[不動産] [投資] [求人] [通販] [食品] [比較] [買取] [美容] [化粧] [健康] [中古] [脱毛] [英語] [英会話] [送料無料] [ダイエット] [サプリメント] [ファッション]


[1]産業用太陽光発電(10kw以上)一括見積もりはグリーンエネルギーナビ

[0]太陽光発電設置の価格比較・無料一括見積りはタイナビ

[0]日本初!土地付き太陽光発電の投資物件検索サイト【タイナビ発電所】 | タイナビ発電所

[0]太陽光発電は、お客様満足度93%の「太陽光マイスター」にお任せ!

[0]【キラ★リズム通販】太陽に負けないサプリ?WHITE VEIL

[太陽 amazon] [太陽 楽天]
名前>発言

K > 発光ダイオードと太陽光発電は逆プロセス [物理学][2016/4/19]
K > 太陽系は毎秒220キロで銀河の中を回る [宇宙学 天文学][2016/3/29]
K > ファーストスターはビッグバンから40万年後、太陽の40倍の重さ [宇宙学 天文学][2016/3/29]
K > オリオン座のベテルギウス:平家星。太陽の20倍の重さ。640光年。15年で15%小さく。 [天文学 宇宙学][2016/3/29]
K > 毎秒私たちの体を百兆ものニュートリノが通り抜ける[太陽の核融合の副産物] [雑学][2016/3/29]
K > E=mc^2。太陽は毎秒40億キログラム軽くなる。 [天文学 宇宙学][2016/3/29]
K > [公転速度]地球は毎秒30キロの速さで回っている。公転速度は太陽から離れると遅くなるので、速い順に水金地火木土天海(冥)と惑星の並び順と同じになる。 [宇宙][2016/3/28]
K > [1895]日本初の総合雑誌『太陽』創刊 [日本史][2016/1/25]
K > 角度はある程度急な方が発電効率がいいと思われているけど10度ぐらいでも遜色ないらしい [太陽光発電][2014/7/25]
K > サニックスとか安いみたい [太陽 発電][2014/7/25]
テオティワカン:太陽のピラミッド・月のピラミッド[2017年更新]

太陽光は平行光線。点光源からの光線は拡散光線。[2016年更新]

フロンガスは成層圏で太陽光線で分解され塩素ができる[2014年更新]

太陽放射:大気・雲への吸収20、反射31、地表面への吸収49[2014年更新]

太陽定数=(毎秒)1.37kW/平米[2014年更新]

太陽系の果ては、ほとんどの彗星のふるさとであるオールトの雲[2014年更新]

太陽系外縁天体はそのほとんどが氷の天体[2014年更新]

太陽系外縁天体が存在する領域をエッジワース・カイパーベルトという[2014年更新]

強い太陽風は磁気嵐を起こしたりオーロラを出現させたりする[2014年更新]

フレア:太陽表面での爆発現象。太陽風:太陽が出している陽子・電子などの電気を帯びた粒子。フレアが激しくなると太陽風のエネルギーも強まる。[2014年更新]

黒点の数が多いときは太陽の活動が活発なとき(極大期)[2014年更新]

太陽のスペクトルに見られる黒い線(吸収線)を調べると太陽の成分が分かる[2014年更新]

太陽のスペクトルから表面温度が分かる[2014年更新]

太陽の大気は彩層とコロナ[2014年更新]

黒点は太陽の内部を走っている磁力線の一部が表面に飛び出したり内部に戻ったりする部分[2014年更新]

太陽の表面:約5500度。黒点:3500〜4000度。[2014年更新]

原始太陽系円盤のガスやちり→微惑星→原始惑星→惑星[2014年更新]

隕石の分析から太陽系の誕生が約46億年前であることが分かった[2014年更新]

多くの銀河の中心には巨大ブラックホール。天の川銀河にも太陽の400万倍の質量のブラックホール。[2014年更新]

オリオン座のベテルギウスの直径は太陽の千倍[2014年更新]

太陽は中心部の水素が無くなりだすと膨張を始め、やがて直径が100倍以上の赤色巨星になる[2014年更新]

