計の周期:細胞内のタンパク質の増減の周期[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学/バイオロジー]

体のほとんどすべての細胞が体内時計をもっている[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学/バイオロジー]

鳥の脳の中には神経細胞が集まっているところがあり、それらを結ぶ神経回路ができることで、さえずりの学習が成立[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学/バイオロジー]

地鳴きはオスもメスもするが地鳴きは学習なしでも出来る[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学/バイオロジー]

さえずりをするのはオスで生まれつきできる種類の鳥と学習によって成立する種類の鳥がある[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学/バイオロジー]

鳥の鳴き声には「さえずり」と「地鳴き」がある[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学/バイオロジー]

学習とは経験を通して行動の変化を獲得すること。例:試行錯誤・慣れ・刷込み・条件反射。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物・2013年度受験サプリ「センター生物 動物の行動」]

托卵(たくらん):自分の卵を他の種類の鳥の巣に産んで育てさせること。ホトトギスやカッコウなどの習性。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学/バイオロジー]

プラナリアが光から遠ざかるのは遺伝子による生まれつきの行動[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学/バイオロジー]

フェロモン:ある個体から出され他の個体に反応を起こさせる化学物質[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学/バイオロジー]

興奮の伝導速度:約1m/秒。髄鞘(ずいしょう)は絶縁体のため興奮は隙間をジャンプして伝わる。そのため、ヒトの場合、伝導速度は約100m/秒。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学/バイオロジー]

ヒトの脳:1細胞に数千シナプス[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学/バイオロジー]

ニューロンとの接続部分をシナプスと言い、神経伝達物質を分泌し、次のニューロンに伝達[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学/バイオロジー]

細胞:外側+、内側−。刺激→+−の逆転(興奮)し、伝導する。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学/バイオロジー]

神経細胞=ニューロン。ニューロンの種類:感覚、介在、運動。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学/バイオロジー]

しつがい腱反射:腱(けん)をたたくと腿(もも)の筋肉が伸び、その筋肉を戻そうとして、無意識につま先が上がる[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学/バイオロジー]

像は視細胞で電気信号に変えられ視神経を伝わって脳に送られ処理される[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学/バイオロジー]

網膜には明暗と色を見分ける2種類の視細胞がある[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学/バイオロジー]

2003年ヒトゲノム解読。2004年イネゲノム解読。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学/バイオロジー]

生物がもつ遺伝情報全体をゲノムという[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学/バイオロジー]

ワルファリン:血の固まりをできにくくする薬[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学/バイオロジ/医学/薬学ー]

DNAの2つのはたらき:タンパク質をつくる。子孫に情報を伝える。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学/バイオロジー]

DNAからタンパク質が作られるしくみにはDNAのATGCの並びを写す分子とアミノ酸を並べる分子がはたらく[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学/バイオロジー]

細胞の中でタンパク質が作られることで生命が維持されている[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学/バイオロジー]

遺伝子はタンパク質の作り方を示している[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学/バイオロジー]

DNAは物質。DNAに書かれた内容が遺伝子。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学/バイオロジー]

DNAの大事なはたらき:タンパク質を作って生命を維持。情報を伝える。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学]

性染色体にある遺伝子による遺伝ではオスとメスで形質の現れ方に違いが出る。これを「伴性遺伝」という。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学/読み方:はんせいいでん]

遺伝的に性が決まる生き物には、オスが組合せの違う性染色体を持つXY型とメスが組合せの違う性染色体を持つZW型がある[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学]

オスとは精子を作る個体。メスとは卵を作る個体。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学]

性染色体:XXが女、XYが男。哺乳類などXY型、鳥類などZW型。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学]

遺伝子が異なる染色体にある時「独立している」という。1つ1つの遺伝子が互いに影響されず独立して伝わることを「独立の法則」と言う。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学]

遺伝子が同じ染色体にある時「連鎖している」と言う。連鎖している遺伝子はいつもセットで生殖細胞に分配される。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学]

連鎖している染色体の一部が乗り換わり遺伝子の組換えが起きることがある[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学]

生物が持つ形や性質を「形質」という。形質は2つの遺伝子の組合せで決まる。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学]

遺伝子には優性遺伝子と劣性遺伝子がある。優性遺伝子とは、その働きが表面に出やすい遺伝子。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学]

親が持つ2つの遺伝子は精子や卵ができる時、1つずつ分離する。これを「分離の法則」という。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学]

イモリは脊椎動物だが組織や器官を再生する特殊な細胞を持っていたり作り出すこと可。そのため失った手足や尾を再生できる[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学]

プラナリアの再生ルールの1つは再生する向きが記憶されていること[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学]

プラナリアは体を切り刻まれてもそれぞれが一匹のプラナリアとして再生できる[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学]

生物の複雑な体のつくりは主にタンパク質を使った細胞同士の情報キャッチボールの繰り返しでできる[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学]

シュペーマンはイモリの胚の原口の上部の細胞を同時期の別イモリの表皮になる部分に移植。すると本来の頭部の他に別の頭部形成[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学/歴史]

フォークトは、イモリの胚の一部を染色し、発生過程を追跡。その結果、胚のどの部分がどの器官になるのか判明[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学/歴史]

原口は受精した位置の反対側にできる[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物[発生の過程(2)〜体づくりの秘密〜]/生物学]

精子が受精できる位置は卵が作られるときに決まっている[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物[発生の過程(2)〜体づくりの秘密〜]/生物学]

原腸陥入がきっかけで、頭とお尻、お腹と背中ができ始め、やがて尾芽胚(びがはい)になる[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物[発生の過程(2)〜体づくりの秘密〜]/生物学]

有精卵を37度Cで保温:2・3日で血管・心臓観察可。7日で脳・目・手足など観察可。20日でヒヨコが生まれる。[2013年更新/生物学/引用元:2012年度NHK高校講座生物[発生の過程(1)〜タマゴからヒヨコになる〜]/鶏/ニワトリ/ひよこ]

果実:種子植物の花の子房が発達・変化したもの。中に種子を含む。[2013年更新/生物学]

おしべの花粉が、めしべの先につくことを「受粉」という[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物[植物の生殖と発生]/生物学]

受粉すると花粉から「花粉管」が発芽する[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物[植物の生殖と発生]/生物学]

花粉管は、めしべの子房の中の胚珠までのびる[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物[植物の生殖と発生]/生物学]

花粉管の中を2つの精細胞が移動。精細胞+卵細胞→受精卵。精細胞+中央細胞の2つの核→胚乳核。これが重複受精。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物[植物の生殖と発生]/生物学]

やがて受精卵は「胚」となり、胚乳核は「胚乳」となる。胚と胚乳を「種子」と呼ぶ。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物[植物の生殖と発生]/生物学]

植物の場合は、受粉した後に受精して、種ができる[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物[植物の生殖と発生]/生物学]

精子、卵の染色体は23本。受精して元の46本に戻る。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学]

細胞が分裂する時、遺伝子となるDNAが折りたたまれて棒状になる。これが染色体。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学]

大きさが9番目の染色体にはABO式の血液型を決める遺伝子がある[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学]

1番大きい染色体には、デンプンを分解する唾液の酵素をつくる遺伝子がある[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学]

染色体は、同形・同大、2本ずつのペアーで、23組・46本でできている[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学]

染色体の形・数は生物によって決まっている。ヒトは46本。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学]

DNAは物質。頭文字ATGCで表される物質がつながっている。その並び方が情報=遺伝子。遺伝子情報で形・性質が決まる。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学]

植物の体の中には水や養分などを通す管「維管束」がある。維管束植物:シダ植物と種子植物。[2013年更新/生物学]

同じ形で同じはたらきを持つ細胞の集まりを組織という[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学]

ゾウとヒトの口腔上皮細胞は、よく似た大きさ・形。体の大きな動物は、小さな動物より多くの細胞。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学]

単細胞生物の代表は、ゾウリムシ[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学]

ヒドラ:8種類、約10万個の細胞が集まって1つの生物[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学]

細胞膜にはそれぞれ専用のあながあいている[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学]

酵素は熱に弱く、加熱するとはたらきが失われる[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学]

基質特異性:酵素のはたらきは1つ1つが限られ、反応する相手(基質)は決まっている[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学]

ペプシンはタンパク質を分解しアミノ酸にする酵素[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学]

ヒトは数千種類の酵素をもっているといわれる[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学]

カタラーゼは、体内の有害な過酸化水素を無害な水と酸素に分解する酵素[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学]

過酸化水素:呼吸で使われる酸素が、体内で変化し生じる有害物質の1つ[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学]

ミトコンドリアと葉緑体は細胞共生で細胞小器官となった[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学]

ミトコンドリアで行なわれる呼吸では、グルコースの分解でエネルギーが取り出される[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物/生物学/グルコース=ブドウ糖]

ヒトの赤血球は1立方ミリメートルの血液中に400万〜500万個ある[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物(1回)/生物学]

地球上には200万種以上の生物。ヒトの体は200種以上の細胞。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座生物(1回)/生物学]

超新星爆発をおこす星は、質量が太陽の10倍以上で、核融合反応で鉄までつくる[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座地学[恒星の最期]/天文学/宇宙学]

白色わい星:核融合反応が終わり、余熱で光る[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座地学[恒星の最期]/天文学/宇宙学]

白色わい星の密度は1立方センチメートルあたり1トン。中性子星の密度は1立方センチメートルあたり10億トン[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座地学[恒星の最期]/天文学/宇宙学]

白色わい星:質量の小さな星の最期。超新星爆発:質量の大きな星の最期。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座地学[恒星の最期]/天文学/宇宙学/はくしょくわいせい]

鉄は核融合反応でできる最終元素[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座地学[恒星の最期]/天文学/宇宙学]

ジュール=W・s(ワット秒)=N・m(ニュートン・メートル)[2013年更新/引用元:Wikipedia/物理学/関係式/1C・V(クーロン・ボルト)も1J]

モノマー(単量体)を重合させるとポリマー(重合体)になる[2013年更新/化学]

プラスチックは有機化合物の小さな分子を重合させてつくる[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座化学/有機化学/有機化合物]

プラスチックは、軽くて、さびない。熱可塑性があり、成形しやすい。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座化学/有機化学/有機化合物/性質]

ベンゼンからニトロベンゼンを合成し、それを還元してアニリンを合成[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座化学/有機化学/有機化合物]

アニリン:ベンゼン環+アミノ基。水に少し溶ける。さらし粉で赤紫色。塩基性。塩酸に溶ける。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座化学/有機化学/有機化合物]

フェノール類:塩化鉄(3)水溶液で紫色になる[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座化学/有機化学]

フェノール:ベンゼン環+OH基。ナトリウムと反応し水素発生。酸性を示す。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座化学/有機化学]

アセチル基:酢酸からヒドロキシ基を取り除いたものにあたる1価の官能基[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座化学/有機化学]

サリチル酸:ベンゼン環に水酸基とカルボキシ基が結合[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座化学/有機化学/有機化合物/芳香族]

フェノール類はベンゼン環に直接OH基が結合した芳香族化合物[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座化学/有機化学/有機化合物]

ベンゼン環の2置換異性体の区分表記法:オルト、メタ、パラ[2013年更新/有機化学/有機化合物/芳香族]

芳香族:ベンゼン環をもつ有機化合物[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座化学/有機化学]

ベンゼン環は安定で付加反応より置換反応がおこりやすい[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座化学/有機化学/有機化合物/芳香族]

二重結合は付加反応しやすい結合。但し、ベンゼンの二重結合は付加反応しにくい。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座化学]

ベンゼンの特徴:水に溶けにくい液体。すすを出して燃える。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座化学/有機化学/有機化合物]

合成洗剤は中性。高級脂肪酸塩であるセッケンは、弱酸のカルボン酸と強塩基の水酸化ナトリウムの塩なので、弱塩基。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座化学/有機化学/有機化合物/石鹸/石けん]

セッケン・合成洗剤:水とも油とも仲よし。親水性の部分と親油性の部分からできている。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座化学/有機化学/有機化合物/石鹸/石けん]

油脂をけん化するとセッケンとグリセリンができる[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座化学/有機化学/有機化合物/石鹸/石けん]

エステルをけん化すると脂肪酸塩とアルコールができる[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座化学/有機化学/有機化合物]

油脂を水酸化ナトリウムでけん化するとセッケンができる[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座化学/有機化学/有機化合物/石鹸/石けん]

油脂:高級脂肪酸とグリセリンからできているエステル[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座化学/有機化学/有機化合物]

高級脂肪酸:炭化水素基Rの炭素数が多い脂肪酸(R-COOH)[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座化学/有機化学/有機化合物]

油脂:動物体内や植物種子に存在。高級脂肪酸とグリセリンから水がとれた構造。脂肪(常温固体)と脂肪油(常温液体)。ラード:豚。ヘット:牛。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座化学/有機化学/有機化合物/油脂の分類]

エステルの特徴:水に溶けにくい。良いにおいをするものがある。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座化学/有機化学/有機化合物]

エステルはカルボン酸とアルコールから生成。それ以外の酸とアルコールからも生成。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座化学/有機化学/有機化合物]

エステルは酸や塩基で分解。けん化:エステルを塩基で分解。加水分解:酸を触媒に水で分解。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座化学]

同素体:同じ元素の単体で性質の異なる物質。S・C・O・P。[2013年更新/化学/覚え方(元素記号)]

化学反応式の係数は物質量の比になっている[2013年更新]

式量(化学式量):ある単体や化合物を化学式で表したときの、成分元素の原子量の総和。分子が存在する物質では分子量に等しい。[2013年更新]

アクチノイド:原子番号89のアクチニウムから103のローレンシウムまでの15元素の総称。いずれも放射性元素で、物理的、化学的に極めてよく似た性質をもつ。[2013年更新]

代謝:古いものと新しいものが次々と入れ替わること。生体内で、物質が次々と化学的に変化し入れ替わること、また、それに伴いエネルギーが出入りすること。[2013年更新]

AO入試:学力試験で判断できない受験者の個性・目的意識などを総合評価するため、書類審査、面接、小論文などを組み合わせ合否判定する入学試験。AOはadmission office(大学入学事務局)。[2013年更新]

有機化学:有機化合物を研究対象とする化学の一分科[2013年更新]

サイバネティックス:生物・機械の制御・通信を統一的に認識し、研究する理論体系。社会現象にも適用。第二次大戦後、米国数学者ノーバート=ウィーナーが提唱。[2013年更新]

熱力学の第2法則から(効率100%の)第2種永久機関不可:熱機関で仕事をするときには(熱源に熱を戻すことはできないので)外部に熱を捨てることが必要[2012年更新]

熱力学の第1法則:加えた熱=内部エネルギーの増加+仕事[2012年更新]

内部エネルギー:物体を構成する分子や原子の(1個1個の)運動エネルギーと、位置エネルギーの総和[2012年更新/物理学/力学的エネルギー]

電気使用量の1世帯平均は1日10kWh以上。1kWh=360万ジュール。[2012年更新/物理学/エネルギー/引用元:京都HP、2011年度NHK高校講座物理の「少なくとも1ヶ月7億ジュール」などから算出]

電力量:電気の仕事量。電力と時間の積。電力量W=電力P×時間t。単位は、ジュール(ワット秒)、ワット時、キロワット時など。[2012年更新/物理学/電流/ワット時(Wh)/キロワット時(kWh)]

電力:電気の仕事率。電気の単位時間の仕事量。直流では電圧と電流の積に等しい。単位はワット。[2012年更新/物理学/エネルギー]

移調は音符の平行移動[2012年更新/音楽/引用元:2011年度NHK高校講座数学基礎]

どんな四角形でも(2個組で平行六辺形になるので)タイルばり可[2012年更新/引用元:2011年度NHK高校講座数学基礎]

比熱の求め方:物質を水の中に入れて熱平衡状態にし、熱量保存の法則で得喪熱量の等式(方程式)を作る。得喪熱量=比熱×質量×温度差。[2012年更新/物理学]

水の比熱:4.2J/gK。[2012年更新/J:ジュール/g:グラム/K:ケルビン(温度)/物理学]

タイルばり:同一の形で平面を敷き詰める[2012年更新/引用元:2011年度NHK高校講座数学基礎]

ヒストグラム:統計で、度数分布を表した柱状(ちゅうじょう)グラフ。縦軸:度数、横軸:階級。[2012年更新/数学/histogram]

ちらばり具合を示す尺度:分散(偏差の2乗の平均)と標準偏差(分散の正の平方根)。尚、偏差は平均との差、偏差の平均・総和は0。[2012年更新/統計/数学]

代表値:データの全体的な特徴を表す値。平均値・メジアン・モードなど。[2012年更新/統計/引用元:2011年度NHK高校講座数学基礎]

統計:集団の個々の構成要素の分布を調べ、集団の属性を数量的に把握すること。また、その結果を数値や図表で表現したもの。[2012年更新/数学/引用元]

度数分布表の項目:階級。度数。相対度数。階級値。[2012年更新/数学/統計]

相対度数:統計で、総度数に対する各階級の度数の割合[2012年更新/数学]

道の面積=道幅×道のり[2012年更新/道が折れたり曲がっても利用可/道のりは道の中心線でカウント/引用元:2011年度NHK高校講座数学基礎]

百分率:ppc(parts per cent)。百万分率:ppm(parts per million)。[2012年更新/数学/引用元:2011年度NHK高校講座数学基礎]

仕事の原理:物体に仕事をする場合、必要な仕事量はどんな道具を用いても変わらない、という力学上の原理[2012年更新/物理学]

仕事率:1秒あたりの仕事。仕事/時間。単位は、W(ワット)。仕事の能率を表す物差し。[2012年更新/物理学/引用元:2011年度NHK高校講座物理]

仕事(J)=力の大きさ(N)×(力の向きへの)移動距離(m)[2012年更新/物理学/引用元:2011年度NHK高校講座物理]

物理での仕事:物体に力を加えて移動させる。仕事=力×移動距離。単位はJ(ジュール)。1J=0.239cal。[2012年更新/物理学/引用元:2011年度NHK高校講座物理]

エネルギーの種類:運動・位置・熱・化学・光・電気など[2012年更新/物理学/引用元:2011年度NHK高校講座物理]

力学的エネルギー:運動エネルギーと位置エネルギーの和[2012年更新/物理学/りきがくてきエネルギー/Mechanical energy]

1からn番目までの立方数の和は1からnまでの和の2乗[2012年更新/数学]

平方数:自然数の2乗。立方数:自然数の3乗。平方数=四角数。[2012年更新/数学]

三角数:1からの自然数の和。四角数:1からの奇数の和。隣り合う三角数の和は四角数になる。四角数=平方数。[2012年更新/数学/多角数(多角形数)]

物体を静止させておく条件:力の和が0、モーメントの和が0[2012年更新/物理学/引用元:2011年度NHK高校講座物理]

重心は重さの中心。物体をつり下げてさがすことができる。[2012年更新/物理学/引用元:2011年度NHK高校講座物理]

力のモーメント=力の大きさ×距離[2012年更新/物理学/引用元:2011年度NHK高校講座物理]

加速度を生じない条件:すべての力の和が0。回転運動を始めない条件:力のモーメントの和が0。[2012年更新/物理学/引用元:2011年度NHK高校講座物理]

重心は物体の内部にあるとは限らない[2012年更新/物理学/引用元:2011年度NHK高校講座物理]

三角形では頂点と各対辺との中点を結ぶ3本の線分の交点が重心[2012年更新/数学]

重心:質量中心。物体の各部に働く重力をただ一つの力で代表させるとき、それが作用する点。[2012年更新/物理学/数学]

物体が自由に回転できるときは重心を中心に回転[2012年更新/物理学/引用元:2011年度NHK高校講座物理]

回転の中心から遠いところに力を加えると回しやすい。回転させる効果(力のモーメント)は距離に比例。M=F×L。[2012年更新/物理学/M:力のモーメント/F:力の大きさ/L:回転の中心からの距離(腕の長さ)]

対頂角:二つの直線が交わってできる四つの角のうち、互いに向かい合っている角[2012年更新/数学/中学/図形/幾何学]

同位角:二つの直線に一つの直線が交わってできる角のうち、二つの直線の同じ側に位置する角[2012年更新/数学/中学/図形/幾何学]

斜方投射された物体が一番遠くまで飛ぶ角度は45度(空気抵抗を考慮すると45度弱)。足して90度になる角度同士では飛ぶ距離が同じ。[2012年更新/物理学/放物運動]

水平投射:(速さに関わらず)地面に届くまでの時間は同じ。水平方向は等速運動。鉛直方向は自由落下運動。[2012年更新/物理学/読み方:鉛直(えんちょく)]

9で割った余りは各位の和を9で割った余りに等しい[2012年更新/数学/自然数/整数/九去法(きゅうきょほう)の前提/読み方:位(くらい)/引用元:2011年度高校講座数学基礎]

4の倍数:下2桁が4の倍数。9の倍数:各位の和が9の倍数。[2012年更新/数学/自然数/整数/読み方:位(くらい)]

a=b×商のとき、aはbの倍数、bはaの約数[2012年更新/数学]

平行四辺形の法則(ベクトル加算の法則):和ベクトルは平行四辺形の対角線ベクトルで表される。力・速度の合成・分解などで利用。[2012年更新/物理学/数学/law of parallelogram]

相対速度:自分から見た相手の速度。相手の速度−自分の速度。[2012年更新/物理学/古典力学]

圧力(Pa)=力(N)/面積(平米)[2012年更新/物理学/Pa:パスカル/N:ニュートン]

赤色巨星:主系列星が進化し大きくふくらみ赤くなった星[2012年更新/宇宙/恒星/引用元:2011年度NHK高校講座地学]

円周角の定理:円周角は中心角の半分。同じ円弧に対する円周角は等しい。[2012年更新/数学/中学]

落下中の重力は静止時と同じ。自由落下は等加速度運動。[2012年更新/物理学/古典力学]

自由落下:物体が空気などの影響を受けず、重力だけで落下する現象。真空中の落下。重力加速度g=9.8。落下速度gt。[2012年更新/物理学/古典力学/t:時間(秒)]

恒星は星雲の中の星間分子雲で生まれる。星間分子雲は密度が高く温度が低い。[2012年更新/宇宙/引用元:2011年度NHK高校講座地学]

絶対等級:32.6光年離れた位置においたときの星の明るさ。太陽は4.83。[2012年更新/恒星/宇宙/引用元:2011年度NHK高校講座地学]

星の明るさ:1等級は6等級の100倍、1等級上がるごとに2.5倍[2012年更新/恒星/宇宙/引用元:2011年度NHK高校講座地学]

運動の第3法則(作用・反作用の法則):力は2物体間で相互に働き合い、同一直線上にある。大きさは等しく、向きが反対。[2012年更新/ニュートン物理学/古典力学/引用元:2011年度NHK高校講座物理]

逆2乗則:物理量の定量的値が、発生源からの距離の2乗に反比例する法則の総称。空間が3次元で等方的と関連。光減衰・万有引力・クーロン力。[2012年更新/逆2乗の法則/古典物理学]

同じ周期で点滅するセファイド変光星は、もとの明るさが同じ[2012年更新/引用元:2011年度NHK高校講座地学/宇宙]

ハッブルの法則:(ほぼ)全ての銀河が地球から遠ざかっている。遠い銀河ほど速く遠ざかっている。[2012年更新/引用元:2011年度NHK高校講座地学/宇宙]

動摩擦力の大きさ:物体質量に比例、物体の速さによらず一定[2012年更新/古典物理学/引用元:2011年度NHK高校講座物理]

宇宙はむらのある泡構造で、銀河が1千億個[2012年更新/引用元:2011年度NHK高校講座地学]

銀河の種類:渦巻き銀河、棒渦巻き銀河、楕円銀河[2012年更新/引用元:2011年度NHK高校講座地学/宇宙]

宇宙誕生137億年前。太陽系誕生46億年前。[2012年更新/引用元:2011年度NHK高校講座地学/年齢]

力は加速の味方。質量は加速の敵。[2012年更新/ニュートン物理学/古典力学/運動の第2法則/運動方程式/F=ma]

運動の第2法則:加えた力と生じる加速度は比例。質量と生じる加速度は反比例。[2012年更新/ニュートン物理学/古典力学/運動方程式/F=ma]

運動の第1法則(慣性の法則):物体に力が働かなければ、静止物体は静止、運動物体は等速直線運動を続ける[2012年更新/ニュートン物理学/古典力学]

v-tグラフの面積は移動距離を表す[2012年更新/物理学/v:速さ/t:時間/S:移動距離]

加速度a=速さv/時間t[2012年更新/物理学]

速さv=移動距離S/時間t[2012年更新/物理学]

1600年代没:ケプラー去れ(30)、ガリレオ死に(42)[2012年更新/歴史/世界史/年号語呂合わせ/科学史/死去年]

以後黄泉(1543)「天球の回転について」(地動説)出版直後コペルニクス没[2012年更新/歴史/世界史/年号語呂合わせ/科学史]

物質の分類:金属。分子でできた物質。イオンでできた物質。[2012年更新/化学]

金属:電気を通す。熱を伝える。光沢。展性・延性。[2012年更新/化学/特徴/性質]

分子でできた物質:融点・沸点が低い。水に溶けにくい。電気を通さない。[2012年更新/化学/特徴/性質]

イオンでできた物質:融点・沸点が高い。水に溶けやすい。電気を通さないが水に溶けると通す。[2012年更新/化学/特徴/性質]

物質の調べ方:五感。水。熱。電気。薬品。[2012年更新/化学]

化学は物質の学問。物質は質量のあるもの。[2012年更新]

展性:物質が圧力や打撃で、破壊されず薄い箔(はく)に広げられる性質[2012年更新/化学/物理学/金属の性質]

延性:物体が、弾性の限界を超えても破壊されず引き伸ばされる性質[2012年更新/化学/物理学/金属の性質]

ミツバチの個眼は透過軸の向きが異なる何枚かの偏光板のような構造[2012年更新/物理学/生物学]

偏光板の透過軸の向きの調節で反射光をカットできる[2012年更新/物理学]

反射光は偏光する[2012年更新/物理学]

連続スペクトル:固体の発光。線スペクトル:気体の発光。[2012年更新/物理学]

シャボン玉の虹模様は光の干渉でできる[2012年更新/物理学]

波長が大きければ回折も大きい[2012年更新/物理学]

スリットの隙間の幅が波長に近づくと回折が大きくなる[2012年更新/物理学]

凸レンズと各距離の関係式:1/物+1/実像=1/焦点[2012年更新/物理学]

実像:反射・屈折した光が、実際に交わって作る像。凸レンズや凹面鏡では焦点より外側に物体を置いたときに生じる。[2012年更新/物理学]

光軸:レンズなどの、中心と焦点を通る直線[2012年更新/物理学]

光が水から空気に向かう場合、入射角49度以上で全反射[2012年更新/物理学/波]

全反射:光が、屈折率の大きな物質から屈折率の小さな物質に入射するとき、入射角がある一定の角度より大きいと、境界面で全部反射される現象[2012年更新/物理学/波]

同じ長さのふりこの周期は一定であることを発見(ガリレオ・ガリレイ)[2012年更新/歴史/世界史/物理学史/時計/理屈/理論]

管楽器は吹き込んだ空気の振動と気柱が共鳴して音が出る[2012年更新/物理学/波]

気柱(きちゅう)が共鳴すると定常波ができる[2012年更新/物理学]

固有振動数が等しいと共鳴・共振する[2012年更新/物理学/波]

倍音の混ざり方が楽器の音色を決める[2012年更新/物理学/音波]

反対方向に進む等しい波が定常波をつくる[2012年更新/物理学]

振動数の少し違う音を同時に鳴らすとうなりが生じる[2012年更新/物理学]

音の3要素:高低。強弱。音色。[2012年更新/物理学]

音の秒速V=331.5+0.6t[V:m/s(メートル/秒)][2012年更新/物理学/音の速さ/音速/t:温度(C)]

波の特徴(性質):反射、回折、屈折、干渉[2012年更新/物理学]

音の三要素:高低・振動数、強弱・振幅、音色・波形[2012年更新/物理学]

音色の違いは波形の違い[2012年更新/物理学]

弱い音は振幅が小さく強い音は振幅が大きい[2012年更新/物理学/波]

音は振動数が多いと高く少ないと低い[2012年更新/物理学/波]

横波:波の進行方向と垂直に媒質が振動する波。電磁波、地震のS波など。[2012年更新/物理学]

縦波(疎密波):波の進行方向と同じ方向に媒質が振動する波。音波、地震のP波など。[2012年更新/物理学]

屈折:波は媒質が変わると速度が変わり方向が曲がる[2012年更新/物理学]

反射の法則:入射角=反射角[2012年更新/物理学]

波面と波の進む方向は直角の関係にある[2012年更新/物理学]

波面は円形波を集めて作られている[2012年更新/ホイヘンスの原理/物理学]

ホイヘンスの原理:波面のそれぞれの点で円形波が作られ、円形波が次の波面を作る[2012年更新/物理学]

波の干渉:腹(はら)は強め合う部分、節(ふし)は弱め合う部分[2012年更新/物理学/読み方]

波が重なっている間重ね合わせの原理。重ね合わせの原理が波の干渉を起こす。重なりがなくなった後、波の独立性で、はじめの波形を保ち、互いに遠ざかる。[2012年更新/物理学]

電磁波のように、重ね合わせの原理が厳密に成り立つ波もあるが、一般の波では、振幅が比較的小さいとき、重ね合わせの原理成立[2012年更新/物理学]

