[塩]データベース

[4]宅配弁当や食事宅配サービスなら、カロリーや塩分を考えた冷凍食品「おまかせ健康三彩」

[0]塩まくら、消臭除菌(ノロウイルス対策 次亜塩素酸を含むプーキープロケア)、アンデスソルトの通販 癒しの森

[0]塩分・糖分が気になる方に「神の草ヒュウガトウキ」 | アイシー製薬株式会社

[塩 Amazon] [塩 楽天]

名前>発言

K > プリンが(GA)ピカチュー(CTU)[塩基語呂合わせ/プリン環G・A。ピリミジン環C・T・U。] [分子生物学][2016/12/31]
K > アルカリ・アルカリ土類以外の陽イオンは塩基性下(OH-)で沈む [化学][2016/8/9]
K > ガーナ王国は金と塩(岩塩)を交換する交易を行った [世界史][2016/6/28]
K > NaHSO3とNaH2PO4は酸性 [塩の液性判断法の例外] [無機化学][2016/6/5]
K > アデノシン:アデニン(塩基)+リボース(五炭糖) [生物学][2016/3/21]
K > 北海道の山地:縦に「ハリ」型。天塩(てしお)・北見・夕張・日高。他、石狩。 [地理][2015/7/23]
K > 強酸+強塩基由来の酸性塩は酸性 [化学][2014/11/3]
K > 次亜塩素酸HClOは酸化力が非常に強いオキソ酸の1つで、殺菌剤などに用いられる [化学][2014/10/21]
K > 翻訳:3塩基で1つのアミノ酸 [生物][2014/10/13]
K > RNAの塩基:A(アデニン)。U(ウラシル)。G(グアニン)。C(シトシン)。 [生物][2014/10/13]
K > RNAの構造:糖(リボース)に塩基(AUGC)とリン酸が結合 [生物][2014/10/13]
K > 人はDNA30億塩基対・遺伝子2万2千程度 [生物][2014/10/12]
K > A:アデニン。T:チミン。G:グアニン。C:シトシン。 [塩基の種類][生物 DNA][2014/10/12]
K > ヌクレオチドは、糖(デオキシリボース)にリン酸と塩基が結合 [生物 DNA][2014/10/12]
K > 塩酸:塩化水素酸の略 [化学][2014/10/8]
[塩の液性判断の例外]NaHSO3とNaH2PO4は酸性[2016年更新]

アデノシン:アデニン(塩基)+リボース(五炭糖)[2016年更新]

鈴木牧之:随筆『北越雪譜』を著した越後国塩沢の豪農[2015年更新]

アデニン(塩基)+リボース(糖):アデノシン。+P1:AMP。+P2:ADP。+P3:ATP。[2015年更新]

二酸化炭素:2価の弱酸。アンモニア:1価の弱塩基。[2014年更新]

弱酸・弱塩基の電離度αは濃度で変化[2014年更新]

強塩基(SB):K・Na・Ba・Ca(来るなバカ)の水酸化物[2014年更新]

酸・塩基の定義:アレーニウス(H+・OH-の生成)。ブレンステッド(H+の移動)。[2014年更新]

翻訳:3塩基で1つのアミノ酸[2014年更新]

ヌクレオチドは、糖(デオキシリボース)にリン酸と塩基が結合[2014年更新]

王水:濃塩酸・濃硝酸を3対1[2014年更新]

ブルーベリー(色素アントシアニン):[酸性]ピンク、[中性]紫、[塩基性]緑[2014年更新]

一般に正塩の水溶液の性質は塩を作った酸と塩基の強弱による[2014年更新]

正塩のグループに限り水溶液が何性を示すのか目安がある[2014年更新]

塩は、正塩・酸性塩・塩基性塩の3つに分類できる[2014年更新]

酸性塩:酸のHが残っている塩。塩基性塩:塩基のOHが残っている塩。正塩:酸のHも塩基のOHも残っていない塩。[2014年更新]

中和反応には水が生じない反応もある。塩化水素とアンモニアが反応して塩化アンモニウムができる。[2014年更新]

中和反応の生成物は「塩」と「水」[2014年更新]

強酸・強塩基の電離度はほぼ1。弱酸・弱塩基の電離度は1に比べてとても小さい。[2014年更新]