高山樗牛(たかやまちょぎゅう)は雑誌「太陽」で、日本主義を唱え、のち個人主義に転じた。[2014年更新]

太陽の直径:約140万km(地球の約109倍)[2013年更新/引用元:2012年度高校講座 科学と人間生活 第17回]

地球型惑星は太陽に近いのでガスが吹きとばされ岩石質になった。木星型惑星は太陽から遠いのでガスがたまって大きくなった。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座地学/宇宙学/天文学/太陽系惑星]

木星型惑星は水素やヘリウムが主成分のガスにおおわれている[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座地学/宇宙学/天文学/太陽系惑星]

火星:二酸化炭素の薄い大気。ドライアイスの極冠。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座地学/宇宙学/天文学/太陽系惑星]

金星:濃い大気。硫酸の雲と二酸化炭素の大気。表面温度は500度C。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座地学/宇宙学/天文学/太陽系惑星]

水星:大気がほとんどない。昼は400度C、夜は-200度C。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座地学/宇宙学/天文学/太陽系惑星]

太陽の表面:光球(6千度)。彩層(1万度)。コロナ(百万度)。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座地学]

世界の消費エネルギーを1とすると、光合成が固定するエネルギー5〜10、地球に届く太陽光エネルギー1万[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座理科総合/エネルギー規模/相対値/光合成のうち食料分0.05/化石燃料分0.82]

太陽系には小天体があり、起源は惑星と同じ[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座地学/天文学/宇宙学]

ガスとちりでできた回転する円盤から太陽系が誕生[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座地学/天文学/宇宙学]

地球磁場は太陽風から地球を守る[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座理科総合]

太陽風:太陽から放出された陽子や電子[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座理科総合]

系外惑星:太陽系以外の恒星の周りを回る惑星[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座理科総合]

恒星は星間雲の中から生まれた。太陽系も星間雲の中から生まれ、太陽を中心に回転しながらできた。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座理科総合/天文学/宇宙学]

太陽系は惑星のほか太陽系外縁天体、小惑星、彗星など含む[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座理科総合/天文学/宇宙学]

太陽系の特徴:ほぼ円軌道。同一平面上。遠いほど間隔がひろい。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座地学/天文学/宇宙学]

地球が受け取るエネルギーは太陽の放射エネルギーの20億分の1[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座理科総合(第4回)/天文学/宇宙学]

太陽の中心核では毎秒5億5千万トンの水素が核融合反応[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座理科総合(第4回)/天文学/宇宙学]

太陽の中心核:1500万度。2千億気圧。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座理科総合(第4回)/天文学/宇宙学]

1天文単位:太陽から地球までの距離。1億5千万キロメートル弱。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座理科総合(第4回)/天文学/宇宙学]

超新星爆発をおこす星は、質量が太陽の10倍以上で、核融合反応で鉄までつくる[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座地学[恒星の最期]/天文学/宇宙学]

協定世界時(UTC):universal time coordinated。太陽の南中が基準の世界時とセシウム原子時計の国際原子時の差を0.9秒以内に調整した時刻系。BIPM(国際度量衡局)が管理。世界時の速度は一定でないため、常に一定である原子時と差が生じたとき、1秒(閏秒)を追加・削除して調整。[2012年更新/時間]

絶対等級:32.6光年離れた位置においたときの星の明るさ。太陽は4.83。[2012年更新/恒星/宇宙/引用元:2011年度NHK高校講座地学]

宇宙誕生137億年前。太陽系誕生46億年前。[2012年更新/引用元:2011年度NHK高校講座地学/年齢]

フラウンホーファー線:太陽の連続スペクトル中に見られる無数の暗線[2012年更新/1814年、ドイツの物理学者フラウンホーファーJ.von Fraunhoferが発見/引用元]

旧都市銀行規模ランキング:上位行は、第一勧業、住友、富士、三菱、三和。中位行は、東海、三井、太陽神戸。下位行は、大和、協和、埼玉、北海道拓殖[経営学]

ブログ全画面表示