波の干渉:ぶつかった波は強めあったり消しあったりする[2012年更新/物理学]

波の重ね合わせ:山と山は足し算、山と谷は引き算[2012年更新/物理学]

波の独立性:ぶつかった波は形を変えずにお互いがすり抜ける[2012年更新/物理学]

波の速さ=振動数f×波長λ[2012年更新/物理学]

波の姿形は振幅・波長で表す[2012年更新/物理学]

波は振動がまわりに伝わっていく現象[2012年更新/物理学]

イオン化傾向大きい順:リッチにせしめたルビー(Li・Cs・Rb)、競馬するかな(K・Ba・Sr・Ca・Na)、まあ(Mg・Al)、あてにすんな(Zn・Fe・Ni・Sn・Pb)、ひど過ぎ借金(H・Cu・Hg・Ag・Pt・Au)[2012年更新/語呂合わせ/物理学/電気化学列/イオン化列/Sn:スズ]

異種金属接触腐食:イオン化傾向大小金属+水で腐食(ボルタ電池)。電極はイオン化傾向大+、小−。陽極集中腐食。[2012年更新/物理学/化学/建築/建設/電流/さび/サビ/錆び]

半導体の主な働き:温度・明るさを感じるセンサー。整流:ダイオード。増幅:トランジスタ。[2012年更新/物理学]

オシロスコープ:電気信号の波形を映す装置。電圧・周波数などの観測に利用[2012年更新/物理学/オシログラフ/oscilloscope/陰極線オシログラフ]

半導体の代表はシリコン[2012年更新/物理学>引用元]

シリコンに微量硼素(など3価元素)を加えp型半導体、微量砒素(など5価元素)を加えn型半導体を作る[2012年更新/物理学/引用元]

半導体は温度を上げると電気が通りやすくなる。導体は温度を上げると電気が通りにくくなる。[2012年更新/物理学]

電磁波はマクスウェルが存在を予言し、ヘルツが実験で確認[2012年更新/物理学/科学史/歴史/世界史]

電磁波の速さは、光の速さと同じ[2012年更新/物理学/マクスウェル方程式/光は電磁波の一種/光速]

交流は1次コイル、2次コイルを組み合わせ変圧器が簡単に作れる[2012年更新/物理学/電流/電気]

周波数:1秒間に振動する回数(Hz)[2012年更新/物理学]

交流の電圧:最大電圧の約1.4分の1[2012年更新/物理学/電気]

レンツの法則:コイル内に生じた磁界の変化を打ち消す向きに誘導電流が流れる[2012年更新/物理学/理科/電気]

電磁誘導:コイル等の導体を磁界の中で動かすと、電流が流れる現象。発生した電流を誘導電流という。[2012年更新/物理学/1831年、ファラデーが発見/電磁感応/電気]

右ねじの法則:直線状の電流がつくる磁場の向きは、右ねじの回る向きに一致するという法則。[2012年更新/物理学/アンペールの右螺子の法則/電磁石/理科/電気]

電圧:電流を流そうとする働きの大きさ[2012年更新/物理学/電気]

V=R×I。電圧(V)=電気抵抗(Ω)×電流(A)。[2012年更新/物理学/オームの法則/理科]

P=V×I。電力(W)=電圧(V)×電流(A)。[2012年更新/物理学/電気]

静電気:摩擦電気など、物体にたまったまま動かない電気[2012年更新/物理学/引用元]

電荷(荷電):物体が帯びている静電気およびその物理量。いろいろな電気現象を起こすもとになるもの。[2012年更新/物理学/電気量]

マルクス:人は人は(1818)人は発散(1883)[2012年更新/歴史/世界史/年号語呂合わせ/共産主義/科学的社会主義/資本論/誕生年/没年]

エンゲルス:いやに丸い(1820)市場救護(1895)[2012年更新/歴史/世界史/年号語呂合わせ/共産主義/ドイツの思想家・革命家/マルクスと科学的社会主義を創始/共産党宣言/資本論/誕生年/没年]

以後逝く(1519)マクシミリアン、ダ・ヴィンチ、早雲[2012年更新/死去年/マクシミリアン1世(神聖ローマ帝国皇帝)/レオナルド・ダ・ヴィンチ(画家・科学者)/北条早雲(戦国時代の武将)/世界史/歴史/日本史/年号語呂合わせ]

アルキメデスの原理:流体の中で静止している物体は、それが押しのけた流体の重さだけ軽くなる、すなわち浮力を受けるという原理[2012年更新/物理学/引用元]

フラウンホーファー線:太陽の連続スペクトル中に見られる無数の暗線[2012年更新/1814年、ドイツの物理学者フラウンホーファーJ.von Fraunhoferが発見/引用元]

クーロン力(荷電粒子間にはたらく力)は光子の放出・吸収(光子交換)で力伝達[2012年更新/物理学/引用元]

量子(quantum):一定の最小単位の整数倍という不連続な値をとる物理量の、その最小単位量。プランクの量子仮説で提唱され、エネルギー量子とよばれたが、アインシュタインらにより普遍的に適用できることがわかった。[2012年更新/物理学/量子力学/クォンタム/引用元]

原子軌道(電子軌道):s,p,d,f。K:s1。L:s1,p3。M:s1,p3,d5。[2012年更新/f軌道以降はアルファベット順で命名/(命名)K殻のs軌道1s/(命名)L殻のs軌道2s・p軌道2p/(命名)M殻のs軌道3s・p軌道3p・d軌道3d/物理学/化学]

BCG:結核予防の生ワクチン。牛型結核菌を弱毒化したもの。ツベルクリン反応が陰性の者に、免疫を得させるため接種[2012年更新/(フランス)bacille de Calmette-Guerin/医学/薬学]

生理学:生命現象を物理的、化学的手法によって研究する学問[2012年更新/引用元]

ツベルクリン:結核菌の培養液から抽出した精製たんぱく質の注射液。結核菌感染の有無の検査に用いる。[2012年更新/医学/薬学/(ドイツ)Tuberkulin/引用元]

クーパー対:超電導体中で、格子振動などを媒介とした引力相互作用が電子間のクーロン反発(同符号負電荷)相互作用を上まわったときに形成される電子対[2012年更新/物理学/超伝導/引用元]

量子液体:絶対0度まで冷やしても液体のままの物質(不凍液)。代表的実例は液体ヘリウム。[2012年更新/物理学/0K/He]

オムニバス:(乗合自動車の意から)いくつかの独立した短編を集め、全体として一つの作品となるように構成したもの[2012年更新/omnibus/映画/演劇/文学]

物理学のエントロピーは「乱雑さ」とも訳され、物質やエネルギーの局在(偏り)の度合い。情報科学のエントロピーは「事象の不確かさ」[2012年更新/引用元]

ド・ブロイ波:(量子力学で)粒子性と波動性を結びつける考え方。ド・ブロイ波長λ=プランク定数h/運動量p。p=質量m×速度v[2012年更新/物理学]

アハラノフ=ボーム効果(AB効果):電子が電場、磁場が存在しない空間でも電磁ポテンシャルの影響を受ける現象[2012年更新/アハロノフ=ボーム効果/物理学/引用元]

価電子:原子の最外殻にあって、原子価や化学的性質を決定する電子[2012年更新/読み方:かでんし/原子価電子/物理学]

結晶中、イオン殻の周期的電場で、電子のとり得るエネルギーは、いくつかの帯状(バンド状)領域に限られる。この領域をエネルギーバンドと呼び、電子が取ることの出来ないエネルギー領域をエネルギーギャップと呼ぶ[2012年更新/物理学]

アルコール:炭化水素の水素原子を水酸基で置換した形の化合物の総称[2012年更新/(オランダ)・(英)alcohol/化学]

コレステロール:動物性ステロールの代表。細胞膜の構成成分で、主に肝臓で生合成。副腎皮質ホルモン・ビタミンD・胆汁酸などの材料。血管壁に多量に沈着すると動脈硬化の要因[2012年更新/cholesterol/生物学/医学/薬学]

線型方程式:変数1次のみ。物理は線形(微分)方程式多い。ニュートン(古典力学)。マクスウェル(電磁気学)。シュレディンガー(量子力学)。[2012年更新/物理学]

ボイルの法則:PV=k。シャルルの法則:V=kT。ボイル=シャルルの法則:PV=nRT[2012年更新/物理学/気体/Pは圧力/Vは体積/Tは絶対温度/kは正の定数/nは物質量/Rは気体定数]

熱力学の3法則:エネルギー保存、エントロピー増大、絶対零度不可。エネルギー保存から(出力超過の)第1種永久機関不可。エントロピー増大から(効率100%の)第2種永久機関不可。[2012年更新/物理学]

ネーターの定理:対称性あるところ保存則あり。空間一様から運動量保存。空間等方から角運動量保存。時間一様からエネルギー保存[2012年更新/物理学]

ボイル=シャルルの法則:気体の圧力Pは体積Vに反比例し絶対温度Tに比例。PV=nRT。[2012年更新/物理学/理想気体の状態方程式/ボイルシャルルのほうそく/英語:combined gas law/Pは圧力/Vは体積/Tは絶対温度/nは物質量/Rは気体定数/引用元]

(プランクの)量子仮説:1900年プランクが放射公式を導く際に仮定した考え。放射エネルギーは最小単位量(エネルギー量子)の整数倍に限られるというもの。従来の連続的な値をとるとする古典論に対し新しい考えを与え、量子論の発端となった[2012年更新/物理学/引用元]

自然選択:有利なため時間とともに増える。遺伝的浮動:有利でも不利でもないためランダムに増減。[2012年更新/生物学/進化論]

Diffie-Hellman鍵共有方式:p素数のとき、集合{1,2,・・,p-1}={x,x^2,・・,x^(p-1)}%pとなるxがいつもある。送り手は、ランダムにp-2以下のrを取り、x^rを送り、公開x^kを使い、x^krを計算。受け手は、x^rと秘密kを使い、x^rkを計算。[2012年更新/数学/IT/WEB/ウェブ通信/暗号技術で利用/離散対数問題の困難性]

ハッシュ化(ハッシング):元の数値や文字列からハッシュ関数で固定長の擬似乱数を生成し暗号化すること。この操作で得られる値をハッシュ値という。[2012年更新/IT用語/数学/hashing]

零点:関数fで0に移される点、すなわちf(z)=0を満たすz。方程式の解を幾何学的に扱う際、用いる表現。[2012年更新/れいてん/ぜろてん/zero/代数学]

ハミルトニアン(ハミルトン関数、特性関数):物理学におけるエネルギーに対応する物理量。古典力学では正準変数の関数であり、量子力学では正準変数を量子化した演算子(or行列)[2012年更新/Hamiltonian]

正準変数:解析力学で物体の物理量を表す基本変数で用いる位置と運動量(の組)。しばしば座標q、運動量p[2012年更新/せいじゅんへんすう/物理学]

プランク定数:量子力学の基本定数。記号hで表し、h=6.626×10^−34ジュール秒。これを円周率の2倍(2π)で割ったものを用いることが多い。1900年プランクが放射法則を説明するため導入。[2012年更新/物理学/引用元:goo辞書]

歩留り:生産・加工の際の原材料に対する製品の割合。たとえば100の原材料を使用して製品が80できれば、歩留りは80%[2012年更新/日本大百科全書(小学館)/ぶどまり]

質量数5と8の安定元素はない[2012年更新/物理/化学]

陽子:アップクォーク2つとダウンクォーク1つ。中性子:アップクォーク1つとダウンクォーク2つ[2012年更新/素粒子物理学/原子核]

ゲージ粒子(ゲージボソン):ゲージ理論で、素粒子間の相互作用を媒介するスピン1のボース粒子の総称。電磁相互作用の光子、弱い相互作用のウイークボソン、強い相互作用のグルオンなど[2012年更新/素粒子物理学]

グルオン(グルーオン):糊の粒子の意。クォークを結びつける力を媒介する粒子。強い相互作用を伝達。[2012年更新/素粒子物理学/gluon]

ハドロン:素粒子標準模型において強い相互作用で結びついた複合粒子。バリオン(陽子・中性子、3クォーク構造)とメソン(中間子、クォーク・反クォーク構造)。[2012年更新/物理学/hadron]

核子(ニュークレオン):陽子・中性子の総称。[2012年更新/素粒子物理学/原子核]

フェルミ粒子(フェルミオン):素粒子のうち、半整数スピンをもつ粒子や、奇数個核子粒子。電子・陽子・中性子など。[2012年更新/物理学]

ボース粒子(ボソン):素粒子のうち、スピンが零か正の整数である粒子。光子・π中間子など。[2012年更新/物理学]

超紐理論(超弦理論):素粒子を点ではなくミクロなひもと考えて、4相互作用を統一的枠組みで表すことを目指す統一理論[2012年更新/スーパーストリング理論/物理学/引用元:goo辞書]

超対称性(スーパーシンメトリー、スージー):素粒子物理学におけるボース粒子とフェルミ粒子の交換に対する対称性。この理論ではボース粒子とフェルミ粒子は必ずペアであり、その関係は超対称性パートナーと呼ばれる。[2012年更新/supersymmetry/SUSY]

大きさ(メートル):原子核・10^-15。オングストローム・10^-10。地球・10^7。宇宙の果て・10^26。[2012年更新/物理/雑学]

方程式:未知数を含み、その未知数が特定の値をとるときだけに成立する等式。この特定の値を解または根という。[2012年更新/数学/引用元]

波動関数:波動方程式を満足させる関数。量子力学では粒子の状態を表す関数をいい、波動関数の絶対値の2乗はその点に粒子の存在する確率密度を表す。[2012年更新/物理/引用元:goo辞書]

波動方程式:電磁波・弾性波などの波動に関する運動方程式。空間座標と時間とを独立変数とする偏微分方程式。量子力学では粒子の運動状態を記述する方程式。1926年にシュレーディンガーが確立。[2012年更新/物理/引用元:goo辞書]

一次変換:平面上の点から平面上の点への写像。点(x,y)と点(x′,y′)の関係が一般にx′=ax+by, y′=cx+dyで表されるもの。[2012年更新/数学/引用元:goo辞書]

線形代数学:ベクトル空間およびその一次変換に関する理論を扱う代数学の一部門。[2012年更新/引用元:goo辞書]

AとT、CとGは塩基対(相補的)[2012年更新/生物学/シャルガフ/DNA/核酸/イメージ動画]

メルセンヌ数:2^n − 1の形の自然数。Mnで表す。2進数で表記するとn桁で各桁1。[2012年更新/数学/Mersenne number]

RSA暗号:n=pq、n'=(p-1)×(q-1)、(n'・e素で)ed%n'=1のとき、n・e公開。M^ed%n=M。[2012年更新/数学/IT用語/pとqは素数/素因数分解の困難性を利用/代表的な公開鍵暗号方式/フェルマーの小定理を利用]

割り算(除算):被除数(実)=除数(法)×商+余り(剰余)。[2012年更新/数学]

ユークリッド互除法:大を小で割る。余りが0になったら除数が最大公約数。aのbによる余りをrとすると、aとbとの最大公約数はbとrとの最大公約数に等しい。[2012年更新/数学/明示的に記述された最古のアルゴリズム]

nとnまでの自然数で互いに素なものの個数をφ(n)とすると、a^φ(n)%n=1[2012年更新/数学]

剰余:あまり。余り記号は、mod or %。[2012年更新/数学/例:1=9mod2=9%2]

ランダウ記号:「程度」(オーダー)Oは大文字オミクロンだったが、今日アルファベット大文字オーと同一視。変数無限変動の関数挙動を、わかりやすい別関数を目安に記述。通常、上界を記述。[2012年更新/IT用語/数学/引用元]

modify:修正(緩和・修飾)する。modification:修正。[2012年更新/英語/英単語/語学/外国語]

線型結合でベクトルを表すとき、各ベクトルがただ一通りなら線型独立、2通り以上の表示が可能なら線型従属[2012年更新/数学/引用元]

ランダムネスを定義する3アプローチ:情報エントロピー(確率論)。計算可能性(生成不可能性)。計算量(計算時間)[2012年更新/数学/擬似乱数]

チューリング:英国数学者。現代計算機科学の父。1937年、論文「計算しうる数」でチューリングマシン概念提唱。第二次大戦中、ドイツ暗号解読[2012年更新/Alan Mathison Turing/1912〜1954/歴史/イギリス/引用元]

指数法則:a^m*a^n=a^(m+n)。(a^m)^n=a^mn。(ab)^m=a^m*b^m[2012年更新/数学]

アスペルガー症候群:広汎性発達障害の一種。知的障害や言語障害を伴わないで、対人関係への無関心、同一動作の繰り返しなど自閉症の症状を示す[2012年更新/引用元/精神病/精神医学/精神疾患]

フィボナッチ数列:数学で、最初の2項が1で、第3項以降の項がすべて直前の2項の和になっている数列[2012年更新/Fibonacci numbers/引用元:goo辞書]

sin(α±β)=sinαcosβ±cosαsinβ[2012年更新/数学/三角関数の加法定理]

cos(α±β)=cosαcosβ?sinαsinβ[2012年更新/数学/三角関数の加法定理]

校訂:書物の本文を、異本と照合したり語学的に検討したりして、よりよい形に訂正すること[2012年更新/意味/意義/定義/引用元:goo辞書]

エラスムス:オランダの人文学者。人文主義的立場から宗教改革の精神に同調。ルターの教皇・教会批判には反対。ギリシャ語新約聖書の印刷校訂本を初めて出版。著「愚神礼讚」「自由意志論」。[2012年更新/Desiderius Erasmus/1466頃〜1536/引用元:goo辞書/歴史/世界史]

必須アミノ酸:動物の成長や生命維持に必要であるが、体内で合成されないため、食物から摂取しなければならないアミノ酸。[2012年更新/分子生物学/栄養学/引用元:goo辞書]

スペクトル:可視光・紫外線・赤外線などを分光器で分解し波長順に並べたもの。複雑な組成をもつものを成分に分解し、量や強度の順に並べたもの。[2012年更新/引用元:goo辞書/化学/物理]

ハイパワードマネー(マネタリーベース):現金通貨と預金銀行の日銀預け金との合計。民間金融機関の信用創造の基礎となり、その何倍かのマネーサプライを生み出す。[2012年更新/マクロ経済学]

LM曲線:貨幣市場の均衡を示す利子率と国民所得の組み合わせを表す右上がりの曲線。[2012年更新/マクロ経済学]

示性式(しせいしき):分子内に含まれる原子団を明示した化学式。構造式より簡単で、分子式では表せない構造を示したいときに使われる。[2012年更新]

判別式:二次方程式ax^2+bx+c=0について、その根の種類を判別するためのD=b^2−4acという式。Dが正ならば二つの実根、0ならば重根、負ならば二つの虚根をもつ。[2012年更新/代数学]

(研究に必要なものは)机、紙、鉛筆、くずかご[アインシュタイン][2012年更新/名言/格言/1935年プリンストン大学にて研究に必要なものを尋ねられた時の回答の要旨]。

難しいのは、新しいアイディアを開発することより、古いアイディアから逃れることである[ケインズ][2012年更新/名言/格言/教訓/偉人/歴史/経済学/ジョン・メイナード・ケインズ]。

何らかの販売は必要である。だが、マーケティングの理想は販売を不要にすることである[ドラッカー]。[2012年更新/経営学/名言/格言/偉人]

イノベーションとは技術よりも経済に関わることである[ドラッカー]。[2012年更新/経営学/名言/格言/偉人]

蛋白質(プロテイン):生物細胞の主成分であり生命現象に直接深く関与している、窒素を含む高分子有機化合物。約20種のアミノ酸がペプチド結合でつながったもので、多種類。[2012年更新/分子生物学/有機化学/たんぱく質/タンパク質/引用元]

逆関数:関数y=f(x)のxとyとを入れ換えて得られる関数x=f(y)のこと。[2012年更新/数学]

ドストエフスキー:19世紀ロシアの小説家。処女作「貧しき人々」。混迷社会の諸相を背景とし、内面的、心理的矛盾と相克の世界を描き、人間存在の根本的問題を追求。作「罪と罰」「白痴」「悪霊」「カラマーゾフの兄弟」など。[2012年更新、文学、歴史、生没年[1821〜1881]、Fyodor Mikhaylovich Dostoevskiy]

1666年:ニュートンが、万有引力・微積分学・光学理論を発見。[2012年更新。驚異の1年。歴史。]

球:表面積4πr^2。体積4/3πr^3。[2012年更新、数学]

収束(収斂):数学で、ある値に限りなく近づくこと。[2012年更新。収斂の読み方:しゅうれん。]

発散:数学で、無限数列・無限級数・関数値が、極限で有限値に近づかず、正・負の無限大か、振動になること。

級数:数学で、数列の各項を順に加法記号(+)で結んだもの。項が有限個であれば有限級数、無限個であれば無限級数。[2012年更新]

コーシーの積分定理:f(Z)が正則なら、周回積分∫f(Z)dZ=0[2012年更新、数学、複素積分、複素数・虚数]

正則性:f(Z)が領域Dのすべての点で微分可能であるとき、fはDで正則。[2012年更新、数学]

複素関数は共役を含んでいると微分不可能。∂f(Z,Z)/∂Z=0が微分可能の必要十分条件。[2012年更新。数学。コーシー・リーマン方程式由来。複素数・虚数]

極座標:平面上のある一点の位置を、定点(極)からの距離と角度で示した座標。[2012年更新。数学。引用元]

ド・モアブルの定理(公式):(cosθ + isinθ)^n = cos(nθ) + isin(nθ)[数学。複素数。n:整数。i:虚数。理由:極座標(ベクトル)表示の複素数掛け算は幾何学的には複素平面上θ回転と等しい。]

オイラーの公式:e^iθ=cosθ+isinθ。[2012年更新、数学、三角比・三角関数、複素数・虚数、定理・法則。効用:極座標的複素数をより単純に記述できる。]

csc:1/sin。sec:1/cos。cot:1/tan。[2012年更新/数学/三角比/三角関数]

余割(cosecant)・正割(secant)・余接(cotangent)[2012年更新/数学/三角比/三角関数]

三角比:正弦・余弦・正接・余割・正割・余接。[2012年更新/数学/三角関数]

sinXを微分:cosX。cosXを微分:-sinX。logXを微分:1/X。[2012年更新/数学]

三角関数の加法定理:sin(α±β)=sinαcosβ±cosαsinβ、cos(α±β)=cosαcosβ?sinαsinβ。[2012年更新/数学]

複素平面:複素数X+iYの(X,Y)を、平面の1点とみなす。X軸:実軸。Y軸:虚軸。[2012年更新/数学/虚数]

極座標表示:複素数を矢印の長さ・向きで指定。複素数はr*e^iθと表せる。e^iθをかけた解はθ回転した点に相当。割り算は逆回転。[2012年更新、数学、虚数、θ:矢印の角度・向き。r=矢印の長さ。オイラーの公式:e^iθ=cosθ+isinθ。]

複素数X+iYのとき、√X^2+Y^2を絶対値と呼ぶ。[2012年更新/数学/虚数]

複素数C=X+iYのとき、X-iYをCの共役(C)と呼ぶ。e^iθ=e^-iθ。[2012年更新、数学、虚数、e^iθ=e^-iθの理由:複素平面において共役は元の座標とX軸対称であるから。]

複素数C=X+iYのとき、|C|^2=X^2+Y^2=C*C。[2012年更新、数学、虚数、共役]

複素数では、|C*C|=|C|*|C|。[2012年更新、数学、虚数、共役]

複素数では、C1*C2C1*C2C1+C2C1+C2。[2012年更新、数学、虚数、共役]

複素数の大小は比較できない。[2012年更新、数学、虚数、性質]

複素数C=X+iYに対し、X:Real Part(実部)=(C+C)/2、Y:Imaginary Part(虚部)=(C-C)/2i。[2012年更新、数学]

比熱:物質1グラムの温度を1度上げるのに必要な熱量。[2012年更新、熱物理学]

自由エネルギー:物体のもつ内部エネルギーのうち、仕事に変わりうるエネルギー。[2012年更新、熱物理学]

内部エネルギーは断熱過程で定義できる。ヘルムホルツ自由エネルギー(F)は等温準静課程で定義できる。[2012年更新、熱物理学]

等温過程は過程によって仕事が変わる。[2012年更新、熱物理学]

temper:気質、気分。temperament:気質。[2012年更新、英単語・英語。語学・外国語]

temperance:節制。temperate:節度ある。[2012年更新、英単語・英語。語学・外国語]

thermo-:熱の。temperature:温度。[2012年更新、英単語・英語。語学・外国語]

iso-:等しい、同一の。isothermal:等温の、等温線の。[2012年更新、英単語・英語。語学・外国語]

otherwise:別のやり方で。さもなければ。その他の点では。[2012年更新、英単語・英語。語学・外国語]

断熱準静過程(a.q.、adiabatic quasistatic):超ゆっくり、各瞬間熱平衡。[2012年更新、熱物理学]

Jouleの原理:系がする仕事Wは途中によらぬ。始状態と終状態だけで決まる。[2012年更新、熱物理学、ジュール、法則・定理]

ニュートンの運動方程式:F=ma。acceleration(加速度)=dv/dt。mass(質量)。velocity(速度)。[2012年更新、物理学]

faculty:才能。機能。能力。学部。学部教授陣。[2012年更新、英単語・英語。語学・外国語]

overture:予備交渉。打診。申入れ。序曲。序章。[2012年更新、英単語・英語。語学・外国語]

結合法則:数の加法・乗法で、演算の結合方法(計算順序)を変えることができる法則。[2012年更新、数学]

相同染色体:体細胞に2個ずつ対になってある同形同大の染色体。それぞれ両親の配偶子に由来し、減数分裂のとき相対して接着。[2012年更新/分子生物学/遺伝学]

染色体:細胞核の有糸分裂のとき現れる棒状小体。塩基性色素に染まりやすいため命名。染色質が染色糸となり、さらに螺旋状に縮まって短く太くなったもの。基本構成要素はDNAとヒストン。一本の染色体には一本のDNA。[2012年更新/分子生物学/遺伝学/螺旋(らせん)]

分裂中期のX字型染色体の中央部分をセントロメアといい、この部分で二本の染色分体が接している[2012年更新/分子生物学/遺伝学/染色分体(chromatid)]

reckon:数える。計算する。考える。評価する。[2012年更新。英単語・英語。語学・外国語。意味・意義・定義。]

cruel:冷酷な、むごい。cruelty:残酷さ。[2012年更新。英単語・英語。語学・外国語。意味・意義・定義。]

アルカン:メタン、エタン、プロパン、ブタン、ペンタン、ヘキサン、ヘプタン、オクタン、ノナン、デカン、ウンデカン、ドデカン、トリデカン。[2012年更新、化学]

アルケン(オレフィン):エテンは、エチレン。プロペンは、プロピレン。命名規則はアルカンの語尾aneをeneに変える。ブテン以上は、二重結合の位置による構造異性体が存在。[2012年更新、化学、オレフィン]

backward:後方へ。後方の。遅れた。時期的に遅い。気おくれする。後ろへ。[2012年更新。英単語・英語。語学・外国語。意味・意義・定義。]

unity:単一。統一体。[2012年更新。英単語・英語。語学・外国語。意味・意義・定義。]

diversity:相違。差異。相違点。多様性。雑多。[2012年更新。英単語・英語。語学・外国語。意味・意義・定義。]

saturation:浸潤。充満。飽和。濃さ。集中攻撃。[2011年更新。英単語・英語。語学・外国語。医学。意味・意義・定義。]

鉗子(かんし):はさみに似た形の金属性医療器具。手術・治療のとき、器官・組織などを挟み、牽引(けんいん)・圧迫に用いる。[2011年更新、医学、引用元]

クロマチン:真核細胞内に存在するDNAとタンパク質の複合体。[2011年更新/分子生物学/バイオ/意味/意義/定義]

radiate:放射(放出)する。発する。[2011年更新、発音記号:reidieit。英単語・英語。語学・外国語。意味・意義・定義。]

まったくの無能を平均以下の水準にするには、一流を超一流にするよりも、はるかに多くのエネルギーと努力を必要とする。[ドラッカー][2011年更新。経営学。語録・名言。]

stability:安定。安定性。固定。[2011年更新。英単語・英語。語学・外国語。意味・意義・定義。]

genetic:発生の。起源の。遺伝子の。[2011年更新/英単語/英語/語学/外国語/意味/意義/定義/分子生物学/バイオ]

strain:緊張。過労。血統。種族。[2011年更新。英単語・英語。語学・外国語。意味・意義・定義。]

オーナー起業家に天才的なひらめきがあるというのは神話にすぎない。[ドラッカー][2011年更新。経営学。未来企業。語録・名言。]

天才的なひらめきをあてにするオーナー起業家は、ひらめきのように消えていった。[ドラッカー][2011年更新。経営学。未来企業。語録・名言。]

成果をあげる人とあげない人の差は才能ではない。いくつかの習慣的な姿勢と、基礎的な方法を身につけているかどうかの問題である。[ドラッカー][2011年更新。経営学。語録・名言。]

ワクチン:生体に免疫をつくらせて感染症を予防するために用いられる抗原。[2011年更新。vaccine。牝牛の意のラテン語に由来し、牛痘の意。引用元。医学・薬学。]

incubation:孵化。抱卵。培養。もくろみ。案。潜伏。[2011年更新。英単語・英語。語学・外国語。意味・意義・定義。]

in vivo:「生体内で」。in vitro:「試験管内で」。[2011年更新。ラテン語。語学・外国語。意味・意義・定義。]