酸性:水素イオンによるもの。塩基性:水酸化物イオンによるもの。[2014年更新]

「塩基」は、赤色リトマス紙を青色に変え、薄い水溶液は苦みがあり、手につくとぬるぬるする[2014年更新]

ブレンステッド・ローリーの定義:[酸]水素イオンを与える物質。[塩基]水素イオンを受け取る物質。[2014年更新]

アレーニウスの定義:[酸]水に溶けて水素イオンを出す物質。[塩基]水に溶けて水酸化物イオンを出す物質。[2014年更新]

「酸性」「塩基性」は、酸や塩基が水溶液中で示す性質[2014年更新]

塩素の原子量は35.5[2014年更新]

フロンガスは成層圏で太陽光線で分解され塩素ができる[2014年更新]

海水の沈み込みの理由:水温の低下と塩分濃度の上昇[2014年更新]

次亜塩素酸HClOは酸化力が非常に強いオキソ酸の1つで、殺菌剤などに用いられる[2014年更新]

酸性酸化物:非金属の酸化物。塩基性酸化物:金属の酸化物。両性酸化物:両性元素の酸化物。[2013年更新/化学]

弱酸・弱塩基由来のイオン(塩)が加水分解を起こす[2013年更新/化学]

生理食塩水(生理食塩液):体液、特に血清と浸透性を等しく作った食塩水。人間などの定温動物では0.85〜0.9パーセントのものを用いる。[2013年更新/goo辞書]

電離度:電解質が溶液中でどれだけ電離しているかの割合。強酸・強塩基はほぼ1。弱酸・弱塩基は濃度で変化。[2013年更新/化学]

強塩基:来るな馬鹿(K・Na・Ba・Ca)[2013年更新/化学/語呂合わせ]

ポリエチレンの密度は水より低い。ポリスチレン・ポリ塩化ビニルの密度は水より高い。[2013年更新/引用元:2012年度高校講座 科学と人間生活 第8回/プラスチック]

王水:濃塩酸と濃硝酸を3対1で混ぜた酸[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座理科総合]

フェノールフタレイン液:酸性・無色。塩基性・赤。[2013年更新/化学/pH指示薬]

広い定義:酸は水素イオンを出す物質。塩基は水素イオンを受け取る物質。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座理科総合]

酸や塩基が水に溶けると酸性や塩基性を示す[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座理科総合]

塩基性:リトマス紙・ムラサキキャベツ液・BTB溶液は青に変化[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座理科総合/pH指示薬]

酸は金属と反応。塩基はタンパク質と反応。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座理科総合]

アニリン:ベンゼン環+アミノ基。水に少し溶ける。さらし粉で赤紫色。塩基性。塩酸に溶ける。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座化学/有機化学/有機化合物]

フェノール類:塩化鉄(3)水溶液で紫色になる[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座化学/有機化学]

合成洗剤は中性。高級脂肪酸塩であるセッケンは、弱酸のカルボン酸と強塩基の水酸化ナトリウムの塩なので、弱塩基。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座化学/有機化学/有機化合物/石鹸/石けん]

エステルをけん化すると脂肪酸塩とアルコールができる[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座化学/有機化学/有機化合物]

エステルは酸や塩基で分解。けん化:エステルを塩基で分解。加水分解:酸を触媒に水で分解。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座化学]

アンモニアソーダ法(ソルベー法):冷食塩水にアンモニアを飽和させ、二酸化炭素を通し炭酸水素ナトリウムを沈殿させ、焼いて炭酸ナトリウムにする。[2013年更新]

水酸化ナトリウムは食塩水を電気分解してつくる[2013年更新]

一般的に金属は酸に反応。塩基にも反応する金属は特別。[2013年更新]

両性元素:単体や化合物が、酸とも塩基とも反応する元素。アルミニウム・亜鉛・スズ・鉛が代表例。[2013年更新]

酸と塩基が中和するとき、価数×濃度×体積が等しい[2013年更新]

強酸+強塩基→中性の塩。強酸+弱塩基→酸性の塩。弱酸+強塩基→塩基性の塩。[2013年更新]

強酸・強塩基:ほぼ100%イオン。弱酸・弱塩基:ごく一部がイオン。[2013年更新]

