[キリスト教 amazon] [キリスト教 楽天]

名前>発言

K > 三つ子(325)死罪(431)よ来い(451) [325年]ニケーア公会議:アリウス派異端。[431年]エフェソス公会議:ネストリウス派異端。[451年]カルケドン公会議:単性説異端。全て三位一体説のアタナシウス派が勝利。[キリスト教/世界史(世界の歴史)] [年号語呂合わせ][2015/3/19]
K > スラブ民族:東方正教。ラテン民族:カトリック。ゲルマン民族:プロテスタント。 [地理/世界史/宗教史][キリスト教][2014/12/22]
K > 軍機処設置・キリスト教全面禁止は雍正帝 [中国史(清)][世界史][2014/12/12]
K > 余組む(496)カトリック:クローヴィス王改宗[フランク王国の王がアタナシウス派のキリスト教(カトリック)に改宗] [世界史 年号語呂合わせ][2014/10/23]
K > アウグスティヌスは、人間が欲望から悪を犯してしまう原因を自由意志に求めた。そして、罪深い人間は神の恩寵によってのみ救われると説いた。 [キリスト教][2014/10/15]
K > [13Cから] 中世神学者 トマス=アクィナス スコラ哲学 "哲学は神学の侍女(はしため)" [倫理 キリスト教][2014/8/13]
K > [4Cから] 古代教父哲学者 アウグスティヌス 恩寵予定説 三位一体論 [倫理 キリスト教][2014/8/13]
プロティノス:新プラトン主義者。ト・ヘン(一者)からの流出を唱え、キリスト教神学に影響。[2017年更新]

賀川豊彦:『死線を越えて』。神戸拠点のキリスト教社会運動家。[2016年更新]

片山潜は、キリスト教の精神に基づき社会主義運動に携わった[2014年更新]

[303]ディオクレティアヌス帝キリスト教迫害。[313]コンスタンティヌス帝キリスト教公認。[2014年更新]

さぁいざ(313)キリスト教公認:コンスタンティヌス帝のミラノ勅令[2014年更新/歴史/世界史/年号語呂合わせ]

エフェソス公会議:ネストリウス派死罪(431)[2014年更新/景教/キリスト教/年号語呂合わせ/歴史/世界史]

ルター:信仰のみ。カルヴァン:神の栄光のみ。[2014年更新/宗教改革/キリスト教/プロテスタント]

キリスト者の自由:ルター。キリスト教綱要:カルヴァン。[2014年更新/著書/宗教改革]

セミナリオ[神学校]。ノビシャド[修練院]。コレジオ[大学]。[2014年更新/歴史/日本史/キリスト教]

[431]エフェソス公会議:ネストリウス派異端。[451]カルケドン公会議:単性説異端。[2013年更新/歴史/世界史/キリスト教]

三位御(325)一体 ニカイア公会議:コンスタンティヌス帝、アタナシウス派正統・アリウス派異端[2013年更新/歴史/世界史/キリスト教]

303:ディオクレティアヌスのキリスト教迫害。313:コンスタンティヌスのキリスト教公認。[2013年更新/歴史/世界史/ローマ帝国]

マニ教:3世紀にペルシアのマニが創唱。ゾロアスター教を母体とし、キリスト教・仏教の諸要素を取り入れて、光(善)と闇(悪)の二元論的世界観を根本に、禁欲的実践による救済を説く。[2013年更新/歴史/世界史/Mani/宗教/4世紀最盛期]

1220年:フリードリヒ2世神聖ローマ皇帝戴冠。1229年:交渉でエルサレム奪還。[2013年更新/引用元:2012年度NHK高校講座世界史/歴史/キリスト教v.s.イスラム教/聖地イェルサレム/第6回十字軍]

コンスタンティヌス帝:帝国を再統一し、専制体制確立。ミラノ勅令でキリスト教公認。ニカイア公会議でアタナシウス派(三位一体説)正統、アリウス派異端。ビザンチウム遷都(コンスタンティノポリスと改名)。[2013年更新]

テオドシウス帝:ローマ帝国再統一、キリスト教国教化。死に際し帝国を再び東西に2分。395年没。[2013年更新]

人は来い(1851)市場無視(1864)洪秀全のキリスト教的太平天国[2012年更新/歴史/世界史/東アジア/中国清王朝/年号語呂合わせ]

ローマ=カトリック教の伝来:プラノ=カルピニ・インノケンティウス4世の使節。ルブルック・ルイ9世の使節。モンテ=コルビノ・布教に成功[歴史/キリスト教]

宗教会議の開催:ピサ・3教皇並立。コンスタンツ・シスマ終了。バーゼル・内部改革失敗[歴史、キリスト教、ヨーロッパ]

ドイツの政党:キリスト教民主・社会同盟。自由民主党。社会民主党

ドイツの労働利益団体:ドイツ労働総同盟DGB。ドイツ事務員組合DAG。ドイツ公務員組合DBB。ドイツ・キリスト教労働組合連盟CGB

日本が近代西欧の文化を摂取できた理由:キリスト教に拮抗するような宗教が日本には存在しなかったこと。国民の教育水準がそれ相応に高かったこと。日本人は文化の折衷をなんら厭わなかったこと。実学を尊重し虚学を軽蔑するという風潮が、日本の為政者には古来根強いこと[経営学]

ブログ全画面表示