タンパク質orポリペプチドで、N末端:フリーなアミノ基で終端してる側の末端、C末端:フリーなカルボキシル基で終端してる側の末端。[2011年更新/有機化学/分子生物学/バイオ。]

generic:属の。属に特有な。一般[包括]的な。総称的な。商標登録されていない。[2011年更新。英単語・英語。語学・外国語。意味・意義・定義。]

プライマー:DNA合成・複製に必要な核酸断片。鋳型DNA・プライマーが相補的に結合し、DNAポリメラーゼの作用で、プライマーの一方端を起点とし、鋳型DNAと相補的塩基配列の新DNA鎖が伸長。[2011年更新。有機化学。primer。]

ポリメラーゼ:単量体を結合させて重合体を合成する酵素。[2011年更新。polymerase。有機化学。]

prime:最も重要な。主要な。[2011年更新。発音記号:praim。英単語・英語。語学・外国語。意味・意義・定義。]

replication:折り返し。複製。[2011年更新。英単語・英語。語学・外国語。意味・意義・定義。]

コドン:伝令RNA上の遺伝暗号単位。三個一組塩基配列(トリプレット)で六四種類あり、六一通りが二〇種のアミノ酸を規定し、残り三通りはアミノ酸配列終了を指定[2011年更新/分子生物学/codon/引用元。]

cDNA:相補的DNA。mRNAと相補的な塩基配列をもつ一本鎖DNA。mRNAなどを鋳型として逆転写酵素を用いて合成する。[2011年更新/complementary DNA/分子生物学/引用元。]

bud:芽。つぼみ。芽を出す。[2011年更新。英単語・英語。語学・外国語。意味・意義・定義。]

metabolism:新陳代謝。物質交代。[2011年更新。英単語・英語。語学・外国語。意味・意義・定義。]

basal:基礎[根本]的な。[2011年更新。英単語・英語。語学・外国語。意味・意義・定義。発音記号:beisl]

apical:頂点の。頂上の。[2011年更新。英単語・英語。語学・外国語。意味・意義・定義。]

advance:進める。前払いする。提出する。進む。進歩する。前進。進歩。[2011年更新。英単語・英語。語学・外国語。意味・意義・定義。]

ブレンステッド:デンマーク物理化学者。1923年、酸・塩基を陽子移動で定義し、陽子放出物質を酸、受け取る物質を塩基とした。[2011年更新。Johannes Nicolaus Bronsted。[1879〜1947]。引用元。歴史・人物。]

強酸:HCl、H2SO4、HNO3。強塩基:アルカリ金属・アルカリ土類金属の水酸化物。[2011年更新、化学]

tubule:小管。細管。[2011年更新。英単語・英語。語学・外国語。意味・意義・定義。]

flush:赤く染まる。赤くなる。紅潮。赤面。[2011年更新。英単語・英語。語学・外国語。意味・意義・定義。]

lapse:ちょっとした誤り。経過。[2011年更新。英単語・英語。語学・外国語。意味・意義・定義。]

inhibit:を抑制[阻止]する。抑える。妨げる。[2011年更新。英単語・英語。語学・外国語。意味・意義・定義。]

dimer:二量体。[2011年更新。化学。発音記号[daim?r]。引用元]

原形質:細胞の生きている部分を構成し、生命活動の基礎となっている物質。核と細胞質からなり、細胞膜に包まれ、全体としてコロイド状を呈する。[2011年更新/生物学/バイオ/引用元。]

血漿:血液で、血球を除いた液体成分。[2011年更新/読み方:けっしょう/生物学/バイオ。]

plasma:血漿。リンパ漿。原形質。[2011年更新/英単語/英語/語学/外国語/意味/意義/定義/生物学/バイオ]

impair:を減じる。弱める。悪くする。害する。損なう。[2011年更新。英単語・英語。語学・外国語。意味・意義・定義。]

progenitor:祖先。親。創始者。先駆者。原型。[2011年更新。英単語・英語。語学・外国語。意味・意義・定義。]

deficient:欠けている。不足した。不完全な。欠陥[欠点]のある。[2011年更新。英単語・英語。語学・外国語。意味・意義・定義。]

conventional:型にはまった。平凡な。[2011年更新。英単語・英語。語学・外国語。意味・意義・定義。]

eccentric:常軌を逸した。一風変った。中心をはずれた。変人。奇人。[2011年更新。発音記号:iksentrik。英単語・英語。語学・外国語。意味・意義・定義。]

membrane:薄膜。皮膜。細胞膜。浸透膜。膜組織。[2011年更新/発音記号:membrein/生物学/英単語/英語/語学/外国語/意味/意義/定義]

fluorescent:螢光を発する。螢光性の。[2011年更新。英単語・英語。語学・外国語。意味・意義・定義。蛍光灯。]

GFP:green fluorescent protein。オワンクラゲの生体内にあり、発光物質イクオリンの発する青い光を受けて緑色に光る生物発光物質。下村脩により発見・抽出。[2011年更新/昭和37年(1962)に海洋生物学者の下村脩により発見・抽出/分子生物学]

enterprise:事業。進取の気性。企業。[2011年更新。英単語・英語。語学・外国語。意味・意義・定義。]

intuitive:直感の。直感力のある。直感的な。[2011年更新。英単語・英語。語学・外国語。IT(情報技術)。意味・意義・定義。]

hospitality:親切なもてなし。歓待。厚遇。[2011年更新。英単語・英語。語学・外国語。意味・意義・定義。]

scaffold:足場。絞首台。断頭台。特設舞台。[2011年更新。英単語・英語。語学・外国語。意味・意義・定義。]

Xの偏差値=50+10(X−平均)÷標準偏差。[2011年更新。数学・統計。IT(情報技術)。意味・意義・定義。]

分散:偏差の2乗を平均した値。標準偏差の2乗。[2011年更新。数学・統計。IT(情報技術)。意味・意義・定義。]

レンジ:データ範囲。データの最大値−最小値。[2011年更新。数学・統計。IT(情報技術)。意味・意義・定義。]

モード(最頻値):出現頻度が最も高いデータ。[2011年更新。数学・統計。IT(情報技術)。意味・意義・定義。]

メジアン(中央値):データを昇順(or降順)に並べたときの中央の値。偶数個の場合は中央2つの平均値。[2011年更新。数学・統計。IT(情報技術)。意味・意義・定義。]

インターフェロン(ウイルス抑制因子):ウイルス感染細胞や腫瘍細胞で作られ、増殖を抑制する特殊なたんぱく質。抗癌剤などに利用。[2011年更新/医学/薬学/生物学/interferon。腫瘍(しゅよう)/IF/IFN/抗癌剤(こうがんざい)]

順列:permutation。組合せ:combination。[2011年更新。確率・数学。英単語・英語。語学・外国語。]

ブール:19世紀英国数学者。代数学で論理的推論を展開するブール代数を完成、記号論理学の基礎を築いた。[2011年。歴史。人物。1815〜1864。George Boole。IT(情報技術)。引用元。]

binary:2つの。2つから成る。[2011年更新。英単語・英語。語学・外国語。]

decimal:小数。小数の。10進法の。[2011年更新。英単語・英語。語学・外国語。]

間充織:多細胞動物の個体発生の各期にみられる、主に中胚葉から生じる組織。脊椎動物では結合組織・軟骨・血管・リンパ管などに分化。[2011年更新/読み方:かんじゅうしき/引用元/生物学]

homeo-:類似の。同種の。[2011年更新。英単語・英語。語学・外国語。]

異性体:分子式は同じであるが、原子の結合状態や立体配置が違うため、異なった性質を示す化合物。[2011年更新。引用元。化学・科学。]

嚢胚(のうはい):動物の発生で、胞胚(ほうはい)に次ぐ段階の胚。内外2層の胚葉ができ、原腸が形成。[2011年更新/原腸胚/生物学/バイオ]

胚葉:多細胞動物の発生過程で、嚢胚(のうはい)期以降に形成される細胞層。外胚葉・内胚葉・中胚葉。[読み方:はいよう/2011年更新/生物学/バイオ]

nodal:節の。こぶの。中心点の。結節点の。[発音記号:noudl。2011年更新。英単語・英語。語学・外国語。]

ゴルジ体:動植物の細胞の中に存在する、粒状あるいは網状の器官。細胞内の分泌物を合成したり排出物を一時的に蓄えたりする機能をもつといわれる。[2011年更新/ゴルジ装置/1899年ゴルジが発見/生物学/バイオ/引用元。]

deject:落胆(がっかり)する。[2011年更新。英単語・英語。語学・外国語。]

メンデル法則:エンドウ交配実験で発見。優劣法則、分離法則、独立法則。[2011年更新/生物学/バイオ/引用元。]

優劣法則:雑種第一代では優性形質が顕在し劣性形質が潜在。[2011年更新/メンデル法則/生物学/バイオ/引用元]

分離法則:雑種第二代では優性・劣性の形質をもつものの割合が3対1。[2011年更新/メンデル法則/生物学/バイオ/引用元。]

独立法則:異なる形質が二つ以上あってもそれぞれ独立に遺伝。[2011年更新/メンデル法則/生物学/バイオ/引用元]

ミオシン:筋肉筋原繊維構成主要たんぱく質の一。分子が糸状につながった形で存在。分子の一部が酵素として働きATP(アデノシン三燐酸)を分解し、そのとき得られるエネルギーでアクチンと互いに滑り込んで重なり、筋収縮を生じさせる。[2011年更新/生物学/バイオ/myosin/燐酸(りんさん)/引用元]

compatibility:矛盾のないこと。適合性。両立性。[2011年更新。英単語・英語。語学・外国語。]

リガンド:特定の受容体に特異的に結合する物質。[リガンド(ligand; ライガンド)。受容体(receptor; レセプター)。生物学(バイオ)・医学・薬学。2011年更新。引用元。]

regulate:を規制(規定・統制・調整・調節)する。[2011年更新。英単語・英語。語学・外国語。]

コルチコイド(コルチコステロイド):副腎で作られ分泌されるステロイドホルモンの総称。[2011年更新。生物学(バイオ)。医学・薬学。引用元。]

骨吸収:破骨細胞により、骨組織がカルシウム源として分解吸収されること。[2011年更新。bone resorption。生物学(バイオ)。医学・薬学。こつきゅうしゅう。引用元:weblio辞書。]

誘導体:主に有機化合物で、一つの化合物の分子構造の小部分が変化してできた化合物。基本構造はそのままで、一部が他の原子団と置き換わったもの。[2011年更新。有機化学。生物学(バイオ)。]

ホルモン:生体内の内分泌腺で生成され、血液中に分泌されて運ばれ、特定の器官にのみ作用する微量の化学物質。成分はたんぱく質・ポリペプチド・フェノール誘導体・ステロイドなど。[2011年更新。生物学(バイオ)。薬学・医学。(ドイツ)Hormon]

ステロイド剤:副腎皮質が分泌する糖質コルチコイドの合成類似薬。強い抗炎症作用を有する。[2011年更新。生物学(バイオ)。薬学・医学。steroid。副腎(ふくじん)。]

ステロイド:ステロールとその類似化合物の総称。炭素の六員環が三つと五員環が一つ結合した基本構造をもつ。動植物界に広く分布し、胆汁酸・性ホルモン・副腎皮質ホルモンなどがあり、特殊な生理作用や薬理作用を示す。[2011年更新。生物学(バイオ)。steroid。]

テストステロン:雄性ホルモンの一。精巣から分泌されるステロイドホルモンで、第二次性徴の発現を促す。[2011年更新。生物学(バイオ)。testosterone。]

第二次性徴:雌雄が示す身体的特徴のうち、生殖腺・生殖器を除く差異。[2011年更新。生物学(バイオ)。]

specific:明確な。特定の。特有の。[2011年更新。英単語・英語。語学・外国語。]

耳垢:湿型タンパク質(グリシン、機能あり)。乾型タンパク質(アルギニン、機能なし)。[2011年更新。生物学(バイオ)。]

synonym:同意語。同義語。類義語。[2011年更新。英単語・英語。語学・外国語。]

promote:を促進する。増進する。昇進させる。[2011年更新。英単語・英語。語学・外国語。]

トランスポゾン:一定の構造をもったまま染色体上を自由に転移するDNA単位。[2011年更新。DNA(デオキシリボ核酸)。transposon。生物学(バイオ)。]

cluster:房。かたまり。群れ。[房(ふさ)。2011年更新。英単語・英語。語学・外国語。]

mutation:変化。変形。盛衰。浮沈。突然変異。[2011年更新。英単語・英語。語学・外国語。生物学(バイオ)。]

ヌクレオソーム:核たんぱく質の構造体。染色体の基本構成単位で、8個のヒストンからなる芯にDNAが2回巻き付いたもの。[2011年更新。nucleosome。生物学(バイオ)。芯(しん)。]

contiguous:接触(隣接)している。切れ目のない。[2011年更新。英単語・英語。語学・外国語。]

極限(極限値):数列の項の番号を限りなく大きくするとき、または関数の変数の値をある値に近づけるか正・負の無限大にするときに、数列や関数値が限りなく近づく一定の値。[2011年更新。数学・数理]

群:抽象代数学で、集合Gの元a,b等、演算方法*に関し、a*bはGに属し、結合法則が成り立ち、単位元・逆元が存在する集合。[2011年更新。数学・数理]

環:数学で、任意の元の間に加法・乗法が定義され、加法に交換法則、乗法に結合法則、加法・乗法に分配法則が成り立つ集合。[2011年更新。数理。読み方:かん。]

正方行列:行の数と列の数が等しい行列。[2011年更新。数学・数理。せいほうぎょうれつ]

位相(トポロジー):解析学で、極限や連続の概念を定義できるように、抽象空間(集合)に与えられる適当な構造(部分集合)。[2011年更新。数学・数理]

数学で、二つの集合A、Bがあって、Aの各要素αにBの一つの要素βを対応させる規則fをAからBへの写像といい、f:α→βと書く。[2011年更新]

虚血:組織や臓器への動脈血の流入が減少あるいは途絶すること。[2011年更新。医学。きょけつ]

ベクトル空間(線形空間):任意の元x、yに和x+yが定義され、任意の元xと任意の実数αに積αxが定義され、この和と積に交換・結合・分配法則などが成立する集合。[2011年更新、数学・数理]

hyperbolic:誇張法による。おおげさな。双曲線の。[2011年更新。英単語・英語。語学・外国語。数学・数理]

正弦定理:三角形の頂点をα・β・γ、対する辺をa・b・cとするとき、a/sinα=b/sinβ=c/sinγ=2*外接円半径[2011年更新。正弦法則。数学・数理]

大円:球面を中心を通る平面で切ったときにできる切り口の円。[読み方:だいえん。2011年更新。数学・数理]

質量保存の法則(質量不変の法則):化学反応の前後で、物質質量の総和は変わらないという法則。[2011年更新、科学・理科]

質量保存の法則:the law of conservation of mass。[2011年更新、英単語・英語、語学・外国語、科学・理科・化学]

フレミング左手法則:人さし指・磁界、中指・電流、親指・電磁力。[2011年更新、理科・物理・科学]

フレミング右手法則:人さし指・磁界、親指・導線、中指・誘導電流。[2011年更新、理科・物理・科学]

モンテカルロ法:乱数を用いたシミュレーションを何度も行って、近似的な解を得る数値計算の手法。[2011年更新、Monte Carlo method、数学]

因数定理(剰余定理):多項式f(x)においてf(a)=0ならばf(x)はx−aを因数にもつ、という定理。[2011年更新、数学]

stigma:汚名。恥辱。不名誉。特質。印。徴候。[2011年更新、英単語・英語、語学・外国語]

関数f(x)を微分して得られる関数f′(x)を、もとの関数の導関数という。[2011年更新、どうかんすう、数学]

包絡線:曲線群のすべてに接し、接点の軌跡となる曲線[2011年更新、数学、ほうらくせん、envelope]

自然対数:底e。常用対数:底10。二進対数:底2[2011年更新、数学]

occurrence:出来事。発生。[2011年更新、英単語・英語、語学・外国語]

インスリン:膵臓のランゲルハンス島にあるβ細胞から分泌されるホルモン。ぶどう糖の筋肉内への取り込みを促進させ、血糖を減少させる。不足すると糖尿病になる。[2011年更新、insulin、インシュリン、膵臓(すいぞう)、ベータ細胞、生物学(バイオ)。医学、薬学]

ネフロン(腎単位):腎小体とそれに連なる細尿管を合わせたもの。腎臓の機能および構造上の単位。[2011年更新、nephron、生物学(バイオ)。]

origin:起源。生れ。[2011年更新、英単語・英語、語学・外国語]

ペプチド:2個以上のアミノ酸のペプチド結合(-CONH-)でできた化合物。アミノ酸の数が、2個ならジペプチド、3個ならトリペプチド、2〜10個程度ならオリゴペプチド、10〜100個と多数ならポリペプチド。[2011年更新、有機化学]

deployment:配置。展開。[2011年更新、英単語・英語、語学・外国語]

digit:指。アラビア数字。[2011年更新、英単語・英語、語学・外国語、IT(情報技術)]

体(たい):四則演算の自由にできる代数的構造を備えた集合。[2011年更新、field、Korper、corps、代数学、数学、引用元:wikipedia]

単位元(中立元):集合の演算で、集合のどんな要素に対してもa*e=e*a=aを満たす要素e。加法での0や乗法での1など。[2011年更新、数学、抽象代数学、中立元の引用元:wikipedia]

mutant:突然変異体。突然変異の。[2011年更新、英単語・英語。語学・外国語。生物学(バイオ)。]

自然数N。整数Z。有理数Q。実数R。複素数C。[2011年更新、数学]

自然数:natural number。実数:real number。複素数:complex number。[2011年更新、英単語・英語。語学・外国語]

solitary:ひとりだけの。孤独な。[2011年更新、英単語・英語。語学・外国語]

pulse:脈搏。脈打つ。[2011年更新、英単語・英語。語学・外国語]

ロジスティック式:個体群生態学で、個体群成長モデルとして考案された微分方程式。カオス理論の出発点の一つ。[2011年更新。引用:wikipedia]

attract:引く。引きつける。[2011年更新、英単語・英語。語学・外国語]

二項分布:結果が成功か失敗のいずれかであるn回の独立な試行を行ったときの成功数で表される離散確率分布。各試行の成功確率は一定(ベルヌーイ試行)。[2011年更新、数学、引用:wikipedia]

漸化式:数列の項の間に成り立つ関係式。[2011年更新、ぜんかしき、数学]

ジェロントロジー(老人学・加齢学):医学・生物学・心理学・社会学などの面から老年期における諸問題を総合的に研究する学問。[2011年更新、gerontology]

カルノーサイクル:カルノーの考えた、熱機関の熱効率が最大になる理想サイクル。蒸気などが、高温と低温の間を等温膨張・断熱膨張・等温圧縮・断熱圧縮の4行程で循環。[2011年更新、Carnot's cycle、物理、熱力学、科学]

熱力学の第一法則:物体に外部から加わった仕事と熱量の和は、内部エネルギーの増加に等しいという法則。熱と仕事は等価で、熱を含めてエネルギーは保存される。[2011年更新、物理]

熱力学の第二法則:熱は高温から低温に移動し、逆は起こらない。あるいは、孤立系エントロピーは不可逆変化で増大。[2011年更新、物理]

熱力学の第三法則:絶対零度ではどんな物質のエントロピーも零になる。[2011年更新、物理]

semi-:半。いくぶん。やや。2回。[2011年更新、英単語・英語。語学・外国語、接頭]

condense:濃くする。濃縮する。要約する。濃くなる。[2011年更新、英単語・英語。語学・外国語]

serendipity:掘出し物をみつける才能。掘出し上手。[2011年更新、英単語・英語。語学・外国語]

カルボニル基-CO-。カルボキシル基-CO-OH。[2011年更新、有機化学、化学式、カルボニル基の正式表記は「−C(=O)−」]

カルボニル化合物の例:アルデヒドR-CO-H。ケトンR-CO-R'。カルボン酸R-CO-OH。エステルR-CO-OR'。酸塩化物R-CO-Cl。[2011年更新、有機化学、化学式、カルボニル基の正式表記は「−C(=O)−」]

希土類(レアアース):周期表3族のスカンジウム・イットリウム・ランタノイド15元素の計17元素の総称。単体は一般に灰色or銀白色の金属で、化学的性質はよく似ている。[2011年更新]

官能基:有機化合物を、同族と特徴づける原子団。分子内の反応性に富む基をさすこともある。[2011年更新、有機化学、生物、医学、薬学]

ペプチド結合:アミノ基-NH2と、カルボキシル基-COOHから、水1分子が取れてできる-CONH-結合。[2011年更新、化学]

retro-:遡って。再びもとへ。後方へ。逆に。[2011年更新、英単語・英語。語学・外国語、接頭]

deficiency:不足。不足分。不足量。欠乏。欠陥。[2011年更新、英単語・英語。語学・外国語]

department:部門。部。課。[2011年更新、英単語・英語。語学・外国語]

高脂血症:血液中の総コレステロール、中性脂肪、LHDコレステロール(悪玉)の値が基準値より高く、HDLコレステロール(善玉)の値が基準値より低いなど、脂質の値に異常がある状態の総称。[2011年更新、医学]

isolation:孤立。分離。隔離。絶縁。単離。[2011年更新、英単語・英語。語学・外国語]

stimulate:刺激する。元気づける。[2011年更新、英単語・英語。語学・外国語]

substance:物質。実質。内容。要旨。[2011年更新、英単語・英語。語学・外国語]

sacrifice:いけにえ。犠牲。いけにえとしてささげる。[2011年更新、英単語・英語。語学・外国語]

不飽和結合(多重結合):原子間の二重結合および三重結合のこと。[2011年更新、有機化学]

不飽和脂肪酸:炭化水素基の中に不飽和結合をもつ脂肪酸。アクリル酸・オレイン酸・リノール酸・リノレン酸など。[2011年更新、有機化学]

炭化水素(ハイドロカーボン、HC):炭素・水素だけからなる有機化合物の総称。鎖状・環状で大別され、さらに鎖式はメタン系・エチレン系・アセチレン系、環式は脂環式・芳香族に分類。[2011年更新、有機化学]

シス(cis):こちら側、の意。化学で、化合物中の原子や原子団などが同じ側に位置すること。[2011年更新]

relief:除去。安堵。安堵感。救済。ほっとさせるもの。[2011年更新、英単語・英語。語学・外国語]

harsh:厳しい。不快な。ざらざらした。[2011年更新、英単語・英語。語学・外国語]

電子工学(エレクトロニクス):電子伝導、およびその現象を応用する装置・技術についての学問。[2011年更新、物理]

励起:量子力学で、原子や分子が外からエネルギーを与えられ、もとのエネルギーの低い安定した状態からエネルギーの高い状態へと移ること。[2011年更新、物理]

準位(エネルギー準位):量子力学用語で、あるエネルギーをもつ量子状態。[2011年更新、物理]

research:研究。調査。研究(調査)する。[2011年更新、英単語・英語。語学・外国語]

curiosity:好奇心。珍奇な物。骨董品。[2011年更新、英単語・英語。語学・外国語]

emergence:出現、脱出。[2011年更新、英単語・英語。語学・外国語]

1モル:12グラムの炭素12の原子数と等しい数の粒子orその物質量。6強×10^23個(アボガドロ数)。[2011年更新、物理、化学、科学]

trench:溝。堀。塹壕。溝(堀・塹壕)を掘る。[2011年更新、英単語・英語。語学・外国語。]

多様体:局所的にユークリッド空間とみなせる集合。[2011年更新、数学]

evacuation:避難。撤退。からにすること。排泄。排泄物。[2011年更新、英単語・英語。語学・外国語]

dimension:寸法。面積。次元。[2011年更新、英単語・英語。語学・外国語]

正多面体は、正4・6・8・12・20面体の5種類。正12面体は、5角面。[2011年、数学]

オイラーの多面体定理:凸多面体で、頂点数+面数-辺数=2。[2011年、数学]

intermission:休止。合間。中断。休憩。中休み。[2011年更新、英単語・英語。語学・外国語]

perception:知覚。理解。[2011年更新、英単語・英語。語学・外国語。]

正規分布(ガウス分布):数学で、統計資料をいくつかの階級に分けたとき、その平均値の度数を中心に、正負の値の度数が同程度に広がる分布。[2011年更新]

フェルマの最終定理(大定理):nが3以上の自然数のとき、X^n+Y^n=Z^nを満たす自然数X, Y, Zは存在しない。[2011年更新、数学]

2以外の素数が2乗数2つの和になる必要十分条件:4で割ると余りが1。[2011年更新、数学、フェルマー]

フェルマーの小定理:整数aが素数pの倍数でない場合、a^(p-1)%p=1。RSA暗号の基礎。[2011年更新/数学/IT/情報処理/暗号技術]

epoch:新時代。時代。記念すべき日時。[2011年更新、英単語・英語、語学・外国語]

exclusive:排他的な。独占的な。[2011年更新、英単語・英語、語学・外国語]

mutually:相互に。互いに。双方で。[2011年更新、英単語・英語、語学・外国語]

pigment:顔料。絵の具。色素。を着色(彩色)する。[2011年更新、英単語・英語、語学・外国語]

invite:招く。招待する。求める。勧める。[2011年更新、英単語・英語、語学・外国語]

clumsy:不器用な。不細工な。できの悪い。気のきかない。[2011年更新、英単語・英語、語学・外国語]

conversion:転換。改宗。[2011年更新、英単語・英語、語学・外国語]

葉緑体:光合成植物の細胞内の細胞小器官。一般に楕円形。二重膜に包まれ、葉緑素などの色素を含むグラナ(明反応)と、その間を埋めるストロマ(暗反応)から構成。独自DNAをもつ。[2011年更新、生物学]

agitation:動揺。興奮。不安。扇動。論議。[2011年更新、英単語・英語、語学・外国語]

核酸の塩基性成分:アデニン・グアニン、シトシン・チミン・ウラシル。[2010年更新/生物学/DNA/RNA]

核酸(nucleic acid):生物の細胞核中に多く含まれる、塩基・糖・燐酸からなる高分子物質。デオキシリボ核酸(DNA)とリボ核酸(RNA)に大別される。[2010年更新、燐酸(りんさん)、生物学]

プラスミド:細胞内にあり、核や染色体とは独立して存在する遺伝子。[2010年更新、生物学]

regard:みなす。見る。評価する。注意を払う。尊敬。配慮。[2010年更新、英単語・英語、語学・外国語]

addition:追加。足し算。追加分。[2010年更新、英単語・英語、語学・外国語]

disposable:処分できる。使い捨て用品。[2010年更新、英単語・英語、語学・外国語]

fragile:壊れ(割れ)やすい。もろい。はかない。[2010年更新、英単語・英語、語学・外国語]

settlement:入植地。解決。社会福祉事業団。[2010年更新、英単語・英語、語学・外国語]

advocacy:弁護。支持。擁護。[2010年更新、英単語・英語、語学・外国語]

contraction:短縮。収縮。不況。[2010年更新、英単語・英語、語学・外国語]

proton:陽子。neutron:中性子。electron:電子。[2010年更新、英単語・英語、語学・外国語]

ポリ:化学でポリマー(重合体)を示す接頭語。[2010年更新]

material:材料。物質の。物質上の。物質的な。[2010年更新、英単語・英語、語学・外国語]

matter:物質。事柄。事態。困難。内容。重要である。[2010年更新、英単語・英語、語学・外国語]

幾何学:図形や空間の性質を研究する数学の一部門。[2010年更新]

refined:精製された。上品な。[2010年更新、英単語・英語、語学・外国語]

resist:抵抗する。反抗する。我慢する。耐える。[2010年更新、英単語・英語、語学・外国語]

modify:修正する。緩和する。[2010年更新、英単語・英語、語学・外国語]

involuntary:無意識の。不本意の。気が進まない。[2010年更新、英単語・英語、語学・外国語]

conductance:電気伝導力。電気抵抗の逆数。[2010年更新、英単語・英語、語学・外国語]

周期表11〜20:「Na」「Mg」「Al」「Si」「P」「S」「Cl」「Ar」「K」「Ca」。[2010年更新、化学]

アルカリ金属:(水素除く)周期表1族。「Li」「Na」「K」「Rb」「Cs」「Fr」。[2010年更新、化学]

アルカリ土類金属:周期表2族。「Be」「Mg」「Ca」「Sr」「Ba」「Ra」。[2010年更新、化学]

ハロゲン(造塩元素):周期表17族(価電子数7)。非金属元素で、金属と塩を作る。「F」「Cl」「Br」「I」「At」[2010年更新、化学]