弱酸:酢酸、シュウ酸、炭酸。弱塩基:アンモニア。[2013年更新]

酸・塩基の価数:水に溶けたときに生じる水素イオン・水酸化物イオンの物質量で決まる[2013年更新]

水酸化物イオンOH-が塩基性を示す[2013年更新]

酸性:すっぱい。塩基性:ぬるぬる。[2013年更新]

リトマス紙:酸性は(青から)赤、塩基性は(赤から)青[2013年更新/理科/pH指示薬]

塩基のうち水に溶けやすいものをアルカリという[2013年更新]

塩:酸と塩基の中和反応で生じる化合物で、酸の陰性成分と塩基の陽性成分からなる、酸の水素イオンを金属で置換した化合物。[2013年更新]

戦を(1930)せず塩の行進で不服従運動開始[2012年更新/歴史/世界史/インド/ガンジー/ガンディー/年号語呂合わせ]

嫌味な(1837)大塩反乱、ビクトリア即位[2012年更新/歴史/日本史/世界史/大塩平八郎の乱/イギリス女王/年号語呂合わせ]

AとT、CとGは塩基対(相補的)[2012年更新/生物学/シャルガフ/DNA/核酸/イメージ動画]

染色体:細胞核の有糸分裂のとき現れる棒状小体。塩基性色素に染まりやすいため命名。染色質が染色糸となり、さらに螺旋状に縮まって短く太くなったもの。基本構成要素はDNAとヒストン。一本の染色体には一本のDNA。[2012年更新/分子生物学/遺伝学/螺旋(らせん)]

プライマー:DNA合成・複製に必要な核酸断片。鋳型DNA・プライマーが相補的に結合し、DNAポリメラーゼの作用で、プライマーの一方端を起点とし、鋳型DNAと相補的塩基配列の新DNA鎖が伸長。[2011年更新。有機化学。primer。]

コドン:伝令RNA上の遺伝暗号単位。三個一組塩基配列(トリプレット)で六四種類あり、六一通りが二〇種のアミノ酸を規定し、残り三通りはアミノ酸配列終了を指定[2011年更新/分子生物学/codon/引用元。]

cDNA:相補的DNA。mRNAと相補的な塩基配列をもつ一本鎖DNA。mRNAなどを鋳型として逆転写酵素を用いて合成する。[2011年更新/complementary DNA/分子生物学/引用元。]

ブレンステッド:デンマーク物理化学者。1923年、酸・塩基を陽子移動で定義し、陽子放出物質を酸、受け取る物質を塩基とした。[2011年更新。Johannes Nicolaus Bronsted。[1879〜1947]。引用元。歴史・人物。]

強酸:HCl、H2SO4、HNO3。強塩基:アルカリ金属・アルカリ土類金属の水酸化物。[2011年更新、化学]

フロン:フルオロカーボンの慣用名。メタン・エタンなど炭化水素の水素を弗素(ふっそ)・塩素などハロゲンで置換した化合物の総称。[2011年更新。引用元。]

エキソン(エクソン):真核生物遺伝子で、DNA塩基配列中、たんぱく質合成情報をもつ部分。配列中ではイントロンが介在して分断されるが、エキソン部分のみがつなぎ合わされて伝令RNAが完成し、たんぱく質合成の鋳型となる。[2011年更新。exon]

カルボニル化合物の例:アルデヒドR-CO-H。ケトンR-CO-R'。カルボン酸R-CO-OH。エステルR-CO-OR'。酸塩化物R-CO-Cl。[2011年更新、有機化学、化学式、カルボニル基の正式表記は「−C(=O)−」]

核酸の塩基性成分:アデニン・グアニン、シトシン・チミン・ウラシル。[2010年更新/生物学/DNA/RNA]

核酸(nucleic acid):生物の細胞核中に多く含まれる、塩基・糖・燐酸からなる高分子物質。デオキシリボ核酸(DNA)とリボ核酸(RNA)に大別される。[2010年更新、燐酸(りんさん)、生物学]

ハロゲン(造塩元素):周期表17族(価電子数7)。非金属元素で、金属と塩を作る。「F」「Cl」「Br」「I」「At」[2010年更新、化学]

ブログ全画面表示