[古文]データベース

[古文 Amazon] [古文 楽天]

名前>発言

K > a+う:おー。i+う:ゆー。e+う:よー。[読み方] [古文 文法][2017/2/5]
K > [助動詞活用]ナ変:ぬ。サ変:むず。無変化:じ・らし。特殊:ず・き・まし。 [古文 文法][2017/2/3]
K > [儒学]朱子学:京学・南学。古学:聖学・古義学・古文辞学。 [日本史][2016/8/27]
K > 終止形が一文字の動詞:来[カ変]。す[サ変]。得[ア下二]。寝(ぬ)[ナ下二]。経(ふ)[ハ下二]。 [古文][2015/5/29]
K > 助動詞「り」(完了)の接続語呂合わせ:りかさみしい 「り」(完了)はサ変未然形か四段已然形に接続 [古文][2015/4/23]
K > [補助動詞]V+奉る:(お)V申し上げる [古文][2015/4/22]
K > [敬語/敬う対象]尊敬語:主体。謙譲語:客体。丁寧語:対者。 [古文][2015/4/22]
K > 名詞の別名:体言。動詞・形容詞・形容動詞の別名:用言。 [古文][2014/12/14]
K > ア行:あいうえお。ヤ行:やいゆえよ。ワ行:わゐうゑを。 [古文][2014/12/14]
K > a+う→おー。i+う→ゆー。e+う→よー。o+う→おー。 [古文][2014/12/14]
K > 語頭以外の「はひふへほ」は「わいうえお」と発音 [古文][2014/12/14]
K > 古学(孔孟の原典) 山鹿素行:古学(聖学) 伊藤仁斎:古義学 荻生徂徠:古文辞学 [儒学 儒教 江戸時代][2014/8/18]
スタイン:東トルキスタンを探検し、敦煌の仏画・仏典・古文書類を持ち帰ったハンガリー系イギリス人探検家[2017年更新]

(2017年03月25日)2017/03中旬・世界史
歴史データベース http://yaplog.jp/k1301/archive/253 http://fanblogs.jp/k10/archive/1035/0 http://red.ap.teacup.com/k0905/267.html http://kblog.mediacat-blog.jp/e120961.html http://k070802.seesaa.net/article/447143308.html http://blog.livedoor.jp/ke..
posted by K at 10:26

(2017年03月20日)2017/03上旬・世界史
歴史データベース http://kblog.mediacat-blog.jp/e120961.html 憎い(291)八王の乱開始 スタイン:東トルキスタンを探検し、敦煌の仏画・仏典・古文書類を持ち帰ったハンガリー系イギリス人探検家 ヘディン:楼蘭の遺跡を発見したスウェーデン探検家 リヒトホーフェン:シルクロードと命名したドイツの地理学者 張角(太平道):黄巾の乱 玄菟郡(げんとぐん):前漢武帝が鴨緑江中流に設置し、高句麗に滅ぼされた 推恩制:前漢武帝の王領分割..
posted by K at 10:35

(2017年03月04日)2017/02月下旬
古文データベース http://cari.jp/?k=%8C%C3%95%B6 訳:尊敬「なさる」「お〜になる」。謙譲「申し上げる」「お〜する」。丁寧「です」「ます」「ございます」。 尊敬:給ふ・おはす・おはします。謙譲:奉る・申す・聞こゆ・参らす。丁寧:侍り・候ふ。 本動詞の「奉る」「参る」は謙譲。但し、衣食乗なら尊敬も。 [下二]得・心得・所得:ア行。植う・飢う・据う:ワ行。 [ヤ行]上一:射る・鋳る。上二:老ゆ・悔ゆ・報ゆ。 28日(火) Nさんがバイトに..
posted by K at 13:43

(2017年02月25日)2017/02月中旬
古文データベース http://cari.jp/?k=%8C%C3%95%B6 [終助詞]念押し:かし。禁止:そ・な。詠嘆:かも・かな・か・も・な・や 願望終助詞:ばや・てしがな・にしがな、なむ、もが・もがな・がな し+体言の「し」は過去の「き」 「だに」限定用法(せめて〜だけでも):だに+(未来)意志・仮定・願望・命令 「て」の識別:真下が助動詞なら「て」も助動詞。但し、「てば・てばや」の「て」は助動詞。 已然+ば:順接確定条件。已然+ど・ども:逆接確定条件。 ..
posted by K at 12:09

なりけり:断定+詠嘆 ななり・なめり:断定+推定 あ・か・ざ・た・な+「(ん)なり」は伝聞推定。但し、「かなり」は形容動詞もあり。 ず・と・に・く・(う)+なり:動詞。か・げ・ら+なり:形容動詞語尾。 「る」「れ」の識別:a+助動詞「る」。e+助動詞「り」。語呂:あるあるえりちゃん。 a+「る」。a以外+「らる」。 「き」の活用:せ・〇・き・し・しか・〇 ねば・ねど・ねども・こそ〜ねのねは打消。他、完了。 未然+ぬ・ね:打消。連用+ぬ・ね:完了。 ナ変:死ぬ..
posted by K at 16:06

http://0.cari.jp/?k=%8EG%8Aw&f=f
posted by K at 10:59

(2015年07月07日)5 201506 古文文法 w600
http://5.cari.jp/?k=%8C%C3%95%B6&f=f
posted by K at 14:58

http://1.cari.jp/?k=%93%FA%96%7B%8Ej
posted by K at 11:08

古文データベース http://5.cari.jp/?k=%8C%C3%95%B6&f=f 「か+ラ変」は下に助動詞 見す:サ下二。見る:マ上一。見ゆ:ヤ下二。 老ゆ・悔ゆ・報ゆ:ヤ行上二 得・心得・所得:ア行下二。植う・飢う・据う:ワ行下二。 射る・鋳る:ヤ行上一 assumption:仮定。決めてかかること。 [原級慣用表現]AというよりむしろB:not so much A as B 単位格子:六面体。全頂点同粒子。 28日(木) Sが風邪っぽい。鼻が..
posted by K at 09:58

http://cari.jp/b/?k=%89p%8C%EA&f=k
posted by K at 08:22