希ガス:周期表18族(価電子数0)。「He」「Ne」「Ar」「Kr」「Xe」「Rn」[2010年更新、化学]

distress:悩み。苦痛。難儀。悩ませる。[2010年更新、英単語・英語、語学・外国語]

farewell:さらば。別れ。[2010年更新、英単語・英語、語学・外国語]

stray:道に迷う。はぐれる。道に迷った。[2010年更新、英単語・英語、語学・外国語]

encapsulate:カプセルに包む。要約する。[2010年更新、英単語・英語、語学・外国語]

idiom:慣用語句。熟語。[2010年更新、英単語・英語、語学・外国語]

regular:いつもの。規則正しい。一定の。[2010年更新、英単語・英語、語学・外国語]

regulation:規制。調整。規則。[2010年更新、英単語・英語、語学・外国語]

distribute:分配する。散布する。分布する。[2010年更新、英単語・英語、語学・外国語]

peer:じっと見る。貴族。同等の人。同僚。仲間。[2010年更新、英単語・英語、語学・外国語]

appliance:器具。道具。設備。部品。[2010年更新、英単語・英語、語学・外国語]

application:申し込みをすること。申し込み。応用すること。[2010年更新、英単語・英語、語学・外国語]

melt:溶ける。次第になくなる。溶かす。[2010年更新、英単語・英語、語学・外国語]

alliance:同盟。協調。提携。類似。関連。[2010年更新、英単語・英語、外国語・語学]

dense:密集した。濃い。[2010年更新、英単語・英語、外国語・語学]

probe:調べるための用具。調査。調べる。探る。[2010年更新、英語・英単語、語学・外国語]

rhapsody:叙事詩。熱狂的文章。狂想曲。有頂天。夢中。[2010年更新、英語・英単語、語学・外国語]

proactive:積極的に促すような。[2010年更新、英語・英単語、語学・外国語]

ad hoc:特別の。特にそのための。その場限りの。[2010年更新、語学・外国語]

implicit:絶対的な。信じて疑わない。暗黙の。それとなしの。暗に含まれた。[2010年更新、英語・英単語、語学・外国語]

explicit:明白な。明確な。明示的な。公然の。ずばりの。[2010年更新、英語・英単語、語学・外国語]

ingress:進入。入場券。入場の自由。入口。入る手段。[2010年更新、英語・英単語、語学・外国語]

correspond:一致する。調和する。相当する。文通する。[2010年更新、英語・英単語、語学・外国語]

correspondence:一致すること。相当すること。文通。[2010年更新、英語・英単語、語学・外国語]

correspondent:文通する人。通信員。[2010年更新、英語・英単語、語学・外国語]

operation:作用。運転。実施。影響。作業。軍事行動。[2010年更新、英語・英単語、語学・外国語]

prefix:接頭辞。敬称。市内局番。[2010年更新、英単語・英語、外国語・語学]

クォークの種類:アップ、ダウン、チャーム、ストレンジ、トップ、ボトム。[2010年更新/素粒子物理学]

レプトンは、電荷レプトンとニュートリノ。負電荷レプトンは、電子・ミュー粒子・タウ粒子。ニュートリノ(中性レプトン)は、電子ニュートリノ、ミューニュートリノ、タウニュートリノ。[2010年更新/素粒子物理学]

architectural:建築術の。建築学の。建築上の。[2010年更新][英語・英単語]

ethical:道徳の。倫理的な。倫理学の。道義にかなう。医師の処方を要する。[2010年更新][英語・英単語]

tactics:用兵学。戦術。策略。かけひき。[2009年更新][英語・英単語]

筋ジストロフィー少年入学不許可事件:入学希望高校の全過程履修可能での、入学拒否は、学校長の裁量逸脱で処分違法。[2008年更新][憲法]

役員等の任務懈怠責任の責任免除:総株主の同意、株会による一部免除、取締役等による一部免除、責任限定契約。[2008年更新、会社法、株会:株主総会の略]

イスラム文化:イブン=シーナー・サーマン朝に仕えた哲学者・医学者。イブン=ルシュド・アリストテレス注釈。イブン=ハルドゥーン・世界史序説。イブン=バットゥータ・三大陸周遊記[歴史、中東、アジア]

大学:サレルノ・医学。パリ・神学。オクスフォード・神学。ボロニャ・法学[歴史]

明の文化:王守仁・陽明学の大成。羅貫中・三国史演義。呉承思・西遊記。李時珍・本草綱目。除光啓・農政全書。宋応星・天工開物[歴史、中国・東アジア]

憲法の私人間効力:背景は、社会的権力の発生・憲法的価値の重視・人権観念の再検討。学説は、無効力説・直接効力説・間接効力説・憲法観修正説

写真撮影が無令状で許される場合(京都府学連デモ事件):現に、犯罪が行われ、もしくは行われたのち間がないと認められる場合であって、しかも証拠保全の必要性および緊急性があり、かつその撮影が一般的に許容される限度をこえない相当な方法をもって行われるとき

14条1項後段の列挙事由の意味:人種は、人類学的な種類。信条は、宗教的信仰のほか、人生観、世界観、政治的意見。性別は、男女の別。社会的身分は、出生によって決定される社会的な地位ないし身分。門地は、家柄。政治・経済・社会的関係は、国民の政治・経済・社会生活関係

23条:学問の自由は、これを保障する

学問:真理の探究に向けられた論理的・体系的知識

学問の自由の内容:学問研究の自由。研究発表の自由。教授(教育)の自由

学問研究の自由:真理の探究を目的とする研究活動の自由

大学の自治:大学の学術研究の上の自主性。大学における学問、研究、教育の自由を保障するために、大学の運営については大学の自主的決定に任せ、外部勢力の干渉を排除しようとするもの

大学の自治の内容:学長・教授・研究者の人事の自治。施設管理の自治。学生管理の自治。研究教育作用を実現するための自治。予算管理の自治

大学内への警察の立入りが許される場合:大学側の要請(許諾ないし了解)がある場合。緊急やむを得ない場合。令状による場合

教育を受ける権利(26条1項):子供が国家に対して教育という積極的行為を求める権利。内容は、生存権説、公民権説、学習権説

学習権:子供が人間として自己の人格を発達させるための教育を要求する権利

教科書検定制度:国公立学校において教科書として使用・出版する書物について文部省が審査し、不適当と認められれば教科書としての資格を与えない制度。憲法上の問題点は、教育権の所在、検閲に該当するか、適正手続の保障に反しないか。教育権(教育内容決定権)の所在は、国家教育権説、国民教育権説、折衷説

社会学的意味の代表:議会は事実上民意を忠実に反映するものでなければならないという代表観

補助的権能説:国政調査権の本質につき、議院の各権能を有効かつ適切に行いうるための手段として、そのかぎりにおいて認められた補助的権能であるとする見解。理由は、政治的美称説、英米独仏の判例・学説

判例の先例拘束性(判例の法源性):ある個別事件において示された判決の論理が後の別の裁判の基準となって後の裁判を拘束するという法原則。根拠は、法の下の平等原則、罪刑法定主義、裁判を受ける権利。学説は、事実上の拘束力説、法上の拘束力説

必ずしも変更が必要とはいえないがなお正当と観念される場合(佐藤幸治):ある先例に従うかあるいは他の判例に示されているそれに対立する哲学に従うかを選択しなければならないとき。先例がその後の時代的要請に対応しなくなったとき。慎重な検討に基づき先例と違った解釈の妥当性を確信するに至ったとき

実効憲法の変遷(法社会学的意味の憲法変遷):歴史的変化による単なる事実状態。成文憲法規範と実際の憲法状態のずれを、ただ客観的事実として指摘するもの

憲法法源の変遷(法解釈学的意味の憲法変遷):憲法規範に真正面から反する解釈によって形成された憲法制度が一定の段階に達したとき、憲法規範を改正したのと同じ法的効果を生ずる、という現象

刑罰法規の解釈の方法:文理解釈(言葉の言語学的意味を明らかにすること)。論理解釈(命題の論理的意味を明らかにすること)。拡張解釈(日常用語的意味より広く解釈すること)

治療行為(大塚):治療の目的で、傷病者本人又はその保護者の承諾又は推定的承諾のもとに、医学上一般に承諾されている方法によって、人の身体を傷つける行為

治療行為(前田):医学上承認された方法により、人の身体を侵襲する行為

治療行為の違法阻却要件:医学上一般に認められた方法。被治療者の承諾。治療を目的

安楽死(オイタナジー)の違法阻却要件:病者が現代医学の知識と技術からみて不治の病に冒され、しかもその死が目前。病者の苦痛がはなはだしく、何人も真にこれを見るに忍びない程度。専ら病者の死苦の緩和の目的。病者の意識がなお明瞭であって意思を表明できる場合には、本人の真摯な嘱託又は承諾。医師の手によることを本則とし、これにより得ない場合には、医師により得ないと首肯するに足る特別の事情。その方法が倫理的にも妥当

違法性の意識に関する学説:違法性の意識不要説(判例・前田)。自然犯・法定犯区別説(牧野)。厳格故意説(小野・大塚)。制限故意説(団藤・藤木)。厳格責任説(福田・大谷)。制限責任説(平野)

不能犯理論における学説:主観説は、純主観説、抽象的危険説。客観説は、客観的危険説、具体的危険説、定型説

中止犯の法的性格に関する学説:政策+責任減少(団藤・前田)。政策+違法減少+責任減少(大塚)。政策+違法減少(平野・福田・大谷)。違法減少+責任減少(藤木)

実行従属性:従属性の有無。狭義の共犯成立の要件として、正犯が現実に実行行為をしたことが必要かという問題。学説は、共犯従属性説、共犯独立性説

共謀共同正犯に関する学説:共謀共同正犯否定説。包括的正犯説。共同意思主体説。間接正犯類似説。優越支配共同正犯説

検案書:死後はじめて死体に接した監察医や警察医などの医師が、死体について死亡の事実を医学的に確認した結果を記載した文書

偽証罪に関する学説:陳述後の宣誓は、肯定(判例・通説)、否定(大塚)。被告人の偽証教唆は、処罰(判例・通説)、不処罰(滝川・大谷)。

虚偽告訴等罪の保護法益:国家の審判作用(国家的法益)と私生活の平穏(個人的法益)。学説は、国家的法益+個人的法益(判例・通説)、国家的法益(団藤)、個人的法益+国家的法益(平野)

虚偽告訴等罪に関する学説:同意虚偽告訴は、処罰(判例・通説)、不処罰(平野)。虚偽の認識は、未必説(判例・藤木・平野・前田)、確定説(団藤・大塚・大谷)。結果の認識は、未必説(判例・通説)、意欲説(団藤・福田)。

訴訟物論争の意味:民訴法的意義・紛争解決の一回性。裁判法的意義・釈明権行使の範囲等。民法学的意義・請求権概念の再検討等

強制採尿令状:身体検査令状説、鑑定処分許可状説、身体検査令状・鑑定処分許可状併用説、条件付捜索差押令状説。条件(刑訴218条5項準用)は、医師をして医学的に相当と認められる方法により行わせなければならない旨[刑事訴訟法]

鑑定(刑訴165〜174条、規則128〜135条):特別の学識経験によってのみ知りうる法則の供述、または事実に、この法則をあてはめて得た結論(意見)の供述[刑事訴訟法]

民法の法源:民法典。民法典以外の特別法。慣習法。条理。判例。学説。私人の法律行為から生じた規範(とくに契約規範)

法人学説の実際的意義:法人の行為能力・不法行為能力。理事の占有者たる地位。権利能力なき社団の地位。101条の適用の有無

時効学説:実体法説と訴訟法説。実体法説は、不確定効果説と確定効果説。不確定効果説は、解除条件説(鳩山)と停止条件説(判例・通説)

取得時効と登記に関する学説:判例理論、登記時効中断説、登記不要説、勝訴判決確定標準説、折衷説。登記不要説は、占有尊重説、対抗問題限定説、起算点選択説

所有権移転時期に関する学説:契約成立時説は、売買の効力発生と同時に所有権は移転する。有償性原理説は、登記、引渡、代金支払のいずれかがなされた時に移転する。漸次的移転説は、所有権は漸次的に移転する

補充権(白地補充権):白地手形の白地を補充してこれを手形として完成させる形成権。学説は、主観説、客観説、折衷説

出版、印刷又は撮影に関する行為(商502条6号):出版は、文書・図画を複製して頒布する行為。印刷は、機械力または化学力による文書・図画の複製を引き受ける行為。撮影は、写真の撮影を引き受ける行為[商法]

疫学的因果関係論における因果関係推定要件:原因と考えられるものが結果に先行していること。原因と考えられる物質の排出の増減が被害の増減と一致していること。その原因を原因と考えても生物学的に矛盾なく説明できること

公認会計士の監査領域:法定監査は、証取法監査・商法特例法監査・労働組合法監査・私立学校振興助成法監査。任意監査は、抵当証券会社のF/S監査・東京工業品取引所商品取引員会社のF/S監査・投資育成会社の投資を受けている会社のF/S監査

経済学:稀少な財・資源を、競合する目的のために選択・配分する仕方を研究する学問

ミクロ経済学:混合経済における個々の経済主体の合理的な経済行動を理論的に明らかにする学問

賃金学説:賃金生存費説。賃金基金説。賃金勢力説。限界生産力説。労働再生産費説

くもの巣:供給量は前期の価格に対応する水準に決まり、今期の価格は今期の供給量がすべて需要される水準に決まるような市場での動学的経路。安定条件は、供給曲線の傾きの絶対値が需要曲線の傾きの絶対値より大きいこと

厚生経済学の第一基本定理:完全競争市場で実現される均衡はパレート最適である

厚生経済学の第二基本定理:どのようなパレート最適点も政府の適当な一括税と一括補助金とにより完全競争均衡として実現できる

外部経済:ある財を生産する際の私的な限界費用がその財の生産の結果生じる社会的に好ましい限界的な便益を反映していないため、社会的限界費用と乖離する場合[ミクロ経済学]

外部不経済:ある財を生産する際の私的な限界費用が、工場周辺の住民などに対して及ぼす被害など、市場の外部で生じる限界的費用を反映していないため、社会的 限界費用と乖離する場合[ミクロ経済学]

コースの定理:所得分配の問題を別にすると、外部不経済の発生者が被害者に貨幣を支払うことにしても、逆に被害者が発生者に貨幣を支払って外部不経済を減らして もらうことにしても同じであるというもの[ミクロ経済学]

危険に対する態度:危険愛好的。危険回避的。危険中立的[ミクロ経済学]

危険に対する態度と関数:危険愛好的は、所得からの効用が下に凸な関数で表わされる。危険回避的は、所得からの効用が上に凸な関数で表わされる。危険中立的は、所得からの効 用が、傾きが一定な関数で表わされる[ミクロ経済学]

リスク・プレミアム:危険を回避することができるなら支払ってもよいと思う保険料の上限[ミクロ経済学]

条件付き財:将来に起こる状況もふくめて定義した財[ミクロ経済学]

現物取引:契約から時間をおかずに、買い手が財の代金を支払い、売り手が財を引き渡すこと[ミクロ経済学]

先物取引:将来の一定期日に代金の支払いと財の受け渡しをする契約を現時点で決めてしまうこと[ミクロ経済学]

ヘッジ取引:現物を買って、同時に先物を売ること。現物市場と先物市場の両方で、同時に取引を行なってリスクを減らすこと[ミクロ経済学]

オプション取引:将来の一定時点で、契約した価格で買うあるいは売る権利(オプション)の売買[ミクロ経済学]

裁定取引:価格や利益率の違いを利用して、利鞘をかせぐ取引[ミクロ経済学]

逆選択:取引される財の品質についての情報が不完全なために、品質の劣る財がより多く出回り、品質のよい財の取引が阻害されること[ミクロ経済学]

シグナル:情報をもつ側が、自己の属性を表わすシグナルを送り、相手が逆選択をすることを防ぐこと[ミクロ経済学]

自己選択:逆選択を防ぐために、情報を所有しない側が、複数の契約条件を提示すると、相手が自己の属性を顕示するような選択を自主的に行なうこと[ミクロ経済学]

分離均衡:情報の非対象性の下で、自己選択を利用して、リスクの異なる人が異なる価格で契約する均衡[ミクロ経済学]

エージェンシー問題:依頼人(プリンシパル)と代理人(エ−ジェント)の間での契約に関する問題[ミクロ経済学]

依頼人(プリンシパル):代理人に仕事を頼む人[ミクロ経済学]

代理人(エージェント):依頼人に頼まれた仕事を契約に基づいて行なう人[ミクロ経済学]

モラル・ハザード(道徳的危険):契約の成立によって、一方が行動を変えて、他方が契約前に想定していた状況がもはや適合しないこと[ミクロ経済学]

インセンティブ・システム:代理人に動機付けを与えて、依頼人にとって望ましい働きをさせること[ミクロ経済学]

純粋戦略:一回限りでのゲームにおける戦略[ミクロ経済学]

支配戦略:相手の選ぶ戦略に限らず、自分にとって最適な戦略[ミクロ経済学]

混合戦略:確率pで一つの戦略を、確率1−pで他の戦略をとること[ミクロ経済学]

ナッシュ均衡:各経済主体が他の経済主体の特定の行動を予想し、その結果が正しいと仮定した上で自分の利益を最大化するような行動をとる結果予想の組と結果としての行動の組が一致した場合[ミクロ経済学]

標準型ゲーム(戦略型ゲーム):プレーヤーの行動の順序を捨象し、プレーヤー、戦略、利得で定義されるゲーム[ミクロ経済学]

逢引のジレンマ:男はサッカーを、女はコンサートを好むが、一人で行ったのでは面白くないという状況のゲーム[ミクロ経済学]

囚人のジレンマ:別々に収監された2人の囚人が犯罪の自白をすると罪を軽くすると脅かされた場合、2人とも自白して、パレート非効率的なナッシュ均衡に落ちつくという例[ミクロ経済学]

繰り返しゲーム:独立したゲームを何回か繰り返すことから成るゲーム。成分ゲームの繰り返し[ミクロ経済学]

ゼロ和ゲーム:ゲームに参加するプレーヤーの利得の和が常に0となるゲーム[ミクロ経済学]

展開型ゲーム:プレーヤー、行動の順序、戦略、利得で定義されるゲーム。ゲームの樹と利得によって表現されるゲーム[ミクロ経済学]

部分ゲーム完全均衡:展開型ゲームのどの部分ゲームをとっても、最適な戦略の組[ミクロ経済学]

参入阻止ゲーム:市場を独占する企業と新規参入企業で行なわれるゲーム[ミクロ経済学]

チェーンストア・パラドックス:参入阻止ゲームを有限回数繰り返しても、既存企業は、毎回新規企業の参入 を黙認することがナッシュ均衡となるという結果[ミクロ経済学]

スーパーゲーム:無限回の繰り返しゲーム[ミクロ経済学]

トリガー戦略:繰り返しゲームで、相手が裏切るならその次の回に裏切り、その後はずっと裏切り続け、もし相手が一度も裏切らなければ自分も裏切らないという戦略[ミクロ経済学]

しっぺ返し戦略:繰り返しゲームでの、前回の相手の行動をそのまま繰り返す戦略[ミクロ経済学]

閉鎖経済:貿易をせず、国内の生産物を消費する経済[ミクロ経済学]

開放経済:自国で生産し、貿易も行なう経済[ミクロ経済学]

小国:経済の規模が小さいので、世界市場でプライス・テイカーとして行動する国[ミクロ経済学]

大国:経済の規模が大きく、その国の貿易量が、交易条件に影響を与える国[ミクロ経済学]

交易条件:輸出財の価格の輸入財の価格に対する相対価格。交易条件線は、交易条件が与えられたとき収支が均衡する輸出量と輸入量の関係[ミクロ経済学]

比較生産費理論:リカード・モデルにおける財の単位生産費用の比率で比較優位を説明する理論[ミクロ経済学]

リカード・モデル:労働のみを生産要素とする固定係数型生産関数を用いて、貿易を説明するモデル[ミクロ経済学]

固定係数型生産関数(レオンチェフ生産関数):生産物一単位当たりに必要な各生産要素の量が一定値(固定投入係数)をとる生産関数[ミクロ経済学]

比較優位:ある財を他の人(あるいは国)よりも相対的に低い機会費用で生産できること[ミクロ経済学]

絶対優位:他の人よりも単位時間当たりの生産高が多い状態[ミクロ経済学]

特化:特定の財の生産に専従すること。完全特化と不完全特化[ミクロ経済学]

完全特化:一国が一つの財のみを生産する状況[ミクロ経済学]

貿易の利益:閉鎖経済から開放経済に移行することによる社会的厚生の増加分[ミクロ経済学]

リプチンスキーの定理:ある資源の総量が増加すると、その資源をより集約的に投入して生産する財の生産量が増加し、他の財の生産量が減少する[ミクロ経済学]

ストルパー=サミュエルソンの定理:財の価格の上昇は、その財の生産により集約的に投入される生産要素の相対価格を上昇させる[ミクロ経済学]

ヘクシャー=オリーンの定理:各国は、より豊富に存在する資源をより集約的に投入して生産する財に比較優位をもつ[ミクロ経済学]

レオンチェフの逆説:資本が豊富なアメリカにおいて、輸出品が労働集約的で輸入品が資本集約的であるというヘクシャー=オリーンの定理と矛盾する結果[ミクロ経済学]

窮乏化成長:経済成長によって、輸出品が増加し、交易条件が悪化する結果、社会的厚生が低下する場合[ミクロ経済学]

マーシャル=ラーナーの条件:各国の輸入財需要の価格弾力性の和が一より大きいという均衡の安定条件[ミクロ経済学]

保護主義が発動される原因・理由:幼稚産業保護。産業転換の調整コストの軽減。「戦略的貿易政策」の発想。政治的な決定過程からくる制約[ミクロ経済学]

幼稚産業保護の議論が成立するための条件:成熟した段階でかならず保護を撤廃できること。幼稚産業の育成によって将来得られる便益が、その育成のために払った費用を上回っていること。開発した技術の私的独占の弊害がないこと[ミクロ経済学]

関税:国境や国内のある地域を通過する商品に課せられる税金。種類は、一般関税、特殊関税。一般関税は、財政関税、保護関税。特殊関税は、相殺関税、ダンピング関税、緊急関税[ミクロ経済学]

特殊関税:相殺関税は、補助金・奨励金を相殺。ダンピング関税は、不当廉売効果を減殺。緊急関税は、その他[ミクロ経済学]

実行関税率:同一の輸入品目に対していくつかの種類の関税率が併存している場合、実際に適用されている関税率。税率の優先順位は、特恵税率、協定税率、暫定税率、基本税率[ミクロ経済学]

対称性定理:輸入税(輸入品に課せられる関税)と輸出税(輸出品に課せられる関税)の効果が同じであるというラーナーによる結果[ミクロ経済学]

動学的アプローチ:時間の概念を導入し、均衡へ進む過程を分析する方法[ミクロ経済学]

現在価格:将来の財の価格であっても、割引いて現在価値に直したときの価格[ミクロ経済学]

長期均衡:労働、資本、消費が同じ比率で留まり続ける動学経路。労働を一定とするときは、定常解ともよばれる[ミクロ経済学]

非線形動学:動学を生み出すモデルにおいて、関数が非線形であるがゆえに、線形関数の場合とは著しく異なる動学が得られることを研究する分野[ミクロ経済学]

カオス:動学のモデルの解が、いかなる点や周期解にも収束せず、発散もせず、一定の領域を、出たらめのように動き回る現象[ミクロ経済学]

インフレの原因:通貨膨張。コストの上昇。需要超過[ミクロ経済学]

インフレの主な種類:紙幣インフレ。信用インフレ。為替インフレ。輸入インフレ。賃金インフレ。コスト・インフレ。需要インフレ。財政インフレ。公債インフレ。ボトルネック・インフレ[ミクロ経済学]

ボトルネック・インフレ:生産要素の一部が不足する、つまり隘路ができることによって生産能力の増 加テンポが需要の増加速度に追いつかず、物価が上昇すること[ミクロ経済学]

インフレ対策:総需要抑制策。構造対策。ガイドポスト政策[ミクロ経済学]

ガイドポスト政策:過度な賃上げが物価を押し上げているときに、政府が適当な指針(ガイドポスト)を示し、企業経営者と労働組合の交渉を誘導する政策[ミクロ経済学]

資源:特異性は、有限性、偏在性。消費速度を増大させる要素は、生活水準の向上 人口増加、科学技術の発達

マクロ経済学:集計量としての経済変数間の関係を、理論的・実証的に明らかにする学問

社会会計:経済統計を活用して、経済主体間の経済循環を体系的に記述したもの[マクロ経済学]

国民経済計算:経済活動を解剖学的に整理した社会会計。基準は、SNA(国民経済計算体系)[マクロ経済学]

地下経済:国民経済計算に捕捉されない「地下」に埋もれたモノやサービスの取引[マクロ経済学]

産業連関表:一国の種々の産業の相互の連関および家計などの最終需要部門との連関を表にまとめたもの[マクロ経済学]

投入係数:各産業の生産物一単位を生産するのに中間投入として必要な、各産業の生産物の単位数[マクロ経済学]

生産物:一定期間の生産活動によってもたらされた財。最終生産物と中間生産物。産出額=中間投入額+付加価値額[マクロ経済学]

最終生産物:一定期間中に生産された財のうち、同じ期間中に他の生産物の生産のために用いられてしまわない財。消費財(欲求を充足させるために用いられる財)と、投資財(将来の生産活動のために用いられる財)[マクロ経済学]

中間生産物:一定期間中に生産された財のうち、同じ期間中に他の生産物のために用いられてしまう財[マクロ経済学]

フロー:一定期間中に計測された量[マクロ経済学]

ストック:ある瞬時に存在する量[マクロ経済学]

付加価値:一定期間中の生産活動を通じて新たに生み出された価値。粗付加価値総額=生産物販売総額−中間財購入総額[マクロ経済学]

生産国民所得:一国の居住者によって一定期間中に生産活動によって得られた価値の総計[マクロ経済学]

国民総生産(GNP):一国の国民が一定期間に新たに生産した粗付加価値総額。名目GNPと実質GNP。生産・分配面は、C+S+T。支出面は、C+I+G+EX-IM[マクロ経済学]

GNPデフレーター:実質GNPを推計するとき用いられる物価指数[マクロ経済学]

国内総生産(GDP):一国内で一定期間に新たに生産された粗付加価値総額。国民総生産−海外からの要素所得+海外への要素所得[マクロ経済学]

国民純生産(NNP):生産総額であるGNPから固定資本減耗(生産要素である資本)の価値の低下を控除した生産物の純価値。国民総生産−固定資本減耗[マクロ経済学]

分配国民所得:一国の居住者が一定期間中に生産要素を提供することによって受け取る報酬[マクロ経済学]

労働分配率(賃金分配率):国民所得に占める賃金・給与所得の割合[マクロ経済学]

国民所得(NI):GNP−固定資本減耗−間接税+補助金[マクロ経済学]

国民可処分所得:家計、企業、政府の処分可能な所得。C+S[マクロ経済学]

個人可処分所得:納税の義務や支払契約の義務を全うした後、手元に残る所得[マクロ経済学]

支出国民所得:一国の居住者が一定期間中に支出する総額[マクロ経済学]

国民総支出(GNE):GNPに向かう様々な支出の総計。消費+投資+政府支出+純輸出等[マクロ経済学]

三面等価の原則:国民所得統計においては、国民総生産を生産面、分配面(所得面)、支出面からみても同じ値になるという原則[マクロ経済学]

ISバランス:貯蓄・投資のバランス。貯蓄超過=財政赤字+経常黒字[マクロ経済学]

国民所得の決定:意図した支出額の合計が国民所得に丁度等しくなるような国民所得の水準を求めること[マクロ経済学]

有効需要の原理:需要の大きさに応じて供給量が調整され、経済全体の産出量の水準は事後的(結果的)に総需要の大きさに依存して決定されるという理論[マクロ経済学]

有効需要:所得を裏付けとした需要[マクロ経済学]

消費関数:消費支出と消費に影響を与えると思われる変数との関係[マクロ経済学]

単純な消費関数:家計の消費を家計の可処分所得または国民総生産の一次関数として示す関数[マクロ経済学]

限界消費性向:家計の可処分所得または国民総生産が一単位増加したとき消費が何単位増加するかを示す比率。単純な消費関数の傾き[マクロ経済学]

限界貯蓄性向:家計の可処分所得が一単位増加したとき貯蓄が何単位増加するかを示す比率。限界貯蓄性向=1−限界消費性向[マクロ経済学]

平均消費性向:家計の消費の可処分所得または国民総生産に対する比率[マクロ経済学]

独立支出:その大きさが国民所得の水準に依存しない支出[マクロ経済学]

均衡予算:政府支出=租税という等号関係[マクロ経済学]

均衡予算乗数の定理:予算を均衡させながら、歳出、歳入の規模を同時に変化させたときの乗数は1であるという定理[マクロ経済学]

デフレ・ギャップ:完全雇用国民総生産がそのときの計画された総需要を上回る場合の両者の差[マクロ経済学]

インフレ・ギャップ:完全雇用国民総生産がそのときの計画された総需要を下回る場合の両者の差[マクロ経済学]

恒常所得:一時的な所得以外の恒常的に得られる所得[マクロ経済学]

恒常所得仮説:消費は恒常所得に比例するというフリードマンが提起した仮説[マクロ経済学]

生涯所得仮説(ライフサイクル仮説):個人は生涯の消費を生涯の効用を最大化するように決めるというモジリアーニ等により提起された仮説。消費は短期的には労働所得と純資産の関数になり、長期的には労働所得に比例する[マクロ経済学]

総貯蓄:家計の貯蓄、政府純租税、および企業総貯蓄の和。国民総生産(国民所得)のうち家計の消費にあてられない部分[マクロ経済学]

国民経済全体の限界貯蓄性向:総貯蓄の増加分の国民総生産(国民所得)の増加分に対する割合。純租税と企業総貯蓄が一定の場合には家計の限界貯蓄性向と等しい[マクロ経済学]

投資:将来の生産活動のために生産要素を購入すること[マクロ経済学]

民間総投資:民間設備投資。民間住宅投資。在庫投資[マクロ経済学]

投資決定の理論:ケインズ・資本の限界効率対利子率。加速度原理・I=K2−K1=資本係数*(Y2−Y1)。ストック調整原理・調整コストを考慮し伸縮的加速子で加速度原理を修正。トービンのq・株価÷財の価格が1以上なら純投資[マクロ経済学]

民間設備投資の決定要因:将来の売り上げや収益の見通し。技術革新の利益とコスト。将来の賃金や地価の動向。予想実質金利[マクロ経済学]

資本の限界効率:将来の期待収益の割引現在価値を資本財の供給価格(更新費用)に等しくする割引率[マクロ経済学]

投資の限界効率:投資をするにあたって必要になる調整費用を考慮に入れた資本の限界効率[マクロ経済学]

加速度原理:投資は販売量(生産量)の増分に比例するという考え方。I=K2−K1=資本係数×(Y2−Y1)[マクロ経済学]

等費用曲線:一定の費用で利用できる種々の投入要素の組合せを示す曲線[マクロ経済学]

ストック調整原理:現時点での望ましい資本ストックと現存の資本ストックとの差が何期間かに分けて徐々に調整されるように投資が行なわれるという考え方。調整コストを考慮し伸縮的加速子(伸縮的アクセラレーター)で加速度原理を修正。I=伸縮的加速子×(K*−K)[マクロ経済学]

トービンのq:q=企業の市場価値÷現存資本を買い換える費用総額=株価÷財の価格。qが1以上なら純投資[マクロ経済学]

静態:産出量の水準に変化がなく、生産・交換・消費などがつねに同じ規模で循環している状態[マクロ経済学]

景気循環(ビジネス・サイクル):経済活動の上下振動、繰り返し運動。局面は、回復・拡張・後退・収縮。種類は、コンドラチェフ・クズネッツ・ジュグラー・キッチン[マクロ経済学]

景気循環の種類:コンドラチェフ・サイクルは、周期約50年の長期波動。クズネッツ・サイクルは、周期約17〜18年の建築投資循環。ジュグラー・サイクルは、周期約9〜10年の設備投資循環。キッチン・サイクルは、周期約40か月の在庫循環[マクロ経済学]

サムエルソンの乗数・加速度係数モデル:今期の消費は前期の国民総生産の限界消費性向倍で、投資は今期の消費と前期の消費の差の加速度係数倍に決まるとする場合、均衡国民総生産の動学的性質は2階の定差方程式で表現される。限界消費性向と加速度係数が比較的小さい場合、体系は収束振動をし、両者の値が比較的大きい場合、体系は発散振動する[マクロ経済学]

メッツラーの在庫循環モデル:乗数・加速度係数モデルを在庫投資に適用したもの[マクロ経済学]

リアル・ビジネス・サイクルの理論:景気循環はマネーサプライや物価水準などの名目的な変動によって引き起こされるのではなく、生産技術や財政政策などの実質変数の変動によって引き起こされるとする考え方[マクロ経済学]

戦後の景気循環:朝鮮戦争ブーム。投資・消費景気。神武景気。岩戸景気。オリンピック景気。いざなぎ景気。列島改造ブーム。第一次・第二次石油危機不況。円高不況。平成景気。平成不況[マクロ経済学、歴史・日本史]

単純な消費関数:投資は利子率が上昇すれば減少することを示す関数[マクロ経済学]

総独立支出関数:計画された総独立支出は利子率の減少関数であることを示す関数[マクロ経済学]

IS曲線:財市場を均衡させる利子率と実質国民総生産の組合せを示す曲線。水平は、投資の利子弾力性が無限大。垂直は、投資の利子弾力性0[マクロ経済学]

独立支出の増加によるIS曲線のシフト:政府支出や純輸出等の独立支出の増加はIS曲線をその増加の乗数倍だけ右方にシフトさせる[マクロ経済学]

貨幣:誰でもが受容する支払手段。機能は、蓄蔵手段、支払手段、価値尺度。保有動機は、取引動機、予備的動機、投機的動機[マクロ経済学]

商品形態=価値形態の展開図式(マルクス):単純な価値形態。全体的な、または展開された価値形態。一般的な価値形態。貨幣形態[マクロ経済学]

現金通貨の特徴:汎用性。支払い完了性。匿名性。現金取扱いのコストとリスク[マクロ経済学]

永久確定利付債権(コンソル):利息が元金に対して一定の割合で永続的に支払われる元金償還のない債権[マクロ経済学]

ワルラスの法則:「各市場の超過需要を合計すると、経済全体ではゼロになる」という法則[マクロ経済学]

取引動機:収入と支払いとの時間的ずれを埋め合わせるため[マクロ経済学]

予備的動機:将来予想される不時の支出に備えるため[マクロ経済学]

投機的動機:将来債券価格が下落したとき、債券を購入するため、あるいは、債券価格の下落による不利益を被らないため[マクロ経済学]

流動性選好:「流動性」(財が取引される際のスムーズさ)を提供する資産を保有しようとすること。自分の資産を、価値変動の大きい証券類ではなく、貨幣のまま手元に残しておこうとする心理性向[マクロ経済学]

流動性選好表:名目利子率と貨幣の資産需要の右下がりの関係を示したもの[マクロ経済学]

準備貨幣(ハイパワード・マネー、マネタリー・ベース):貨幣当局によって直接コントロールされる貨幣量。現金通貨と銀行準備の和[マクロ経済学]

マネーサプライ(通貨供給量):市中に流通している現金と預金の合計。M1は、流通通貨+預金通貨。M2は、M1+定期性預金(準通貨)。M2+CDは、M2+譲渡性預金。M3は、M2+郵便貯金・信託[マクロ経済学]

貨幣乗数:ハイパワード・マネーに対するマネーサプライの比率[マクロ経済学]

信用創造:市中銀行が中央銀行から与えられた銀行準備に対してその貨幣乗数(信用乗数)倍のマネーサプライを創造すること[マクロ経済学]

LM曲線:貨幣市場での貨幣の需要量と供給量とを均衡させるような利子率と実質国民総生産の組合せを示す曲線。水平(流動性の罠)は、貨幣需要の利子弾力性が無限大。垂直は貨幣需要の利子弾力性0[マクロ経済学]

IS・LMの同時均衡点:IS曲線とLM曲線の交点は財市場を均衡させ、かつ、貨幣市場を均衡させる利子率と実質国民総生産の組合せを示す[マクロ経済学]

総需要管理政策:財政・金融政策を通じて総需要を管理することによって、完全雇用を達成し、物価を安定させようとする政策[マクロ経済学]

財政政策:政府支出や税制を操作することによって経済状態や所得分配の状態を操作する政府の政策[マクロ経済学]

財政の機能:所得の再分配機能。資源分配機能。景気の調整機能。財政の積極的な活用[マクロ経済学]

財政収支:一定期間における一国の政府の歳入から歳出を差し引いた差額[マクロ経済学]

完全雇用財政余剰(赤字):税制や歳出構造が所与のときに、もし経済が完全雇用を達成するような活動水準にあったとしたならば実現するであろう財政余剰(赤字)[マクロ経済学]

フィスカル・ドラッグ:財政政策の適応が遅れることによってマクロ経済にブレーキがかかること[マクロ経済学]

財政政策の有効性:LM曲線の傾きが小さいとき政府支出を増加させても利子率の上昇幅は小さく、民間投資がクラウディング・アウトされる程度は小さい[マクロ経済学]

クラウディング・アウト:拡張的な財政政策が行なわれたときに、それが実質利子率の上昇を招き、民間投資が減少すること[マクロ経済学]

クラウディング・イン:緊縮的な財政政策(増税または歳出削減)が行なわれたときに、それが実質利子率の下落を招き、民間投資が増加する現象[マクロ経済学]

日本銀行:目的は、通貨の調節、金融の調整、信用制度の保持育成。業務は、発券、民間取引、政府取引[マクロ経済学]

金融政策:公定歩合やマネーサプライ等を操作することによって経済状態を操作するような通貨当局による政策[マクロ経済学]

金融政策の目的:物価水準の安定。適切な雇用水準の維持。適正な経済成長の維持。国際収支の均衡。為替レートの安定。信用秩序の維持。資産価格の安定[マクロ経済学]

金融政策の手段:窓口規制。法定準備率操作。公開市場操作。公定歩合操作。貸出政策。日銀特別融資。為替市場への介入[マクロ経済学]

窓口規制:日銀が市中銀行に対して貸出額を道徳的説得によって規制すること[マクロ経済学]

法定準備率操作:マネーサプライを変化させるために中央銀行が法定準備率を変更する政策のこと[マクロ経済学]

法定準備率:法令で定められた、市中銀行が用意しなければならない法定準備金の預金総額に対する割合[マクロ経済学]

法定準備金:民間の金融機関は受け入れた預金の一定割合を準備金として日本銀行に預け入れなければならない。その金額のこと[マクロ経済学]

後積み方式:市中銀行はある月の法定準備金をその月の16日から来月の15日までに日銀に積み立てればよいという方式[マクロ経済学]

BIS規制:先進諸国の国際業務を営む銀行を対象に自己資本と民間向け貸付総額の比率を8%以上にしなければならないとした国際決済銀行(BIS)の決めたルール[マクロ経済学]

公開市場操作:中央銀行が売りオペ、買いオペを通じてハイパワード・マネーをコントロールすること[マクロ経済学]

売りオペレーション(売りオペ):中央銀行が手形や債券を不特定多数の顧客に売ることにより、ハイパワード・マネーを吸収すること[マクロ経済学]

買いオペレーション(買いオペ):中央銀行が手形や債券を不特定多数の顧客から買うことにより、ハイパワード・マネーを増やすこと[マクロ経済学]

公定歩合:銀行が保有する商業手形のうちとくに信用度の高い適格手形を中央銀行が割り引くのに用いられる割引率[マクロ経済学]

金融政策の有効性:IS曲線の傾きの絶対値が小さいとき投資の利子弾力性は大きく、そのため貨幣供給量を増加させる金融政策の効果は大きい[マクロ経済学]

経済成長:経済活動が拡大すること[マクロ経済学]

有機的成長:経済発展が、樹木の成長のように、連続的に進行するとする考え方[マクロ経済学]

ヒステレシスの理論:経済の均衡値が過去に実現した均衡値に依存するという考え方[マクロ経済学]

ハロッド=ドーマー・モデル:Y=K/固定資本係数、I=?僵、S=sYから保証成長率=s/固定資本係数。結論は、不安定性原理[マクロ経済学]

保証成長率:投資の乗数倍の均衡国民総生産が望ましい資本産出係数を維持しつつ既存の資本ストックによって達成されている場合の成長率[マクロ経済学]

自然成長率:労働力の成長率と技術進歩による労働生産性の上昇率との和[マクロ経済学]

不安定性原理(ナイフ・エッジ理論):現実の成長率が保証成長率から乖離するとき、生産者が望ましい資本産出係数を維持するために投資を変動させる行動がさらに現実の成長率を保証成長率から遠ざけるようになること[マクロ経済学]

新古典派成長論:生産要素の需給不均衡が価格メカニズムによって調整されるという仮定のもとに、経済成長の諸要因を分析した経済成長論[マクロ経済学]

外生変数:理論モデルの体系の外側で決定される変数[マクロ経済学]

均衡資本労働比率:各時点を通じて一定で、かつ、財市場の均衡が達成されるような資本労働比率[マクロ経済学]

均衡資本労働比率の安定性:現実の資本労働比率が均衡資本労働比率から乖離する場合、投資が調整されて、均衡資本労働比率が回復されること[マクロ経済学]

蓄積の黄金律:新古典派成長モデルにおいて労働者一人当たりの消費を最大にするような貯蓄率[マクロ経済学]

内生的経済成長論:従来の狭義の資本ストックではなく、教育や研究体制などのインフラストラクチャー(公共資本)を含む広義の資本ストックの成長が経済成長をもたらすという経済成長の理論[マクロ経済学]

内生変数:理論モデルの体系の中で決定される変数[マクロ経済学]

AKモデル:資本を物理的な資本ストックの量だけでなく、さまざまな資本(人的資本、社会資本等)を含めたうえで、経済の産出量がそのような資本に比例するという仮定にもとづく経済成長モデル。内生的経済成長論の一種[マクロ経済学]

総供給関数(AS曲線):企業の利潤最大化行動から導かれる一般物価水準と実質国民総生産の関係を示す関数。実質国民総生産は一般物価水準の増加関数になる[マクロ経済学]

総需要関数(AD曲線):財市場と貨幣市場とを同時に均衡させる一般物価水準と実質国民総生産との組合せを示す曲線。実質国民総生産は一般物価水準の減少関数となる[マクロ経済学]

労働者錯覚モデル:労働者は名目賃金に関する情報はすばやく入手できるが一般物価水準についてはわからない。その結果、労働者側に相対価格と物価水準の変化に関して錯覚が起こることから短期の総供給曲線が右上がりであることを示すモデル[マクロ経済学]

古典派の第一公準:「実質賃金は労働の限界生産物に等しい」という古典派の命題[マクロ経済学]

古典派の第二公準:「労働の供給は人々の労働に対する限界不効用が実質賃金に等しいところで決定される」という古典派の命題[マクロ経済学]

自然失業率:ある制度的枠組みが与えられた場合にマーケット・メカニズムが決定する失業率の水準。摩擦的失業率と構造的失業率の和[マクロ経済学]

自然失業率仮説:長期においてはマクロ経済は自然失業率で規定される長期均衡に収束するとする仮説[マクロ経済学]

外国為替:国際間の決済を現金の送付によらず、外国通貨預金の名義の移動によって行なう方法[マクロ経済学]

外国為替市場:外国為替の取引市場。主にドル預金の所有名義の変更によって取引が行なわれる[マクロ経済学]

外国為替レート:ある国の通貨と他の国の通貨の交換比率。ドル価格を自国通貨建てで表示することが多い[マクロ経済学]

固定相場制度:外国為替のレートが通貨当局によって一定水準に固定されている制度。その代表例は第二次大戦後1971年まで継続したブレトン・ウッズ体制[マクロ経済学]

変動相場制度:外国為替レートが市場の需給に応じて変動する制度。1973年以降の主要国通貨間の体制[マクロ経済学]

クリーン・フロート(清潔な変動為替相場制):為替レートが完全に市場で決められるときの変動相場制[マクロ経済学]

ダーティ・フロート(汚れた変動為替相場制):通貨当局が為替レートに影響を与える目的で外国為替市場に介入することを許容した変動相場制[マクロ経済学]

近隣窮乏化政策:為替レートを切り下げることにより、輸出を増やし、相手国の経済に打撃を与える政策[マクロ経済学]

為替相場が動くメカニズム:購買力平価説。経常収支説。ファンダメンタルズ説。金利差説。心理説[マクロ経済学]

購買力平価説:各国の物価水準で測られる相対的な購買力に基づいて均衡為替レートが決まるとする説[マクロ経済学]

ポートフォリオ・アプローチ:経常黒字(フロー)が累積し、対外純資産(ストック)が一定の額に達すると、資産市場のストック均衡を徐々に変化させ、リスク・プレミアムを通じて為替レートは円高に振れるという考え方[マクロ経済学]

国際収支:ある国の居住者と外国の居住者の間のすべての経済取引を体系的に記録したもの。内容は、経常収支、資本収支、公的決済収支。BP=NX(e,y)+CF(r)[マクロ経済学]

国際収支発展段階説:未成熟の債務国。成熟した債務国。債務返済国。未成熟の債権国。成熟した債権国。債権取り崩し国[マクロ経済学]

経常収支:貿易収支に貿易外収支、移転収支を加えたもの。一定期間における国内の生産分のうち、国内の支出で吸収(アブソープション)できなかった分。過剰貯蓄[マクロ経済学]

貿易収支:一定期間内の財の輸出額、輸入額の差を示すもの[マクロ経済学]

基礎的収支:経常収支に長期資本収支を加えたもの[マクロ経済学]

国際収支均衡線(BP曲線):国際収支を均衡させる(BP=0となる)利子率と実質国民総生産の組合せを示す曲線。通常右上がり・資本移動完全なら水平・資本移動0(BP=NX)なら垂直。曲線の上はBP+・曲線の下はBP−。円安BP・IS右へシフト、円高BP・IS左へシフト[マクロ経済学]

固定相場制の下での財政・金融政策:財政政策は有効で、金融政策は無効。拡張的な財政政策は利子率の上昇、資本流入、国内通貨供給量の増加を通じて、実質国民総生産を増加させる[マクロ経済学]

変動相場制の下での財政・金融政策:資本移動が完全な場合、小国では財政政策は無効で、金融政策は有効。拡張的金融政策は利子率低下、資本流出、当該国の為替レートの低下、純輸出等の増加を通じて、実質国民総生産を増加させる[マクロ経済学]

為替レートのオーバーシューティング:為替レートはきわめて迅速に調整されるのに価格の調整速度はそれに比べればはるかに遅いので、不均衡発生時に為替レートが過剰に調整する現象[マクロ経済学]

Jカーブ効果:経常収支の不均衡を是正するための為替レートの変化が当初はむしろ逆に不均衡を拡大させる動きを示す現象[マクロ経済学]

古典派:セイの法則にもとづき、完全雇用を前提として経済理論を構築した学派[マクロ経済学]

セイの法則:価格メカニズムの働きにより、「供給はそれに等しい需要をつくり出す」という命題[マクロ経済学]

価格調整:財の価格が変化することによって需要と供給の不均衡が調整されること[マクロ経済学]

貨幣ヴェール観:「貨幣は実体経済に影響力をもたない」とする古典派の考え方[マクロ経済学]

スミスのいうホモ・エコノミクス:正義(法)をみとめ、特殊なコネに頼らず、等価交換の原理を身につけた倫理的個人[マクロ経済学]

穀物法論争:マルサスの主張は穀物価格の低下、国内農業の衰退、工業品需要の低下。リカードの主張は穀物価格の低下、賃金の低下、利潤の増大、蓄積と雇用の増大、賃金の上昇[マクロ経済学]

経済学の分類(純粋経済学要論):純粋経済学(理論)。応用経済学(政策)。社会経済学(道徳)

発展しつつある社会における価格変動法則(純粋経済学要論):発展しつつある社会では、労働の価値すなわち実質賃金は著しく変化せず、土地用役の価格すなわち地代は著しく高騰し、利子率はかなり目立って下落する[マクロ経済学]

基本要素:人間の非論理的行動を決定する有力な要素。本能、感動、感情[マクロ経済学]

パレートの基本要素:組合せ(あるいは結合)への本能。グループを持続させる本能。強い感動を外部的な行動で表わすという傾向。社交性という基本要素。個人とその付属物の保全に関する基本要素。性(セックス)という基本要素[マクロ経済学]

4つの時間区分(マーシャル):一時的は、供給がそのとき手元にある商品ストックに限定されている段階。短期は、生産設備一定の下での供給調整が行なわれる段階。長期は、生産設備の調整を含む段階。超長期は、一連の経過が進行していった結果、産業構造や技術水準、さらには人口等の一切の与件構造に変化が及ぶ段階[マクロ経済学]

内部経済:個々の企業の努力によって達成可能な費用改善効果[マクロ経済学]

外部効果:市場規模の成長そのものが、直接・間接的に及ぼす費用逓減効果[マクロ経済学]

新古典派総合:財政政策、金融政策を適度に組み合わせることによって完全雇用を達成すれば、それ以後は自由な市場価格の調整機構を通じて最適な資源配分が達成できるという考え方[マクロ経済学]

新しい古典派マクロ経済学:1970年代頃から出てきた従来の古典派学説をより精緻化した学説。価格の伸縮性を認め、ケインズ型総需要管理政策は無効であると批判した。連続的市場均衡が前提[マクロ経済学]

マネタリスト:マーケット・メカニズムが完全雇用を実現し、マネーサプライは物価を決定する役割をになうとする学派[マクロ経済学]

新貨幣数量説:公債発行が富効果を通じて消費や支出に影響を与えると同時に、貨幣需要にも影響を与えるため、GNPに長期的な影響を与えるとするミルトン・フリードマンの理論[マクロ経済学]

公債の富効果:公債が発行され累積されていくと、あたかも富が蓄積されていくかのように国民が錯覚し、消費や投資を増やす結果、経済が影響を受けること[マクロ経済学]

実質残高効果(ピグー効果):人々の保有する貨幣残高が大きくなればなるほど総需要も大きくなる現象[マクロ経済学]

資産効果:家計が保有する資産の値段が上昇しているとき人々が豊かになったと考えて消費や投資を増やす結果、マクロ経済が刺激される現象[マクロ経済学]

逆資産効果:家計が保有する資産の価格が下落したとき、消費者や企業が貧しくなったと考えて消費や投資を減らす効果[マクロ経済学]

静学的期待:ある変数についての期待は一期前に実現した値に等しいとする期待形成の仕方[マクロ経済学]

適応的期待:ある変数に関して、過去何年間かの傾向を踏まえて期待形成を行なうこと[マクロ経済学]

合理的期待:入手可能な情報をすべて利用して予想をたてるような期待形成の仕方[マクロ経済学]

新リカード主義:合理的期待を仮定すると、政府が今日公債を発行しても消費者はそれが将来の増税を意味することを合理的に予測するので、ケインズ的赤字財政政策が短期的にも有効でないとする学説[マクロ経済学]

サプライサイド経済学:マクロ経済のパフォーマンスをよくするには、需要側よりも供給側を重視すべきだとする経済理論[マクロ経済学]

ケインジアン:賃金や価格の硬直性を仮定し、均衡への調整が数量調整を中心に行なわれるとみなす学派[マクロ経済学、ケインズ]

数量調整:需給の不一致が、生産数量の変化によって是正されること[マクロ経済学]

ニュー・ケインジアン:ケインジアンが所与とした価格の硬直性を合理的に説明し、その結果生じるさまざまな不均衡を総需要管理政策によって解決しようとする学派[マクロ経済学、ケインズ]

アザリアディスの労働契約理論:景気変動にかかわらず、賃金が固定されるような労働契約が労使双方にとって合理的だとする学説[マクロ経済学]

インゼクセーション:インフレーションの程度に応じて購買力が低下しないように事後的に賃金などを調整すること[マクロ経済学]

効率賃金仮説:マーケットをクリアする賃金よりも意識的に高い実質賃金をすでに雇用している労働者に支払うことによって、労働者の生産性が上がり、かえって企業の利潤も多くなるという考え方[マクロ経済学]

ギフト交換モデル:経営者が他所よりも高い所得を保証してくれるならば、自分も人よりよけいに働いて経営者の好意に報いるという考え方にもとづく賃金決定モデル[マクロ経済学]

怠業モデル:高賃金が労働者のやる気を刺激し、生産性が上がるため、生産性の上昇分が高い賃金コストを上回って、企業の利益を増大させるという仮説にもとづく賃金決定モデル[マクロ経済学]

努力曲線:実質賃金が変化するにつれて、人々の労働意欲(あるいは努力)の程度がどう変化するかを示すS字型の曲線[マクロ経済学]

メニュー・コスト理論:いったん付けた価格を変えるにはコストがかかるため、企業にとって価格を固定するほうが合理的だとする考えにもとづいて、価格の硬直性を示す理論[マクロ経済学]

総需要外部性:需要が不足する状態のもとで、いくつかの企業が値下げを行ない、そのことにより総需要が拡大されると、メニュー・コストを負担しなかった企業の製品も売れるようになるため、メニュー・コストを負担した企業よりも得をするという現象[マクロ経済学]

埋没費用:その事業を継続しない限り回収できない費用[マクロ経済学]

シュンペーターの主著:経済発展の理論。経済学説と方法。景気循環論。資本主義・社会主義・民主主義。経済分析の歴史[マクロ経済学]

新結合(イノベーション):生産的諸力の結合(生産過程)の変更。新しい生産技術やマーケティングの導入、新しい資源調達先の発見、生産組織の改善などによって、革新的な経営者がリスクをとって新しい事業に挑戦し経済社会に新しいうねりをひき起こすこと[マクロ経済学]

新結合:新しい財貨、あるいは新しい品質の財貨の生産。新しい生産方法の導入。新しい販路の開拓。原料あるいは半製品の新しい供給源の獲得。新しい組織の実現[マクロ経済学]

企業者を動機づけるもの:「私的帝国」を建設しようとする夢想と意志。勝利者意志。創造の喜び[マクロ経済学]

アローの一般可能性定理:選択の対象となる社会状態が3つ以上存在し、個人の選好順序が選好順序の完全性と選好順序の推移性を満たすとすれば、広範性の要求、パレート原理、無関係な選択対象からの独立性、非独裁制の要求を満たす社会的選択関数は存在しない[マクロ経済学]

社会的選択:組織の個々の構成員の判断を集計し、社会としての判断を下すこと[マクロ経済学]

人的資本:生産活動に有用な、人間に体化された技術や知識のストック[マクロ経済学]

訓練:一般訓練は、その訓練の成果が他企業でもそのまま役立つもの。特殊訓練は、その企業のみに通用する訓練[マクロ経済学]

マクロ均衡:財市場と貨幣市場とを同時に均衡させる一般物価水準と実質国民総生産の組合せのうち、企業の利潤最大化行動を満たす組合せ。AS曲線とAD曲線との交点の座標により与えられる[マクロ経済学]

インフレ供給曲線:総供給とインフレ率の間に存在する右上がりの曲線[マクロ経済学]

インフレ需要曲線:総需要とインフレ率の間に存在する右下がりの関係[マクロ経済学]

フィリップス曲線:賃金の変化率と失業率の間の負のトレード・オフ関係。長期的には自然失業率で垂直になる。[マクロ経済学]

オークンの法則:財市場でものがよく売れるときには労働市場の需給も逼迫しており、逆に財市場で不景気なときには労働需給も緩み、失業率が高くなるという法則[マクロ経済学]

労働取引が内部化される基本的理由(ドリンジャー、ピオーリ):技能の特殊性。OJT。労働慣行[マクロ経済学]

ドイツ経営学(経営経済学)の特徴:企業や経営の経済的側面の分析が中心。会計学的研究の包摂。方法論的自覚の強さ

経営経済学の分類:技術論的・応用科学的経営経済学。規範的経営経済学。純粋理論的経営経済学

アメリカ経営学の特徴:対象の多様性。実践的性格。アプローチの多様性

選択原理:ある科学にとって固有の研究対象を選択する場合の基準になる原理であり、ドイツ経営経済学の代表的選択原理は、収益性と経済性

オイゲン・シュマーレンバッハの代表的著作:技術論としての私経済学。動的貸借対照表論の基礎。原価計算と価格政策。コンテンラーメン。回想の自由経済

ハインリッヒ・ニックリッシュの代表的著作:第一期、「商業および工業の私経済学としての一般商事経営学」「向上への道!組織」。第二期、「経済的経営論」。第三期、「経営経済」

フリッツ・シュミットの代表的著作:「経済の枠内における有機的貸借対照表」「原価計算と国民経済における取引日の再調達価格」[経営学]

機械論:部分の単純な総和として全体をとらえる見方[経営学]

有機体論:全体は部分の単なる機械的な集合ではなく、諸部分・全体・環境との間の相互作用を通じて調和的に存続・成長する統一体であるとみなす考え方[経営学]

エールリッヒ・グーテンベルクの代表的著作:「経営経済学原理・第1巻 生産論」「第2巻 販売論」「第3巻 財務論」[経営学]

科学的管理法:テイラ−によって提唱された20世紀初頭の管理論。特徴は、構想と実行の分離、実行作業の細分化と単純化、ヒエラルキー組織、出来高賃金[経営学]

課業管理:大きな1日の課業、標準的諸条件、成功に対する高い報酬、失敗した場合の 損失負担、また会社組織が十分に発達した段階では、課業は一流の労働者にしてはじめて達成できる程度に困難なものでなければならない、という原則 に基づいて行なわれる管理[経営学]

職長の種類(機能的職長制度):順序および手順係。指図票係。時間および原価係。工場訓練係。着手係。速度係。検査係。修繕係[経営学]

科学的管理法に対する批判:課業の設定が一流の労働者を基礎にしていることから、それは多くの労働者にとって事実上の賃金切り下げや労働強化につながる。労働者を機械視し、単に与えられた命令を実行するだけの受動的な存在として扱っている。労働組合の必要性を否定している[経営学]

精神革命の内容(科学的管理の諸原則):伝習をやめ科学をめざす。闘争をやめ協調をめざす。個人主義をやめ協働をめざす。生産制限をやめ最大生産をめざす。各人を啓発して最大の能率と繁栄をもたらす[経営学]

企業経営を行なうために必要な本質的職能:技術。営業。財務。保全。会計。管理[経営学]

管理職能の要素:予測。組織。命令。調整。統制[経営学]

予測:将来のことを探求し、活動計画を作成すること[経営学]

組織:経営の物的および社会的な二元的構造を形成すること。目的にそって仕事を区分し、調整して、公式の機構を確立すること[経営学]

命令:人員を機能させること[経営学]

調整:すべての活動や努力を結集し、統一化し、調和させること。仕事の各部を関連づけること[経営学]

統制:すべての事項が、定められた規準や命令に従って行なわれるように監視すること[経営学]

管理原則:分業。権限・責任。規律。命令の一元性。指揮の一元性。一般的利益に対する個人的利益の従属。従業員の報酬。集中。階層組織。秩序。公正。従業員の地位の安定。創意。従業員の団結[経営学]

ホーソン実験:インフォ−マル組織の重要性を発見した実験。科学的管理法に代わる人間関係論の契機。内容は、照明実験、継電気組立実験、面接計画、バンク配線作業観察[経営学]

人間関係論の問題点:人間行動における非論理的・感情的側面を一面的に強調。社会経済的基盤を無視。方法論的厳密さに欠ける[経営学]

組織:2人以上の人々の、意識的に調整された活動や諸力のシステム[経営学]

協働システム:バ−ナ−ドによる組織の定義。共通目的、協働意欲、コミュニケ−ションによって構成[経営学]

チェスター・バーナードの理論の展開順序:人間(個人)の考察。協働体系の理論。公式組織の理論。管理の理論[経営学]

権限の源泉:権限法定説。権限受容説。権限職能説[経営学]

受容の条件:個人に理解でき、組織目的と矛盾せず、個人の利益と両立し、実行可能である[経営学]

組織における意思決定:実体的計画。手続的計画。執行的計画[経営学]

組織影響力の行使:専門化。標準的手続き。権限と影響力のシステム。コミュニケーション経路。教育・訓練[経営学]

精神分析:精神の深層すなわち無意識に関係のある行動についての観察と分析。心の構造は、意識・前意識・無意識または自我・超自我・エス。自我の防衛機制は、抑圧、否認、分離、反動形成、取り消し、同一化、投射、退行、昇華[経営学]

マズローの欲求階層説:生理的欲求。安全や安定への欲求。愛情や帰属への欲求。承認への欲求。自己実現の欲求[経営学、心理学]

生理的欲求:衣食住など、生命を維持するための欲求[経営学]

安全や安定への欲求:危険を避け、自己保存や安心を確保する欲求[経営学]

愛情や帰属への欲求:相互の信頼に基づく健全な人間関係を求める社会的欲求[経営学]

承認への欲求:自尊心や他人から尊敬されたいという自我の欲求[経営学]

自己実現の欲求:自分の可能性・潜在能力を実現したいという欲求[経営学]

X理論:人間は生来働くのが嫌いで、責任を回避したがり、命令されるのを好み、安全を好むなどの人間観に基づいて、命令・処罰・解雇や昇進・昇給などのアメとムチの管理によって従業員を働かせようとする伝統的理論[経営学]

Y理論:適切な条件さえ与えれば人間は進んで責任を引き受け、仕事のために献身するという人間観に基づいて、従業員の社会的欲求、自我の欲求、自己実現の欲求に訴えて動機づけようとする理論[経営学]

動機づけ・衛生理論(職務満足の二要素説):衛生要因(環境要因)は、欠如すれば不満足が生ずるが、整備されたからと いって満足が生じるわけではなく、動機づけ要因(成長要因)は、満たされれば満足が生じるが、満たされなくても衛生要因が整備されていれば不満は生じないとする理論[経営学]

従業員を真に動機づけるための実践的方策(ハーズバーグ):動機づけ要因に志向させるために、従業員や管理者を教育する。職務拡大や職務充実を行なう。従業員の技能の陳腐化や意欲の低下、会社の施策・慣行上の欠陥などに対する対策・治療活動を行なう[経営学]

職務拡大:作業の種類を増やすことによって水平的に職務内容を広げること[経営学]

職務充実(拡充):計画や統制的な機能も含めた権限を与えて垂直的に職務の内容を広げること[経営学]

期待理論:動機づけを欲求充足の観点から説明するのでなく、努力によって達成できるであろう結果ないし報酬に関する成員の期待と、その報酬がもつ主観的価値 (誘意性)の積として説明するもの[経営学]

管理方式(レンシス・リッカート):システム1(独善的専制型)。システム2(温情的専制型)。システム3(相談型)。システム4(集団参加型)[経営学]

システム4(集団参加型)の基本的原理:支持的関係の原則。集団的な意思決定や管理。高い業績目標[経営学]

リッカート理論の特徴:膨大な調査。時間的要因の重要性を認識し、時系列的モデルを用いている。管理方式の体系的な類型化[経営学]

コンティンジェンシー理論:あらゆる組織にあてはまるマネジメントのワン・ベスト・ウェイは存在しない[経営学]

リーダーシップのコンティンジェンシー理論(フィードラー):集団成員がリーダーを信頼し、仕事がよく定義され、リーダーの職位に基づくパワーが強力であるという点で非常に好意的な状況と、反対に、非常に好意的でない場合には「仕事中心・指示的」なリーダーが有効であるが、状況の好意性が中程度の場合には「人間関係中心・非指示的」なリーダーが有効[経営学]

企業:資本主義経済体制に特徴的な営利的な商品生産の組織体。人、物、カネ、情報などの経営資源を結合して製品やサービスを生産・販売して利潤の獲得を目指す事業体[経営学]

企業形態:私企業は、個人企業、共同企業。公企業は、公団、営団、公庫、事業団、金庫。公私混合企業は、基金、研究所、センター、特殊法人[経営学]

企業結合の諸形態:カルテル。トラスト。コンツェルン。コンビナート。コングロマリット。ジョイントベンチャー。企業集団。企業系列。企業ネットワーク[経営学]

カルテル:同一ないし類似の事業を営む企業同士が、競争を制限・排除し、市場を統制 する目的で、相互に独立性を保持しながら生産・販売などに関する協約によって水平的に結合する企業連合形態[経営学]

制限カルテル:条件カルテル(販売条件)。価格カルテル(販売価格)。供給制限カルテル(生産量・販売量)。地域カルテル(販路)[経営学]

割当カルテル:利潤分配カルテル。注文分配カルテル。供給分配カルテル[経営学]

共販カルテル(シンジケート):共同販売機関をもつ高度の販売カルテル[経営学]

特殊カルテル:計算カルテル。特許権利用カルテル。国際カルテル[経営学]

独禁法で例外的に認められたカルテル:合理化カルテル。不況カルテル[経営学、独占禁止法]

トラスト:市場統制を直接の目的として、通常は同業種の企業同士が、合併や連携によって各企業の法律上の独立性を放棄して完全に結合する企業合同形態。連携型(コンツェルン型)と合併型(フュージョン型)[経営学]

連携型(コンツェルン型):加盟各社の議決権株を信託された受託者団が全社を統一的に支配[経営学]

コンツェルン:同種ないし異種産業部門の企業が、強大な資本家集団を中心にして、資本参加、重役派遣、資本交換など金融的・人的関係を通じて、法律的には個別企業としての独立性を保持しながらも、実質的・経営的には直接・間接にその傘下に統合されるような企業連携による多角的経営[経営学]

コンツェルンの種類:産業コンツェルンは、生産や販売の合理化を狙いとする。金融コンツェルンは、貸付・出資の保全・活用などを狙いとする[経営学]

コンビナート:技術的な有機的結合を基礎にして、おもに資本と技術の結合による利点を活用するために、各企業が独立性を維持しながら垂直的・多角的に結合している企業集団[経営学]

コングロマリット:まったく関係のない異業種企業が、合併や買収によって多角的に結合した複合企業[経営学]

ジョイントベンチャー:複数の企業が資本・技術・人材などを持ち寄り、共同して営む合弁事業・共同事業体[経営学]

企業集団:大銀行・大商社を中核として、円環状の株式相互保有、役員派遣、系列融資などを通じて、相互支配の関係のもとで通常の取引関係以上の緊密な結びつきを持つ企業の集団[経営学]

6大企業集団:三井(二木会)。三菱(金曜会)。住友(白水会)。芙蓉(芙蓉会)。三和(三水会)。第一勧銀(三金会)[経営学]

企業系列:有力な大企業が親会社として、株式所有、役員派遣、技術・経営指導などを通じて子会社、関係会社、下請け会社などを支配・管理するもの。融資系列 ・株式持ち合い系列、下請け系列、流通系列[経営学]

企業系列の狙い:中小企業における低賃金の利用。長期継続取引における取引コストの節約・高品質の確保。外部化によるリスク分散・組織肥大化の回避。販路の確保[経営学]

企業ネットワーク:中核となる大企業がなく、フォーマルな資本的・人的結合もない企業同士のおだやかな結びつき[経営学]

公企業:国や地方公共団体が資本の全部ないし一部を所有する公的所有の企業であり、各種の公的規制を受けるが、経営上一定の自立性を持ち事業を営む企業。種類は、現業・公共法人・公私混合企業[経営学]

現業:国や地方公共団体の部局に属し、部局の長が、立法府や行政府からの規制のもとで経営する政府・地方自治体の直営組織。4現業は、郵政、国有林野、印刷、造幣[経営学]

公共法人:特別法によって設立され、法人格をもち、国ないし地方公共団体が出資し監督するが、所有と経営が分離し、委託された経営者が一定の自主性を持って経営にあたる[経営学]

目的概念の長期化・多様化・社会化の流れ:短期的利潤極大化目的。長期的利潤率極大化目的。総資本付加価値率極大化 目的。適正利潤目的。売上高極大化目的。成長率極大化目的。複数目的論[経営学]

売上高極大化目的(ボーモル):資金調達、顧客の信用、販売経費、経営者の報酬、構成員への刺激、業績尺 度における有利さを理由に、寡占企業は、必要最小限度の利潤を確保するという制約の下で、売上高極大化を目的とする[経営学]

複数目的論:企業は、利潤その他の営利経済目的を一部に含む複数の目的をもち、それらが目的体系をなしているとする[経営学]

複数目的論(アンゾフ):企業は投資利益率(ROI)に代表されるような総資源の最適な転換をめざす経済的目的と、企業内外の環境主体の個人的目的を反映する社会的ないし 非経済的な目的をもつ[経営学]

複数目的論(ドラッカー):利潤の目的性を否定して、制度化された社会的存在としての企業の目的は、 企業存立の基盤をなす「顧客の創造」という社会的職能を通じて、企業の第一の義務である「存続」を確保することであるとしている[経営学]

企業の存続と成長を確保するために重要な下位目的:市場での地位。革新。生産性。物的資源と財務的資源。収益性。経営者の業績と育成。労働者の業績と育成。公共的責任[経営学]

経営資源:経営、技術、マーケティング、経営組織上のノウハウなど、企業を効率的に運営していくための専門的技能や情報のかたまり[経営学]

経営戦略:企業が目指す将来の方向や環境との関わり合い方を示すグランド・デザイン(基本設計図)であり、企業の意思決定や行動の指針となるもの[経営学]

経営戦略の構成:事業構成戦略。資源展開戦略。競争戦略。組織間関係戦略[経営学]

事業構成戦略:企業のドメイン(生存領域・事業分野)の選択・組み合わせに関する戦略であり、「自社の事業は何であるべきか」を決定するもの。「製品・市場ミッ クス」の選択と「業務活動分野」の選択[経営学]

ドメイン:組織体がやりとりをする特定の環境部門。組織体の活動の範囲ないしは領域。組織の存在領域[経営学]

資源展開戦略:ヒト・モノ・カネ・情報など各種の経営資源を企業の中でどのような形で蓄積し、各事業分野の間にいかに配分するかという「経営資源の蓄積と配分の仕方」を決定する戦略[経営学]

競争戦略:自社が手掛けているそれぞれの事業分野において、「いかにして競争上の優位性を確立するか」を決定するもの[経営学]

組織間関係戦略:他企業との取引を完全な市場メカニズムを通じて行なうのか、それとも組織 内に取り込んで内部化するか、あるいは、下請けや系列という中間市場の形を利用するのかなど、「他企業との取引関係のあり方」を決定するもの[経営学]

成長機会の方向:市場浸透。市場開発。製品開発。多角化[経営学]

市場浸透:既存の製品と既存の市場の領域において売上の拡大を図るもの[経営学]

市場開発:既存の製品を新しい市場に導入して売上の拡大を図るもの[経営学]

製品開発:既存の市場に新しい製品を導入するもの[経営学]

多角化:新しい製品で新しい市場を開拓するもの[経営学]

本業との関連度を基礎とした戦略の分類(吉原英樹):特化率0.95以上・専業型。垂直比率0.7以上・垂直型。特化率0.7 以上・本業型。関連比率0.7以上・関連型。その他・非関連型[経営学]

特化率:最大規模の事業単位売上高が、全売上高に占める割合[経営学]

垂直比率:垂直統合事業グループの売上高が、全売上高に占める割合[経営学]

関連比率:最大規模の関連事業グループ売上高が、全売上高に占める割合[経営学]

多角化の程度と業績の関係:中程度の多角化までは、成長性、収益性ともに上昇する。それ以上多角化を 進めると成長性は上昇するが、収益性は低下する。さらに多角化を進めると、成長性も低下する[経営学]

TOB(株式公開買付け制度):株式買付けの期間・株数・価格などを公開して、不特定多数の株主から株式を集める方法[経営学]

LBO:買収対象企業の資産を担保とした借入れや起債により買収資金をまかなう方法[経営学]

経験効果:一製品の累積生産量が2倍になると、そのトータル・コストが10〜30%低下する効果[経営学]

PPM:「プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント」の略であり、多角化戦略の形成のための実践的な枠組[経営学]

BCGのPPMモデルの要素(市場成長率と市場シェアの組合せ):花形は、高成長・高シェアの事業。金のなる木は、低成長・高シェアの事業。問題児は、高成長・低シェアの事業。負け犬は、低成長・低シェアの事業[経営学]

BCGのPPMモデルから導かれる基本的な戦略:「金のなる木」を資金源とし、「花形」や有望な「問題児」に資金を集中する一方、「負け犬」や見込みのない「問題児」を切ること[経営学]

SBU(戦略事業単位):企業の製品・事業分野を戦略的観点からとらえ直し、長期的な経済性や競争上の地位が測定可能で戦略の策定・実行・評価の単位として適切な事業単位にまとめたもの[経営学]

意思決定:一定の目的を達成するために、2つ以上の代替案の中から特定の代替案を選択すること。プロセスは、問題の知覚、代替案の探索、代替案実施結果の予測、代替案実施結果の評価、選択。局面は、情報活動、設計活動、選択活動、再検討活動[経営学]

意思決定の局面:情報活動は、決定のための機会をみいだすこと。設計活動は、可能な行為の代替案を発見・開発・分析すること。選択活動は、利用可能な行為の代替案の中から特定のものを選択すること。再検討活動は、過去の選択を再検討すること[経営学]

意思決定の分類(アンゾフ):戦略的意思決定は、製品・市場ミックスの選択に関する決定。管理的意思決定は、資源の組織化および調達・開発に関する決定。業務的意思決定は、各職能部門における業務遂行効率極大化のための決定[経営学]

ゴミ箱モデル(マーチ、オルセン):組織における意思決定は、選択機会というゴミ箱の中に、問題、解、参加者が投げ込まれ、それらが偶然結びついて行なわれるようなもので、極めてランダムな、非合理的な性格を持つ[経営学]

定型的意思決定(プログラム化された意思決定):反復的に生起する問題について対応の仕方を規定したプログラムやルールが事前に準備されており、これに基づいて即座に選択が行なわれるような決定[経営学]

非定型的意思決定(プログラム化できない意思決定):新規の、あるいは予想外の問題であるため適用すべきプログラムやルールがなく、一連の意思決定プロセスを経て行なわれる決定[経営学]

最適化意思決定:客観的に存在する全ての代替案を探索しその実施結果を正確に予測し、それを一義的な評価基準に照らして評価して完全な選好序列をつけ、最適化基準に基づいて最も好ましい結果をもつ代替案を選択するような決定[経営学]

満足化意思決定:限られた数の代替案の中から、満足化基準に基づいて、一定の要求水準を満たすような代替案を選択するような意思決定[経営学]

個人による意思決定の特徴:決定の迅速さや責任帰属の明確さという利点をもつ反面、決定者の独走を招きやすい[経営学]

集団による意思決定の長所:衆知の結集。関係者の利害調整。参加による動機づけ。決定の説得性・安全性[経営学]

集団による意思決定の短所:決定に時間がかかり、責任の帰属があいまいになり、妥協に陥りやすい[経営学]

稟議による意思決定:組織の中・下層で起案し、関係部署に回議しながら順次上位者に進達し、最終的に決裁権をもつ者によって決定される仕組み。事務稟議と政策稟議[経営学]

稟議による意思決定の長所:下位の実行担当層に決定への参画の機会を与え、彼らの意思を反映できる。関係部署に内容を周知させ、意見・利害の調整を図ることができる。関係者の合意に基づいており、説得性がある。下位職員の参加意欲が高まる[経営学]

稟議による意思決定の短所:決定までに時間がかかる。責任の所在が不明確になりやすい。最高管理者の指導性が発揮しにくい。総合的・体系的判断が難しい。保守的・消極的な決定になりやすい。ラインがスタッフ的機能を果たしてしまうので本来のスタッフが育ちにくい[経営学]

SIS(戦略的情報システム):従来の経営情報システム(MIS)が、経営上の意思決定を支援するために必要な情報の収集・提供を主な任務としていたのに対して、情報システムそれ自体が競争優位確立の武器として戦略展開の要となるようなもの[経営学]

経営組織:共通目的を達成するための複数の人々の協働体系[経営学]

古典的組織論の組織のとらえ方:役割や職務・責任・権限等の体系・階層構造。非人格的な規則や手続の体系 。クローズド・システム。機械的システム[経営学]

人間関係論の組織のとらえ方:人間関係・社会的関係のシステム。非公式集団。価値や信念・感情の体系[経営学]

近代組織論の組織のとらえ方:バーナードは、人間の活動体系、オープン・システム。サイモンは、意思決 定やコミュニケーションのネットワーク。マーチ・サイモン・ガルブレイス は、情報処理システム。サイアート・マーチは、連合体。ライス・トリスト ・ペローは、ソシオ・テクニカル・システム。バーンズ・ストーカーは、有機的システム[経営学]

職能:目的を達成するための仕事や役割[経営学]

職務:組織の各構成員に割りあてられた仕事の総体[経営学]

職位:各個人が、組織の職務体系のなかで占める組織上の地位[経営学]

権限:組織の各構成員が、自己の職務を組織内で公に遂行しうるために認められた権利や力[経営学]

リスポンシビリティ:職位に課せられた仕事(すなわち職務)、または、その職務を遂行すべき義務[経営学]

アカウンタビリティ:指示させた基準に従って職務を遂行し、権限を行使する義務[経営学]

ハイアラーキー:組織における階層的な秩序や身分関係[経営学]

集権:意思決定の権限が、組織のトップ・マネジメントのレベルに集中している場合[経営学]

分権:意思決定の権限が、組織の部門レベル以下に広く分散している場合[経営学]

ライン職能:経営目的の達成に直接関連する基幹的な執行職能[経営学]

スタッフ職能:ラインの活動が有効に行なわれるように補佐し、助言・助力・提案・勧告などを行なう職能[経営学]

サービス・スタッフ:作業活動に関する技術的・専門的なサービスを提供するもの[経営学]

管理スタッフ:管理者の管理活動を補佐するもの[経営学]

ゼネラル・スタッフ:トップ・マネジメントの全般管理機能を補佐するもの[経営学]

官僚制組織の特徴:高度の専門的訓練を受けた専門家による管理。責任や権限の明確な規定および職位への帰属。規則に従った没主観的な職務の遂行。階層的権限体系。職 員の専従化。文書主義[経営学]

システム:一定の関係の下に結合され、相互に作用しあっている諸要素の集合[経営学]

クローズド・システム:環境から孤立した閉鎖的で自己完結的なシステム[経営学]

オープン・システム:環境との間で物質・エネルギー・情報などの交換を行なうシステム[経営学]

ソシオ・テクニカル・システム:組織を、たんに人間や人間行動からなる社会システムとしてだけでなく、人間関係や技術や組織構造などの相互作用からなる複合的なオープン・システ ムとしてとらえる組織概念[経営学]

連合体:サイアート・マーチにみられるような、個人を中心にしたルーズな組織観[経営学]

ライン組織(直系組織・軍隊組織):組織の各構成員が1人の直属の上司の包括的な指揮・命令の権限だけに服し 、この直線的な結びつきが最上位から最下位まで直線的に連なってライン系列をなしているような組織[経営学]

純粋ライン組織:監督範囲の幅(スパン・オブ・コントロール)によって部門化されているだけで、同一階層間で職能的分化が行なわれていないライン組織[経営学]

部門ライン組織:直接的・包括的なライン権限が行使されるライン系列を中心にしながらも、製造・販売などの職能別あるいは製品別、地域別などに部門化しているライン組織[経営学]

ライン組織の長所:命令系統が単純明快で、各部門の責任や権限の帰属関係も明確であるから、政策の一貫性や、組織内の秩序を維持しやすい[経営学]

ライン組織の短所:上位者の負担が過重になり、専門化の利点を活用できず、コミュニケーション(とくに水平的なコミュニケーション)の効率が悪い[経営学]

ファンクショナル組織(職能組織):包括的な責任・権限が職能的に分解されて、それぞれ別個の管理者によって 担当され、下位の構成員は各専門分野については、その専門職能を担当する上司から個別的に指示・命令を受けるような組織[経営学]

ファンクショナル組織の長所:各構成員が特定の職能についてその専門家から指示や命令を受けられる。管理者の職務は特定の専門領域に限定されるから彼らの負担が軽減される[経営学]

ファンクショナル組織の問題点:命令系統が多元化するために命令の重複や矛盾、権限争い、責任転嫁などが生じやすい[経営学]

ライン・アンド・スタッフ組織(直系参謀組織):命令の一元性を保持しながら専門化の利点を活用するために、ライン組織にスタッフを補強した組織[経営学]

事業部制組織:企業の大規模化・多角化・地域的分散に対応して、本社の下に製品別・顧客別・地域別などの事業部を置き、各事業部が利益責任を負うプロフィット・センターとして自立的に活動するのに必要な包括的な業務権限をもつようにした分権管理の一組織形態[経営学]

事業部制採用の条件:企業が大規模で、地理的に分散していたり、扱っている製品の種類が多く、各事業部が独立した安定的市場をもち、経理上、独立した計算単位とすることができ、有能な人材が豊富に存在すること[経営学]

事業部制の利点:意思決定の迅速性・機動性の向上。責任体制の明確化。各事業部間での競争心の醸成。経営者の育成。従業員のモラール向上[経営学]

事業部制の問題点:事業部が本部の基本方針を無視して独走する危険性がある。組織面で多くの重複が生じ費用がかさむ。各事業部が目先の利益にとらわれて短期的視野で行動する傾向がある。有能な人材の事業部間での移動が難しくなり、人事の硬直化を招きやすい[経営学]

社内ベンチャー:事業意欲旺盛な社員を社内企業家(イントラプルヌール)として、彼に大幅な権限と独立性を与えて、大企業内部でベンチャービジネスを行なわせるもの[経営学]

委員会制度:特定の問題の審議や解決をゆだねられた公式的に制度化された集団[経営学]

委員会制度の長所:合理性の高い総合的な判断。高い安全性や説得性。利害関係者や関連部門の意見を調整。関係者の直接的接触による確実な情報伝達。各人のモラールを高める。特定の個人に権限が集中するのを避ける[経営学]

委員会制度の問題点:決定に時間や費用がかかる。責任の帰属が不明確。審議が形式化し、決定が妥協に流れやすい。派閥抗争を生む危険[経営学]

委員会を効果的に運用する条件:任務や権限を明確化。集団的討議に適した問題を選択。適切な委員や委員長を選ぶ。事前に周到な準備[経営学]

よく用いられる委員会:執行委員会。人事委員会。予算委員会。生産委員会。マーケティング委員会。製品委員会[経営学]

アドホクラシー:直面するさまざまな問題の性格に応じて柔軟に対応し、臨機応変の解決を図る革新的な組織[経営学]

タクス・フォース(プロジェクト・チーム): 戦略的に重要で、しかもいくつかの職能部門の協力が不可欠であるような特定の課題(プロジェクト)を達成するために、関連各部門から選ばれたメンバーによって構成され、当該課題の遂行に専念し、課題達成後は解散されるような臨時的で動態的な組織[経営学]

ホロニック・マネジメント:個と全体、個人と組織とが有機的に調和することを目指す経営方式[経営学]

マトリックス組織(ワンマン・ツーボスのシステム):職能別部門編成方式がもつ専門化や経済性の利点と、製品別事業部制のような目的別・対象別組織がもつ、各製品ないしプロジェクトごとの調整や統合という利点を同時に実現するために、通常は、横軸に製造−販売−財務−人事などの職能部門をもち、縦軸に各製品やプロジェクト(あるいは地域別単位)を置き、その両軸の交点として示されるマトリックス・タイプの組織単位からなる組織[経営学]

ネットワーク組織:組織単位が国籍・業種・資本関係・規模などの違いを超えて情報をベースに緩やかな網の目状に結びついたもの[経営学]

自己組織化:環境からの刺激に受動的に対応して変化するのではなく、自らの手で自己の構造を変化させ、新しい秩序を主体的に形成していく性質に注目した組織観[経営学]

管理(マネジメント):組織において、いろいろな技術や技法を用いて組織目的が確実かつ効率的に達成できるように人びとを協働させる職能[経営学]

管理(カースト・ローゼンツワイク):目的へ向かって、人びとを通じて、技術を用いて、組織のなかで行なわれる職能[経営学]

インセンティブ:達成意欲をひきおこす源泉となるもの。個人がもっている欲求を刺激して、組織の協働へと人々の行動を導くのに貢献する、組織が与える要因[経営学]

管理プロセスの構成要素:2要素説は、計画・統制。3要素説は、計画・実施・検討、計画・組織・統制。4要素説は、計画化・組織化・指揮・統制[経営学]

計画化:組織の内的・外的環境の分析・予測(計画化前提)に基づいて、達成すべき目的を設定し、これを確実かつ効率的に達成するための方法を決定する管理 職能。何を、いかにして、いつ、どこで、誰が、どのような資源を用いて行なうべきか、といったことを事前に決定すること[経営学]

組織化:組織目的達成のための、合理的で有効な組織構造を形成する管理職能[経営学]

指揮:いわゆるリーダーシップを発揮して、部下たちが目的の達成へ向けて行動を起こすように彼らを動機づけるとともに、彼らが職務を期待通りに遂行できるように指導する職能[経営学]

統制:現在の活動状況を測定し、これを当初の目的や計画に照らして評価し、もし許容限度以上の逸脱がある場合には、これを解消するような是正措置をとること[経営学]

組織管理の原則:監督範囲(スパン・オブ・コントロール)の原則。委譲の原則。専門化の原則。命令統一の原則。階層の原則。例外の原則。パーキンソンの法則[経営学]

監督範囲(統制範囲・管理限界)の原則:人間の能力には限界があるために、1人の上司が直接、有効に監督・統制できる部下の数には限界があるという原則[経営学]

委譲:管理者が自己の負担を軽くするために自己の職務の一部と、それを遂行するために必要な権限を部下に委任し、その遂行結果に対する責任(アカウンタ ビリティ)を負うこと[経営学]

専門化の原則:熟練や専門的知識の修得を容易にし、能率を向上させるためには、さまざまな種類の活動に従事するのではなく、特定の限定された種類の活動に努力を集中するべきであるという原則。専門化の基準は、目的別、過程別、顧客別、場所別[経営学]

命令統一(命令一元性、命令単一、命令一本化)の原則:組織において規律や秩序を維持するためには、いかなる職務の担当者も、ただ1人の直属の上司からだけ命令を受けるべきであるという原則[経営学]

階層の原則:組織のピラミッド型の階層構造において、最高位の管理者から最下位のメンバーにいたるまで、責任と権限のライン(命令・報告系統の連鎖)が明確に設定されていなければならない、という原則[経営学]

例外の原則:上位の管理者は、日常反復的に発生する経常的業務や定型的な意思決定は下位者に委譲し、自らは、もっぱら例外的・偶発的事項や非定型的な意思決定の処理にあたるべきであるという管理原則[経営学]

パーキンソンの法則:組織のなかに発生するむだな業務の発生原因について、イギリスの行政評論家パーキンソンが提唱した法則。部下増大の法則と仕事量増大の法則[経営学]

部下増大の法則:職員は組織のなかに競争相手をつくるより自分が管理する部下を増やそうとする傾向があるという法則。「職員の数は、なすべき仕事の軽重、ときには有無にかかわりなく一定の割合で増加する」という法則[経営学]

仕事量増大の法則:職員はお互いに仕事をつくりあうという法則[経営学]

ポスドコーブ:ギューリックが1937年刊行の「行政科学論文集」のなかで、管理作用の内容の表現として提唱した略語。管理内容を示唆し、管理の重要性を強調する用語。内容は、計画・組織・人事・指揮・調整・報告・予算[経営学]

計画:目的達成のためになすべきことを決定し、その方法を決定すること[経営学]

組織:経営の物的および社会的な二元的構造を形成すること。目的にそって仕事を区分し、調整して、公式の機構を確立すること[経営学]

人事:職員を採用し、訓練し、好ましい勤務条件を維持すること[経営学]

指揮:決定を行ない、これを命令によって具体化し、組織の指導者としての任務を果たすこと[経営学]

調整:すべての活動や努力を結集し、統一化し、調和させること。仕事の各部を関連づけること[経営学]

報告:情報を提供させる、あるいは提出すること[経営学]

予算:財務計画、会計等財務活動を行なうこと[経営学]

トップ・マネジメント(最高管理層):目標の計画化と明確化、組織の健全化、主要な地位の人事の適正化、効果的な統制方法の保持、などを本来的な任務とする組織の最上位の管理層。受託管理層と全般管理層[経営学]

受託管理層:各種利害者集団の利害の調整、株主利益の保護、会社資産の保護と効果的運用、基本方針の決定、経営責任者の選出、総合的業績評価などの機能を遂行するもの[経営学]

全般管理層:取締役会によって決定された基本方針と権限の範囲内で、会社全体にわたる執行方針を決定し、全般的な管理や業務を執行するもの[経営学]

全般管理機能を遂行する具体的な形態:社長個人が担当し、必要に応じて部長にインフォーマルに相談する型。社長を含めた部長会議で担当する型。全般管理者グループが社長を補佐して経営委員会を構成して全般管理機能を担当する型。取締役会が、本来の受託機能に加えて全般的管理機能をも担当する型[経営学]

ミドル・マネジメント(中間管理層、部門管理層):指揮・指導の機能を通じてトップ・マネジメントとロワー・マネジメントを 結びつける媒介的・調整的機能を果たす階層[経営学]

ロワー・マネジメント(現場管理層):作業活動を直接に指揮・監督する階層[経営学]

エクセレント・カンパニー(超優良企業)の共通属性:行動重視。顧客密着。企業家精神尊重。人を通じた生産性向上。価値観に基 づく実践。基軸を離れない多角化。簡素な組織と小さな本社。厳格さと寛容 の共存[経営学]

ニッチ戦略:市場全体を対象とするのではなく、大企業・他企業が注目しない市場のくぼ み・すき間(市場内適所)を狙って集中的に市場展開する戦略[経営学]

マーケティング:生産者から消費者ないし使用者へと財やサービスの流れを導くような事業活 動の遂行[経営学]

マーケティング・コンセプト:「市場・顧客の視点」から企業活動全体をとらえ、方向づけようとする理念[経営学]

マーケティング戦略:競争戦略。需要創造戦略。社会戦略[経営学]

社会戦略(ソーシャル・マーケティング):メセナ(芸術・文化支援活動)、フィランソロピー(公益・寄付活動)など 、「良き企業市民」としての積極的な社会貢献活動を対象とする戦略[経営学]

マーチャンダイジング:経営のマ−ケティング目的を最もよく実現するのに役立つ場所、時期、価格、ならびに数量で、特定の商品あるいはサ−ビスをマ−ケティングすることに含まれる計画、および統制。商品化政策と製品計画[経営学]

商品化政策:卸売商や小売商が、販売促進の観点から消費者や使用者の需要に適合するように、適正な商品を、適正な場所に、適正な数量だけ、適正な価格で、適正な時期に送り出す政策[経営学]

製品計画(プロダクト・プランニング):生産者が商品化政策を生産過程に組み込んで、市場需要への適合と自社の生産能力・販売能力の有効活用をはかる計画[経営学]

マーチャンダイジングの重要戦略:市場細分化。製品差別化。プロダクトミックス[経営学]

市場細分化(マーケット・セグメンテーション):性別、年齢、職業、所得、地域、その他の基準に基づいて市場をいくつかの部分市場に細分化し、市場標的(マーケット・ターゲット)を明確にしたうえで、その特定市場の特質や要求に適合したマーケティング活動を展開しようとする政策[経営学]

製品差別化(プロダクト・ディファレンシエーション):自社製品の機能、外観、包装、ブランド、広告などに関して、他社と異なる特徴を与え、自社製品の差別的優位性を確立し、これを購買者に強調してかれらのブランド・ロイヤルティを獲得することによって競争上の優位性を達成しようとするもの[経営学]

プロダクト・ミックス(製品ミックス):会社がもちあわせている製品や製品ラインの組合せ[経営学]

マーケティング・ミックス:製品政策。価格政策。販売促進政策。流通政策[経営学]

マーケティングの観点からみた「製品」:使用者のニーズを満足させる機能・デザイン・包装・サービスなどの「便益の束」[経営学]

製品ライフ・サイクル:導入。成長。成熟。衰退[経営学]

製品改良:成熟期に入った製品の設計・素材・外観・包装などを改善して製品寿命を延ばすこと[経営学]

計画的陳腐化:新製品の導入を早めるために、意識的に既存製品の価値を早めに低下させること[経営学]

価格政策:コスト・プラス方式。需要評価方式。上澄み吸収価格政策。浸透価格政策。心理的価格政策[経営学]

コスト・プラス方式:製造原価に、販売費・一般管理費の配賦分と期待利益を加算[経営学]

需要評価方式:原価を積み上げるのではなく、市場に受け入れられる(売れる)レベルに価格を設定[経営学]

上澄み吸収価格政策(初期高価格政策):新製品に対する需要の価格弾力性が低い導入期に高い価格をつけ、価格に敏感でない市場の上澄みを吸収し、高収益を確保[経営学]

浸透価格政策(初期低価格政策):初期に低い価格をつけて薄利多売により急速に市場を拡大。利用場面は、需要の価格弾力性が高く、市場規模が大きく、規模の経済性がある場合[経営学]

心理的価格政策:消費者の心理に訴えて販売促進を図るための価格政策。内容は、名声価格、端数価格、習慣価格、ロス・リーダー、値引き価格[経営学]

販売促進政策:広告。セールスマンによる販売。狭義の販売促進策。パブリック・リレーションズ[経営学]

狭義の販売促進策:プレミアム。見本配布。ダイレクト・メール。販売店援助。店頭ディスプレー[経営学]

購買過程(AIDMA):注目。興味。欲望。記憶。購買[経営学]

小売業の店舗販売の種類:セルフ販売は、総合大規模小売業、スーパー・マーケット、スーパー・ストア、コンビニエンス・ストア、バラエティ・ストア。接客販売は、百貨店、専門店[経営学]

スーパー・マーケット:買手が売場から直接商品を籠に入れ、レジスタ−で代金を支払うセルフ・サ−ビス方式の大規模店[経営学]

スーパー・ストア:衣料品中心のスーパー[経営学]

コンビニエンス・ストア:立地、営業時間、品揃えなどの点で大規模小売業にない便利さを提供するミニ・スーパー[経営学]

小売業の無店舗販売(ダイレクト・マーケティング)の種類:セルフ販売は、通信販売、自動販売機。接客販売は、訪問販売[経営学]

小売店の組織化方式:レギュラー・チェーン。ボランタリー・チェーン。フランチャイズ・チェーン[経営学]

レギュラー・チェーン(チェーン・ストア):単一企業の所有により、本部による集中仕入・政策・管理のもとで多くの支店を展開[経営学]

ボランタリー・チェーン:各店舗が独立性を維持しながら、共同仕入や共同広告・宣伝などで協力[経営学]

フランチャイズ・チェーン:フランチャイズ本部がチェーン参加店に対し、一定地域内の独占的販売権を与え、経営ノウハウなどのサービスを提供する契約を結び、ひきかえに加盟店から特約料を徴収[経営学]

プロダクト・マネジャー:新製品の企画・開発から商品化、販売にいたるまで一貫して責任を負う製品管理スタッフ[経営学]

メリット・システム(成績主義・実績主義):猟官制(スポイルズ・システム)における政治的情実による任免の弊害を除去するため、公開競争試験によって実証された成績によって任免を行なおうとする制度[経営学]

メリット・システムの本質:職員の任用は能力の実証に基づいてのみ行なわれ、いかなる情実人事も許されないこと。職員の地位はすべて国民に開放され、何人も社会的門地等により差別されないこと。職員は国民を代表する立法府の政治的意思の忠実な執行者でなければならないこと[経営学]

キャリア・デベロップメント・プログラム:企業が必要とする人材の育成を、従業員個々人の人生計画と結びつけながら、長期的・計画的に行なっていく制度。内容は、ジョブ・ローテーション、職場研修、職場外研修、出向[経営学]

職場研修(OJT、On−the−Job Training):職場監督者が職場で、従業員に日常業務をさせながら随時指導していく研修[経営学]

職場研修(OJT)の長所:各個人に最も適した研修。職場の実情にふさわしい実際的で具体的な研修。業務が中断されることがない。研修方法の改善が容易。管理監督者と部下の間で、相互の理解や信頼が高まる[経営学]

職場外研修(Off−JT、Off−the−Job Training):研修所に入れたり、学校に派遣したり、職員を一定期間仕事から切り離して実施する研修[経営学]

職場外研修(Off−JT)の長所:統一的・組織的に研修。研修に専念。他の組織の職員と互いに知識や経験を交流。特別の教材や設備。優れた講師[経営学]

職場外研修(Off−JT)の短所:個別的指導がしにくい。職場の実情から遊離する危険。研修により業務が中断。研修効果の確認が困難[経営学]

人事考課:従業員の能力や勤務成績を判定すること。目的は、昇給、賞与、配置、昇進、教育訓練などに必要な資料を得ること[経営学]

近年の人事考課の傾向:客観的・科学的な評価。多段階的・多面的な評価。オープンな考課。組織の活性化。管理監督者の育成。加点主義[経営学]

専門職制度:ともすると役職位の系列からはずされがちな専門的知識・技術の持ち主に対して、役職位にあると同等の処遇を与えようとする制度[経営学]

コース別人事管理:社員に「総合職」(基幹業務担当)と「一般職」(定型的一般事務担当)のいずれかを選択させる複線型の人事管理制度[経営学]

フレックス・タイム(自由勤務時間制):所定の労働時間内で、出勤・退勤の時間を自由に選択できる制度[経営学]

早期退職優遇制度(選択定年制):高齢化による人件費負担の増加を抑えるために、ふつうの定年年齢よりも低い年齢で退職する場合に割り増しの退職金を支払う制度[経営学]

職務給:各人の年齢・勤続年数・学歴などの属人的要素とは無関係に、同一労働(職務)同一賃金という考え方の下で、各人が従事している職務の相対的価値に基づいて決定される賃金や給料。単一職務給と範囲職務給[経営学]

単一職務給:職級別にただ1つの賃率だけが設定されているもの[経営学]

範囲職務給:同一の職級に対して一定の幅をもった賃率が設けられており、この範囲内で、本人の勤続年数や業績に応じて昇給が行なわれるもの[経営学]

職能給:各人の職務遂行能力を評価して職能等級に分類し、これに基づいて決定される賃金。範囲職能給と青天井型の職能給[経営学]

範囲職能給:各等級ごとに賃金範囲を定め、その中で定期昇給させるもの[経営学]

青天井型の職能給:等級別に最低額だけを定め、昇給について制限のないもの[経営学]

ラッカー・プラン:付加価値を基礎として賃金総額を定める制度[経営学]

スキャンロン・プラン:売上額または生産額を基準として賃金総額を定める制度[経営学]

モラール(士気):仕事集団の勤労意欲。集団成員の協力精神と仕事目標追求意欲の度合い・強さを示す集団レベルの概念[経営学]

働く人間のやる気をつくる合理的な組織の要件(アージリス):心理的成功感を味わう参加の機会が与えられること。各人の職務を拡大して、知的人間として対人的能力を十分に発揮できるようにすること。経営者、管理者は組織の中の心的緊張を解消するように努力すること[経営学]

個人の未成熟から成熟への成長の傾向(七つの次元):受動的から能動的。依存的から独立的。単純行動から多様行動。浅く弱い関心から深く強い関心。短期的展望から長期的展望。従属的地位から対等または上位の地位。自己意識の欠如から自己意識、自己統制の発展[経営学]

モラール調査:組織体の目標追求に関連するさまざまな事柄・人事・状況などに対する従業員の態度や職場集団のモラールの状況を、組織的・計画的に把握するための調査。狙いは、調査結果を管理改善の資料とし、組織体の生産性向上に役立 てようとすること[経営学]

人事管理(カウンセリング)制度:従業員が仕事や生活に関して持つ不満・不安・悩みなどを専門の知識・訓練・経験をもつカウンセラーに相談できる制度[経営学]

提案制度:従業員に対して、事業や業務に関するアイデア、改善意見などを進言・提案する道を開く制度。前提条件は、容易に提案できる手続きと体制の確立、迅速・公正な取扱い、適切な報償、不断の周知・啓発[経営学]

財務:「カネ」(資金ないし資本)を調達し運用する活動[経営学]

財務管理:損益や資金などの財務的な視点から経営活動を管理すること。課題は、資本調達のコストと資本運用の利益を合理的に適合させること。内容は、資本調達、資本運用、利益処分、資金収支[経営学]

長期資本の調達:自己資本の調達は、株式の発行、留保利益、減価償却引当金。他人資本の調達は、社債の発行、長期借入金[経営学]

インパクト・ローン:使途自由な外貨建ての借入金[経営学]

キャッシュ・フロー:事業・営業活動から得られる資金。純利益プラス減価償却費[経営学]

財務レバレッジ:総資本に対する他人資本(負債)の割合[経営学]

レバレッジ効果:負債がテコの働きをして自己資本利益率を大きく押し上げたり、押し下げたりする効果[経営学]

レバレッジ効果の内容:総資本利益率が他人資本利益率より高ければ、他人資本を利用して自己資本利益率を大幅に高めることができるが、逆の場合には、自己資本利益率は大幅に低下する[経営学]

投資決定:回収期間法、会計上の投資利益率法、割引キャッシュフロー法。割引キャッシュフロー法は、内部利益率法と正味現在価値法[経営学]

回収期間法:投資がもたらすキャッシュフローによって投資コストを回収するのに要する期間の長さによって投資案を評価する方法[経営学]

会計上の投資利益率法:投資額に対する税引き後利益で測定した投資利益率の一定期間の平均値に基づいて投資案を評価する方法[経営学]

内部利益率法:投資案から期待されるキャッシュフローの現在価値の合計が、投資額の現在価値と等しくなるような割引率(内部利益率)を求め、この内部利益率が資本コストを上回っていればその投資案を採択し、そうでなければ棄却する方法[経営学]

正味現在価値法:投資案から期待される年々のキャッシュフローを一定の割引率(資本コスト)で割り引いて現在価値を求め、この現在価値から投資額の現在価値を控除して「正味現在価値」を求め、これが正ならばその投資案を採択し、負ならば棄却する方法[経営学]

経営分析:収益性の分析。回転率の分析。安全性の分析。生産性の分析。損益分岐点の 分析[経営学]

収益性の分析:総資本経常利益率=経常利益÷総資本。経営資本営業利益率=営業利益÷経 営資本。自己資本経常利益率=経常利益÷自己資本。資本金経常利益率=経 常利益÷資本金。資本利益率=売上高利益率×資本回転率。売上高総利益率 =売上総利益÷売上高。売上高営業利益率=営業利益÷売上高。売上高経常 利益率=経常利益÷売上高[経営学]

回転率の分析:総資本回転率=売上高÷総資本。自己資本回転率=売上高÷自己資本。売上 債権回転率=売上高÷売上債権。棚卸資産回転率=売上高÷期末棚卸資産。 商品回転率=売上高÷商品在庫高。固定資産回転率=売上高÷固定資産[経営学]

支払能力の分析:流動比率=流動資産÷流動負債=(当座資産+棚卸資産)÷流動負債。当座 比率(酸性試験比率)=当座資産÷流動負債。現金比率(支払準備率)=現 金・預金÷流動負債[経営学]

資本構成・安全性:自己資本比率=自己資本÷総資本。負債比率=負債÷自己資本[経営学]

設備投資の妥当性:固定比率=固定資産÷自己資本。固定長期適合率=固定資産÷長期資本=固定資産÷(自己資本+長期借入金)[経営学]

生産性の分析:生産性=産出÷投入。付加価値(控除法)=生産高(売上高)−外部購入高。付加価値(加算法)=人件費+租税公課・賃借料・金融費用+税引後純利益。労働生産性=付加価値÷従業員数=付加価値率×1人当り売上高。付加価値率=付加価値÷売上高。労働分配率=人件費÷付加価値=売上高人件費率÷付加価値率。資本生産性=付加価値÷投下資本。労働装備率=有形固定資産÷従業員数[経営学]

変動費:操業度の変化に応じて変動する費用。比例費(狭義の変動費)と準変動費[経営学]

固定費:操業度と関係なく一定額発生する費用[経営学]

準固定費:一定範囲内の操業度では固定的であるが、それを超えると増加するような費用[経営学]

損益分岐点の分析:損益分岐点=固定費÷(1−変動費率)=固定費÷限界利益率。変動費率=変動費÷売上高。限界利益=売上高−変動費。限界利益率=限界利益÷売上高。損益分岐点比率=損益分岐点売上高÷実際の売上高×100。安全余裕率=1−損益分岐点比率[経営学]

一定の売上高のもとで実現される利益の求め方:利益=売上高×(1−変動費率)−固定費[経営学]

設備投資により固定費が増加した場合の損益分岐点売上高の求め方:損益分岐点売上高=(固定費+増加固定費)÷(1−変動費率)[経営学]

経営参加の区分:所有への参加。成果への参加。意思決定への参加[経営学]

最狭義の経営参加:労働者(あるいはその代表)が、なんらかの制度化された形で、経営管理上の意思決定に参加すること[経営学]

経営参加を促進する要因:政治的・思想的・管理的・実践的な要因。ヨーロッパ各国で、労働党政党が政権に参加したこと。労働組合運動の方向が、体制変革的なものから体制内的なものに変わったこと。従来の団体交渉制度は、労働者の利益を保護したり、彼らの意思を経営に反映させるのに限界があったこと[経営学]

経営参加の諸形態:労働者重役制。労使協議制。参加的経営[経営学]

労働者重役制:労働者の代表者が、経営者とともに企業における最高の意思決定機関(監査役会あるいは取締役会)に参加して、共同決定権を行使する参加方式[経営学]

ドイツの経営参加立法:共同決定法。共同決定補足法。経営組織法。新共同決定法。議員代表法[経営学]

労使協議制:経営者側と労働者側が、法律や協約で定められた事項について協議し、労使間の意思疎通を改善し、労使双方の繁栄をはかる制度[経営学]

参加的経営:すべての労働者が、それぞれの職場において、仕事や職場の運営にかかわる意思決定に、個人として、あるいはグループで、直接関与するような、職場レベルでの参加形態[経営学]

参加的経営の方式:目標による管理。自律的作業集団の編成。職務拡大と職務拡充。無欠点運動。QCサークル[経営学]

目標による管理:組織の各成員が、組織の全体目的との関連性を考慮して、自分に期待される成果・職務を明確にし、上司との協議によって自分の行動目標を測定可能な形で設定し、この目標の達成度に基づいて業績を評価するという、参加と自己統制に基づく管理の方法[経営学]

自律的作業集団の編成:作業集団に、一定の範囲の作業を一括して任せ、その作業の計画・手順・分担などに関する自主的な決定権を大幅に与え、また、集団報酬制を採用することなどによって、集団精神・チームワークを養い、仕事の単調さを解消し、モラールの低下、欠勤、離職率の上昇などに対処しようとするもの[経営学]

無欠点運動(ZD運動):検査によって不良品を除くよりは、最初から不良品を出さないように各従業員が注意・工夫し、仕事のうえでの欠点や失敗の原因を除去することに積極的に参加することによって、製品の品質・信頼性やサービスを改善し、納期を守り、コストを低下させることなどをねらいとする生産性の向上運動[経営学]

QCサークル活動:品質管理のための小集団活動。製品の品質向上やコスト削減のために、多くの場合、職務外の時間を費やして各職場ごとに、あるいはより小さな生産工程単位で、グループ討議により生産プロセスなどに関する改善を考える活動[経営学]

収斂説:日本の社会や資本主義の後進性・前近代性ということによって、日本的経営の特殊性を説明しようとするアプローチ[経営学]

非収斂説:日本の社会や文化の特質、日本人の心理的・行動的特性、人間関係の特質などによって、日本的経営の特殊性を説明しようとするアプローチ[経営学]

アメリカ型:能力に応じた賃金体系。不況期にはレイオフ。産業別労働組合。会社は株主のもの。開放型企業経営。短期の利潤重視型経営[経営学]

日本型:年功序列賃金体系。終身雇用制度。企業内労働組合。会社は社員のもの。閉鎖型企業経営。シェア追求型経営[経営学]

日本が近代西欧の文化を摂取できた理由:キリスト教に拮抗するような宗教が日本には存在しなかったこと。国民の教育水準がそれ相応に高かったこと。日本人は文化の折衷をなんら厭わなかったこと。実学を尊重し虚学を軽蔑するという風潮が、日本の為政者には古来根強いこと[経営学]

新日本主義:日本的経営をはじめとする「日本式」の、制度・慣行の独自性を解きあかし、それらが「欧米式」の制度・慣行にくらべて優れている、と主張する論者たちの思想的立場[経営学]

日本的経営の文化的・心理的基盤:集団主義。状況適応性。会社の共同体的性格[経営学]

集団主義:個人と集団との関係で、集団の利害を個人のそれに優先させるのが望ましいとか善いことであるとする集団中心・集団優先の考え方。独特な存在としての自我や個の観念が希薄であるために、個人と集団が融合し、一体化している状態[経営学]

企業社会の要素:労働者の内部化。企業人の共同体。競争にもとづく参加[経営学]

人本主義企業:「株主主権」「一元的シェアリング」「自由市場」を特徴とする資本主義モデルとは異なり、「従業員主権」「分散シェアリング」「組織的市場」という経営システムの特徴をもつ日本企業[経営学]

PL(製造物責任):消費者が製品の欠陥により被害を被った場合、たとえメーカー側に過失がなくてもその責任を問うことができるとする考え方[経営学]

終身雇用制:入社後、原則として、定年にいたるまで長期的・安定的に雇用を続ける慣行[経営学]

終身雇用制の利点:企業に対する帰属意識が高い。労働の安定的な確保と計画的な養成ができる。労務間接費が節約される。企業の成長を促進する。技術革新を円滑に導入することができる[経営学]

終身雇用制の問題点:雇用量が非弾力的である。余剰人員を雇用しなければならない。従業員の固定化による沈滞ムードが生じる。職制上の昇進ポストが限られていることからモラールが低下しやすい[経営学]

雇用についての変化の兆し:転職に対する人々の抵抗感が減少し、転職が増加する。中途採用が増加する。企業内の移動だけでなく、出向・転籍という形で企業グループ内での異動が多くなる。フロー型労働市場からの労働力の利用が増加する。外国人社員が増加する[経営学]

年功制:年功昇進制と年功賃金制[経営学]

年功昇進制:勤続年数を基礎としながらも、それに伴う年功的な熟練形成(とくに対人関係技能)や会社に対する貢献度、執務態度、人格などに関して上司が行なう全人的評価に基づいて、選択的に行なわれる昇進制度[経営学]

年功昇進制の問題点:経営・管理者層の高齢化が起こる。人事考課が主観的になりやすい。中間的管理職が過剰になりやすい[経営学]

年功賃金制:年齢や勤続年数に基づいて昇給が行なわれる賃金制度[経営学]

年俸制:労働者の能力や業績に基づいて賃金を支払う制度[経営学]

経営家族主義:明治末以降、労働運動の高まりに対応して、企業も一種の大家族であるべきであるという考え方(大家族主義、企業一家意識)の下で、労使関係の理想像が、家族におけるタテの親子関係に求められたもの[経営学]

社会保険制度:労働保険と社会保険。労働保険は、労災保険と雇用保険。社会保険は、医療保険と年金保険[経営学]

医療保険:健康保険(政府・健康保険組合)。船員保険(国)。共済保険(共済組合)。国民健康保険(市町村)[経営学]

わが国の企業の福利厚生の特徴:社会保障の不備を補う形で、法定外福利費の比率が高い。企業規模による格差が大きい。人事管理の手段としての性格が強い。全従業員を対象にしている。内容が多種多様にわたっている[経営学]

アメリカ企業の組織構造:各成員の職務・権限・責任が明確に規定されており、職務の細分化・標準化の程度が高い機械的組織の特徴をもつ[経営学]

日本企業の組織構造:集団をベースに編成されており、職務・権限・責任の規定がどちらかといえば曖昧で、職務の細分化・標準化の程度も低い有機的組織の特徴をもつ[経営学]

企業の社会的責任:禁止的事項は、法的規制や道徳的規範の遵守。適応的事項は、社会的要請・期待への対応。自発的事項は、自主的選択[経営学]

企業に対して要求・期待する事柄:従業員は、雇用の安定、働きがいのある仕事・職場、ゆとりある生活。消費者は、高品質・低価格の商品、商品・サービスの安全性。公衆は、環境保護、産業廃棄物処理、平等な雇用機会。外国は、平等な取引機会、経営の現地化、技術移転[経営学]

ゲマインシャフト:人間の本質意思によって結合した統一体で、人々が全人格的・感情的に融合している共同社会[経営学]

ゲゼルシャフト:各人が自己の目的を達成するために選択意思に基づいて形成する社会関係で、人々が利害打算に従って行動する利益社会[経営学]

フォーディズム:自動車王ヘンリー・フォードが抱いた高賃金低価格による奉仕主義の経営理念[経営学]

フォード・システム:生産の標準化と移動組立法。生産の標準化は、製品をT型車に限定する単純化、部品に共通性・互換性をもたせる規格化、工場や職場の特殊化、機械や工具の特殊化[経営学]

銀行:機能は、金融仲介機能、決済機能、信用創造機能。固有業務(本来業務)は、預金、貸し付け、為替取引。貸し出しは、手形割引、手形貸付、証書貸付、当座貸越。リスクは、信用リスク、金利リスク、外為リスク、流動性リスク、機械化リスク[経営学]

銀行の区分:商業銀行(普通銀行)は、都市銀行、地方銀行、第2地銀。長期金融機関は、長期信用銀行、信託銀行。中小企業専門金融機関は、信用金庫、信用組合、商工中金。長期信用銀行は、日本興業銀行、日本長期信用銀行、日本債権信用銀行[経営学]

旧都市銀行規模ランキング:上位行は、第一勧業、住友、富士、三菱、三和。中位行は、東海、三井、太陽神戸。下位行は、大和、協和、埼玉、北海道拓殖[経営学]

証券会社の業務:ディーラー(自己資金売買)。ブローカー(委託売買)。アンダーライター(引き受け)。セリング(売りさばき)[経営学]

株式公開のメリット:資金調達の多様化。財務基盤の強化。信用力の向上。知名度の向上[経営学]

国際金融・資本市場の条件:市場規模。インフラ整備。均質性の確保[経営学]

経営の国際化:国際企業(インターナショナル企業)。多国籍企業(マルチナショナル企業 )。超多国籍企業(トランスナショナル企業)[経営学]

国際立地のための3つの決定要因:その企業自身がノウハウ、熟練などの優位性をもち、その優位性が市場をつうじて取り引きするのになじまず、進出先において立地上のメリットがあること[経営学]

産業の空洞化に対する懸念:雇用・所得水準の低下をもたらす可能性のあること。製造業が衰退したとき、技術的な基盤の弱体化をもたらすおそれがあること[経営学]

日本の電話会社の旧構成:地域は、NTT、TTNet。長距離は、NTT、日本テレコム、DDI、テレウェイ。国際は、KDD、IDC、ITJ。PHSは、DDIポケット、アステル、NTTパ−ソナル[経営学]

穀物メジャ−:カ−ギル、コンチネンタル、ブンゲ、ドレフュス、ガ−ナックなどの多国籍穀物商社[経営学]

ワトソン1世の経営哲学(IBM):従業員の個性の尊重。カスタマーへのサービスの徹底。最高の目的に対して最善をつくす完全主義[経営学]

野鴨の精神(ワトソン2世):「飼いならされた鴨は、2度と野性を取り戻すことはできない。創業時代のパイオニア・スピリットを失ってはならない」という教訓[経営学]

GMの事業部(デュラント、スローン):シボレー。ビュイック。オールズモビル。オークランド。キャデラック[経営学]

P&Gの経営哲学:勤勉に働くことを最高の価値と考え、それによってすぐれた品質の製品を製造し、販売する。目先の1年ごとの業績よりも、長期的な安定成長を重視する。社員を人間として尊重し、単なる生産手段の1つとは考えない[経営学]

所得の内容(所得税法23〜35条):利子所得。配当所得。不動産所得。事業所得。給与所得。退職所得。山林所得。譲渡所得。一時所得。雑所得[経営学]

贈与税のかからない財産:扶養義務履行のための贈与。公益事業のための贈与。社交上の贈答。選挙運動のための金品。法人から個人への贈与。相続開始前3年以内の被相続人からの贈与財産。心身障害者共済制度に基づく給付金。特別障害者の信託受益 権のうち一定額[経営学]

土地税制の概要:取得段階は、不動産取得税・特別土地保有税・登録免許税・相続税。保有段階は、地価税・固定資産税・都市計画税・特別土地保有税。譲渡段階は、所得税・住民税・法人税[経営学]

近代国家:領土、国民、主権という3要素によって特徴づけられる国家。西欧の絶対主義時代に確立[政治学]

国家学説:国家の成立に関する政治学説。代表的なものは、征服国家説、家族国家説、王権神授説、社会契約説、階級国家説[政治学]

人類の分け方:国民は、政治的・法的に分けられた、地理的なまとまりの内側に住む人たち。民族は、同じ文化を共有する人たち。人種は、同じ遺伝子を共有する人たち[政治学]

政治:国家をはじめとする人間集団における権力による一元的統合の形成、維持、崩壊の全過程[政治学]

学者による政治の定義:だれが敵であり、だれが味方であるかを決定すること(シュミット)。社会的諸価値の権威的配分により社会に一元的な秩序をもたらし、その維持によ って社会を統合すること(イーストン)。国家権力の分け前にあずかろうとする努力(職業としての政治)。物理力の行使または威嚇による一定地域における継続的秩序の樹立(支配の社会学)。権力の形成と分配(ラズウェル)[政治学]

権力:他者の当初の意思に反しても、自分の意図したことを他者に行なわせる力。概念は、実体的権力論、関係的権力論、機能的権力論。分類は、強制的権力、報酬的権力、規範的権力[政治学]

実体的権力論(ラズウェル):権力は、なんらかの社会的価値の所有によってもたらされると考える説。権力をもたらす社会的価値は、政治力、尊敬、金銭、道徳、愛情、健康、技術、知識[政治学]

関係的権力論:権力は、権力関係における受け手の認識に左右されると考える説。実体的権力論を修正するかたちでダ−ルが提唱[政治学]

機能的権力論(パ−ソンズ):権力は、目的達成のために社会的資源を動員する能力であり、機能として理解されるべきであるとする権力理論[政治学]

権力の分類(エツィオーニ):強制的権力は、物理的権力による身体への処罰またはその脅迫によって服従を調達する。報酬的権力は、物質的利害による勧誘、つまり報酬としての利益供与や処罰としての財産剥奪などより服従を調達する。規範的権力は、象徴的価値の操作によって自らの権威を高め服従の自発性を増大させる[政治学]

権威:他人からの指示をその内容を吟味することなく進んで受容すること[政治学]

支配:ある政治勢力が、一定地域において、自分の意のままに社会的価値を配分できること。人々が命令に服従すること。種類は、伝統的支配、合法的支配、カリスマ的支配[政治学]

政治的支配の分類:伝統的支配は、伝統や習俗に基づいて正当化された支配。合法的支配は、合法的な手続きによって正当化された支配。カリスマ的支配は、支配者個人の卓抜した能力ないし魅力によって正当化された支配[政治学]

服従:他の命令または意思に従うこと。分類は、盲従、信従、賛従、欲従、畏従、被操縦[政治学]

服従の分類:盲従は、権力者に対する人間的信頼あるいは尊敬に基づく服従。信従は、権力者の決定権限に対する倫理的是認に基づく服従。賛従は、権力者の決定内容に対する同意に基づく服従。欲従は、権力への服従行為に対する反対給付を期待しての服従。畏従は、権力への不服従行為に対する制裁を畏怖しての服従。被操縦は、権力への服従行為であることを自覚しないで提供する服従[政治学]

ミランダ:呪術的・感情的な象徴の体系。芸術儀式などを用いて大衆の情動的で非合理的な側面に訴え権力を神聖で壮大なものとして正当化する象徴形式[政治学]

クレデンタ:知的な象徴の体系。理論、イデオロギー、信条、体系などを用いて大衆の知性的で合理的な側面に訴え、権力を尊敬、服従などの対象として正当化する象徴形式[政治学]

政治的神話:一定の歴史的事実、社会理論、理想社会像などを信仰的対象として絶対化したもの[政治学]

広義のイデオロギー:マルクスの生産諸力としての社会経済的下部構造に対応する上部構造としての、国家その他の政治構造、法制や家族その他の社会構造、宗教・芸術・学問その他の文化構造のすべてを含む意識諸形態[政治学]

イデオロギー:私たちだれもがなんらかの形で抱いている世界観のこと。人間、自然、社会等についての一貫性と論理性をもった表象、イメージと主張の体系。合理的・科学的側面と非合理的・宗教的側面の2面性をもつ。分類は、狭義のイデオロギー、アポロギー、ユートピア[政治学]

マンハイムによるイデオロギーの分類:狭義のイデオロギーは、その時代の現実をそのまま正当化して結果として保守的役割を果たす体系。アポロギーは、新しい勢力に対して旧体制を防衛するための体系。ユートピアは、現体制を乗り越えていこうとする革新的性格を持った体系[政治学]

政治的イデオロギーの要素:人間や社会問題を評価するときの基準となる根底的価値。世界の基本的な発展法則についての観念。諸価値実現のための諸条件としての神話的命題。個別具体的な政治行動の指針[政治学]

政治的イデオロギーに関する学説:マルクスの「虚偽意識」。マンハイムの「存在被拘束性」。ベルの「イデオロギーの終焉」[政治学]

マルクスのイデオロギー論:イデオロギーとは支配的な諸階級が彼らが支配する現実を正当化する体系をあたかも不変の真理であるかのように提示して現実の社会的矛盾を隠蔽するものである[政治学]

知識の存在非拘束性:あらゆる知識、信念体系はそれを信ずる個人や集団の社会の中での位置によって規定される[政治学]

イデオロギー終焉論:総体的世界観から政治的選択を導くようなイデオロギーはその魅力を失い、政治的対立は現実的利益を巡って具体的政策のレベルで争われるようになったとするもの[政治学]

イデオロギー終焉の原因:先進国の経済的発展と生活向上がイデオロギーの対立を緩和した(アロン) 。20世紀中期の人類の歴史的経験への反省(ベル、リプセット)[政治学]

政治的エリート:社会的に拘束力のある意思決定をなしうる者[政治学]

エリート理論の特色:寡頭制の鉄則。政治社会は固有のエリートを生み出す自立性を有している[政治学]

寡頭制の鉄則(ミヘルス):団体は、組織が大きくなると必ず少数支配(寡頭制)になるという法則[政治学]

エリート発生の原因:多数者の有効な組織化に当たってどうしてもピラミッドの頂点を占める少数者の支配が必要になること(モスカ)。権力を握ったものの権力維持の欲や無力な大衆の指導者を待望する欲求(ミヘルス)[政治学]

階層化理論:社会的経済的な上流階級がいかなる社会にも存在し彼らは政治的意思決定におけるエリートであって、自分の利益のために権力的支配を行い社会的疎外と階級対立の原因となる[政治学]

パワーエリート(権力エリート):一国の政治権力構造の頂点を占めているエリート集団。政治と経済と軍部のエリート[政治学]

ヘッドシップ:権力によって組織化された体制をもとに命令、服従によって社会が目標実現へ向かっていくこと[政治学]

リーダーシップ:社会成員の自発的指示に基づいてその社会のためにその成員全員を一定の方向へ向けて統合し方向づけていく作用。伝統的・代表的・創造的・投機的リ―ダーシップ。スタイルは、専制的、民主的、放任的。プロセスは、大衆の潜在的問題意識の組織化、問題の特定と解決の提示、課題の広告宣伝による説得[政治学]

政治的リーダーシップの類型:伝統的リーダーシップは、伝統や慣習に基づいて成立。代表的リーダーシップは、人々の利益を代表することで成立。創造的リーダーシップは、新しいビジョンを示すことで成立。投機的リーダーシップは、不満を解消させることで成立[政治学]

ヨーロッパ中世社会:政治は共同体やギルドの慣習や道徳、教会の宗教と未分化であり、人間も個人である以前にそうした身分的あるいは宗教的な共同体の一員として生きていた。崩壊後は、利己的で理性的な個人としての人間が析出されそうした人間像をベースとした政治的構想が立てられ始める[政治学、歴史]

マキャヴェリの現実主義:政治体制の維持には強大な権力が必要であり、政治指導者は時には愛や善意よりも暴力や狡知を用いるべきである。人徳(ヴィルトゥ)は、運命(フォルトゥーナ)に優る[政治学、歴史]

ボーダンの主権論:国家の最終意思を決定する最高権力である主権の概念を確立し、君主の絶対性を主張[政治学、歴史、世界史]

社会契約論:国家は自由で平等な個人相互の契約に基づいて成立すると考える市民革命期の政治思想[政治学、歴史、世界史]

ホッブズの社会契約論:自然権は、自己保存・自由。自然状態は、万人の万人に対する戦争状態。社会契約は、自然権を全面的に譲渡。主権は、絶対・不可分・不可侵[政治学、歴史、世界史]

ロックの社会契約論:自然権は、自己保存と自由のほかに所有の権利も承認。自然状態は、一応の平和状態。社会契約は、自然権の一部だけを信託。主権は、立法・行政・連合の三権分立、抵抗権の容認[政治学、歴史、世界史]

ルソーの社会契約論:自然状態は、完全な自由と平等。社会契約は、全体意志(妥協の産物として形成される意見の一致)ではなく、一般意志(皆の意志が一つになったところに成立する共同我)に基づくべき。人民主権の容認。代議制民主主義の否定[政治学、歴史、世界史]

モンテスキューの三権分立論:立法権(庶民院と貴族院)・行政権・司法権の三権の分離を主張。三権の間の「抑制と均衡」の必要性を指摘[政治学、歴史、世界史]

独立宣言:万人の平等と生命、自由、幸福追求の権利の自然権としての確認にはじまり社会契約論、人民主権、革命権が明文の政治原理として採用された[政治学、歴史、世界史]

保守主義:一般にその時代までの過去に積み重ねられてきた価値を維持し変革から守ろうとする思想[政治学]

バークの保守主義:伝統や慣習は長年の人類の英知に基づいていると考え、急進的な改革を否定する政治思想[政治学、歴史、世界史]

ベンサムとミルの功利主義:人々の物質的・精神的利益を算定し、「最大多数の最大幸福」を実現しようとする政治哲学[政治学、歴史、世界史]

マルクスの社会主義:生産手段の私的所有を廃止し公的所有にすることにより、資本家の労働者に対する搾取をなくそうとする思想[政治学、歴史、世界史]

政治家の資質:心情倫理と責任倫理とを区別し責任倫理について責任感があること。政治状況の予見・洞察力。政治への情熱[政治学]

心情倫理:行為の動機である純粋な心情を倫理的基準とする考え方[政治学]

責任倫理:行為のもたらす結果については、その動機や心情にかかわらず、責任をとらなくてはならないとする考え方[政治学]

演出された理想的指導者のイメージ:被支配者の待望する指導者のイメージであり倫理的潔癖性・庶民的大衆性・カリスマ性などが重視される[政治学]

わが国の政治思想史:福沢諭吉・独立自尊の精神。植木枝盛・抵抗権、革命権の保障。中江兆民・人民主権。徳富蘇峰・平民主義。吉野作造・民本主義[政治学、歴史、日本史]

議会主義:政治的リーダーシップ(主に立法、財政などの政策決定)が議会(国民の代表とされる選挙された議員から構成される会議体)に与えられる政治運営の体制[政治学]

近代議会:社会内の諸個人の政治的主張を統一することによって社会を統合する機関であり、また近代国家の統合のシンボルである。統一・統合は、議員たちの自由で理性的な討論と説得そして妥協の積み重ねによる意見の一致によりなされる[政治学]

多数決原理:多数の意思に基づいて決定を行なうという原理。有効に機能しうる条件は、同質性、十分な討論、少数意見の尊重[政治学]

委員会制:常任委員や権限範囲を明確に特定された多くの委員会が立法方針から細目までを独自に審議し決定できる。議員は原則としてどこかの委員会に所属し委員としての活動が議員活動の中心を占める[政治学]

アメリカ合衆国の政治の特色:草の根レベルからの要求の積み上げが政治を作動させてきた点。連邦制。三権分立。権力間の牽制均衡[政治学]

アメリカの大統領制の特徴:不信任決議権や議会解散権がない。大統領は法案や予算案を提出できない。大統領は拒否権をもつ。議員と閣僚は兼職できない[政治学]

大統領制の短所:政治の非能率。大統領と議会の多数派とが責任を押し付け合うことが可能[政治学]

開発途上国の特徴:ナショナリズムが強く主張される。主として経済上の理由から社会主義に傾きやすい。権力集中的傾向をもつ。軍部の力が強い[政治学]

現代大衆国家となった社会的経済的背景:資本主義の高度な発達。科学技術と産業社会の高度化。都市の膨張。教育の普及[政治学]

情実任用制(猟官制、スポイルズ・システム、パトロネ−ジ・システム):採用者の私情が重視される公務員任用制度。目的は、行政機構の民主化。問題は、行政機構の非能率化と腐敗[政治学]

資格任用制(メリット・システム):官職にふさわしい資格や能力があるかを調べ、それをもとに採用を行なう公務員任用制度[政治学]

官僚制:行政国家が擁する官僚機構に代表される特別な組織形態つまり専門的な行政官(官僚)を中心とする整備された行政組織。目的合理的に形式化され運営される大規模な組織で、正確な予測可能性、計算可能性をもつ時計のような組織。合法的支配形式をとる近代国家を代表するシステムで、近代資本主義企業が生んだ組織形式[政治学]

近代官僚制の特徴:権限の原則。階統制の原則。文書主義。公私の区別。専門性の原則。専任性の原則。規則による規律[政治学]

官僚制の逆機能(訓練された無能力):官僚制の原則の遵守が逆に問題をひきおこす可能性[政治学]

官僚制の弊害:権威主義的態度と形式主義的態度。権威主義的態度は、尊大さ、特権意識、不親切。形式主義的態度は、法規万能主義、繁文縟礼、たらい回し、責任回避[政治学]

形式主義的態度の内容:法規万能主義は、法や規則に定めがないからできないとすること。繁文縟礼は、不必要なまでに多くの書類の作成を求めること。たらい回しは、自分の権限の範囲ではないからとほかの部局に回すこと。責任回避は、自分は規則通りに行動しただけだと弁明すること[政治学]

民主主義の歴史:市民革命期の民主主義は、急進派の思想で、自由主義と対立。18世紀から19世紀に欧米では議会制民主主義が確立。20世紀の民主主義は、大衆の世論に立脚した大衆民主主義[政治学]

多極共存型民主主義(コンソシエーショナル・デモクラシー):宗教や民族などによる社会的亀裂がはっきりしている国にみられる民主主義 。特徴は、下位文化集団の強力な自治権、全国的な決定における全会一致制の採用、大連合政権、人事などでの比例制原理の採用[政治学]

多元的民主主義:多元的な団体の政治的競合によって民主主義が支えられていることを示す概念[政治学]

多元的国家論(政治的多元主義):国家は、多くの社会集団の一つにすぎないとする国家論。権力は国家に独占されるべきではなく、大衆社会の中に噴出してきた経済的、宗教的、文化的な諸団体に分有されるべきであり、諸個人は諸団体を通して政治に参加することで、大衆社会化・議会の空洞化のなかで喪失した政治的積極性を回復しうる。代表的論者は、ギルケ、ラスキ、リンゼイ、コール、バーガー、マッキーヴァー[政治学]

夜警国家:19世紀の自由放任主義の国家観で、国家は外敵の侵入防止、国内秩序維持 、個人の財産・自由の侵害の除去という必要最小限の消極的役割のみを果たすべきであるという国家観[政治学]

福祉国家:福祉(公的扶助による生活の安定、充足)など市民へのサービスを積極的に行なう国家。国家が社会保障を中心とする社会政策、独占禁止から産業国有化に到る経済政策の主体として社会全体に介入し個々人の福利実現に努めることで社会を統合していく[政治学]

ファシズム:指導者原理に基づく民族主義的な全体主義体制、ならびにそうした体制の実現を求める政治思想や政治運動。思想は、民族主義、全体主義、指導者原理、反共主義[政治学]

ナチズムの心理:権威への積極的服従と権威主義的パーソナリティ。権威への積極的服従は、自由からの逃走。権威主義的パーソナリティは、サディスティック(加虐的)な攻撃性とマゾヒスティック(自虐的)な献身性[政治学]

独裁の分類:シュミットは、委任的独裁、主権的独裁。ノイマンは、単純独裁、カエサル的独裁、全体主義的独裁。ハルガデンは、古典独裁、超革命独裁、反革命独裁、疑似革命独裁[政治学]

ノイマンによる独裁の分類:単純独裁は、軍、警察など伝統的支配手段を少数者が集中的に掌握する独裁 。カエサル的独裁は、大衆の独裁者へのカリスマ的影響力を背景とする場合。全体主義的独裁は、マスメディアや経済の統制により、私生活までに権力を浸透させる場合[政治学]

ハルガデンによる独裁の分類:古典独裁は、伝統的貴族、君主などに対し、新興経済勢力が台頭するときに起こる独裁。超革命独裁は、大衆蜂起を背景に革命委員会を強権で支配する独裁。反革命独裁は、古典独裁に対抗して伝統的支配層が組織する独裁。疑似革命独裁は、超革命独裁の恐怖にかられた中産階級の大衆運動で組織される独裁[政治学]

カエサル主義:対立する諸勢力が破局的な均衡を保っているとき大人物がなす仲裁的解決。進歩的カエサル主義と退歩的カエサル主義[政治学]

コーンハウザーの社会類型:大衆社会は、接近可能性が高く、操作可能性も高い。全体社会は、接近可能性が低く、操作可能性が高い。伝統社会は、接近可能性が低く、操作可能性も低い。多元社会は、接近可能性が高く、操作可能性が低い[政治学]

政治過程論(ベントレー、トルーマン):政策が形成され実施される過程を研究する行動科学的政治学の一分野[政治学]

政党:一定の政策の実現を目標として、政治権力への参加及びその獲得を目ざして活動する団体。機能は、利益表出機能、利益集約機能、選挙機能、統治機能[政治学]

政党制:各国ごとに異なる政党構成の類型。類型は、一党制、ヘゲモニー政党制、二大政党制、一党優位制、穏健な多党制、分極的多党制、原始的状況[政治学]

共和党・民主党:基本的政治理念の類似。地方分権的。党首と党員の不在。党規律が弱い。交差投票が顕著[政治学]

保守党・労働党:基本的政治理念の対立。中央集権的。多くの党員の存在。党規律が強い。党議拘束が顕著[政治学]

政党が公的役割を果たすための条件:普通選挙制と議会主義。複数政党の存在。党内民主主義[政治学]

ウェーバーの政党発展論:貴族政党は、最初期の政党で、貴族とその従属者の集まり。名望家政党は、永続的な組織をもった最初の本格的な政党。大衆政党は、大衆を組織し、担い手とする政党[政治学]

政治資金:政党の活動費用。内容は、党費、寄付、国庫補助、事業収入[政治学]

多数代表制:選挙区内の多数派が議席を独占できる制度であり多数党による安定政権が期待できる[政治学]

少数代表制:選挙区内の少数派も議会に議席を獲得してその主張を反映できる選挙制度で国民意思が忠実に反映させられるが小党分立による政情不安を招く恐れがある[政治学]

選挙制度:小選挙区制は、一選挙区から一人を選出する制度。比例代表制は、各党の得票率に応じて議席を配分する選挙制度。並立制は、二つの選挙制度のそれぞれに議席数を割り当て、互いに無関係に当選者を決定する方法。併用制は、比例代表制選挙の結果で各党の議席配分をすべて決定し、各党の当選者の決定についてのみ、小選挙区制の結果を尊重する方法[政治学]

小選挙区制の長所:候補者の識見を知る機会が多い。小党乱立を防ぎ、二大政党化を促すので、政局の安定をもたらす。選挙費用の節約が可能になる。選挙の取締が容易になる[政治学]

小選挙区制の短所:競争が激烈になりやすい。多くの死票を産むので、民意と議会の構成に乖離が生じてしまう。選挙腐敗を誘発しやすくなる。新人の選出が困難となる。小選挙区制の下では一党が三分の二の議席を獲得することが容易になり、硬性憲法の趣旨が失われる。得票率と議席率が逆転しうる小選挙区制の下では 衆議院の解散制度の民主的意義が失われかねない[政治学]

大選挙区制における投票方式:単記では一人の名前、完全連記では議員定数分の名前、制限連記では議員定数より少ない決まった数の名前を書いて投票する[政治学]

大選挙区制の長所:候補者の選択の範囲が広くなる。腐敗行為が少なくなる。死票が少なくなる。新人選出の可能性が大きくなる[政治学]

大選挙区制の短所:選挙人と議員の関係が希薄になりがちであり、選挙や政治に対する選挙人の関心が乏しくなりやすい。選挙費用がかさむ。補欠選挙を行うのに不便である。選挙人と候補者の関係が一般に疎遠であり、選挙に際して選挙人が候補者の人格や識見を知らないことが多い[政治学]

投票行動研究の主要学派:コロンビア学派(ラザースフェルド)は、投票行動について、社会構造との関連を重視し、子供の頃から形成されてきた先有傾向を分析対象とする学派。ミシガン学派(キャンベル)は、個々の選挙における政党支持態度と投票行動の関連を重視する学派[政治学]

「バッファー・プレイヤー(緩衝投票をする人)」説:政権党が強過ぎるようだと野党に投票し落ち目だと与党に入れる人々が大きな役割を果たすとする考え[政治学]

圧力団体:職業的、生活的、思想的な利益の擁護、追求を目的とした団体で、政府や政党に圧力をかけて自らの利益を政治的に実現しようとするもの。分類は、部分団体、促進団体、潜在団体[政治学]

マッケンジーによる圧力団体の分類:部分団体は、特定の職業利益の増進を目的とした圧力団体。促進団体は、公共利益の増進を目的とした圧力団体。潜在団体は、通常は圧力団体活動をしていないが、必要に応じて政治的活動を行なう団体[政治学]

圧力団体の台頭要因:地域代表政治の補完(職業利益や公共利益の表出)。政党機能の補完(政党によって代表されない利益を表出)[政治学]

圧力団体の欠点:圧力団体本来の特殊利益のみを強力に主張する集団エゴイズム性ゆえに利益表出をゆがませその集約、統合を困難化する[政治学]

コーポラティズム(団体協調主義):圧力団体が政策の形成、決定に参加する公的制度[政治学]

ネオ・コーポラティズム:労使を代表する圧力団体が、制度的に政府の政策形成に参加する政治システム[政治学]

ロビイスト:アメリカにおける圧力団体の代理人[政治学]

圧力団体活動の日米比較:アメリカは、対象・議会、参加・自発的、政党とのつながり・不明確。日本は、対象・行政機構、参加・非自発的、政党とのつながり・政党ごとに系列化[政治学]

世論:社会や集団のメンバーの間での共通的問題に関する集合的意見。問題点は、世論の非合理性、世論の流動性、世論操作の危険性[政治学]

マス・コミュニケ−ション(マス・コミ、大衆伝達、大衆通報):新聞・雑誌・ラジオ・テレビジョン・映画などの媒体を通じて行われる大衆への大量的な情報伝達。要素は、主体、対象、媒体、内容、効果。機能は、環境監視、社会の調整、世代間伝達[政治学]

マス・メディア(大衆媒体、大量伝達手段):マス・コミュニケ−ションの媒体。効果は、新しい意見・態度の創造、既存の意見・態度の減殺・補強・改変、無効果[政治学]

マスメディアの発達原因:共同体を失ったばらばらの大衆が人的接触から疎外されて生活し、信頼できる情報を渇望すること。情報伝達技術の進歩[政治学]

マスメディアの政治過程における役割:社会に生じた政治的現象の情報を人々に伝える。政治現象を解釈しそれに対する大衆の反応を「主張」にまとめて政治行動に指針を示す。政府の支配の正当性とその政策とを国民に周知、徹底させる[政治学]

アナウンス効果:選挙などで、マスメディアが発表した情勢報道や選挙予測などが、有権者の投票行動に変化を与えること[政治学]

バンドワゴン効果:選挙などにおいて、マスメディアが多数者の支持があると報道しただけで、自分の意見を変更し、その候補者への支持に回ること[政治学]

疑似環境:マスメディアが設定する象徴的な環境[政治学]

ステレオタイプ的思考(紋切型):人間がものごとを見るときありのままは見ずに、必ず既に持っている固定観念に照らして何らかの修正を加えてから受容している、そうした思考方法[政治学]

ステレオタイプ的思考の発生原因:人間が生の事実の直視を無意識に避け、既知の世界に安住しようとする心理的性質。マスメディアの存在[政治学]

コミュニケーションの二段の流れ仮説(ラザースフェルド):マスメディアからの影響は、オピニオンリーダーを媒介として間接的に作用するとの仮説[政治学]

議題設定論(アジェンダ・セッティング論):マスメディアは、人々が語るべき話題や争点に強い影響を及ぼしているという学説

行動科学的政治学(シカゴ学派):現代政治学のうち、その分析手法に行動科学を導入したもの

ミクロポリティクス(政治行動論、政治心理学):政治にかかわる諸個人の心理を無意識まで含めて分析することによって、政治現象の解明をめざすもの

政治的無関心:被支配者が政治に対してほとんど完全に受動的服従状態にあり投票などの政治参加への志向がきわめて低い状態。分類は、無政治的態度、脱政治的態度、反政治的態度[政治学]

無政治的態度:政治以外の事柄に対する関心が強いため、政治にはそもそも関心をもたないタイプ。伝統型無関心と現代型無関心[政治学]

脱政治的態度:政治に対する幻滅などのために、政治への関心を失ってしまったタイプ[政治学]

反政治的態度:政治というものに反感を感じ、積極的に関与を拒絶するタイプ[政治学]

伝統型無関心(制限選挙時代の無関心):前近代社会において政治が特定の身分の者のみが関わるものだという認識が伝統的に定着していて誰も疑いをもたない場合[政治学]

現代型無関心(現代大衆社会に見られる無関心):普通選挙が実現し、生活のさまざまな局面に政治が関係する現代社会にあって、政治の重要性も情報も有しつつ、自らの政治的責任を果たさない場合[政治学]

アノミー:社会規範の動揺や崩壊によって生じた社会的価値の混沌状態、またはそれによる社会成員の欲求や行為が無統制となった社会の病理的状態。単純(慢性)アノミーと先鋭(急性)アノミー[政治学]

グレージアによるアノミーの分類:単純(慢性)アノミーは、複数の信念体系が競合葛藤した状態。先鋭(急性)アノミーは、支配的な信念体系が崩壊し指導原理が全面的に喪失した状態[政治学]

政治システム論(イーストン):行動科学の視点に立ち、政治の複雑な機能を一つのシステム(体系)として分析しようとする研究方法[政治学]

政治システム(政治体系):社会内のさまざまな政治行動が関係しあって織り成す政治の全体的作動メカニズムを抽象化した図式的モデル[政治学]

グループダイナミクス(集団力学):集団現象の一般的法則を実験的に明らかにしようとするもの[政治学]

フローモデル:社会という環境の中に浮かぶ生物体のように政治体系を捉え、そこへの入力、そこからの出力そして出力の影響が再び入力としてフィードバックするという流体力学的モデル[政治学]

参加と競争によるデモクラシーの分類:競争的オリガーキー(寡頭制)。ポリアーキー(多頭制)。包括的ヘゲモニー(覇権制)。閉鎖的ヘゲモニー(覇権制)[政治学]

ポリアーキー:現実に可能な政治体制の中で民主政の理想にもっとも近いもの。多元的な参加と分権が実現した社会。条件は、結社の自由、表現の自由、選挙権、公職への被選挙権、政治的指導者が支持と投票を求めて競争する権利、代替的情報源へのアクセス、自由で公正な選挙、政府政策を有権者の投票その他の方法に基づかせる制度[政治学]

BBモデル:本質は括弧に入れて問わずブラックボックスにしておいて数量的処理可能なものを抽出する仮説[政治学]

了解モデル:研究者と読者とが自明の前提として了解しているところから打ち立てられる理論[政治学]

数理的方法:数学的モデルの構築を目指し、状況を単純化した実験(シュミレーション)をもとに記号論理学やゲーム理論を用いて、意思決定や紛争解決のパターンを明らかにし、現実の政治・行政における予測と妥当な選択を可能としようとするもの[政治学]

勢力均衡理論:複数の主権国家が相互の国益と国力とを考慮し、合理的に外交政策を処理することで国際システムの安定を図るべきとする16世紀以来の国際関係観[政治学]

安全共同体:主権を保持しながら社会的諸分野で交流融合を深め、もはや武力行使を想定しない状態に達した国家群[政治学]

政治的社会化:その人が今生きている政治システムで容認され実行されている政治的な規範、態度、行動のパターンを少しずつ習得していくこと[政治学]

政治文化:ある社会のなかで政治のシステムの意味と価値を定め、またそこに生きる人々の政治的行動の基本的前提とルールとを与える人間の態度、信条、心情のパターンの集合。未分化型、臣民型、参加型[政治学]

アーモンド、ヴァーバによる政治文化の分類:未分化型(偏狭型、地方型)は、被支配者が支配関係を意識していない場合 。臣民型は、被支配者が服従の関係として支配関係を意識している場合。参加型は、被支配者が服従と参加の過程として支配関係を意識している場合[政治学]

政治文化論の問題点:政治文化を社会の文化の枠組みから分離抽出しうるのか。個々人の政治への心理的志向の集合が無媒介にシステム全体の文化的配置と考えられている。政治や民主主義といった概念自体が社会構成との関連で初めて意味を特定しうる[政治学]

市民文化:臣民型と参加型が程よく混合して、民主主義的政治システムを安定させる政治文化[政治学]

日本の政治文化の特徴:西欧近代が生んだ理性的個人を主体とする市民社会、公衆が存在しない、すなわち前近代的な社会と個人との未分化状態が存続している。成員が濃密な情緒的結合で結ばれ相互に相手の無定量の好意に依存している甘え社会である[政治学]

人権確保の五大改革:選挙権付与による日本婦人の解放。労働組合の結成奨励、幼年労働の弊害の 除去。より自由なる教育を行う為の諸学校の開設。秘密警察及びその濫用に 依り国民を不断の恐怖に曝し来たりたるが如き諸制度の廃止、人民を圧政か ら保護する司法制度の確立。独占的産業支配が改善せらるるよう日本の経済 機構を民主化すること[日本政治・日本史・歴史]

日本の消費者団体:関西主婦連合会。主婦連合会。全国婦人団体連絡協議会。全国消費者団体連絡会。消費科学連合会。全大阪消費者団体連絡会。日本消費者連盟[日本政治、日本史、歴史]

ブログ全画面表示